Hatena::ブログ(Diary)

Hatena::Diary::infohack RSSフィード

 | 

2007-07-07

必要最低限のカスタマイズでキーボードを使う

会社に所属してエンジニアをやっていると、たとえば顧客の環境など、どうしてもキーボードのカスタマイズができない場面に遭遇します。

しかしキーボードをNo Hackで使用するのは効率が悪いですし、特にCtrlキーは左手小指ですぐに押せる位置に無いとzshEmacsVimも使っていられないですよね。

そんなわけで、最小の変更で必須のキーボードカスタマイズをおこなうにはどうしたらいいか、を追求した末、自分なりにたどりついたキーバインドを公開します。


1. Windows Server 2003 Resource Kit Toolsをインストールする

Linuxを使えるならxmodmapで済むのですが、悲しいことに仕事場ではWindowsを使わざるを得ない。そんな場合は窓使いの憂鬱でも良いですが、Windows Server 2003 Resource Kit Toolsをインストールするのが手っ取り早いです。

自由にソフトウェアをインストールできないような環境でも、運用管理のためにMicrosoftのオフィシャルなツールを導入するなどとそれらしい適当な理由で申請すれば、インストールが許可されそうですね。

このツールをインストールするとremapkeyというコマンドが付いてきます。これでキーボードのカスタマイズができます。


2. 7ヶ所の必須キーを入れ替える

f:id:infohack:20070707214247p:image

これが自分なりに絞り込んだ最低限のカスタマイズです。

CtrlキーはCapsLockと入れ替えてAの横に。

IMEの切り替えは、PC-9800のXFERを意識した位置に。

Ctrl、Tab、ESCキーはいずれも非常に使用頻度が高いキーなので、それぞれ遠くない位置に。


この程度のカスタマイズなら、万一デフォルトのキーボードで操作しなければならない場面でも、さほど苦にならずに打つことができます。

理想と現実の折り合いをつけるとこの程度、というところでしょうか。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

 |