Hatena::ブログ(Diary)

こっそり支援 このページをアンテナに追加 RSSフィード


富山県がモデルのTVアニメ「クロムクロ」舞台情報を目的に訪問された方は こちら
富山県がモデルとなったTVアニメ「truetears」舞台情報を目的に訪問された方は こちら
細田守監督アニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」舞台情報を目的に訪問された方は こちら

2016-05-28

一眼レフデジカメを持って10年になりました。

今日5/28は自分誕生日、37歳となりました。

実際に会った人からは年上に見られ、ネットなどで会話する方からは同世代や年下に見られる微妙な年齢です。

4KムービーカメラSONY FDR-AX100を持ち始めて2年、Canon EOS5D MarkIII持ち始めてから4年、さらに最初の一眼レフデジカメCanon EOS 30Dを持ち始めてから10年になりました。

この機会にいつかしたいと思っていた、ベストアルバム的な記事とこの10年の回想を書き連ねていこうと思います。

今回は風景紹介というより、ただの自分語りですので苦手な方はご遠慮ください。


最初に一眼レフデジカメを持とうと思った理由…いくつもあるのですが、あえて上げるとしたら「期待してくれる人がいたから」というのがあります。

富山生まれ富山育ち、割と多くの人同様自分も、富山には何の魅力もなくつまらない町…という漠然とした認識のまま過ごしてました。あるとき、コンパクトカメラで写した黒部峡谷写真を当時参加してたSNS、mixiに投稿したところ太平洋側の都市圏に住む方々から「なんて素晴らしい!」「撮り方もいい!」とすごく褒められたのが始まり。そこで初めて富山の魅力というものに気づいたのと、自分の写真が人に何かしら喜んでもらえる機会があることを知りました。その後、富山県内各所を撮影に行きましたがすぐ性能の限界を感じ、思い切って一眼レフデジカメを購入しました。

もう一つ理由上げるとしたら、たまたま知り合ったアマチュア写真家お爺ちゃんの存在。その方は定年退職後、70歳近くになってからPCA3プリンタ、一眼レフデジカメを購入。自分で色々と勉強し、早朝の山岳でとても美しい日の出撮影されるという、とてもアグレッシブな方でした。人は何歳になっても覚えていけるものなんだな…というのを目の当たりにし、70歳の人にできて27歳の自分にできないわけがない…という変な自信も、購入に踏み切った要因です。


