Hatena::ブログ(Diary)

indiasantanaの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-03-21 さらば、とおるくん! このエントリーを含むブックマーク

サンタナデリーたくとです。

スタッフを始めて1週間の僕たちに

優しく手取り足取り教えてくれたスタッフのとおるくん♡


そんなとおるくんが、あと3日で日本に帰ります!


新入りスタッフの僕たちの質問攻めに

いつも優しく答えてくれて、よく働くとおるくんは今日1日お休み。



f:id:indiasantana:20170321223353j:image



毎日、飽きずに手でカレーばっかり食べてる反動で



f:id:indiasantana:20170321223351j:image



今日はピザハット行って、サブウェイへ行って来たらしい。笑

インド料理はたまに気分転換しないと続かないよね。笑



f:id:indiasantana:20170321223355j:image



フロント業務からメール対応、新入りのお世話まで


働き過ぎて、





おっぱいが膨らむこともありますが



f:id:indiasantana:20170321223352j:image



シャワーは多くて週に1回しか入らないとおるくんと

もう少しでお別れと思うと寂しくてたまらないです。


珍しく髪が濡れてて、シャワーを浴びたのかと思ったら

インドの床屋で「白髪染めをしてきました」とか言い出す

そんなとおるくんが、もういなくなるけど


f:id:indiasantana:20170321223354j:image




新入りの僕たち3人は

とおるくんのサポート無しでやっていけるのだろうか。笑


不安だし、寂しいし、



帰って欲しくないので、そろそろ

とおるくんのパスポートと帰りの航空券でも隠そうと思ってます。



ありがとう、とおるくん!

帰るな、とおるくん!(助けて)

2017-03-14 [デリー][サンタナ・デリ]速報!!サンタナデリーのホーリー!! このエントリーを含むブックマーク

お待たせしました!!

サンタナデリーとおるです!

サンタナデリーは今日も元気に営業中でございます!

ということで、まずはホーリーの様子から参りたいとおもいます、

デリーのホーリーはパハールガンジーの警備の強化もあり、安心に無事に終わることができました!


・ホーリー満喫のサンタナのお客さん達

f:id:indiasantana:20170314235950p:image

・ディラジさんとスバシュさんも屋上から水風船で攻撃態勢!!

f:id:indiasantana:20170314235948p:image

・スタッフもみんなで遊びにいきましたよ〜

f:id:indiasantana:20170314235953p:image

・ホーリーの日はディナーも特別!!今日はバターチキンマサラ”お客さんスタッフみんなでおいしく頂きましたよ〜

f:id:indiasantana:20170314235927j:image


・そしてこちらニュースタッフのデビィさんです!(左)

デビィさんはなんといっても鉄道・飛行機・バスなどのありとあらゆるチケットを取ってくれるとても頼りがいのあるスタッフなのです!

ただ、チケットを取るだけじゃなく、前日の遅延や出発した電車の情報まで見てくれるとても優しいスタッフなのです! 

デビさんこれからよろしくね〜!

f:id:indiasantana:20170315004344p:image

デリーはインドの玄関口です!

これからインドに来る人、インドに来たけどまだ何も決まってない人、ぜひサンタナデリーに遊びにきてくださいね!僕達と一緒にこれからの旅行の予定を立てて是非、有意義な旅行にしましょう〜 そして皆さんの行きたい場所のチケットはデビィさんがとってくれるので安心してお越しくださいね〜

以上、サンタナデリーとおるからでした!


[最後にポチッとお願いします★ にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ ナマステー!!!!!:]

