Hatena::ブログ(Diary)

いのせのの日記

2014-09-07 第24回がにゅーオフ

関西以外のオフでは初参加になるがにゅオフに参加してきました。

結果は予選を8勝2敗で2位通過して、決勝トーナメント1回戦でいばらさんとまさかのバンドリミラーが

起こりドリュウズの同速に負けてしまい敗北。

ちょくちょく予選は抜けれるもののいつもベスト8で負けてしまっているので実力不足を痛感しました。

とはいっても個人的に面白いパーティが出来たなぁと思っていたので最低限の成績が出せたのは

良かったです。

がにゅオフ使用パーティ バンドリプテラ

16:58

別名トリプルスライダーコントロール(

f:id:inoseno:20140909033606p:imagef:id:inoseno:20140909033607p:imagef:id:inoseno:20140909033608p:imagef:id:inoseno:20140812145242p:imagef:id:inoseno:20140909033609p:imagef:id:inoseno:20140816005353p:image


ポケモン技1技2技3技4持ち物特性
プテラ岩雪崩フリーフォール氷の牙守るプテラナイトプレッシャー
バンギラス岩雪崩噛み砕く冷凍パンチ馬鹿力拘りスカーフ砂起こし
ドリュウズドリルライナーアイアンヘッド岩雪崩守る気合の襷砂かき
ファイアローブレイブバードオーバーヒート挑発守る命の珠疾風の翼
トリトドン濁流大地の力冷凍ビームミラーコート突撃チョッキ呼び水
モロバレルギガドレイン茸の胞子怒りの粉守るゴツゴツメット再生力

パーティ作成の経緯

特に理由がある訳ではないのですが、がにゅオフではガルーラを使わずにパーティを組むことに決めていました。


その中でパーティの方向性としては

・ボルトランド

ガルーラゲンガー

・リザバナ

・猿サナ

ガルーラドランニンフィアみたいなテンプレ


ここら辺の流行に強いパーティを組もうと考えていて

どれもそれなりに高速のポケモンがいるのが共通しており襷率も結構高いので

砂で襷を削りつつ上から雪崩を打て、更にフェアリーにも打点があるバンギドリュウズ

非常に刺さっているのではと思いました。


しかしバンドリは前作からの課題である、霊獣ランドロスがとても辛い点が問題なので

ランドロスを無理なく倒せるポケモンを探す作業に。


前作ではスカーフラティオスの冷凍ビームなどを使用していたのですがラティオスの弱体化が酷く

とても使う気になれなかったのでパス。

次にスカーフ霊獣ボルト、スカーフゲッコウガなどを試してみたのですが

・見た目からスカーフがバレバレな点

・氷で拘るのが凄い弱かった点

・チョッキランドがちょくちょく増えてきて耐えられることが増えた点

・耐えられた場合耐久が低いせいで大抵返しで倒されてしまう点


などが気になって安定して倒せなかったのでこれも解雇


拘らずに上から出来れば物理で威嚇されてもランドロスを倒せるポケモンなんて流石にいる訳ないかーと

思っていたのですが、メガプテラが目に付きました。


意地っ張りスカーフランドに先制でき、威嚇込みだと確定で倒せませんが後ろから出てきたランドロスに雪崩を入れれば氷の牙で倒せてバンドリの弱点の格闘タイプを飛行技で一撃倒す火力があり、砂嵐で耐久も上がるので相性も良さそうです。


