Hatena::ブログ(Diary)

英語あそびなら天使の街

2018-01-20

映画 Paddington 2 を見た。『パディントン2』

今日はHidden Figuresに感激してから1年、women’s march 2018の日。
ついでにこの日から政府シャットダウン…なんというタイミング。

今回は、昨年「白人リベラルの祭りだった」という批判(LAではそうは感じなかったけれど)を教訓に、ローカルの様々なグループとの連帯を深めた、という。
私は、大規模なラリーが行なわれ、ナタリー・ポートマンヴィオラ・デイヴィスやコンスタンス・ウーらも声を上げたダウンタウンからは離れた町にいたのだが、何人かプッシーハットをかぶった人たちを見かけた。

さて、ガラにもないパディントン君を観に行ったのは、Lady Birdを抜き去り、Rotten Tomatoesで過去最高の評価が出たと聞いたから。
星の数はすべてではないけれど何らかの理由はある、ので。日本でもはや公開されているのも珍しいし。

まあ、ムリにけなすほどの引っかかりはないのと、いつものロンドンびいきブースターになったのかなと思う。
『素晴らしき哉、人生!』みたいなラストは好きですね。
ルーシー叔母さんへの愚直な信仰とそれに伴う鈍感力によって人の良さを引き出して行くところは、ジーザスっぽくもあります。キリスト者の生き方について考えてしまった。

昔、『ロジャー・ラビット』を「アニメと実写の合成?すごい!見たい!」とイトコに拝み倒してレンタルビデオを借りてもらい、非常に退屈したまま終わった思い出があるが、もはや太古の時代みたい。

ロジャーラビットカートゥーンスピンのwaiting lineは好きでした。マンガな街中を進んでいくのね。もうディズニーランドも10年以上行ってない。



2018-01-18

映画 All the Money in the World を見た。撮りなおし『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』

セクハラ周りで絵に描いたようなミソがたくさんついた作品。
それでも、報酬の寄付を決めたウォルバーグと対するミシェルの声明を読んで、YESと言いたくなったのと、ゲッティには興味ないけどお金に関する興味深いアフォリズムが聞けるのでは?と思い足を運んだ。

スペイシーのままだったら少なくとも私は見に行かなかったはずなので、感謝祭の撮りなおし(これは本当にすごいことです。普段から28時とかまでダラダラ拘留されるのが当たり前になっている日本の現場とはわけが違うからです)に一定の意味はあったのかもしれない。
でも、それが報われたかというと疑問。そうしてリスク回避してまで劇場公開する価値はなかったと思った... 決断した監督には敬意を表しますが...。

ゲッティセンターは訪問客をとりあえず連れて行くのには便利だが、個人的には好きではない。コレクションにソウルがないから。芸術の喜びに欠けるんだよね〜。
で本作のゲッティも、こんなに紋切りでよいのか...。期待していた面白いことも全然言わなかったし。「お金はあったけど寂しい人物だった」とか評するのさえナイーブな気がする。

話は#MeTooムーブメントに戻るが、私は昨年初めにSNSを見るのをやめて本当に良かったと思っている。
でなければ、(主に日本発信の)100年前みたいな書き込みを目にしてフラストレーションをためるばかりだっただろうから。
今、彼女たちにとっての「古き良き日々」が忘れられないらしい古き良き女優たちがそもそも#MeTooの何たるかを理解せずにアンチ発言をしているが、ひとつ言えるのはもう後戻りすることはない、ということだ。告発者が「やっぱ、私にも非があったかも」と言うことは二度とない。テイラー・スウィフトの発言のとおりです。

さて、『シェイプ・オブ・ウォーター』も見といたほうがいんだろうなァと思いつつ、どうしても惹かれず。

原作Painfully Richが復刻。


トレーラー。

2017-12-26

映画 Phantom Thread を見た。『ファントム・スレッド』でまさかの毒キノコ被害再び

1にカリカリトースト、2にカリカリトースト、3、4はなくて、5にバターの香り高い毒キノコオムレツである。

『ビガイルド』に続き、1年で2本も毒キノコ映画を見ることになるとは...

えーと、あまり面白くなかった。
「仕事モノは鉄板」なので、せめてもう少し"クチュール界"が描かれていたらよかったのだけど。
今年だと『レディ・マクベス』もそうだったが、アメリカの批評家やムービーゴーワーは、英国ピリオドものに甘い傾向があると思う。
今もウィンザー家の婚約に妙に興味津々だし、良くも悪くも自分チにない、そしてある意味オリジンでもあるイギリス的なものは憧れなのよ。

結婚までは、衣装やロンドンの風景やハウスの作業場、そして朝食など、眼福要素が多くてそこそこ楽しんだが、プロポーズの瞬間、「蛇足ゾーン開始」と思った。
実際そこからすんげー長かった。

ノッティングヒルの恋人』の脇ですごく感じが良かったジーナ・マッキーさんをまた見ることができて嬉しかった。
もちろんお年は召していたけど、貴婦人として出てきた瞬間すぐに彼女だと分かった。

