initialTTの日記

2018-08-12

[]実は初、大根19:41

そして、アリバトレインはバースタを出発。

マルコさんの牽きで、山風向かい風の中をイイペースで船岡まで。

船岡の信号待ちからの、ほんのちょっとの上り勾配で、先頭がすぐに上げたので後ろはあたふた。

その後も前を代わる代わる強いヒトタチ(黒赤F10氏、粉さん、84本さん、マルコさんら)が牽くので、

出発前のマルコさんの「丹比までは移動区間で・・」なんてのはいつもの詐欺。

トレイン内に居ても250Wときどき300Wとか。

/

犠牲者を出しながらも丹比ローソンに着。

ここで84本パパは離脱。

代わりにkeroroさん合流。

朝飯?を買い込んでふる森ロードへ。

序盤は先行するガチメンバーを放置してほどほどで進んでいたが、

そのほどほどでもキツいおいら。

どりさんにしがみつく作戦も、斜度が上がり始めたところであえなくギブ。

/

一度ギブるとパワーもガックリ落ちてヨロヨロ走りに。

どりさんにはまたも弱気に「途中でUターンして帰るかも?」と伝えてあるので安心してリタイヤ出来るか、と甘々なことが脳裏をもたげる。

が、しばらくして振り向くとN垣さんが迫ってくる姿を発見。

こりゃ逃げなければと、緩斜面にさしかかったところで一度スパート。

弾みが付いて、パワーを2割ほど戻してその後の上りも踏ん張る。

なんとか再び引き離した状態で、大根畑新道分岐で待つみんなのところに到着。

止まっても汗はもう止まらない。

おいら本当に汗をかき始めると、量も多いが、運動止めても止まるまでに時間がかかる。

足下に池を作りつつしばし休む。

/

そして新道スタート。入りはそうでもないが、後半はやはり10%以上連発。しかも一度ゆるんでまた、という繰り返しなので、ゴールを知らない身には無間地獄

序盤しっかり掛けたドグマXさんとhayashiさんがゆるめに走っている姿に追いすがりながら耐えてゴール。

/

水が切れたので離脱して帰ろうと思って、分岐まで下るが、ふる森までは上りだけど1.5km。

下るより早く水にありつけるので、結局みなさんと登る。

ここもまあヨロッとしながら。

/

ふる森で、皆でドリンクブレイク。

せっかく大勢できてくれたのだからと、館長さんが冷えたスイカを切って振る舞ってくれる。

ありがとうございます。

/

下りに入るが、なんかマシンと自分とのマッチングが良くない。路面の荒れが大きく感じられるのは硬めのイーストンホイールのせい?それとも空気圧高すぎ?ブレーキの効力にジャダーが出ている感じもするし・・というわけで自分的にもあれあれ?って感じでビビリーの下り。

緩斜面まで下り、途中を右折し、次は山志谷。

もういい加減力がないが、まあそれなりのペースで。

/

私都谷はいつも通り高速トレインで。

次はみちくさキッチンクゥを目指して吉野の坂へ。

まだ元気なメンバーが前に離れて、後続5人ほどで進んでいると・・

少し前を走るhayashiさんが突然ふらついたかと思ったら路肩に突っ込む。

続いてバースト気味のパンクの音が!

/

大丈夫か!?と、駆け寄ると口に虫が入って、それを吐き出すのに気を取られてとのこと。

どうやらご本人は大丈夫な様子で一安心。

マシンもフロントのクイックの先端が側溝で削れたくらいで、ホイールやフレームは幸いほぼノーダメージ。

履いてたのがチューブラーなので、まずはタイヤ剥がし。

握力が要るので疲れるこの作業。少ししてご本人からバトンタッチ。

テープで貼ってある場合は、1カ所20cmくらいを両側から剥がして完全にリムと分離させてやれば、そこからタイヤを引っ張れるはず。目論見通りきっかけを作って、うまく剥がすことができた。

/

ボンベでシュッとエアを充填し、心配してもどってきた仲間とともに吉野を登る。

すでにおいらはダメダメだが。

/

昼飯を妻と約束しているおいらは、同じく昼前帰着を決めているらしい84本くんとともに中河原で離脱。

またクゥに行けなかったけどまあよし。

あとは微下り平坦を84本くんに牽いてもらい。岡益交差点へのスプリントでちょい差し。ずるすぎるぞ、オッサン!

