initialTTの日記

2016-09-23

[]そして鉢伏 20:53

一昨晩、娘が帰省してきて、うれしくて?家呑みなのに深酒・・

で、昨日はリアクトで遅めのスタート=8時発。しかし家を出たとたん小雨。

でも保ちそうとふんで、千代川土手を北上。出合から子どもの国坂・・は半分でギブ。

岩戸まではセーフだったが、帰路の海岸道路あたりから降り始める。観光街坂も2/3でギブ。

少しだけハネが上がるくらいまでの間で帰宅することができて、ギリギリセーフ?なのか?23.5km。

/

午後は最近動きの怪しいイーストンEA90SLXのリヤホイールをOHしてみることに。

ホイール両サイドのエンドパーツはポン当てなので引っこ抜けば取れる。フリー体もそのはずなのだが、引っ張っても取れない。

少し試行錯誤し、最後はフリーを引っ張りながら軸をプラハンでコンコンやってやっと外した。このあたりの「何とかする」ノウハウが、単車時代から培ってきたものだよなあ、と自画自賛

/

だが出てきたフリーのベアリング周りは見事に茶色・・orz。

シールをめくって錆び混じりのグリスをパーツクリーナーで吹き飛ばし、新しいグリスを詰め込む。

フリーのツメ周りも同様。ハブベアリングも少し怪しいが、回転のにごりがかすかなのでそのまま組む。

本当はこのあたり、のむラボさんに持ち込んで、きっちり整備してもらいたい。シャマルも。

この冬にはなんとか都合をつけて、大坂行き計画を立てて、実行したいなあ。

/

平行してスプロケの洗浄。

このために少し前に「超音波洗浄機」を3Kほどで購入しておいた。

液体ディグリーザーを水で4倍に薄めたものを入れてスイッチオン。期待通りこびりついたタールがはがれていく。

洗浄後取りだして、軽く水洗いの後ウエスで拭くとスッキリキレイ。これいいわ。

ついでにホイールのスタティックバランスも取り直して一丁あがり。

/

夕刻は妻、娘、母とともに墓参りに。ちょうど雨の止み間でよかった。

その後はみんなで回転寿司に。母もよろこんでくれて何より。

/

夜は「陸王」を読みふけってしまい夜更かし。

で、今朝の起床は7時過ぎと遅い。

でも買った短めシーバスロッドを試してみたくて海へ。

波は落ち着く方向で、マイテトラの2/3地点までは出られた。

イカも魚も返事はなかったが、竿は軽いし、20gのジグもまあまあ快適に投げることができるので合格。

/

早めの昼飯を外食カレーで済ませ、少し休憩した後、リアクトで出発。

少し距離を走っておきたいので、9号線西進を選ぶ。風は北東風なので追い風快調。その風に押されて酒ノ津坂で27km/h、龍見台坂で31km/h以上キープとかなりイイ速度でクリア。

魚見台は半分ほどまで18km/h以上で粘ったがそこでギブ。でも落としきらないように踏ん張ってピークへ。

そのまま進んで松崎方面に左折。

/

松崎を抜けてからは、少し前のどりさんの記事に触発されて、かなり久しぶりに鉢伏に向かってみることに。序盤の坂から、なんか見た目より斜度があってキツいんですけど。ラスボスはそんなに長くないので、ダンシングでやりすごす。しかしこの辺りのキツイ斜度になると、下死点の度にペダルの回転が止まる感じ。G−ADVにつけている楕円なら、フィーリングは変わるんだろうか?

