initialTTの日記

2017-08-09

[]ダメだ戻らない 17:44

6日(日)はまず朝釣り。退屈しない程度にヒットがあり、ヒデリゴ5,豆シオ2。

多少マシなサイズのシオ(23cm)1匹だけキープし、こいつは夕飯で刺身。

日中はもちろん仕事。

/

7日(月)も仕事。で、この2日間は頑張って休んだ。

/

昨日はもうたまらず1時間年休をもらい早めに帰宅。速攻準備して2号で水源地に。

スイスポ強度で2本、と思い登り始めたが、設定のHR162リミットだと、いつもこの設定で出ていたスピードが出ない。

仕方なくリミットを崩してペースキープ。結局HR167程度まで上がってしまうが、タイムはいつも通りの11分40秒あまり。

254W平均。

/

下って2本目に入ってみるが、案の定心が続かず。

仕方なく80秒の低ケイデンス筋トレ走を2本いれてお茶を濁す・・。

しめて33km。

/

そして今日は1日お休みをもらっている。

海はまだ荒れているので釣りは無し。

8時過ぎに3号で出発。前日の調子からして力が出ないのは判っているので、ゆるペースに決めて。

9号線を白兎まで行き御熊・吉岡街道と辿り鹿野へ。一度コンビニまで下って補給食とドリンク注入。

大タブの木経由で名水を汲んで、久しぶりに青谷の五本松に抜ける狭い登りにとりついてみる。

/

結構斜度の変化があり、ムリして踏んでいないので勾配のきついところはヒトケタ速度に落ちてしまう。

登り区間は2.2kmほどだった。

次は尾根の快走路経由で青谷の蔵内へ下りる。

この道は丁度いい位の曲率のカーブが続くので、ぎりぎりブレーキに触らずに下りきることができるので走っていて気持ちいい。

/

青谷から少し西向きに進んで、井手が浜からはいつも通りの海岸線を帰る。

長尾鼻の返しにとりつく頃にはなんかヘロっていたので、海岸沿いのルートに迂回。サーファーの皆さんには丁度いいくらいの波があって、盛況だった。

浜村を過ぎて龍見台でも足に力が入らない。

龍見台のパーキングで3分だけ休んでリスタート。

白兎まで戻る頃には少し力が戻って、所々短くペースキープをしてみる。

あとは普通に帰って71km。Ave25.6km/h、149W。

昨日今日の感触を見る限り、調子はまだ戻っていない様子。

/

意外に暑くなく、海風は下っていると少しヒンヤリする場面もあったくらいの気候だった。

しかし帰宅時には相変わらずの靴下ズブ濡れ・・・・。

/

ココ数日サイクリング関係のネット記事に、スペシャのシューズのセカンドライン(S−worksの下ね)の発売の記事があって、けっこう良さげだったので、入荷していないかな?と午後フクハマを覗いて見るがまだのよう。

いい加減今のシューズがボロってきたので、こいつを決戦専用に温存して、普段履きはそのセカンドラインのものにしたいのよ。

マッシャーマッシャー 2017/08/10 06:41 自分は夏バテか、冷房病らしく力が出ません。つらいです。

initialttinitialtt 2017/08/10 08:18 >>マッシャーさん
播磨レース後の体調の崩れをここまで引きずるとは思いませんでした。同じく冷房の影響もありそうです。
2日の完全休養では足りなかったのかなあ?