Hatena::ブログ(Diary)

情報網状組織の記録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-02

[]windowsTeraTermXming 19:20 windows で TeraTerm + Xmingを含むブックマーク

LinuxWindowsからリモートする方法はいろいろある。

XサーバWindowsで立ち上げてする方法のメモ

Linuxにアクセスするためのソフトは、TeraTermを使う。

TeraTermは、SSHを使用して通信を行なうため、安心

Xサーバのソフトは、Xmingを使う。

Xmingは、Windows上でXサーバを実現でき、しかもフリーウェア

TeraTermXmingダウンロード

TeraTermは、ここからダウンロードできる

Xmingは、ここからダウンロードできる

Xmingは、Xming-fontsのダウンロードします。

インストール

Xmingは、Xmingインストールした後に、Xming-fontsをインストールします。

Xmingの設定

リモートアクセスしているLinuxから、Xサーバに表示の命令を送るので、Xサーバのアクセス許可を設定します。

Xmingインストールしたフォルダにある「X0.hosts」を編集

このファイルには、アクセス許可しているホストのアドレスが書いてある。

編集前には、「localhost」が書いてある

改行してXサーバにアクセスするアドレス(リモートアクセスしているLinuxのアドレス)を書く

f:id:information-world:20090602203500j:image

Xサーバ先を設定

TeraTermログインして、画面転送先を設定する

export DISPLAY=(Xサーバを立ち上げているアドレス):0

===============================

追記(2009-09-14)

もちろん、.brashrc などに

DISPLAY="192.168.?.???:0"

export DISPLAY

の2行を加えておけば、teratermを開いた時点で環境変数にセットされるので

================================

f:id:information-world:20090602203014j:image

これで、準備Ok

あとは、xtermやgnuplotで確認

= 蒼焔 =

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/information-world/20090602/1243938029