下って青谷へ。姉泊漁港でイカの姿を探すがサスガに見えない。鯵の群れは見えたが。

/

魚見台坂を軽快に下っていると、合図してくるクルマに追いつかれる・・お久しぶりの0-tsukaさん。八束水の信号待ちで少し喋ってお別れ。おいらは鹿野周回に向かい、大タブの木経由で鹿野市街に。そのままたまにはと洞谷でなく吉岡街道に向かう。ほどほど頑張ってピークへ。あとは下って湖山池南岸を帰り帰着。

91km。Ave27.6km/h。要所で坂を頑張れたのでまあよし。松崎で短時間コンビニ補給した他は休まず走ったし。

hayashihayashi 2016/09/24 06:36 相変わらず、釣り有り自転車有り盛り沢山ですね〜。
僕も釣りに行きたいですが、なかなか時間を作る事が出来ずです。荒れた日にサーフか磯に時間を忘れて出てみたいと思います。

マッシャーマッシャー 2016/09/24 16:17 整備が凄いですね!鉢伏って、兵庫県にもありますよね?

2016-09-21

[]涼しくなってきたなあ 22:22

19日(月)の朝方は小雨模様。

早起きはできなかったが、雨が降り濁りが入るとドブスズキが好調になるので、8時頃ポイントに向かってみる。レッドヘッドのシンキングミノーをしばらく流していると、「コツン」と当たりあり。でも乗らない。もう一度同じコースを少しゆっくり目に通すとヒット!元気よく引いてくれるがそんなに大きくない。魚体も見えてさあ取り込み、というところで反転外しを喰らいバラしてしまう。45cmくらいだった。まあ楽しめたのでよいとしよう。

しかし後でトレブルフックを点検すると、針先がちょっとさびて甘くなっている。バラしの原因はこれだな。反省して帰宅後フックを交換しておいた。

/

懸案の短め常用のシーバスロッドは、結局メジャークラフトの7.8ft、ルアーウエイト5〜20g、1.3K円程度をポチって、即届いた。重さは実測で107gとまずまずの軽さ。あとは(正しい使い方の範囲内で)折れないかどうかだな・・。でも海が大荒れなので、数日は試せそうにない。

/

というわけで突然のメイン機材紹介

シーバスロッド(1):ダイワ・モアザン初期モデル。9ft・〜28g・自重130g

 =サーフ、又は二防(千代川河口の足場の高い突堤)用。ラインはPE1号。

シーバスロッド(2):上記メジャクラのスカイロード

 =マイポイント用。ラインはPE0.6号。

エギングロッド:メジャクラのスカイロード。8.3ft・自重107g

 =普段はエギもシーバスロッド?で投げてしまうので、あまり使ってない。

トラウトロッド:メジャクラのネクスティーノ。5.2ft・自重80g位

 =ドブスズキ局地戦用。ラインはPE0.4号(ウルトラライトタックルで大物掛けるの楽しい!)

折れやすくてヤダ!といいつつ、結局メジャクラが3本か・・。

/

その後雨は上がり路面も乾いたので、家昼飯のあと、3号IDIOMでポタに出る。

出合から砂丘に向かわず山の手通りでまた市街地に戻り、国府へ。南城まで行ってクウでアイスでも舐めるか?と殿ダム左岸を進むが、前方がけぶってきた。ギリ南城まで行くと降られそうと判断し、真ん中の橋を渡って引き返す。

市内も岩倉から県庁方面は雨っぽいので、大周回逆周りコースで雨を避け、ほんのポツポツ程度までで無事帰着。43km。

/

その日の夕方から夜は、久しぶりに読書にどっぷり。

下町ロケット」の池井戸潤著の「空飛ぶタイヤ」という分厚い文庫本。引き込まれて、つい一気読み。(そしてなぜか今、同著の最新刊「陸王」が手元にある)

/

昨晩は夜ローラー。アップ後11分を 236W、98rpmで。レスト後2.5分を重めのギアで回し、308W,70rpm。ダウンして終了の48分。

/

今日は練習ナシ。娘が帰省してきて、近況を聞き家族団らん。明夕はばあちゃんと共に墓参りの予定。

明日の午前中、降らないようなら、午前中は走ろうと思う。

マルヨン改マルヨン改 2016/09/22 22:42 モアザンとかええ竿お持ちで。僕のは自転車と一緒で中級のばっかりですわー
ワイもアジングロッドでフッコサイズ掛けて獲るの楽しいです。
まあ最近すっかり海ご無沙汰なんですが。

initialttinitialtt 2016/09/23 20:19 おいらも一級品の竿はこの1本だけ。
あとは中級もの。
荒れが収まったので、明日はまたイカ狙ってみます。