国府中交差点で84本くんと分かれて、いつも通り袋川土手経由で帰着。

/

前回の扇の山水場アタックは挫折したが、今日はまた仲間の力に頼ってどうにか目的地までのぼり切ることができた。

みなさん、ありがとう!

91km、Ave25.5km/h、212Wはまずまずがんば(らさ)れている。

/

夕刻は某所の納涼野外呑みに参加。

長年会っていなかった昔の仲間や、意外なつながりの元同僚、趣味を同じくする初対面の方などと楽しくおしゃべりしながら呑む良い宵だった。

/

今朝は、あまり、というよりは全く調子良くないのだが、とりあえず足を回しておこうと出発。

が、前日の疲労と酒疲れを引きずって、あきれるほどに掛からない。いちどかろいちまで行って、戻って子どもの国坂をかつてないくらいゆっくり上り、

観光街を覗いてみる。海岸に下る気にもならず引き返し帰着。28kmほどだが、Aveは23km/h、126W!

あかん、休もう。

その後は初盆の準備で仏壇を実家からマンションに運び込んだり、買い物したり、お墓に行ったり。

一つ作業する度に汗ビッショリ!つくづく自分の汗かきぶりを再認識するが、暑気あたりと疲労の影響もあるだろうな・・。

マルコマルコ 2018/08/12 23:47 山サイご参加ありがとうございました。大勢で登れていい山の日になりました!
丹比まではN垣さん黒桃くんとゆっくり行ってましたのであの高速アリバトレインを牽引していたのは一体?

initialttinitialtt 2018/08/14 12:37 >>マルコさん
招集、ありがとうございました。
そうだった、マルコさんは後ろに居たんですね。失礼しました。
今年は、冬のベース作りさぼり・春からの粉錬さぼり・暑くなってからの慢性夏バテで全くいけませんわ。なんとかコウノトリに向けて調子を戻したいところです。