2006年撮影写真。

f:id:inoue1024:20160527230117j:image

4月・富山県護国神社の桜。この時からすでに、構図に黒を入れたがる傾向ありました。

f:id:inoue1024:20160527230118j:image

4月・立山町寺田の竹林。練習がてら、よくネットとかで見かける構図の真似から始めてた覚えあります。

f:id:inoue1024:20160527230119j:image

6月・小矢部市宮島峡。

f:id:inoue1024:20160527230121j:image

6月・富山市細入、常虹の滝。

f:id:inoue1024:20160527230122j:image

7月・富山市、霧に覆われた旧富山大橋

f:id:inoue1024:20160527230125j:image

f:id:inoue1024:20160527230126j:image

11月30日、岐阜県飛騨市神岡、神岡鉄道営業最終日の風景。

f:id:inoue1024:20160527230127j:image

12月・富山市、雪夜の富岩運河環水公園

気に入ってた風景地や、わりと身近な風景を中心に撮影をしてました。

2007年前半も、カメラ熱は続きました。


1月、1眼レフデジカメを持ってカンボジアベトナムへ。

f:id:inoue1024:20160527231313j:image

f:id:inoue1024:20160527231314j:image

遺跡の規模が桁違い、とにかく迫力あるアンコールワット遺跡群。

f:id:inoue1024:20160527231315j:image

f:id:inoue1024:20160527231316j:image

カメラ向けても元気に物売りする少女

f:id:inoue1024:20160527231317j:image

f:id:inoue1024:20160527231318j:image

よくアーティストのプロモーションビデオや、映画の舞台になる場所を写せたことに満足。

ベトナムではベトナム戦争の遺構、クチへ。

f:id:inoue1024:20160527231319j:image

f:id:inoue1024:20160527231320j:image

数年前までFPSゲーム「Battle Field Vietnam」にどっぷりはまってたので、その舞台に行けたことにも満足しました。

f:id:inoue1024:20160527231312j:image

f:id:inoue1024:20160527231321j:image

冬の白川郷や、五箇山のライトアップも撮影。

f:id:inoue1024:20160527231322j:image

ほぼカメラのオートモードで撮影してるのに、こんな一瞬を写せたりも。

f:id:inoue1024:20160527231323j:image

しかし、後半になるとほとんどカメラを持つことがなくなりました。この写真も、「せっかく高いカメラを買ったんだから、使わないともったいないよなぁ…」程度の意識でとりあえず写しにいったという時のもの。カメラをやろうという気がなくなった出来事がありました。

まだ一眼レフデジカメを持ってる人が少ないので、手軽に高画質な写真をアップして調子のってた頃、ネットで一枚の写真を見かけました。4歳くらいの娘さんが、満面の笑顔で草原をカメラ(お母さん)に向かっている画像。とても良い一瞬を撮られてたので、撮影したお母さんに「どんなカメラで撮ったんですか?」と聞いたところ、返ってきた答えは「携帯カメラです。」驚く自分にお母さんはこう続けて言いました。「母親というのは、子供の一番良い瞬間を知ってるものですよ。」

良いカメラさえ持ってれば良い写真が撮れる…今から思えばそんな訳ない話だと思いますが、当時の自分にとっては衝撃的でした。風景はきれいに撮れたとしても、子供や人物は深い信頼関係があって初めてこういうのが撮れるのか…という事実に、「きれいに撮る」ことへの敷居が一気に高く感じてしまいました。その後、微妙に飽き気味となってしまいカメラを持つ間隔が長くなり、よくいる方同様、自分もそのままフェードアウトしそうになってました。

しかし2008年1月、続けようと思うきっかけができます。


f:id:inoue1024:20160527231325j:image

南砺市城端善徳寺の渡り廊下

f:id:inoue1024:20160527234723j:image

同じく城端、善徳寺と袴越山。

f:id:inoue1024:20160527234724j:image

同じく城端、向野の桜。

この時期、城端にあるアニメスタジオ「P.A.Wroks」が初元請け作品true tears」をTV放送。城端と中心とした、富山の風景が多数登場しました。以前、白川郷の写真をアップしたときにアニメファンのアクセスがあったことを思いだし、「地元の風景も見たい人いるのかなぁ」と思い写真をアップ。すると日に数百件のアクセスがあり驚きました。これを機に富山県がどういうところか興味を持ってもらえれば…そう考え、アニメの舞台情報と併せて地元写真もアップ。おかげで自身にとっても、地元を知る良い機会になりました。

f:id:inoue1024:20160527234725j:image

5月・庄川水記念公園の風景。

f:id:inoue1024:20160527234726j:image

5月・砺波市散居村展望台から眺めた夕日。

f:id:inoue1024:20160527234727j:image

7月・岐阜県荘川の山中で会ったカモシカ。


2009年も昨年の勢い持ったまま続きました。

f:id:inoue1024:20160528100830j:image

1月・高岡市雨晴海岸から眺める立山連峰朝日定番の景色ですが、4〜5回ほど挑戦してようやく撮れた風景です。何の知識も無く行くと、夏は太陽が北より過ぎて遠く、冬でも晴れた日が滅多になくて山が見えない、雲が多いなど失敗続き。ようやくの撮影になりました。しかもこの時は庄川を中心に警報がでるくらいの濃霧。気象条件も最高の状態で写せました。

