ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

BLOG_inainaba このページをアンテナに追加 RSSフィード


2004-07-02 嗚呼多忙

[][]推薦状−−英語を書く

 今日は七時半頃起床。最近疲れ気味だし、もう一回逝っちゃえと東急インで朝食バイキング。ジアスターゼと滋養たっぷりのとろろをたっぷり食べ、納豆血液をさらさら、しかしやっぱベーコン食い過ぎた。となりで喰っていたあんちゃんが、親のかたきのように、ものスゲェ喰い方していた。まあ千と千尋調というか、狂った豚のようにガフガフ喰うているアテクシがゆえた義理じゃないし、アテクシと異なり上品に食べてるけど、喰う量がスゴイ。一品につき、皿一杯は喰っている。でもって、日本そばを五杯くらい食べていた。驚嘆しつつ、講義のプリントチェキし、社会学史の講義へ向かう。今日はデュルケム前半。『クロニクル社会学』の桜井洋氏のテキストチョイスと整理により、主要著作をピックアップ。『社会学に何ができるか』の奥村隆氏の「同じだからまとまる」から「違うからまとまる」へというこなれた説明語句と、ゴフマンを射程に入れた儀式/儀礼論的な宗教論解釈により理解のための主題提示を行い、大村英昭氏の不安のアノミー論により提示された主題をさらに噛み砕き、中島道夫氏と今は鍼灸師になっちまったまぼろしのデュルケム研究者の津田真人氏の集合表象論によりコクをつけたみたいなかたちで、講義しました。津田氏の欲望論は、公刊されてしかるべき内容のものだと今でも思っております。しかし、国立大学の助手から鍼灸師になったのは、彼しかいないんじゃないだろうか。自然堂というのが、彼のスペースです。

 講義のかえりに、北田暁大氏の新著と、阪大でやった学会のシンポを公刊したかたちの社会運動論の最新作を購入。帰って読もうと思ったら、そうだ、推薦状を書かないとと思い出す。ヨーロッパに行く卒業生のタメのもの。前に別の椰子に書いてやったら、スペルミスしていたこともあるし、さらには、な、なんと『社会学評論』の英文アブストラクトすぺるみすしたというぶっ飛んだ経験の持ち主としては、いささか不安で、同じところ応募してとおった人の推薦状借りて添付で送れと言っておいたんですが、送ってきたのがスペルミスとかしている非道いやつで、しかもなんか文章もあっちゃいったり、こっちゃいったりで、こんなんでも通るンだなぁと安心しつつも、やっぱ不安になり、結局ハンドブック片手に、書くことに。こういうのってさ、定型文をものすごくたくさん用意してあって、ワンタッチ検索、コピペでいっちょあがりみたいな、サイトやソフトはねぇのかなって思った。たぶんあるんだろうけど、学問系のが欲しいわな。手紙だけじゃなく、論文とかあったらもっといいか。アテクシのようなへタレでも、英語論文書けちゃうかも。そういうのを使いこなせるくらいの作文力はあると信じたい。外国で学位をとったある友人からきいたんだけど、普通の人の場合は、手近ないろんな論文から、使えそうな表現とかカードに書きまくって、つなぎ合わせるようなかたちで書いてゆくっ話。それきいて、そうなのかぁ〜と得心。なら自在に検索でき、こぴぺれれるようなソフトなりサイトなりがあれば、すげーイイジャンなんて思ってしまいます。そーいや、学生時代に佐々木高政氏の英作文の講義を受講し、これがめっさシビアで、(・∀・)イイ!!英語を書いた場合「最高の英語!!」って絶賛し、ダメポな場合は「最低の英語!!」と罵倒するような講義で、5月、6月、10月、11月の四ヶ月以外は授業しないわ、テキストのさまセットモーム英語に「サイテーの英語」と怒り狂い、添削して「最高の英語!!」とうっとりする、っつーか自画自賛の嵐っちうような、すさまじい講義で、しかもなるほどと思わせちゃうくらいの迫力で、馬路萌え萌えでしたが、この課題が安寿と厨子王を英語で要約するというので、思いついたのが「最高の英語!!」とゆった表現をつなぎ合わせること。そして、「最高の英語!!」で書かれた要約をだしたら大成功だったことを思い出しました。同じようにすれば論文も書けるかなぁ。ただ、今の若い人は、できるよねぇ・・・。うちの学生たちなんかも、けっこう話せて、書けるみたいだし。そのうち英語で講義しろみたいになるのかなぁ。そうなったら、書いて読み上げますかなぁ・・・。