更にプテラバンギラスモロバレルなどのサポート役みたいなパーティはカロスのメガバンギラス構築で

良く見られたのでメガ進化が悟られにくく、相手からすればプテラの追い風やワイドガードも警戒しなければならない

様に見えるのもメリットかなと思いました。

後は残り3体で水の一環、トリックルーム耐性などを整えていきました。


パーティ全体としては全体的に弱点がつけないと火力が低いので上から雪崩を打ちながら

胞子や砂ダメの入る回数を増やし蓄積ダメで削っていくパーティになります。

相手のポケモンを一気に倒して逆転みたいなことは難しいのでどうせ怯むだろうみたいな感じで適当に雪崩を打っていると

動いた際にあっさり倒されて押しきられて負けみたいなことになるので意外と繊細な立ち回りが要求されます。

されますが、どうしようもなく困ったら雪崩を押しましょう、割と何とかなります(


個別解説

プテラ

f:id:inoseno:20140909033606p:image

努力値:攻撃252 防御4 素早252

実数値:155-157-86-*-100-200

メガ時:155-187-106-*-115-222

この構築の軸となるポケモンです。

陽気スカーフランドロス相手は厳しいのですがまだスカーフは意地っ張りが多いだろうと思いました。

砂嵐下ではかなり硬くなって返しで倒されることが大分減るので、雪崩の打ちやすさが段違いで

とりあえず雪崩みたいなこともやりやすかったです。


技は雪崩牙守るまではあっさり決めて最後の枠は一致のフリーフォール、特別なギミックがあるわけではないですが

1体連れ去りながら安全に交代したり、砂ダメを稼いだり、シャドーダイブみたいな使い方も出来るので便利ですね。

テラキオンを殴れないのが残念な点でしょうか。


特性はプレッシャーを採用しました。

緊張感のメリットはほとんどないと思っているのでそこは構わないのですが、

プレッシャーだとメガプテラだというのがバレやすいと思い悩みました。

しかし霊獣ランドロスのスカーフの判別は立ち回りに大きく影響してくるのでどうしても切れませんでした。


バンギラス

f:id:inoseno:20140909033607p:image

努力値:HP108 攻撃148 素早252

実数値:189-173-130-*-120-124

5世代の物をそのまま流用したので、配分はもっといいものがあると思います。

バンギラスもXYでかなり弱くなったなぁと思っていて色々試してみたもののスカーフが一番マシかなぁといった印象です。

ガルーラのせいで格闘技の需要が増し1発で倒されることが非常に多くなり特殊技の高火力も竜技からフェアリーに技になったせいで

後出しがききにくくなり上から殴らないと使い物にならないことが増えたからです。

負けん気が増えたせいでボルトロス相手も殴れないことがあるのは流石に辛いものがあります。


上から殴れればバンギラス自体はそんなに大事にする必要もなく砂にした後ガルーラテラキオンを大きく削って死んでもらう

単発のダメージソースとして利用し、プテラドリュウズで制圧するのが理想ですね。


ドリュウズ

f:id:inoseno:20140909033608p:image

努力値:攻撃252 防御4 素早252

実数値:185-205-81-*-85-140

ゴーストが等倍になり動かしにくくなったドリュウズですが鋼タイプの打点が非常に強力。

フェアリーは勿論浮いているポケモンにそれなりの火力で怯みを押し付けなが削れるのがとても便利でした。

高火力先制技が増えたせいで珠ダメの削りが痛くて、珠地震で相手を一掃みたいな使い方はあんまり信頼出来なさそうだと思い

襷で動ける回数を増やしどちらかというと削り役みたいな動かし方をする方向に。

ワイドガードを誘うのでドリルライナーはかなり使いやすかったですが、接触技のせいでギルガルド相手が

安心できないのが辛いところですね。


ファイアロー

f:id:inoseno:20140812145242p:image

努力値:攻撃252 防御4 素早252

実数値:153-146-92-94-80-178

雪崩で削った後の一掃役、トリックルーム下でも強い駒、天候取られた際のバナルンパを処理出来る

鋼に対する打点、苦手な先制技(アクジェ不意打ち)より先に殴れるなど欲しい要素がたくさんあったので採用。

特にこのパーティ天候合戦は全然有利じゃなくて雨は勿論リザバナも有利に見えて両守るから晴れにされて眠り粉連打されて

負けたりするんでそこをファイアロー投げるだけで解決出来ます。


威嚇がぶっささりギルガルドも辛いので炎技はオーバーヒートトリックルームを止めれたら嬉しいなーって言うのと

全体的に高火力がおらず蓄積で削っていくので回復技が辛いってことで残りの枠は挑発に。


トリトドン

f:id:inoseno:20140909033609p:image

努力値:H252 B52 D204

実数値:218-*-95-123-128-59

配分はBがメガクチートのじゃれつく耐え、Dが控えめ珠ルンパのギガドレイン最高乱数以外耐えで冷凍ビームで無振り霊獣ランドロス1発です。

水の通りが良いからトリトドンと即決するのは嫌だったので色々なポケモンを使ったのですが

岩電気もパーティで結構一貫してたり鋼への打点も欲しかったりでトリトドンがベストだろうってことで採用。


雨のエースがグドラからルンパに移行してることによって雨が結局辛いことに変わりはなかったので

ルンパをどうにかしたいと思いました。

最初はリンドの実を使っていたのですが腐る場面も多く物理はガッサのタネマシンガンくらいだったのでどうせ貫通されるということで

突撃チョッキを採用してみたところかなり強くて驚きました。


トリトドンの処理方法って等倍のそこそこの火力でごり押しだったと思うんですけど特殊方面に対しては圧倒的な性能で

カメックスギルガルドサザンドラトゲキッスなどと殴り合い出来るようになりました。

弱点をつけないと火力が足りない感じはありますがミラーコートを採用することによりそれもケアしています。

ルンパも無理やり処理できるようになり雨相手の勝率が格段に上がりました。

トリックルームの面々にも強いことが多くこのパーティで一番活躍したポケモンだと思います。


モロバレル

f:id:inoseno:20140816005353p:image

努力値:H252 B252 D4

実数値:221-*-134-105-101-31

最後は水ロトムがやばいこと、鬼火が辛いこと、ガルーラに対する打点が少ないこと、トリックルーム耐性

水の一貫消し、弱点保険ドサイドンなどを考えてゴツメモロバレル

元々バンドリと相性良いポケモンなので違和感なくすんなり入ってきました。


散々使ってきた型なのであまり言うこともないのですが、特性に関しては結構悩みました。

ガルーラの対応手段としてバレルを入れる際は常に胞子も選択肢に入ってくると思っているのですが

考えても結論が出なかったので今回は胞子で対戦し続けて一回でも胞子で勝った試合数<胞子が足を引っ張って相手を眠らせれないで負けた試合数

になったら再生力にするという決め方をしました。

この決め方をした際どちらかというと再生力になりやすいと思ったのですが、同程度なら計算に入れやすいほうを採用したいと思いました。

結果的に再生力になったのですが未だにどっちがいいのかは良く分かってないです。