積みは快楽だ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

読書感想_著者別目次

2007-06-03

「ラス・マンチャス通信」平山瑞穂 


ラス・マンチャス通信

ラス・マンチャス通信


駄目なときは駄目なんですよ、できないときはできない。

 

   幻想文学

 

内容

幻想駄目人間日記

 

感想

よくわからないけれど凄い小説。

重要な部分が省略されたり、章ごとに幻想と現実の境が変わったりで

どうにももやもやするものの、最後の章を読むとなかなかに清々しく、

一つの物語を読み終えたように錯覚させられました。

 

妄想

主人公のへたれっぷりは結構なもの。紹介には成長小説とあるけれど、

章を追うごとに駄目になっていってないか? 

最後は頑張ったけど、きっとあいつまたへたれるって。