翌年、新年の挨拶にとブログに掲載したところ、2011年イベントで使用されることになりました。



f:id:inoue1024:20160527234730j:image

4月・再び富山県護国神社の桜を撮影。

f:id:inoue1024:20160527234731j:image

4月・富山県中央植物園の桜も撮影。

f:id:inoue1024:20160527234732j:image

5月・黒部峡谷鉄道、鐘釣駅。

f:id:inoue1024:20160527234733j:image

8月・立山連峰、雄山山頂で迎える日の出。

この時にみた星空がもの凄く美しくて印象的だったのですが、この時はまだ写せるだけの技術がなく悔しい思いをしました。

写すことができたのは5年後になります。

f:id:inoue1024:20160527234734j:image

f:id:inoue1024:20160527234735j:image

12月・五箇山の雪景色と、城端駅の風景。

f:id:inoue1024:20160527234736j:image

12月・雪夜の富岩運河環水公園。


2010年TVアニメ「true tears」の影響が続いており、ブルーレイ版関連で有志会による城端での上映会などで参加させてもらいました。

この時期、自分以外でブログなど使用した富山紹介する人があまりおられなかったこともあり、かなり積極的活動をしてました。


f:id:inoue1024:20160527234738j:image

7月・五箇山の夏景色。

f:id:inoue1024:20160527234739j:image

8月・高岡市瑞龍寺のライトアップ。

f:id:inoue1024:20160527234740j:image

f:id:inoue1024:20160527234741j:image

10月・室堂平、地獄谷の風景。この場所を撮影した2年後、有毒ガスの濃度が高まり、進入禁止となりました。いつまでも同じ風景を撮れるとは限らないということを実感させられます。

f:id:inoue1024:20160527234742j:image

11月・月夜の富山市街地と、夜闇にうっすらと浮かび上がる立山連峰。

f:id:inoue1024:20160527234743j:image

11月・夜の富岩運河環水公園。

f:id:inoue1024:20160527234744j:image

12月・有志会によるtrue tearsじょうはな座イベント。当初は撮影班として呼ばれましたが、ほとんど撮影することなく、テント組立、物販対応、入り口誘導係などの緒雑用係として参加してました。

あと、スタッフには何枚か写真の提供をしました。有志会サイトに掲載されてる写真の多くは自分の提供、当日配布したパンフレットに掲載の写真も同様です。この時のオープニングムービーも自分が制作しました。貴重な体験をさせてもらえたことに感謝してます。


2011年、この年のアグレッシブさは今思い返しても異常です。1月早々、オーバードホールで開催されたニューイヤーGALAコンサートに、自分の雨晴海岸写真がステージで使用、新年の雰囲気を彩りました。

f:id:inoue1024:20160527234746j:image

1月・高岡市雨晴海岸、日の出を待つカメラマンの列。

f:id:inoue1024:20160527234745j:image

1月・南砺市城端、氷に覆われた桜が池。

f:id:inoue1024:20160527234747j:image

1月・立山連峰と富山空港


1月・インドニューデリーアーグラタージ・マハル旅行

f:id:inoue1024:20160527234805j:image

f:id:inoue1024:20160527234806j:image

f:id:inoue1024:20160527234807j:image

f:id:inoue1024:20160527234808j:image

f:id:inoue1024:20160527234809j:image

f:id:inoue1024:20160527234813j:image

f:id:inoue1024:20160527234814j:image

f:id:inoue1024:20160527234815j:image

単純に「急速な経済発展地域ってよく言われてるけど、どうなん?」という物見遊山で。デパートなどの商業施設と併せて遺跡も見て回りました。大理石でできてるタージ・マハルは直射日光の下でもひんやりしてました。


