鳥さん天国インド・インドネシア - Chronicles of bird paradise, India, Indonesia -

2017-04-02

Dusky Eagle Owl ウスグロワシミミズク(インドの鳥その26)

前回紹介したウスユキガモに続いて「薄い色の鳥」を紹介します。

今回は、ウスグロワシミミズク Dusky Eagle Owl (Bubo coromandus)です。

この鳥を見たのは、前回のウスユキガモと同じ日です。ガイドのSanjayが、面白いフクロウがいると言って案内してくれました。

小さな川の両側に結構背の高いユーカリの並木があり、川を挟んで反対側の並木を一所懸命探しました。

するとわりとすらっとした感じの大型のフクロウ。全体が灰色っぽく、両方の耳羽がすっと立ってます。大きな黄色の目。

f:id:indoburung11:20170402152759j:image:w640


怪しいものを見るようにこちらを見ています。

f:id:indoburung11:20170402152758j:image:w640


表情がとても豊か。

f:id:indoburung11:20170402152757j:image:w640


人間のようなしぐさと表情です。

f:id:indoburung11:20170402152756j:image:w640


近くに巣があり、母鳥?と幼鳥が1羽見えました。

あまり刺激しない方がいいので、さっと写真を撮って去りました。

f:id:indoburung11:20170402152755j:image:w640


ウスグロワシミミズクインドからインドシナにかけて分布します。インドでは中央部だけです。これを見たことで、インドに分布するワシミミズク(Bubo属)3種プラス1亜種すべてを見ることができました。このブログインドの鳥でIndian Eagle Owl、南インドの鳥でSpot-bellied Eagle Owlを紹介しています。

この日は飛行機の出発時刻を気にしながらでしたが、ガイドのおかげで収穫の多い日となりました。

2017-03-20

Marbled Teal ウスユキガモ(インドの鳥その25)

インド鳥見をしていると、思いがけずインドでも珍鳥とされているのに出会うことがあります。

この日は、デリーに出て日本へ向かう夜の飛行機に乗るまで、デリー近郊で鳥見をしました。

デリーの西のバサイを訪れた後、いつもデリーでガイドを頼むSanjayが「友人が珍しい鳥を見つけたと言っているから行こう」と言いだし、近くの沼地へ行きました。

牛のふんがたくさん落ちているところで、足元を気にしながら水面をスコープで見ます。

ハシビロガモオナガガモに混じって、オナガガモヒドリガモのメスに似ている小さめのカモがいます。

でも距離があり、他のカモの陰に隠れて見づらいことこの上なし。

全体が灰色。頭が灰色で目の付近が黒っぽく頬のあたりが白っぽい。

ウスユキガモ Marbled Teal (Marmaronetta angustirostris)です。

f:id:indoburung11:20170320171650j:image:w640


体に牡丹雪のような白斑があります。

f:id:indoburung11:20170320171652j:image:w640


頭を水に突っ込んで採食しています。

f:id:indoburung11:20170320171651j:image:w640


ガイドも初めて見たようで興奮です。

f:id:indoburung11:20170320171653j:image:w640


手元のインドの図鑑によるとパキスタン繁殖し、冬インド北部に飛来するとのこと。世界的希少種とされてます。

ヨーロッパの図鑑では、地中海沿岸に散在して見られるようで、主として中東あたりで見られるようです。

2017-03-12

Bluethroat オガワコマドリ (インドの鳥その24)

オガワコマドリ Bluethroat (Luscinia svecica)旧北区、東洋区に広く分布していますが、日本では珍鳥です。インドでは冬鳥として広く見られるほか、ヒマラヤ北西部の高地で繁殖します。

オスの喉は青とオレンジの模様がとてもきれい

f:id:indoburung11:20170312165750j:image:w640


職場の森の裏の川原に冬にやってきます。

低木の藪の中をちょこちょこと動き回ります。

f:id:indoburung11:20170312165753j:image


すっと上を向く姿は可愛いです。

f:id:indoburung11:20170312165652j:image:w640

2017-02-25

Demoiselle Crane アネハヅル(インドの鳥その23)

鳥の飛行能力には目を見張るものがあります。

今回紹介するアネハヅル Demoiselle Crane (Anthropoides virgo)ヒマラヤ山脈の8000mを越えて渡りをするというものすごい高度を飛ぶことで知られています。

アネハヅルのような空気の薄い高空を飛ぶ鳥は、肺から入った空気の酸素がとても効率的に血液に取り込まれる仕組みができているそうです。

f:id:indoburung11:20170226001417j:image:w640


ヒマラヤ山脈の向こうの繁殖地から冬にはインドに渡ってきます。

ここはインド西北部のラジャスタン州です。

日中数百羽のアネハヅルの群が水の近くの開けたところにいるのが見られます。

ツルの中では小型です。このくらいの大きさ(小ささ?)が、ヒマラヤの強い上昇気流に乗るのにちょうどいいそうです。

f:id:indoburung11:20170226001309j:image:w640


とても上品な立ち姿です。

きれいな赤い色の目をしています。

目の後ろの白い羽毛も優雅

f:id:indoburung11:20170226001342j:image:w640


幼鳥も交じっています。

f:id:indoburung11:20170226001359j:image:w640


ラジャスタン州のキーチャンという村はアネハヅルの越冬地として有名なところです。

夕方になると日中水辺や草原にいた群がどんどん戻ってきます。

f:id:indoburung11:20170226001325j:image:w640


村人がツルのために穀物を撒いてくれているので、一冬に2万羽ものツルが越冬すると言われています。

f:id:indoburung11:20170226001306j:image:w640


ただ、ツルより食べるのに困っている貧しい人に穀物を回すべきとの声や、ひとところにツルが集中しすぎることによる病気の蔓延を心配する声もあります。

f:id:indoburung11:20170226001435j:image:w640

いつまでも優雅なツルたちが安心して暮らせる環境を守っていきたいものです。

2017-01-29

Red-whiskered Bulbul コウラウン (インドの鳥その22)

ヒヨドリの仲間は世界でアジアアフリカに100種類以上おり、なかでもPycnonotus属は、50種類以上を数えます。

今回ご紹介するのは、アジアで広く見られ、そのかわいらし姿から人気の高いコウラウン Red-whiskered Bulbul (Pycnonotus jocosus)です。

私が最初にこの種に会ったのは、台湾でして、黒い冠と白い頬、目の後ろの真っ赤な羽がとても印象的でした。

インドでは、西部と中央部を除き広く分布しており、公園や畑でもよく見られます。


写真は、南インドのカルナタカ州でのものです。

f:id:indoburung11:20170129150740j:image:w640

ピロロとヒヨドリらしい声を出すのですぐにその存在がわかります。

目の後ろの赤い羽を広げています。

f:id:indoburung11:20170129150738j:image:w640


2羽でいる時にこのように目の後ろの赤い羽を広げるのは、つがいの間の求愛の儀式なのでしょうか。オスとメスの区別がつかないので、その意味合いがよくわかりません。

f:id:indoburung11:20170129150739j:image:w640