 まあなんやかんやで、褒めちぎった推薦状かいて、ほっと一息。で、夕方気分転換に出かけ、パチンコやったら近来にない大損。普通の人なら卒倒するかもって金額。先日のもうけ分がすべてぶっ飛びましたね。トホホなき持ちで帰ってきて、日記を書いている次第。夜、吉祥寺駅の地下のちょっと高級な回転寿司食べようと思っていたんだけど、食欲もありません。やっぱ、サイバラはスゴイと思う。

[]ワールドダウンタウンの<間>

結局メシはつくろうかと思ったけど、だるいので大戸やへ。そのあと、カキコの整理。−−ワールドダウンタウン@火曜フジ深夜帯、最初の頃はめっさおさえぎみで、エクゼっぽい人外男女三人の、ワールドニュースショーなパフォーマンスはそれはそれで味わい深かっんですよね。せりふはすべてワンパターンというか、デフォルトアレンジしただけ、しかも人外の動作にあわせて吹き替えがはいるというのがミソ。最初は微妙にはずしまくっていたのが、この三人がまずオーバーアクションに暴走しはじめた。

 でも、ダウンタウンの二人はいまいちちょーしでないわん、ってなかんじだったんですが、最近数週の暴走ぶりは、伝説のバカ番組E女A女みたく、うち切られるもよし・・・というような気合いで走っています。なぜか松本がもーほー扱いされる。E女・・・で、女性の痴態に頬を赤らめつつ、内山りなばりの飛んだ眼で司会をやり、うちのゼミ生に大人気だった牧原アナなんかを勝手に持ち出し、「マツモト!君は歌手のまっきーと局アナのまっきーとどっちが好みだい?」みたいに、執拗にモーホーな好みを質問されるのも、かなり笑ったけど、面白くなったのは、やっぱ浜ちゃんが人外女性キャスターにぶち切れて、「ノーパンなら●●●見せてみーや」と、放送禁止ぴーが入ったことです。もうこれで一皮めくれチマったかんじになり、人外であろうとなんであろうと、浜ちゃん浜ちゃんであって、頭はたきそうな勢いで、ガンガンかましだして、その翌週についに女性キャスターをはたいちまいました。

 もうシモネタの嵐で、なんじゃこりゃってかんじ。女性キャスターのナタリアが、打ち切りダメダメでやけくそになったかどうかはしらないけど、とりわけ下品なせりふ連発。で、ナタリアがいきなり「剃毛しますた」とpaipan宣言し、ジョリジョリ悪のりしまくって、ついに浜ちゃんがペシッとやっちゃった。ナタリアもニヤニヤして、「こいつ日本語わかるやん」と浜ちゃん大騒ぎ。レポートもあのジャップカサイという日本でも一部で話題騒然だった○○たままっさーじなんかを採り上げる。そのあとがたいへん。もうきん○○伏せ字なしで人外三人が吹き替えで連発して、大騒ぎ。

 人外三人のオーバーあくしょんな動作の間、吹き替えのせりふの間、そしてダウンタウンの二人の間という三つの間が、統合失調的に炸裂しながら、そこに奇跡的に一種のまとまり、おさまりができているという、座禅ボーイズすらっぷすてぃっくバージョンっつーか、ぎゃははははははという馬鹿笑いの不安定な均衡は、思い出したよ、これは三馬鹿大将だな。ウヒハへんてこりん、へんてこりんのどんぷかどん♪というクソバカな主題歌で始まる愚劣極まりないバカ番組ラリー、モー、カーリーという三馬鹿が馬鹿やって、うちでは小学校中退のぢぃさまと、小学校卒の親父と、アテクシがギャハハハハと馬鹿笑いして、祖母と母と優等生な弟を嘆かせた、今ならまちがいなくPTA推薦ワースト番組になるようなやつ。あれを彷彿とさせるようなものに化けはじめている。しかし、ワールドダウンタウンの場合、コメディーな理屈もぶっとばして、ダジャレでも、しもねたでも、なんでも笑わせちゃうところがもう脱帽です。たぶん走りすぎとか言われるだろうけどね。なにせ、カキタレ、おかず、き○○まなど、すげぇことば連発だし。ゴールデンくそ食らえみたいな覚悟は、多チャンネル化時代の新趣向っツー感じで、もう今から火曜日が楽しみ。

tyadontyadon 2004/07/03 00:37 佐々木御大に反応して出てきました。『修業』『解釈考』『構成法』などなど、名著が今でも手にはいるのは嬉しいものです。英語で言えば、日本人初のOPI公認試験官である西田透さんとか、最強ですよ。色々ご著書出されていて、それは目から鱗ものなのですが、体裁がいわゆるハウツーものに見えるため、佐々木御大の御著書の体裁とは逆の意味で損している気がします。しかし、ドイツ語だったら関口存男、フランス語だったら前田陽一、ラテン語だったら泉井久之助、ギリシア語だったら高津春繁と、その道の達人がいらっしゃって(後二者はむしろ言語学者でしょうが)、ものすごく良い本を出しているのに、その多くが絶版とかなっていて、残念至極です。出版社も本屋も、くだんない語学書作らないで/置かないで、こういう良い本をたくさん作って/置いて欲しいものです。
そいえば日社エントリー、滑り込みセーフでした。ようやく「具体的」な報告が出来そうです。winny事件とか(w。