日本に帰ってから、当選者しか見学ができない関西電力黒部ルート見学会に参加。

f:id:inoue1024:20160527234748j:image

f:id:inoue1024:20160527234749j:image

f:id:inoue1024:20160527234750j:image

黒部第四発電所や、中島みゆきが紅白で熱唱したトンネル仙人谷ダムや、高熱隧道を見て回りました。

さらにこちらも当選者しか見学できない、立山カルデラ砂防工事現場見学会にも参加。

f:id:inoue1024:20160527234751j:image

f:id:inoue1024:20160527234752j:image

f:id:inoue1024:20160527234753j:image

f:id:inoue1024:20160527234754j:image

f:id:inoue1024:20160527234756j:image

f:id:inoue1024:20160527234757j:image

この年は自身にとって最大の挑戦、剱岳登頂も果たしました。

f:id:inoue1024:20160527234758j:image

雄山から浄土山方向。

f:id:inoue1024:20160527234759j:image

雄山山頂。

f:id:inoue1024:20160527234800j:image

翌朝、一服剣から眺めた鑓岳方向の朝日。

f:id:inoue1024:20160527234801j:image

剱岳登山道。崖に鎖のついてるところが道です。

f:id:inoue1024:20160527234802j:image

剱岳山頂。

f:id:inoue1024:20160527234803j:image

剱岳山頂から大日岳方向。

f:id:inoue1024:20160527234804j:image

剱岳山頂から別山方向。

当日は非常に幸運なことに、晴れが続いてくれたことで最高の景色を写すことできました。

今から思い返しても、すさまじく密度のある年だったなと思います。


2012年、使用しているカメラに限界を感じ始め、いよいよフルサイズ機Canon EOS5D MarkIIIを購入。同時に17-40mmの広角レンズも買いそろえ、撮影環境充実させました。

f:id:inoue1024:20160527234819j:image

f:id:inoue1024:20160527234821j:image

4月・立山黒部アルペンルート。立山連峰と浄土山と太陽が一緒に写せたり、黒部ダムと山々が一緒に写せることにいちいち驚きと嬉しさが。

f:id:inoue1024:20160527234818j:image

f:id:inoue1024:20160527234822j:image

以前のカメラからすでに6年、使いやすさが格段に変わってて、以前のカメラで苦労しても撮れないような写真が、ほとんどプログラムモードで期待以上に撮れてしまう状態。「こんな楽に、きれいに撮れて良いのだろうか?」という妙な罪悪感持ちながらも、使い倒そうと持ち歩きました。

f:id:inoue1024:20160527234829j:image

APS-Cと28mmレンズでは1フレームで写せなかった称名滝も写せて満足。

f:id:inoue1024:20160527234824j:image

f:id:inoue1024:20160527234825j:image

4月・となみチューリップフェア。自分でも驚くぐらいの色で撮れました。

f:id:inoue1024:20160527234828j:image

7月・立山町岩室の滝。

f:id:inoue1024:20160527234827j:image

この年は細田守監督アニメ「おおかみこどもの雨と雪」が公開。上市町を中心としたモデル地の話題が盛り上がりました。

f:id:inoue1024:20160527234820j:image

11月・高岡古城公園の紅葉風景。

f:id:inoue1024:20160527234826j:image

12月・高岡駅サンダーバードはくたかのすれ違い。今は見ることできない光景です。

f:id:inoue1024:20160527234823j:image

12月・霧に包まれた富山城址公園の風景。新しいカメラになって夜もきれいにとれるようなったことから、暗いところの撮影も積極的に行うようなりました。


2013年はカメラの性能を活用し、今まで撮れなかったり撮れにくかったような風景にも挑戦。

f:id:inoue1024:20160527234830j:image

9月・富岩運河環水公園。

f:id:inoue1024:20160527234831j:image

5月・福野高校 夜の巖浄閣(がんじょうかく)。舞台モデルになったTVアニメ「Another」のイベントに合わせて行われた特別色のライトアップです。

f:id:inoue1024:20160527234834j:image

1月・富山地方鉄道立山線、千垣橋梁

f:id:inoue1024:20160527234836j:image

1月・早月側から眺める冬の剱岳。

f:id:inoue1024:20160527234832j:image

f:id:inoue1024:20160527234833j:image

5月・城端の風景。

f:id:inoue1024:20160527234835j:image

6月・富山市神通川、鮎釣り。

f:id:inoue1024:20160527234837j:image

f:id:inoue1024:20160527234838j:image

7月・庄川水記念公園。雨が降る直前の風景。


8月は久しぶりにアメリカラスベガスへ。

f:id:inoue1024:20160527234844j:image

マッカラン国際空港で眺めた朝日。

f:id:inoue1024:20160527234842j:image

f:id:inoue1024:20160527234843j:image

街の作りはすごく華やかなのですが、やはり個人的に好みは土の世界だなと再度実感。この街はこの街で悪くないのですが…あ、シルク・ド・ソレイユは楽しめました。あまり書く機会なくて明言してませんでしたが、実はシルク・ド・ソレイユのファンです。ただ、東京公演とか一緒に見に行ける人がなかなかいなくて残念な状態。平日に一緒に見に行けるよーって人は常に募集してます。