2018-08-11

[]山の日前と山の日 14:25

9日(木)は休養。

/

10日(金)は、お盆に出勤する代わりの夏休みを取っているので、いそいそ出発。

まずは西進。いきなりマイブームな鼻呼吸で。

でも前回と違って、深く呼吸すると胸の下の方が軽く痛むので、少し浅い呼吸になってしまう。

ちょっとそんな違和感を感じつつ酒ノ津旧道へ。

合流までの短い上りは、縛りを解除して踏む。23km/hを切らないのは掛けたときの標準。

/

宝木に下って、龍見台坂も解除。ここも同様に27km/hを切らないで。

だが、その後呼吸が落ち着くのに結構時間が掛かり、鼻息に戻ったのは浜村中央の交差点。

なんか早くもヘタレた感が持ち上がってくるが、気のせいと思いつつ魚見台に取り付く。

しかし体感通り全く掛からず、すぐに速度は15km/hを切ってしまう。

/

そんな乗り手の弱気に同調したのか、軽快な音とともに前輪がパンク

路肩で修理を終えると、もう登る気が失せてしまって、そのまま転進・敗走・・。

大タブ経由で名水に行って水補給。いつもながらおいしくて冷たい水で生き返る。

/

鹿野−洞谷経由で帰途につくのはいつものコース。

その洞谷もゆるくしか上れない。

あとは一度海岸線に出て帰るかな・・・と考えつつ農道を吉岡から湖山池に向かっていると、

前から4人のトレインがやってくる。

いつも見るオッサントレインと違い、若々しい湖陵自転車部トレイン。

/

すれ違ってから、3秒考えてUターン。

ダメダメだった練習にちょっと渇を入れてもらうために、混ざらせてもらおうと。

まだ移動区間でトレインが流していたおかげで、平坦のうちに無事追いつき、

テルくん先頭の列車にジジイを一人加えてもらう。

/

読み通りトレインは洞谷に向かう。

少しずつ斜度が上がるあたりで、まず2番手の子がギブ。ついでその次の子も。

で、テルくん、もう一人、おいらの3人になる。

調子が悪くなければ、少なくとも最初のヘアピン入り口まではついて行けたと思うのだが、

気持ちも体も保たず、ゴルフ場分岐ストレートでおいらも千切れる。

/

やめよっかなー?という弱気も湧いてきたが、先に遅れたメンバーに情けないところを見せるのもなんなので、

耐えられるペースで進む。

心拍はまずまず170台まで上がってるのに、スピードが10km/hを割り込んでいるのはやはり厳しい。

/

ピークで後続を待つ。

クルマで伴走の顧問の先生にもご挨拶をして、鹿野に進むみなさんと分かれて帰途につく。

あとは湖山池を回り、9号線経由で帰着。

勝手に練習にまざらせてもらってすいません&ありがとうございました、湖陵高のみなさん。

77km、Ave26.9km/h、178W。

/

今日は山の日!で、マルコさん招集の山ライド。

寝坊して、家を出てから6:30バースタ集合まで20分も無い! 時間距離最短の左岸源太橋〜53号と繋いで、1分遅れで到着。

集まったのは、マルコさん、どりもぐさん、hayashiさん、ドグマXさん、ヒシイさん、粉さん、84本くん、めしさん、N垣さん、黒桃くん、黒赤F10の方(名前思い出せない)、iTT。多くが新アリバジャージなので壮観!。八東からはkeroroさんも合流。

疲れたので、練習記はまた明日・・・。

湖陵顧問湖陵顧問 2018/08/11 15:14 こちらこそ、練習にご参加頂きありがとうございました。
生徒達の良い刺激となりました。また機会がございましたら遠慮なさらずにご参加ください。

マッシャーマッシャー 2018/08/11 19:58 お疲れさまでした!ドリさんのInstagramでお揃いジャージのトレイン拝見しました!かっこいい!

initialttinitialtt 2018/08/12 07:49 >>湖陵顧問さま
勝手に加わって、本当にすいませんでした。
テルくん、あっという間に速くなりましたねえ。他の部員さん達もこれからどんどん伸びていくでしょう。楽しみですね!
>>マッシャーさん
平地のトレインには居たんですが、上りの写真には遅れたおいらの姿はありません・・・。
今回はライバルどりさんにまったく敵いませんでした(涙)。

hayashihayashi 2018/08/12 08:17 山の日、お久しぶりに一緒出来ましたね。
パンクの時はチューブラー剥がしありがとう御座いました。またのタイミング宜しくお願い致します。

initialttinitialtt 2018/08/12 19:51 >>hayashiさん
お疲れ様でした。
ご一緒できて良かったです。(日替わりで息子さんとも)
落車、びっくりしました。
何が起こるかわかりませんねえ。
でも落ちた場所が柔らかい茂みで本当に良かったです。