2016-09-18

[]淀江サイクルカーニバル、雨もまた良し 16:49

雲は低くたれ込めているが、まだ雨は降っていない。

マイポイントに20分ほど寄り道しエギを投げた後(釣れてたらどうするんだ?)、待ち合わせの白兎に。

今回、表記のイベントに東部から参加するのは、マルコさん、どりもぐさん、ヒシイさん、H原くん、おいらの5名。

マルコさん体調イマイチで終わったら先に帰る予定と言うことで単独。おいらがヒシイ号、H原くんがどりもぐ号に乗せてもらい出発。

/

変わらずいまにも降り出しそうな空だが、意外に降り出すことなく会場に着く。

準備して7kmほど周辺でアップ走。そして9時から開会式。

25周年ということで平井知事さんまできていて、お約束のダジャレを含めた来賓挨拶。

その頃から雨がポツポツと・・。

/

9:30のスタートはリーゾのタカボリーダー、ガッツパイセン、フネさんらとともにフロント&セカンドローで。

ゆるっとスタートし、県道に出たところからトレイン形成・・・おっと、ラ王さまの飛び入りだ。こりゃペースが上がるぞ、マズいな。

などと考えつつ最初の坂。このイベント、距離はそう長くない(65kmほど)なので、少し頑張ってみても保ちそう。

少し離されつつもガマンして進む。

徐々に雨の降りが増してくるが、暑くなく寒くなく、自分としては問題ない。というよりもクーリングが効いて、熱だれや脱水が起こりにくいある意味おいらにとって絶好のコンディション。

/

前の仲間を視界に捉えながら旧大山HCの最初の坂をクリアし、下りで集団先頭に。植田正治写真記念館を過ぎて登りに入ると程なく定常化。260Wくらいとまずまず。

この辺りからマルコさん、H原くん、どりもぐさん、ガッツさんとあと他の方3人ほどとのパックになり、上りで少し離され、下りで追いつくってパターンを繰り返しながら進む。

/

第1CPで、ガッツさんは後続のフネさんと行く様子なので、仲間4人のパックで少し先に出る。

しばらく進んだところで、少し長めの上りがあるのだが、そこでスルスルと前に出たマルコさん。あっと言う間に遠ざかる。

って、誰が体調悪いって??走ったら直る??やはりマルコップ恐るべし。

その後マルコさん待ってくれて、再び仲間パック+他のお二人ほどで進む。

/

一息坂の下りカーブはゆっくり慎重に下り、続く中山への長い下りは、雨でも爽快。とはいっても少しセーブしながら。

中山のCPで聞くと、トップグループは10分以上前に通過とのこと。さすがリーゾ軍団、速いなあ。

その後の登り下りでは、すこし消耗してきて、出力が1割ほど落ちた感じ。

それでも登り返しのこなしなどでごまかしつつ最後のCPに。あと7km余り。

そしてラスボス=白鳳の坂。

前述したように水冷効果でまだ足攣りの気配は無い。最後の登り返しをこれが最後とほぼ全力でもがききる。

あとは下ってゴール。丁度12時くらいだったかな?