話戻して、アメリカ、グランドキャニオンの風景。

f:id:inoue1024:20160527234839j:image

f:id:inoue1024:20160527234840j:image

f:id:inoue1024:20160527234841j:image

空港警備員に写真みせてたら「It's Cool!!」と言ってもらえました。




2014年からはさらに機器追加、いよいよ4KムービーカメラSONY FDR-AX100も使用するようになりました。ちょくちょく「8Kの話題が出てるのに4K?」って聞かれることもありますが、「今しか撮れない風景は意外に多く、無くなってからその大事さに気がつくもの」だと実感する機会多々あったため、撮れるものは片っ端から撮っていこうと思ってます。

f:id:inoue1024:20160527234849j:image

1月・砺波平野の夜明け。

f:id:inoue1024:20160527234848j:image

1月・剱岳と全日空機。

f:id:inoue1024:20160527234851j:image

5月・富山市呉羽山、五百羅漢

f:id:inoue1024:20160527234852j:image

5月・氷見市氷見あいやまガーデン。

f:id:inoue1024:20160527234845j:image

5月、富山市熊野川、鮎の遡上。

f:id:inoue1024:20160527234846j:image

7月・室堂平、みくりが池。

f:id:inoue1024:20160528100831j:image

7月・黒部峡谷、鐘釣温泉の風景。コンデジの時に写してアップしたことで、喜んでくれた方々がいたことでカメラ趣味を続けることになった景色。この年に改めて新しい機材で撮影しました。

f:id:inoue1024:20160527234847j:image

7月・室堂平から眺める星空。ようやく念願の美しい星空を写すことができました。

f:id:inoue1024:20160527234850j:image

10月・黒部平の紅葉。


2015年、カメラとムービーの2台持ちは大変ながらも、だいぶ慣れてきた感。過去に写したことある場所も、動画で撮るために再度写しに行くことが多かったです。

f:id:inoue1024:20160527234853j:image

1月・高岡市雨晴海岸、立山連峰からの朝日。

f:id:inoue1024:20160527234854j:image

2月・高岡市雨晴海岸からの風景。

f:id:inoue1024:20160527234856j:image

5月・城端曳山祭。

f:id:inoue1024:20160527234855j:image

8月・射水市大島絵本館横の向日葵畑。

f:id:inoue1024:20160527234857j:image

9月・射水市、海王丸総帆展帆

f:id:inoue1024:20160527234858j:image

10月・称名滝の紅葉風景。

f:id:inoue1024:20160527234859j:image

12月・立山連峰・薬師岳からの日の出と離陸する全日空機。便数の少ない富山空港なので、このように日の出と離陸を併せて写せる機会は滅多にありません。難しい瞬間を物にできて良かったです。


そして今、2016年。まだ前半ではありますが、良い写真しっかり撮れてると思います。

f:id:inoue1024:20160527234903j:image

2月・立山連峰と北陸新幹線

f:id:inoue1024:20160527234902j:image

2月・雪の五箇山、相倉合掌造り集落

f:id:inoue1024:20160527234904j:image

3月・五箇山のライトアップ。星空とライトアップという難しい被写体を1枚に納めることできました。

f:id:inoue1024:20160527234901j:image

4月・五箇山、菅沼合掌造り集落の桜。

f:id:inoue1024:20160527234900j:image

4月・ホタルイカの身投げ。やはりこの風景が写せた嬉しさは凄かったですし、今期は執念を持って追いかけてました。もし写すことできなかったら、飽きてカメラやめようとしてたかもしれません。


以上、自身の10年振り返っての自薦写真でした。

この10年の間、同じようにカメラ趣味の方と会う事ありましたが、わりと2〜3年で飽きてしまうこと多いようでした。結婚や異動など生活環境の変化や、他の趣味が楽しくなって止めていったりと…。そういう中で自分が10年続けられたのは、ちょうど飽きが入ってきたあたりに使用依頼や撮影協力など、いろいろな方々の期待や要望があったからこそ。本当に運が良かったと思います。

