Hatena::ブログ(Diary)

英語あそびなら天使の街

2018-10-21

映画 Wildlife (2018) を見た。ポール・ダノ × ゾーイ・カザン脚本『ワイルドライフ』

リチャード・フォードの同名小説をポール & ゾーイカップルが脚本化、『ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択』と同様にモンタナの絶景を借りた文学作品

またまたホッパーの名画を思わせる「頑張ってるカット」はいろいろあったけど、奥さんのジャネットにはイライラしたわ。
ジェイク・ギレンホール出稼ぎに行った後、あまりに急激に蓮っ葉になり、全くついていけなかった。
最近、何かに操られちゃってる人の話ばっかり見てるなーと思った。
もう大画面で酔っ払い見るのうんざり。

彼女のハタ迷惑な豹変には何の伏線もなかったと思うのだが、たまたま昨日、村上春樹の『眠り』を読んだところだったので、「このトチくるった人にも一理あるのかもしれない...」とも考えてしまい混乱した。

あと、息子くん(エド・オクセンボールド)はちょっと重すぎたかな。上手だけど。

なぜ『眠り』を収めた短編集『TVピープル』を唐突に買って読んだのかというと(相変わらず、読みたくなればすぐ読めるKindle最高すぎ)、川上未映子氏が村上氏に話を訊いた『みみずく黄昏に飛びたつ』で興味をひかれたから。

村上 あれは「ニューヨーカー」に載ったんだけど、その頃、僕はまだアメリカではほとんど名前が知られてなくて、読んだ人の多くは、ハルキ・ムラカミって女性作家だと思っていたそうです。実際、女の人から「よく書いてくれた」ってファンレターが何通も来て(笑)。

ついでに、この珠玉のインタビュー集の最後。

村上 どれだけ本を焼いても、作家を埋めて殺しても、書物を読む人を残らず刑務所に送っても、教育システムを潰して子供に字を教えなくても、人は森の奥にこもって物語を語り継ぐんです。それが善き物語でさえあれば。(中略)
たとえ紙がなくなっても、人は語り継ぐ。フェイスブックとかツイッターの歴史なんて、まだ十年も経ってないわけじゃないですか。(中略)
それに比べれば、物語はたぶん4万年も5万年も続いているんだもの。蓄積が違います。恐れることは何もない。物語はそう簡単にはくたばらない。

聖書物語に信頼を置いている私にとって、目の前が明るくなる村上氏の預言でした。
ちなみに村上氏はリチャード・フォードの短編をいくつか翻訳しています。いかにも〜




原作。


トレーラー。

2018-10-14

映画 First Man を見た。ライアン・ゴズリング is『ファースト・マン』

『ラ・ラ・ランド』のチャゼル監督(まだ33歳。『ブラックパンサー』ライアン・クーグラーと並ぶフレッシュぶり)とゴズリングコンビでニール・アームストロングの月面着陸までをlow keyで描く。

以前、近所の図書館に元宇宙飛行士がレクチャーに来たとき、しきりに「私たちはユーリにとても感謝しているんだ、宇宙開発のすべてはユーリに負っている」と言っていた。
(逆に言うと話の内容それしか覚えてない...彼の名前すら)

この映画を見て、その彼の言った意味がちょっとは分かる気がした。
アポロ13』と『ハドソン川の奇跡』を合わせたような、米露宇宙競争の10年の一コマ。
今じゃ、あんな無茶なスピードでプロジェクトが進むことはないだろう。1回の失敗で数年はディレイするよね。
発射台死刑台感といったら。

ゴズリングは、腕利きパイロットに見えなかった...
ちょっと優しすぎた。

ところでアームストロングは幸い天寿を全うしたようですが、先駆者ユーリ・ガガーリンの「飛行後」はなかなか苦しいものになったっぽく、そのまま若くして亡くなっています。
ユーリが最初の飛行士に選ばれた決め手は宣伝に有効なロシアっぽい名前に加えて「笑顔」だった、という話がありますが、彼の子どものようなスマイル写真を見るとほんま泣けてきます。

そして、アームストロングと一緒に月面に降りたバズ・オルドリンはつい先日、自分のお金を勝手に使われたとして2人の子どもを提訴し、三面ネタに。。。こういうのって、ユーリの例よりさらに悲しい。

本作で描かれるおびただしい事故、そして「宇宙開発なんかに人命と巨額の金を費やすな」プロテストのシーンでは、この本の著者の煩悶を思い出しました。
私も同時代人だったらプロテストに回ってたかもしれない。で、月面着陸の中継見てころっと態度を変えたであろう...