2018-08-08

[]鼻息縛り 20:42

5日(日)は仕事。帰宅後一汗かきたくなって、久しぶりにCUJO号で気ままに走り出す。

千代川右岸を河口まで行って、あとは北園の路地など走って帰着。20km。

/

6日(月)は夕錬。スクル号で夕方の定番、河原−東郡家−南栄町コースに向かう。

なぜ定番かというと、夕刻はまだ昼の風=海風なので、最初追い風になる南下コースを選ぶから。

朝方走るときは逆に、陸風追い風にな北上コースでスタートする場合が多い。

そう、朝三暮四のおいらです。まあ、最近脳みそサル並ですから。

/

で、とりあえず気持ちよく踏んでみる。ただし、下死点からはしっかりペダル加重を抜くことは心がけて。

30.5km、Ave31.5km/h、215W,91rpm。

/

昨日も夕外。

ちょっと変わったことを試しておこうと思い立ち、「鼻息しばり」を自らに課してみる。

無理のない感じで漕ぐと、180W位。

そのままの強度をキープし、袋川河川敷から滝山トンネルへ。

次いで榎峠。坂でも口を使わない範囲でゆっくりめに登る。

下ってそのまま平坦を岩戸へ。

海岸道路は縛りがあっても30km/h以上で進むことができた。

/

だが、さすがに観光街坂は無理。

どんどんスピードは落ちて、15km/h位にまでなってしまうが、鼻呼吸は守る。

あとは出合経由で帰着。

/

縛りのため、上記のように坂ではリミッターが掛かってしまったが、

微下りや下りでは、その呼吸(=強度)を保ったまま走ろうという感じになってしまった分、

逆にいつもよりスピードを乗せることができた気がする。

後半は呼吸法にも慣れたのか、200Wを越える状態でも呼吸は苦しくなかったし。

で、32kmのAveは30.1km、197W。普通にまずまずきちんと走ったときと変わらない。

/

走っていて感じたのは、息を吐くときの体内の様子が明確に感じられたこと。

これは普段の走りではなかったことで、肺から気管が意識できて、そこを通る空気が吐き出され、

吐ききられるタイミングの感触がなぜか明瞭。

で、吐ききった直後にそこに吸気が戻っていく感覚も。

/

上記のように坂では当たり前にリミッターになってしまうが、

平地巡航では、案外鼻呼吸縛りの方が、走りの効率が良くなるのではないかと思う。

足もなんか温存できた気がするし。

気のせいかも知れないけど、しばらく試してみよう。

/

今日は倉吉出張があったので、カブで通勤し、カブで向かう。

やはり楽しい!

夕刻は同窓会の役員打ち合わせが入り練習なし。5日連チャンで走っていたから、休養にはいいタイミングだったと思っておこう。

hayashihayashi 2018/08/08 22:52 倉吉行きの途中だったのですね〜!
イイ走りを見せてもらいました。
白いのも有ったんですねカブ。

initialttinitialtt 2018/08/09 20:49 どうも、偶然でした。
おいらのは正確にはベージュで、他に真っ白もあるんです。
このたび、スクーターからカブに乗り換えて、シフトチェンジする楽しみに浸っておりまする。

2018-08-04

[]ノボレナイヒト 19:50

3日(金)は一昨日ショップで偶然会って約束したTakuくんと走る。

7:30に待ち合わせて、安蔵へ向かうことにする。

まず立見峠でちょっと維持してみるが、それだけで結構大変。

野坂川沿いに出たところからメディオちょい下くらいで踏ん張ってみる。

やはり一人じゃなく仲間を引っ張っていると頑張れるねえ。

/

と、頑張りすぎたのかいつの間にかTakuくんちょっと遅れてる。

少し待って、小学校過ぎの自販機で補給休憩。

その後は一段ペースを落として安蔵テニスコートまで。

とてもロッジまで上る元気は無し。

/

途中まで下って右折し、岩坪への上りにとりつく。

中程まで踏ん張ったが、気持ちが切れてギブ。

Takuくんにはマイペースで前に行ってもらい、よろよろ登り切る。

/

あとは砂見の谷を下り、千代川左岸のCRを辿って帰る。

50km。

/

もう兎に角全く坂で掛けられない粘れない・・・

/

/

そして今日は”定例の開催週のはずなのに告知がないので”勝手おは。

なんかニューアリバジャージ率高いし、で集まったのは、

新車Sワタの青か綺麗ねどりさん、マルコさん、H原くん、めしさん、黒桃くん、U田さん、TK田さん、お見送りの84本くん。

/

乗鞍が迫るH原くんのトレを!ということで久しぶりの河合谷に上がることに。

国府・中河原・ダム裏坂とまったり越えて、自販機補給。

ここで旧サガンレプリカのY本氏@昔のバイク仲間、が追いついてきてご一緒に。

/

やはり上げずに河合谷入り口まで進み、そろったところでスタート。

H原くんは乗鞍シミュレーションでアタック。

残るメンバーは見送って、マルコさんが作るほどほどペースで進む。

が、一度ゆるんだ斜度が上がったあたりから先頭のペースが微妙に上がり、集団が縦に伸びる。

最後尾をどりさんと走っていたおいらだが、そのわずかなペースアップに耐えられず遅れる。

/

とてもあと40分耐えられそうにないので、どりさんに「多分途中でギブします〜」と告げてさらに遅れる。

通行止めゲートまで行って、それを乗り越えて前に進む気になれず撤退。

/

もうほんと、登れねえ・・・。

62km。

マッシャーマッシャー 2018/08/05 11:07 お疲れさまでした。やはり暑いとブレーキかけたほうがいいですよね。危険です^^;

initialttinitialtt 2018/08/06 21:36 うーん、暑さというより、根本的に坂力が衰えている様子です。
でもここ数年の夏場は、バテ気味でいつも2ヶ月ほど棒に振っているみたいな・・。

