Hatena::ブログ(Diary)

マレーシアのダイビング Malaysia Diving (と、ジェッダのダイビング Jeddah Diving)

2016-07-18

ダイビングはイメージ

ダイビングはなんにしろ、イメージを膨らませることがとっても重要。

潜水そのものは10歳から始められて、機材もぜんぶ大人と同じ。講習も全く大人と同じ。同じ機材を背負って、同じダイビングをします。また、ダイバーには女性も多く、はっきり言って筋力とは無縁のレクレーションです。

何がダイビングで必要かというと、、、、もちろん筋力は関係ありません。運動神経が良いとかも関係ないです(私は運動音痴)。では、何が必要かというと、、

「イメージを膨らませる柔らかい思考」

これが、大人より子供のほうが習得が早い、男性より女性のほうが習得が早い、、と大雑把に言われる所以です。

ダイビングについてはいろんな動画がありますので、見ると、ダイビングについてイメージが膨らむし、PADIホームページでもいろんな情報がてんこ盛りです。まず、知ること。そして夢見ること、、自分がダイバーになった夢と、そこで何をするのかということです。

例えば、こちらは私が2009年に作ったショートクリップ

https://youtu.be/kusl75yH43I

今見ると懐かしいし、映像がヘタなのが恥ずかしい。というか全部自然光だ、、今だったらムービーライト使いまくりなのに。

7月17日のダイビング

大変良い天気に恵まれ、水面は鏡のよう、天気も暑からず、珍しく乾いた陽気でした。

いつもこんな日が続いてくれればいいですね。

f:id:inlinedivenaoki:20160717131122j:image

DungunのKings Jettyからボートにのり約45分でTenggol島。えーっと先週も来たので懐かしい感はゼロです。

先週は波もあり、天気は雨模様だったのでこの日の天気が眩しいです。

ビーチで限定水域も無事終え、この日の目標は終了。実際のボートを使ってディープウオーターエントリーの練習

ここ、Tenggol島はボートの形状から、ほぼバックロールのみの環境です。

f:id:inlinedivenaoki:20160717141800j:image

朝からお昼過ぎまで、、珍しくカラッとした天気に満足な1日でした。

日差しが透き通った水中まで良く通り、先週の曇り空とは大違いで午後のダイビングでも暗くなることはありませんでした。

タートルポイントでは、デバスズメダイはじめ、サンゴに住むかわいいのが多数。ほんとうにビーチ近くでも濃厚なサンゴに感激です。

f:id:inlinedivenaoki:20160717155649j:image

次は来月。

2016-07-16

ウミウシの英語名の違い

ウミウシの英語はサウジでは Sea Slugでしたが、マレーシアではNudibranchと呼ばれます。

ちなみにWikiでは下の説明がありました。つまりSea Slug=ウミウシなのですが、ダイバーがウミウシと呼びつつも実際のところ厳密ではウミウシではないものも多く、ウミウシというのは学問上の言葉というより、「海のナメクジみたいなの」の総称。

で、ヌーディことNudibranchiは裸鰓目という学問上の分類で、ウミウシよりは狭義となります。。。。って、どうでもいいか。


Sea slug is a common name which is applied to some marine invertebrates that more or less resemble terrestrial slugs. Most creatures known as sea slugs are actually snails, i.e. they are sea snails (marine gastropod mollusks) that over evolutionary time have lost their shells, or have a greatly reduced shell or an internal shell. The name "sea slug" is most often applied to nudibranchs, as well as to a paraphyletic set of other marine gastropods without obvious shells

f:id:inlinedivenaoki:20160708095818j:image

7月17日の講習

講習はOWの限定水域となります。

朝7時にDungunのKings Jettyに集合です。

朝ごはんを途中で食べられるかどうかわからないので、車中で食べられるように準備しておくと良いでしょう。

ボートでTenggol島に着くのが8時頃。そこから夕方4時まで島にいます。

1)実習はまず各セクションの「スキル」です。あらかじめ良くスキルを読み込んで、イメージトレーニングしておいてください。実習ではセクションの1−5つまり、全てを一気にやりますので、習熟ムラがないようにがんばりましょう。

ディープウオーターエントリーはボートからのバックロールとなりますので、バックロールを重点的にチェックしておいてください。

2)知識の開発はe-Learningベースですので、頑張ってすすめておいてください。

3)最初にお渡しした免責同意書等の用紙を回収しますので、きちんと記入を終わらせておいてください。また、サイトにつくと提携しているダイビングショップのTenggol 101のフォームにも記入することになるので筆記用具は忘れずに。

4)ダイビングの機材はフルレンタルです。個人で用意するものは海水浴と同様ですが、長袖ラッシュガード、くるぶしまでのスパッツがあるとプランクトンに刺されたり、砂で膝をすりむいたりしなくてすみます。

5)水分補給が大切ですので、水の持参を忘れないように。

リンクの追加

講習で提携しているダイビングショップと、Tenggol島のサービスのホームページを、右のリンクに追加しました。

2016-07-15

今日から「マレーシアのダイビング Malaysia Diving」

マレーシアでの講習も始めたので、ブログタイトルも変更。

これからは継続的に更新する、、、はず。

f:id:inlinedivenaoki:20160707104411j:image

2016-03-04

PADI Busienss Academy パディ・ビジネスアカデミー

マレーシアPADIの主催するビジネスアカデミーに参加してきました。

f:id:inlinedivenaoki:20160304141813j:image

ビジネスアカデミーは世界中で開催されて、サウジにいるときも何度もドバイで開催されていたのですが、さすがにドバイは遠いし、そこまで足が伸びなかったのですが、マレーシアでは同じ国内なので気分的に参加しやすさがあります。

セミナーは、ダイビング産業といろんな情報がぎっしり。スクーバダイビングのほかに、あたらしい、フリーダイビングコースも面白いし、数年前にはじまったスイミングスクールも興味深いです(おかげで水泳の練習の毎日)。

この「ジェッダのダイビングブログも、もっと更新して、、、、名前もちょっとこのままでいいか考えないとね。。。

f:id:inlinedivenaoki:20160304141812j:image

2015-12-30

とうとう年末

今年はダイビングに行けたのがほんの数回でした。

マレーシアモンスーンがあり、私が住む半島東海岸ではダイビングできるのが3月から10月までの9か月間だけなのです。年中ダイビングできるサウジが懐かしいです。

つい先日、カメラ用ドームを入手

f:id:inlinedivenaoki:20151209072628j:image

3月にシーズンが始まり、レダン島でダイビングできるのが楽しみです。


f:id:inlinedivenaoki:20150829141657j:image

それではみなさんよいお年を!ジェッダではまだ仲間がダイビング中!

ジェッダでのダイビングの問い合わせも絶賛受付続行中。


f:id:inlinedivenaoki:20150830151726j:image