2017-03-05

春待ち遠しくて


なますて。



サンタナ バラナシ リクです。


日本は間も無く卒業式シーズンでしょうか。

学生さんは春休みも中盤に差し掛かり、旅行に勤しんでいる頃でしょうか。

サンタナバラナシにも連日多くの訪問者が集い賑わっております。

f:id:indiasantana:20170305214302j:image:w640



僕が初めてインドを訪れたのも、大学生の春休みの頃。

限られた予算の中でひもじい思いをしながら、どこか日常で味わえないようなサバイバル感覚とでもいいますか、若き冒険心をかき立たされながら過ごしておりました。

旅にも多少なり慣れてきた頃に到着したインドバラナシ。


やかましいインド人客引きのあしらい方もわかり始め、心身余力を持ってバラナシで過ごしていました。


けれどバラナシに蔓延るインド人は違った。


バラナシに漂うカオスな雰囲気も後押しし、一筋縄ではいかないな、と印象を受けた覚えがあります。

牛がうごめき、猿が飛び交い、ボート漕ぎの客引きが集ってくる。

ガート沿いに腰を据えるサドゥーたちの佇まいは、僕らの日常に一筋の陰りを投げかけているよう。

火葬場で繰り広げられる生と死のドラマは繰り返し、目の前で崩れ落ちる肉体はひとつの命の終わりを見せつける。

それでも続くこの世界の中で生きる僕たちは、自身の人生を考えずにはいられなくなる。



実際、僕が初めてバラナシを訪れた際は、数日の滞在でエネルギーを消費しきり、バラナシを発つと同時に体調を崩したものです。

今回バラナシで数ヶ月過ごし、このカオスを十二分に味わっているところですが、体力と精神力さえあれば、飽きのない地だと思っています。





意外なことですが、バラナシには世界遺産というものありません。

何かドカーンとそびえ立つ立派な建物があるわけではない。

信仰心くすぶられるような特徴的で重要な宗教的建造物があるわけでもない。



にもかかわらず、外国人のみならず多くの人々が訪れ、何かに出会い、何かを感じているようです。

もちろん好き好みはあるでしょうが、是非若いうちに、いや年齢を重ねていたとしても、バラナシを訪れ、どこか非日常的な環境に身を置き、物思いにふけってみてもらいたいものです。

長く忙しない人生で、ほんの数日間だけでも、漠然と流れるガンジス河に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







話は変わって最近のバラナシでのことを。

昨日と本日は、バラナシになんとインドの首相、モディさんが来ていたそうです。


f:id:indiasantana:20170305214707j:image:w640



モティじゃないよ、モディだよ。



モディ首相はバラナシの州、ウッタルプラデーシュ出身の方。

それはもうバラナシでも大人気のようです。



ダシャシュワメードガート付近の通りはにはものすごい人だかりができていました。

また近日この地では選挙なるものがあるらしく、市民のテンションはものすごいことに。


f:id:indiasantana:20170305214546j:image:w640

f:id:indiasantana:20170305214709j:image:w640


群衆の中には警察官もごたくさん。


f:id:indiasantana:20170305214508j:image:w640

貫禄がありますねぇ。



勢い余ってバラナシの牛たちや犬たちも選挙仕様にされていました。

f:id:indiasantana:20170305214408j:image:w640

f:id:indiasantana:20170305214441j:image:w640

神様・・・?



このノッポワーラーは一体???

f:id:indiasantana:20170305214711j:image:w640

写真のドゴードリヤ交差点以外でも、路地などでモディ首相の名前を叫んで行進する団体も見られました。

それはそれは盛り上がっていて、老人から子供まで男女問わず、参加していました。




日本では投票率が右肩下がりだとか、若者は政治に関心がないとか言われてしまっておりますが、、、

こちらで、こう政治への参加する姿を見ると、考えさせられますね。




ただ、、、

どんな政党なのか?と現地の人に聞いてみたところ

「一番ええ政党に決まっとるやないか」

と、ざっくばらんな回答しか得られませんでした。

政治参加、、、とはいえ、ただ単にお祭り騒ぎが好きなだけなのかもしれませんね・・・。

インド人のにぎやかなイメージが強くなったところです。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





インドではもうすぐホーリーの時期。


バラナシは3月13日が当日となっています。


インドいち、エキサイティングなお祭りではありますが、と同時に危険が伴うのも事実です。


そのためサンタナバラナシでは、ホーリー当日の3月13日は外出禁止としています。


もし万が一13日当日にバラナシに到着されるのなら、いろいろとお気をつけください。



特に午前中が真っ盛りのようなので、到着してから駅や空港で待機したりといった対策が必要かもしれないですね。







日本の春が待ち遠しく感じてきたところで、おいとまさせていただくとします。




では。



↓最後にポチッと、お願いします〜↓

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