原作。
また例によって、Kindleジャパンで買うほうがUSより安い。


トレーラー。


私の愛する宇宙モノ。何度見ても一生飽きないと思う。

2018-10-13

映画 Beautiful Boy を見た。ティモシー・シャラメ is『ビューティフル・ボーイ』

ドラッグ依存症撲滅啓発映画。

メモワールを原作にした興味深い題材ながら、評判がいまいちだったのでどんなもんかなと思ったが、満席で驚いた。
冒頭のPLAN Bのロゴに再び期待が高まる。

「ドラマ」じゃない丁寧な静かな筆致で良かった。
モーラ・ティアニーがキレて若者2人を追いかけるところはめちゃくちゃ真に迫っていた。
彼らを操るものに対する怒り、悔しさ。

ウソは何よりも人を蝕む。
だから、人にウソをつかせるものは何でも害毒なんだ。

父ちゃんがついにティモシーを「見限る」ところ、全然文脈違うんだけど、なぜか東野圭吾「手紙」の兄ちゃん切りを思い出した。
サタンは避けるしかないんだ。家族が格闘しちゃダメ。できない。

本人も周囲の人びとも、専門家に、自助グループに助けを求めること。

原作。
また例によって、Kindleジャパンで買うほうがUSより50%安い。


トレーラー。


2018-10-07

映画 A Star Is Born (2018)を見た。ブラッドリー・クーパー初監督 × レディー・ガガ『アリー/スター誕生』

いつも聞いている辛口レビュー番組で、もうツバが飛ぶのが見えそうなほどレビュワーたちが興奮してほめていた作品。
話を知っていても引き込まれる、ガガを立てるクーパーがいい、脇のガガ父がいい、3回鳥肌がたった...云々。

特にガガの良さをrawという言葉で評価していたのがナルホドと。
40年以上前のストライサンド版がいまいちだった点は、ストライサンドが初っ端からストライサンドにしか見えなかったこと、それに比べるとガガの姿はrawで題材にぴったりだったと。
見てみて納得。ローデータのローですね。

確かに「マザーモンスター以前」の彼女は素敵だった。
アル中ヤク中、でも笑顔が優しいクーパーのやさぐれロッカーも実に美しかった。
脇のバランスもきれいだった。
コンサートのシーンはスリリングだった。

が、中盤よりも随分前(に感じた)、2人の出会いから最初のアクトでクライマックス到達。
その後はもう脚本が冴えず。
消化試合というか、全体的に人物の動機が薄いというか、「そこで結婚しないだろう」とか「そこで死なないだろう」とかそんなのばっかり。
グラミー賞シーンもしょぼかったですね〜

プロデューサーがついてからガガさんのパフォーマンスに生命力が欠けてしまった、というのはよく伝わったけど。

(10/12追記
この駐車場、めっちゃ近所だったのでちょっくら見に行ってきた笑


たぶん今年映画館で見た回数最多のトレーラー。すんごい昔からやってたので。


サントラ。ラストの追悼歌唱はなぜかホイットニーみたいだった...


1976年のストライサンドバージョン。


オリジナルとリメイク1作目はミュージシャンじゃなく、映画界のスタアね。



これは別モンやけど。

2018-10-06

映画 The Old Man & the Gun を見た。ロバート・レッドフォード『ザ・オールドマン・アンド・ザ・ガン』

注意)この映画はチャーミングな佳作ですが、MeTooのハザマをすり抜けたケイシー・アフレックが出演しています。
(そうと知ってたら私は見なかったです)

新たな連邦最高裁判事がアレに決まってしまい、はっきり言って大統領選よりもはるかに落胆している。
大統領のときは票田が広すぎる、多様すぎるというか、プロライフ等のためにあくまで彼じゃなく共和党を選ぶという苦渋の選択をした人もたくさんいることを知っている。
でも判事はさ、中間選挙前のタイミングを耐えて、別の人を推し直すことはできるわけだからさ。しかも任期は終身。。。
彼の性的暴行疑惑の白黒よりも、あの公聴会ひとつで見えた彼の「不適任さ」のほうが気になりました。
アレでいいの?アレのタイトルがJusticeになるんだよ?Gross.
今回のことでLoseしたのは最高裁、っていう意見に同意です。残念。

映画、よかったよ。80年代の香りが。
レッドフォードのヘアスタイルが素敵でね。
「現役離れて目が死んでる」場面もシミジミした。そして、そんな彼を見ているのを苦しく思うほどには、シシー・スペイセクも若くはないのですね。
いつか彼がいなくなるのを知っている。それを受け入れる準備もできている。

1つだけ、ダイナーのシーンで妙なカットがあった。
2人の会話を聞きながら、カメラはダイナーの便所への入り口近辺をボーっと映しているの。

若きレッドフォードの作品を見直したくなる映画でした。

原作。


トレーラー。


最高裁判事のアレの「不適任さ」をダイジェストで。議員さんたち、ほんとにこれでいいの?