2018-08-02

[]台風一過とレース分析 19:26

29日(日)は台風一過の好天だが、休養日に。

/

30日(月)は久しぶりにスクル号で通勤。休養で回復しているはずだが、足は重めで掛からない。三山口坂も意欲が湧かず8割程度で。復路はいつもの空港かろいち。しめて46.5km。

/

31日(火)もスクル号通勤。少し出遅れたので美萩野から湖岸を引き返す平坦コースで。

復路はかろいち出合市内うろうろ・・してたらF肉さんと出会った。しめて42km。

この日も鳥取日本一の気温で38.5℃。

7月はこれで無事1000km超。

/

播磨早朝耐久のリザルトが出ていたので、分析(言い訳?)をしておこう。

まずトップは知る限り歴代最高の29周を達成している。

おいらは前述の通り、早々に集団から切れて、さらにちぎれ組のパックにも入ることができずワースト記録の25周。まあ仕方ない。これが今の力。

/

<メモ>

機材はリアクトe-tapにシャマルミシュランパワーで手持ちではベストのはず。

シフトは電動になった分、昨年までより確実に楽になっている。

最高速度は50km/hちょっとだったので、ギアはアウター固定の12−28でやはり十分。

曇りがちで猛暑ではなかったせいで、水はキャメルバックの1.3Lで十分足りた。水分補給が楽だったので、腕が回復していてもバックの方がいいかも?

脱水による攣り気配は皆無だった(頑張れていなかったせいかもしれないが)。

ドリンクはヴァーム薄めにお塩を少々トッピング。補給は摂らず。

ヘイロのヘッドバンドも効果ばつぐん。アイウエアに付く汗をほとんど気にすることがなかった。

/

チームクラスのリザルトは、1位が26周で2時間3分台。うーん、昨年のおいらと黒桃くんペアの方が速いぞ。今年出ていたららトップとれてたかも?

このように播磨耐久のチームクラスは、表彰台への一番の近道でおいしい。

過去、まだ早朝耐久が9月開催だった頃の2008年、2009年、kumaさんとペアで1位、2位と連続お立ち台をとれたのはいい思い出。

地元の仲間はおいらより速い人ばかりなので、仲間の中でイベントデビューを考えている方がいらっしゃったら、チームを組んで出れば表彰台濃厚な狙い目のイベントですぜ。

/

昨日は休暇を取得。盆休みに1日出勤しなくてはならない分のかわりとして取得。

まずは出合経由で砂丘トンネル坂。ここは掛けられず。

岩戸経由で左近までちょっと踏ん張る。フォレロは途中まで掛けるが撃沈。あとはヨロッと榎峠を越え、ちょっと百谷ダムなど眺めてから帰着。37km。

/

その後はカブの慣らしで距離稼ぎ。諸寄経由で春来峠にむかい、峠の蕎麦屋で昼飯をと企んだが、あいにく定休日。

仕方なく鳥取市内まで戻り、いつものちよ志の・・ざるうどん

/

今日は午前中倉吉出張。ならばとやはりカブで距離稼ぎ。今回の燃費は67km/h超!

つるつる 2018/08/02 21:51 確かに、はりちゅう耐久のチームクラスは表彰台の狙い目ですよね。
私も何度か表彰台に立たせてもらってますもん。

マッシャーマッシャー 2018/08/03 05:59 1000キロ達成お疲れさまでした!eタップよさそうですね。重量も軽いでしょうし。

initialttinitialtt 2018/08/03 20:28 >>つるさん
今回も誰かつかまえてチーム参戦を・・とも思ったんですが、
お誘いを掛けないうちにエントリー締め切りが迫ってソロで。
来年は是非チームで参戦し、表彰台気分を味わってみようかと。
>>マッシャーさん
まだ年間目標には借金が800km以上・・・。
e-tapは一度使ったら、もう戻れません!