アップ走7km余り、イベント65km位。Aveは28.5km/h、151bpm、83rpm、210W。

/

いつも通りのお汁・おこわ・サザエ・豆腐・梨の昼飯をいただきつつ、ヒシイさんの帰りを待つ。

そしてヒシイさんも無事ゴール・・・と思いきや、登り返しで後輪が滑り、まさかの落車あり。でも幸い腰を少し打ったくらいで、雨による摩擦軽減のおかげもあり、ジャージも破けてはいないとのこと。

その後は恒例の温泉に浸かり、極楽シアワセ・・。

抽選会までには1時間以上あるので、パスすることで意見が一致し、早々に帰途に着く。

ヒシイさんと白兎で解散して、帰宅しても3時過ぎ。

/

ところで今回、新兵器?を試してみた。自転車系の機材評価等のHP(CBN:サイクルベース名無し、8/30付け投稿)で見た、なんちゃってDHバーである。

正体は、ダイソーの「簡単ねじり止め〜ソフトワイヤー」ってヤツで、30cmほどの柔らかいワイヤーを芯にウレタンが巻いてあり、軽く曲がってねじったりできるもの。これをステムとハンドルに引っかけて、DHバーっぽく使うのだ。(脱落防止のため、両方の棒からメーターステーの下に輪ゴムを引っかけてある)

柔らかいので、上下に曲げる力をちょっと掛けると簡単に曲がってしまうが、これが期待以上に使えた。

というのは、普段ハンドル上に手首をのせてエアロポジションを取ると、手がハンドル上で前にずれていこうとして安定が良くないのだが、コレを握って同じポジションを取ると、その手の前方へのズレを防ぐことができて安定する。

また、ハンドリングする位の力には耐えることができるので、進行方向のコントロールも、無い場合に比べはるかに効かせることができる。

2本入り108円なので、1本54円ポッキリのチューン。

おいら的にはかなりの価値あり!重量も30gと軽い。また、柔らかいので、万一の落車の時にも危険は無いだろう。

どうやら普段使いすることになりそうだな。問題は、見た目がチープ過ぎること。まあ、実際チープなんだが・・・。

f:id:initialtt:20160918153742j:image:w360f:id:initialtt:20160918153716j:image:w360

そしてこれから恒例の打ち上げ予定。これも楽しみ!

hayashihayashi 2016/09/18 21:13 これで100円なら買いですね〜。

タカスポタカスポ 2016/09/18 22:35 久々に弾丸下りを拝見しました。
やっぱ速いですね〜(≧ω≦;)

そーいや抽選でH原くんが何か高級なものが当たってて
名前呼ばれてましたよ〜(≧ω≦)

マッシャーマッシャー 2016/09/19 00:09 開催されたんですね!よかったです(^^ゞ

initialttinitialtt 2016/09/19 06:26 >>hayashiさん
雨もまた楽し、でした。
安いものですから、ダメもとでお試しアレ
>>タカボリーダー
お疲れ様でした。サスガの速さです。完敗・・。
おっと、H原くん、もったいない。ていうか、リーダーに
みんなの完走証を預けて帰ればよかったかも?
>>マッシャーさん
記事に書いたように、おいらには絶好のコンディションでした。
ただ、データで見ると、Aveは大したことなかったんですが。

2016-09-17

[]またもや勝手におはサイ 22:12

15日(木)は、舌の根も乾かないうちに「夕食後意味薄練」。悪あがきで10分220Wと208Wを入れておく。しめて55分。

/

昨夕は退勤後ぎりぎり20分ぐらいは投げられそう。で、コロッケの上あたりを2ハイ。

夜は風呂前ローラー。軽めのギアを回して27分。

/

本日はおはサイ。集合場所=樗谷公園に行くと、なんだかヒトが少ない。N垣さんによると6時過ぎに中止の記事がUPされたそうだが・・・。見てないし。

取りあえず集まった難民は、口内炎マルコさん、N垣さん、Hぃさん、H原くん、O崎くん、O西さん、M部くん、キクロスM本さん、すいませんお名前判りませんの赤メリダライドさん、iTT。

予定通りのおはサイコースに行くことになり、おいらの先導で街中を抜けて国府へ。ここでマルコさんが先頭へ。口内炎でしゃべれないという体調の割にやっぱり牽きは強力だぞ。岡益分岐を過ぎるとH原くんが前へ。そのまま実業団速度で離れていく。