inainabainainaba 2004/07/03 02:10 にゃ!参考書+日社とくれば・・・ヘビメタドラマーのアッシュどんですよね。違いますか?いずれにせよ、サンクスです。さっそく目からうろこものを見てみることにします。私はハウツーものけっこう好きなんですよね。院入試では、関口の思想的深みよりは、有田潤の公式集と、大岩信太郎の単語集つかったくらいですし。泉井さんは『ヨーロッパの言語』と言う新書本読みましたねぇ。で、フンボルトとか、ヘルマン・パウルとか、グリムとかみてもわけわかめでした。結局今覚えているのは、紅露外語のhin-her体操のし。ひんへあひんへあ、と雄叫びをあげながら、手を突き出したり引っ込めたりするんすよ。あと三修社のしんちんげるの辞書が、ドイツ語版新解さんで、ficken=お●●●するとか、es tun=一発○○とか、夢中になって訳語探したのも覚えてるかなぁ。フランス語のお経覚えっつーのもありしたね。もんまめそんさせとんたって・・・みたいなの。みんなそんなふうに絶叫して覚えてましたね。寮では。しかし、ギリシャ語できるひとなんて戦慄が走りますね。語幹もかわっちゃうんでしょ。文字も違うし。氏んじられない。私の学部時代の恩師は出隆の門下で、古典語すらすらだったみたいです。学会報告上首尾でありますように。

tyadontyadon 2004/07/03 13:25 あぁ、名乗らずすみませんでした。はなのです。科研の研究会で大阪に来てます。西田さんのは『英語は冠詞だ』『英語は仮定法だ』『英語は超訳だ』『ジス・イズ・ア・ペン』などがあります。タイトルがなぁ(w。まあでも中身は似たような体裁の本とはまったく違います。本格的正統派です。『忘れ去られた英語の抑揚』という、英語の抑揚、リズムなどを細かく扱った、マニアックな大著もあります。『実用英語の論理』という、真似できない(w英作文の書もあります。
有田潤さんも、ドイツ語やラテン語のすぐれた学習書を書かれていますね。ドイツ語の冠詞の本など、以前お世話になった記憶があります(飽くまで記憶、ですが)。しんちんげる+なんばらばんばんばんの辞書は実家にありました(w。関口大先生の御著書、その出来の素晴らしさもさることながら、時代とお人柄を伺わせる語句(「低脳児」とか)も香ばしいです(w。古代ギリシア語もラテン語も難しそうですよね。ただ今計画している研究にちょっとだけ関係してくるので、どっちとも勉強開始!しますた。ギリシア語は学部時代に講義取ったのですが、もうほとんど忘れてました。ラテン語なんてゼロからです(w。でもしかし泉井大先生の御著書(『ラテン広文典』白水社)は面白いっす。こちらも学部時代、大学図書館でちょっと見た記憶はあるんですが、それっきりで、んで『日本の古本屋』で死ぬ気で探してやっと手に入れました。ほんと良い買い物しました。まあ、もちろん、やってるのとできるのとは全くの別物で、単なる好事家の域を出ない訳ですが、楽しいからいいかな、と(w。

inainabainainaba 2004/07/03 14:05 イヤ別に名乗っていただく必要もなくて、すんまそにんですた。あんまし古典語への造詣を開陳すると公然のしみつが・・・わははは、まあこれじゃあふつーはわけわかめでしょう。w アッシュどんの多田英文解釈手に入れた話は貴重な情報ですた。私は語学も数学もじぇんじぇんダメポなんですが、なぜ泉井さんの『ヨーロッパの言語』を読んだのかというと、natureとcultureの語源分析があったからです。当時ボルケナウにはまっていて。で、te amo という主語なし表現に、I love youみたく主語が着くようになった経緯や、格表現が前置詞表現により分析的になっていったことなどを知り、それをヘーゲル論理学の読解に生かせないかと思ったんですよね。ヘーゲルの悟性的=分析的、理性的=全体的って対置を、大論理学に読み込めないかって。それで卒論書こう、ひいては院入試を受けようと思ったのですが、「前置詞 an の研究」みたいなのをゼミで報告したら、先生にものすごく怒られて、挫折した苦い思い出があります。要するにおもいつきのあてずっぽで、そのことの意味することをしっかり考え抜いて、テーマ性を打ち出せぬまま、妙な迷路に歯マッチ待ったかんがあります。。