今後の方向性とか目標とかは特に定めておらず、今は富山でも自分以外に情報発信して頂いてる方々がおられるようなので、あまり気負わず背負わず、マイペースで続けていこうと思ってます。


ここまでご覧頂き、ありがとうございます。そして今後とも、よろしくお願いいたします。

2016-05-12

TVアニメ「クロムクロ」第六話舞台モデル情報

■ 舞台探訪される方へのお願いと注意 ■

・現地探訪(俗称聖地巡礼)の際には、住民や通行人の迷惑にならぬよう、マナーを守り散策してください。舞台モデルとなった所には、公共施設等あります。無遠慮な撮影にならぬよう気をつけてください。

・このブログに掲載の内容は、個人が推測で記載してます。公式情報ではありませんので、制作会社や自治体へのお問い合わせは行わないでください。

・推測により書いてますので、実際のモデルとは違う事もあります。あらかじめご了承ください。

作品で描かれている風景等と現地との比較を目的として画像引用しています。画像の著作権は全てそれぞれの権利者に帰属します。


■ クロムクロの舞台モデルや関連地の情報をGoogle Mapにまとめました。参考にどうぞ。 ■

https://www.google.com/maps/d/embed?mid=1jesOfbOrYEh7qpHBBm9p5aViXd0


よく放送時はtwitterで何かしら呟きつつ見るものですが、今回はもう目が離せず一言も呟けないままエンディング画面になってしまいました。

f:id:inoue1024:20160512214638j:image

f:id:inoue1024:20160512214641j:image

f:id:inoue1024:20160512214639j:image

f:id:inoue1024:20160512214642j:image

f:id:inoue1024:20160512214640j:image

f:id:inoue1024:20160512214643j:image

熊野川沿い、島田公民館の近く。堤防の道でほぼ自動車用に近く、歩行には不向きですし走行車もかなり速度出してるので散策時は注意してください。


この近くの取水口では例年5月中旬から6月にかけて、鮎の遡上(そじょう)が見られるポイントです。そのため風景写真撮る人にはすぐわかる場所でした。


f:id:inoue1024:20160512221315j:image

f:id:inoue1024:20160512220508j:image

富山市友杉地区。ただし使用されてる風景の中には民家や私有地と思われる場所なので、グーグルストリートビューで眺めるだけにした方が良いと思われます。


f:id:inoue1024:20160512221734j:image

f:id:inoue1024:20160512221735j:image

空港展望台、今は入場無料になりました。

f:id:inoue1024:20160512221317j:image

f:id:inoue1024:20160506195207j:image

富山空港、なぜか「きときと」の看板が壊れて喜ぶ地元民の声が多数。


f:id:inoue1024:20160512221318j:image

f:id:inoue1024:20160512221319j:image

空港スポーツ緑地テニスコート近くの道路。近くの公園高台になっており、飛行機の離着陸が眺められるように作られてます。


あの二人も進入せず、公園から眺めるだけにしておけばまだ…。

なんにせよ、続きがとても気になる展開となりました。戦いのシーンが熱すぎて、ずっと口ポカーンと開いたまま見入る凄さ。来週もまた楽しみです。

2016-05-06

TVアニメ「クロムクロ」第五話舞台モデル情報

■ 舞台探訪される方へのお願いと注意 ■

・現地探訪(俗称聖地巡礼)の際には、住民や通行人の迷惑にならぬよう、マナーを守り散策してください。舞台モデルとなった所には、公共施設等あります。無遠慮な撮影にならぬよう気をつけてください。