仕方なくなんちゃってエアロで追ってみるが、少しだけ詰めたところでギブ。あとは抜いていったHぃさんやO崎くん、マルコさんを見送ってヨロッと。

/

おまけに中河原分岐で曲がったあと、「えっとプレイランドにはどこから上がるんだったっけ?」状態でちょっと迷う。

でも無事後続の皆さんを連れて、待ってくれていた前のパックに合流。

上り始めてほどなく、H原君をたきつけてペースを上げさせて、そこに着いていくHぃさんとO崎くんを、抑え気味ペースのマルコさんと共に見送る。

だがやがてマルコさんのペースについていけなくなってギブ。

/

橋のUターンを過ぎて、斜度が上がり始める。で、そういえばそこに上地方面とプレイランドへの分岐がある。

このコース初めてだというM本さんを待たないとマズいので、少し止まって、分岐からはM本さんと登る。

結構記憶が怪しいので、一度ゴールを間違えた指示をしたりしながら(M本さん、ごめんなさい)、最後は95%まで上げてピークへ。

ここでスローパンクというO崎くんは、O西さん、M部くんと引き返すことになり、残るメンバーで栃本に向けて下る。

こっちに下るのは久しぶりだが、トリッキーなコーナーも無く、快適に高速で下ることができて気持ちいい。

栃本自販機で小休止。まだ時間は早いが、翌日のイベントもあるので、素直に殿ダム方面に下ることにする。

/

先頭でガッツリ下り、中河原からの微下りも追い風で50km/h前後の高速トレインで。

ツキイチではできるだけ足を止めて、姑息にエコノミーに努める。

その甲斐あってか、岡益分岐へのスプリント?もなんとかHぃさんの追撃をかわして先着。

ぷかぷかで一服した後、流れ解散。49.5km。

/

上りやトレインでしっかり掛けることができて満足。

みなさん、ありがとうございました。

/

9時過ぎには帰宅してしまったので、昼飯までの時間、海に出てみる。

昼時間のエギングは今シーズン初めてだが、なんとか1パイゲット。こいつはいつもお世話になっている偽F氏に差し入れ。

/

明日はどうやら雨で荒れ模様?まだアナウンスは無いが、淀江サイカニ、開催されるんだろうか?

マッシャーマッシャー 2016/09/19 00:03 サイカニどうだったんでしょう?アーリーバードのメンバーが何人か出雲路センチュリーに出場されてました。

initialttinitialtt 2016/09/19 06:22 ということで、無事開催されました。雨はけっこう降ったんですが、風はあまりなくて良かったです。

2016-09-14

[]獲ったけど折れた 21:41

11日(日)はお休みの日。翌週18日まで日曜休みだが、その後は年内すべて日曜は仕事・・。

というわけで、今年最後のチーム練参加しようとリアクトで賀露までアップしてからお堀端へ。参加は、hayashiさん、Dekiさん、Sくん、おいらの4人。

でもhayashiさんは10時には帰宅しなければならなそう。なので吉岡コースを選ぶ。町中を抜けてまずは立見峠。先頭のSくんについて行くのがギリギリ。で、あっという間に充電を使い切ってしまった感が・・。

/

三山口へのゆるコブですでに皆さんについて行けず。三山口はよろよろ上るだけ。

そしてすでに終了宣言。元気よく洞谷に向かうDekiさん、Sくんを見送って、hayashiさんにお供して湖山池西岸を回り、9号線を東に戻る。

時間があるので&そのまま帰ったら何の練習かわからないので、砂丘トンネル経由で海岸道路へ足を伸ばす。。

/

しばらく踏んだ後、レスト気味に走っていると、2人組トレインに抜かれた。どうやら高校生の練習みたい。湯山コブを右折したので、着いて曲がって声を掛けると、やはりそう。