傍流エピソードで流れたけど、プリンセスがあのウェディングガウンを着た姿を見たかったな〜と思ったのは私だけではあるまい。

ドレスもいいけど、黒のヘチマエリの仕事着がどれもステキだった。

師走です。今年、私が見た映画ベスト5はこちら

全く興味をひかれなかったトレーラー。
それなのにあまりに評価が高くて足を運んでしまったよ。


『ノッティングヒル』は、食わずギライせずぜひ見てほしい!
私も友達が借りてきてくれたおかげで出会えて感謝しています。

2017-12-24

映画 The Greatest Showman を見た。『グレイテスト・ショーマン』とThis is Me

イブ礼拝の後に子ども行列を連れて。あまり気乗りしなかったのだが、行って良かった。
The Postに続き、The Silence Breaker、反「トランP的なもの」プロテストに明け暮れた1年の終わりにふさわしい?と言っていいのかな…

ディズニーランド的、USJニューヨークの舞台装置がステキだな〜と眺めながら、

本作の"Celebration of humanity"や、同じ用法ではCelebration of Lifeなんかの意味でのcelebrationってすごく日本語に訳しにくいな。
お祝い系はもちろん却下、「賛美」はクリスチャンじゃなければ微妙な意味を持ってしまうし、個人的には「讃歌」が好きだが、若い人にはピンとこないでしょ?
キャニュセレブレ〜イ

バーナムサーカス団員をジェニーのパーリーから閉め出したところを見て)すべての人に時を選ばず敬意を払うって、やっぱり人の力ではできないな。神の愛がなければ。
誰に対しても同じ態度のウチの父(何も考えてないだけか?)はほんとに尊敬できるな。

などとボンヤリ考えていました。

もちろん、楽しく華やかでありつつ、アメリカの建前を叫んで肩肘張ったハリウッド作品です。
青臭さを笑うふりをしたいなら、それもいいでしょう。
私は、大阪人として、アメリカ移民として、この映画の描く「人を笑わせるために命をかける」世界の実現に加わります。

まさに反トランP的アンセム、This is Me.
撮影前のワークショップのパフォーマンスが真に富んで素晴らしいです。


皮膚がん手術直後で医者から歌ったらアカンと言われてたのに熱唱しちゃったヒューも素敵です。


コレオグラファー直々のダンスチュートリアルも。(ハイ、皆でやってみました)
ここでもcelebrationが連発されています。


音楽は『ラ・ラ・ランド』のコンビ。


モデルとなったショーマンバーナムの伝記。


トレーラー。


師走です。2017年私が見た映画ベスト5はこちら

2017-12-23

映画 The Post を見た。『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

面白かった!爽快。

スピルバーグ、ストリープ、ハンクス??(げプ)と思わず、ぜひ見に行ってほしい。
そして、こちらの劇場でそうだったように、最後のニクソンの必死な後ろ頭に、大笑いしてほしい。

日本のマスメディアのエライ人が、安さ倍増首相の接待受けてるの、なんでみんなもっと怒らないの?
媒体の不買運動しないの?
そんな主幹の率いるジャーナリズムもどきにお金出す価値ないと思うんだけど。
(ここまで書いて、そもそも新聞買ってる個人が既にほとんどいないのかな、という気もした。実家はまだとってるわ...)
彼らは「矜持」って言葉が好きらしいのに、ジャーナリストとしての矜持皆無だよね〜。

本作のケイとベンも政権と仲良くしていて、それゆえに苦悩も深まっています。
実話として結末を知っているものの、「決断を覆さないでくれ」と祈る気持ちに。

既に見返したい場面がいくつか、すべてストリープとハンクスの対話、そしてやはりキャサリン・グラハムの決断のシーンだ。

そして、70年代の新聞社、活版印刷の現場の再現にも興奮。
ほんの数十年前なのにグーテンベルク時代みたいなシステム。
活字拾うのも大変だけど、あのレイアウトを活版で作るのは気の遠くなるような職人技ですね。
私は2000年頃に東京で新聞の印刷工場を見学したのだが、その時も紙上で切り貼りをやっていて、意外とローテクだなと思ったのを覚えている。
ニューススタンドに数バンチずつボンボン放って「納品」するのは、今も変わらないかな。日本じゃありえないですね。

最高裁判決文にはつい心動かされた。
ここで力を発揮するserveやgovernという躍動的な動詞も非常に訳しにくいですね。
日本語にはない概念だからこそ日本でも「ガバナンス」というカタカナ語が出てきたんでしょう。

Lovingでフィーチャーされた言葉も良かったし、最近では、同性婚禁止は憲法違反だと判断された時、私はその決定に友人たちと一緒に喜んだ1人でありながら、「反対派の」判事の文章に唸らされた。

アメリカロゴスが作っている国だな、と思う。

踊らされてる〜と思うだろうか? 私はアメリカの理想を守ろうとするeffortにはいくらでも関わる。
建国の大実験はまだまだ続くのである。

師走です。2017年私が見た映画ベスト5はこちら

キャサリン・グラハムのメモワール、発行当時、今は紙版なきNewsweekで特集が組まれたものです。



トレーラー。


ところで、今年何度もトレーラーを見ることになったDownsizing『ダウンサイジング』、行こうか迷っていたが、マット・デイモンの、セクハラ社会をまるまる体現した発言で、もちろんヤンぺに。まさにこの映画のプロモーションでしてくれた発言なので、むしろ先に言ってくれてありがとう、という感じ。
今後、彼の作品は見ません。
あれ、実際にセクハラ告発されて「ごみーん」って言ってる人たちよりもはるかにタチが悪いよ。

結局、彼に関係なく『ダウンサイジング』の評判は壊滅的なので(白人ナラティブらしいです)、どっちにしても行かなかったかな。Suburbicon『サバービコン』も石投げられてたし、ツイてない年でしたね。娘さんたちもいることだし、目を覚ましてくれ。