鳥さん天国インド・インドネシア - Chronicles of bird paradise, India, Indonesia -

2017-10-22

Alexandrine Parakeet オオホンセイインコ(インドの鳥その33)

インドでは、インコの仲間が市街地にも普通に見られます。日本でもペットが野生化したインコが見られますが、インドには、野生でもともと生息しています。

オオホンセイインコ Alexandrine Parakeet (Psittacula eupatria)は、スリランカを含むインド亜大陸の主に落葉樹林に見られます。ベトナムなどインドシナにも分布しています。

ワカケホンセイインコを大きくがっちりさせたような感じです。

全長は53僂如▲曠鵐札ぅぅ鵐海42僂茲蠅なり大きく見えます。

大きく赤いがっちりした嘴と肩の赤いパッチが特徴です。

オスにはこのように喉に黒い輪があり、首の後ろにピンク色の帯があります。

f:id:indoburung11:20171022154549j:image:w640


ギャアギャアと大声をあげながら器用に木の実を食べます。

f:id:indoburung11:20171022154602j:image:w640


職場の森の大木の穴に巣があるようです。

この木は、講堂のすぐ近くにあり、人が良く通るところです。インドの人は、動物に優しいので危害を加えないようです。この個体はオスです。

オスもメスも雛に餌を与えに通うようです。

f:id:indoburung11:20171022154634j:image:w640


こちらはメスです。メスには、オスにある首の後ろのピンクや黒い首輪がありません。

f:id:indoburung11:20171022154615j:image:w640


スリランカでは、人により捕獲されることが多いため、数を相当減らしているようです。日本では、東京に野生化していることが日本鳥類目録に記載されていますが、もしかしたら、このように原産地で捕獲されたものが逃げ出したり放されたりしたのかもしれません。

2017-10-08

Red Avadavat ベニスズメ (インドの鳥その32)

今回紹介するのは、飼い鳥としてもおなじみのベニスズメ Red Avadavat (Amandava amandava)です。

ベニスズメは、南アジアに広く分布し、インドでは北部の標高の高い地域や西の砂漠地帯、半島南部を覗いて広く分布しています。

日本では外来種としてアシ原などに野生化しています。

写真は、12月に近くの湿地で見たベニスズメです。

アシ原に続く低木の藪の中でちょっとお休みしている個体がいました。メスに似ているのですが、頭部に赤い斑点が見られるので、非繁殖羽のオスだと思います。繁殖羽の真っ赤なオスもきれいなのですが、この色合い、羽毛の先端の白い斑の置き方などもいいデザインとなっていると思います。

f:id:indoburung11:20121209121430j:image:w640


歩道の脇に地上で採餌している群がいました。

距離があったのでうまく写っていませんが、深い赤色をした繁殖羽のオスがいます。

右にいる緑色はメスです。

f:id:indoburung11:20121209120030j:image:w640

この鳥のような真紅の鳥が野生で見られると、気持ちが高まります。

2017-07-22

Crested Serpent Eagle カンムリワシ(インドの鳥その31)

カンムリワシ Crested Serpent Eagle (Spilornis cheela) は、日本では宮古諸島八重山諸島で見られる南の島のワシですが、インドでは、北西部の乾燥した地域を除いて広く分布しています。私の職場の森でも見られます。ここは緯度でいうと日本の鹿児島くらいです。カンムリワシの分布はインドからマレー半島フィリピンボルネオ、スンダ列島ですので、ここのカンムリワシは北限のカンムリワシと言ってよいでしょう。

カンムリワシは、餌のカエルトカゲを見晴らしの良いところで待ち伏せして捕るので、木の枝などにじっとしているところに出会うことが多いです。

f:id:indoburung11:20170722154218j:image:w640



なかなか精悍な顔つきです。

f:id:indoburung11:20170722154231j:image:w640


こちらは森の中に倒れている丸太の上にとまっています。

目先の黄色が鮮やかです。尾羽の太い白帯も見えます。

f:id:indoburung11:20170722154255j:image:w640


地上に降りました。獲物を見つけたのでしょうか。

f:id:indoburung11:20170722154931j:image:w640


冠がわかります。猛禽の風格を感じます。

f:id:indoburung11:20170722154243j:image:w640

2017-07-15

Yellow-eyed Babbler キンメセンニュウチメドリ(インドの鳥その30)

インドの鳥の30番目にご紹介するのは、葦原の鳥です。

キンメセンニュウチメドリ Yellow-eyed Babbler (Chrysomma sinense)

日本ではシマセンニュウ、エゾセンニュウのように、センニュウ(潜入)というくらい葦原で声は聞こえるけれども姿が見えない仲間がいます。

キンメセンニュウチメドリはそれほどまでは潜入してばかりという感じではありません。

ある雨の朝、近所にある貯水池付近の草地です。

巣材を加えたキンメセンニュウチメドリが姿を現しました。

脚が長い!

f:id:indoburung11:20170715145659j:image:w640


全長約18僉先が丸い長い尾を持っています。

上面の茶色と下面の白がすっきりとしています。

何といっても赤いアイリングが特徴です。

f:id:indoburung11:20170715145646j:image:w640


和名は黄色い虹彩にちなんでいるのですが、つぶらな黒い瞳で虹彩までよく見えません。この個体には、黒い眉が見られます。

f:id:indoburung11:20170715145633j:image:w640


キンメセンニュウチメドリは、南アジアに分布しており、インド亜大陸では北部を除いて広く見られます。

2017-06-04

Pied Cuckoo クロシロカンムリカッコウ(インドの鳥その29)

一般カッコウの仲間というと、声は聞くけどなかなか姿を見られないことが多いです。ところが今回紹介するこのカッコウは、姿を見やすいし、似たような鳥は他にいないので識別もしやすいです。

クロシロカンムリカッコウ Pied Cuckoo (Clamator jacobinus)は、インドに広く分布します。灌木や葦原のような環境を好むようです。

このように、白と黒のはっきりした色合いがすっきり。

とさかも目立ちます。

f:id:indoburung11:20170604231400j:image:w640


鳴き声は、ピューとかピーとかといった金属的な声。

f:id:indoburung11:20170604231415j:image:w640


尾は長く翼に明瞭な白斑があります。

f:id:indoburung11:20170604231428j:image:w640


これは幼鳥

カッコウの仲間だけあって他の種類の鳥の巣に卵を産み付けて育てさせる托卵鳥です。托卵の相手はチメドリ類で、Jungle Bubbler がこの鳥の幼鳥に餌を運んでいるのを見たことがあります。

f:id:indoburung11:20170604231443j:image:w640


クロシロカンムリカッコウは、アフリカから東南アジアに生息、インドでは南部の一部で留鳥ですが、大部分は夏鳥です。冬はアフリカに渡るようです。

(初めシロクロカンムリカッコウとしていましたが、どうやらクロシロカンムリカッコウが和名らしいので編集で修正しました。白が先のほうが言いやすいのになぁ)