下って信号待ちで彼らは砂丘方面に右折。榎峠に向かうつもりだったが、もう一人高校生が曲がって行ったので、モチベに使わせてもらおうと、予定変更して200mほどの差で後を追う。エアロポジションで踏んで詰めていき、梨狩り街道で前がゆるめたところで追いつく。お礼を言って分かれ帰途につく。70km。

/

12日(月)は夜ローラー。しばらく天気予報が悪いし、このあたりからきちんとメニューを積んでおこうと、まずはスイスポ。でも最近弱っているのと夕食後なので、無理せず軽めに17分を212W、154bpm平均で。残る3分をちょっと上げて222Wしめて20分。2本目に入る気力が無く、適当に上げ下げして55分。

/

昨日は早めに退勤することができたので夕食前ローラー。まずはインナー(楕円)で10分。218W、146bpm平均で。続く10分はアウター(正円)に入れて1枚重い位のギア比で。228W、159bpm。やはり2本目は無しで50分。

/

同じ20分間で見ると、食後:214W・155bpmに対し、食前:223W・152bpmと、高いWをより低い心拍で出している。腹が重いせいでキツく出力が出せないことに練習としての意味は全く無いので、やはり練習は食前がよろしいとの大変当たり前の結論を確認。たとえ30分程度しか時間がとれなくても、ロラ練は食前にした方がよい!

本当は朝にロラ練できれば毎日スケジュール通りにこなせるのだが、さすがに集合住宅で早朝5時半からゴロゴロするのはマズいだろうからなあ。

/

もう一つ確かめようとしたのがは楕円と正円の差。楕円の方がヌルヌル回せる気がするが、どっちが楽とか出力がでるかとかの観点でいうと・・・わからない(爆、いや莫)。

/

明けて今朝は海。このところ高かった波が少し落ちて、テトラの中程までは出られる。エギを投げてみるが反応無し。最後にジグを引っ張ってみておこうかと投げ始めると、2投でヒット!割といい引き。足下まで寄せたところでエラ洗いされて少し心配したが、がっちり掛かっていてOK。だが、エギングだけのつもりでボガグリップ(もどき)を持ってきていないのでハンドランディングするしかない。

すこし足場を移動して、低いテトラにズリ上げてそこで口に指を差し込んだ瞬間・・「バキッ」と折れた・・竿が(涙)。

でもこれは竿の強度のせいではなく、おいらの操作ミス。かなり強い竿でも、竿をまっすぐ立てた状態で竿先が真下を向くような力のかけ方だともたないのは道理。ランディングに気を取られて、禁忌を破った使い方をしたオレが悪かった。10年以上愛用したラグゼ・チーター7.6ftよ、スマン。(現行型では、このレングスは廃盤なのよね。各社が短めのシーバスロッドをカタログ落ちさせる傾向にあるので次を探すのに苦労しそう)

魚は無事取り込んだので、久しぶりにスズキの(55cm=フッコサイズだけど)刺身と塩焼き、ホイル包み焼きをいただくとしよう。

f:id:initialtt:20160914065334j:image:w360

マッシャーマッシャー 2016/09/15 06:17 食べて乗る場合のデータ、参考になります。

マルヨン改マルヨン改 2016/09/15 11:48 そろそろローラーの季節になってきましたねぇ
やっぱ日勤だと食前30分だけでも億劫がらず乗るべきですか。
竿は残念、がまラグゼですもんねええ竿なのに勿体ない・・・
8ft以下のシーバスロッドはなかなか無いでしょうからねらい目はバスロッド?

initialttinitialtt 2016/09/15 21:54 >>マッシャーさん
などと論を展開しつつ、今日も夕食後意味薄しトレでした・・。
>>マルヨンくん
もう9ftの竿が重くて、振るのがおっくうで・・。
アングラーズパブリックに8ftのやつがあるので、それにしようかと・・。