積みは快楽だ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

読書感想_著者別目次

2010-09-28

「萌える名作文学 ヒロイン・コレクション」の作品リストとか

萌える名作文学 ヒロインコレクション

萌える名作文学 ヒロインコレクション

 

つい買ってしまった。とりあえず登場作品をメモ。

中身がどんなかとイラストレーターはアキバblog参照

「文学にときめけ!」 萌える名作文学 ヒロインコレクション - アキバBlog

表記、ジャンル、順序はおおむね本書に準拠

 

児童文学

赤毛のアン」 モンゴメリ

   アン・シャーリー

ふたりのロッテ」 エーリッヒ・ケストナー

   ルイーゼ・パルフィー

   ロッテ・ケルナー

赤いろうそくと人魚」 小川未明

   人魚の娘

長くつ下のピッピ」 アストリッド・リンドグレーン

   ピッピ・ナガクツシタ

オズの魔法使い」 ライアン・フランク・ボーム

   ドロシー

不思議の国のアリス」 ルイス・キャロル

   アリス

 

古典文学

南総里見八犬伝」 滝沢馬琴曲亭馬琴

   伏姫

「ダフニスとクロエ」 ロンゴス

   クロエ

竹取物語」 不詳

   かぐや姫

堤中納言物語 虫愛づる姫君」 不詳

   姫君

雨月物語」より「蛇性の淫」 上田秋成

   懸の真女児

 

海外文学

レ・ミゼラブル」 ビクトル・ユゴー

   コゼット

ジェイン・エア」 シャーロット・ブロンテ

   ジェイン・エア

ニューロマンサー」 ウィリアム・ギブスン

   モリイ

吸血鬼カーミラ」 レ・ファニュ

   カーミラ

   ローラ

マーク・トウェインジャンヌ・ダルク」 マーク・トウェイン

   ジャンヌ・ダルク

「隅の老人の事件簿」 バロネス・オルツィ

   ポリー・バートン

三銃士(ダルタニャン物語)」 アレクサンドル・デュマ

   ミレディー

カラマーゾフの兄弟」 ドストエフスキー

   カテリーナ

「神曲」 ダンテ

   ベアトリーチェ

「変身」 フランツ・カフカ

   グレーテ・ザムザ

「毛皮を着たヴィーナス」 マゾッホ

   ヴァンダ

「ナナ」 エミール・ゾラ

   ナナ

「終りなき戦い」 ジョー・ホールドマン

   メアリゲイ

「七彩」 ロベール・ブラジャック

   カトリーヌ

戦争と平和」 トルストイ

   ナターシャ

 

日本文学

「銀山王」 押川春波

   楓嬢(紅葉公子)

   緑姫

伊豆の踊子」 川端康成

   踊子・薫

「女生徒」 太宰治

   私

風立ちぬ」 堀辰雄

   節子

春琴抄」 谷崎潤一郎

   春琴

「十三妹」 武田泰淳

   十三妹

舞姫」 森鴎外

   エリス

「少女地獄」より「何んでも無い」 夢野久作

   姫草ユリ子

「蜜のあわれ」 室生犀星

   赤井赤子

金色夜叉」 尾崎紅葉

   鴫沢宮

「新生」 島崎藤村

   節子

虞美人草」 夏目漱石

   藤尾

「墨東綺譚」 永井荷風

   お雪

野菊の墓」 伊藤左千夫

   民子

 

ライター陣

昼間たかし井川楊枝、井戸匡、鬼柳孝雄、さか本、白石臣、ゼウス悟、仲里宗太郎

 

感想

まだ全部読んでないですが、「萌え視点でのブックガイド」としては割と良い出来なんじゃないでしょうか。パラパラめくって気に入った作品読んでいけばいいですし。妹キャラにつられて「変身」読むとか・・・アリだと思いますよ、うん。

ただ、萌えキャラ紹介とは別に作品紹介があるんですが、そっちは紹介っつーかネタバレ全開のラストまでのあらすじ、というのが多いのがちょっと・・・

あと言い出せばキリがないのが「なんであの娘がいないんですか」

ソーニャとかエデとか谷崎の変態達とかは、おそらく一作家一作品縛りでもれたにしても、田山花袋とかバタイユとかナボコフ・・・あ、変態度が高いのは外してあるのか・・・でもマゾッホいるなあ・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/inoue05/20100928/p1