・このブログに掲載の内容は、個人が推測で記載してます。公式情報ではありませんので、制作会社や自治体へのお問い合わせは行わないでください。

・推測により書いてますので、実際のモデルとは違う事もあります。あらかじめご了承ください。

作品で描かれている風景等と現地との比較を目的として画像引用しています。画像の著作権は全てそれぞれの権利者に帰属します。


クロムクロの舞台モデルや関連地の情報をGoogle Mapにまとめました。参考にどうぞ。

https://www.google.com/maps/d/embed?mid=1jesOfbOrYEh7qpHBBm9p5aViXd0


日常描写や学園ラブコメっぽい雰囲気を加えつつ、戦闘シーンはきっちり描かれており毎話楽しみです。

今回は主に国道41号線沿いと、富山空港神通川河川敷の風景が登場。


f:id:inoue1024:20160506195159j:image

f:id:inoue1024:20160506195212j:image

クロムクロ輸送シーン、アピタ富山店近くの川にかかる橋の風景。付近駐車場も車を停めるスペースもないので、アピタ辺りの駐車場から散策を推奨。


f:id:inoue1024:20160506195200j:image

f:id:inoue1024:20160506195214j:image

混雑しているコンビニは、アピタ富山店から南、北陸自動車道富山インター近くのセブン・イレブン。駐車場を狭めに描かれてますが、実際はかなり広いです。


f:id:inoue1024:20160506195201j:image

f:id:inoue1024:20160506195206j:image

f:id:inoue1024:20160506195207j:image

富山空港。地元民はあえて「きときと」を付けずに呼びます。

f:id:inoue1024:20160506195208j:image

国内線2階フロア搭乗口の横には北陸銀行×P.A.Works広告があるので、立ち寄った際はこちらも見られる事を勧めます。

f:id:inoue1024:20160506195202j:image

f:id:inoue1024:20160506195209j:image

神通川対岸に鬼の落下したシーンは、4階展望デッキから眺めると良いでしょう。

f:id:inoue1024:20160506195211j:image

以前は入場有料でしたが、16年3月から無料になったようです。

f:id:inoue1024:20160506195210j:image

天気が良ければ、展望デッキ東側から眺める立山連峰や富山平野の風景も美しいのでお勧めです。


対岸は天気が良いと、富山空港離着陸する航空機と立山連峰を一緒に撮せる定番の撮影スポット。便数少ないので撮せる機会は限られますが、タイミング合えばこのような写真が撮れます。

f:id:inoue1024:20160506204647j:image



次回は富山空港周辺の神通川河川敷が戦闘の中心になる様子。とても楽しみです。

2016-04-30

黒部ダムの季節を一枚の写真にしました

以前、白川郷の風景で四季を1枚の写真にしましたが、それを黒部ダムでもしてみました。


f:id:inoue1024:20160430212724j:image

富山県長野県県境にある立山黒部アルペンルート名所の一つ、黒部ダム。立ち寄る度に最上階の展望台からの全景を撮影してたので合成し、1枚の写真にしました。

春を象徴する風景無いのが少し心残りですが、いつ行っても美しさを楽しめる場所である事が伝われば嬉しいです。



f:id:inoue1024:20160430212722j:image

冬(春)の写真は2012/4/18撮影。気象条件が良いと全線開通直後、雪に覆われた黒部ダムを見る事出来ます。最近は暖冬傾向で、2016年開通時は残念ながら全て溶けてしまってました。見られるかどうかは運次第という風景です。

この写真撮影時はブログ記事にしてませんでしたが、2010年に立ち寄った際の写真が過去の記事にあります。

http://d.hatena.ne.jp/inoue1024/20100420/1271689637



f:id:inoue1024:20160430212723j:image

夏の写真は2014/7/18撮影。やはり立山黒部アルペンルートで一番魅力的な季節で言うと夏です。観光放水の迫力は是非とも生で見て頂きたい風景です。

この写真撮影時の詳細は、下のリンク先記事に書いてます。この時には4Kムービー撮影もするようになりました。

http://d.hatena.ne.jp/inoue1024/20140723/1406118942



f:id:inoue1024:20160430212721j:image

秋の写真は2013/10/18撮影。直前に通過した台風の影響で、鮮やかさが少し失われてましたが、それでも紅葉の雰囲気を撮す事出来ました。この時の詳細も記事にしています。

http://d.hatena.ne.jp/inoue1024/20131018/1382096964



このように、いつ訪問しても美しく楽しめる黒部ダム。TVアニメ「クロムクロ」の主要舞台モデルともなり人気です。ぜひ観光してみてください。




以前、同じように作ってみた白川郷の四季風景写真は、おかげさまでtwitterでは5千RT以上して頂けました。皆様の心に響いてくれたようで有り難いです。

下記エントリーにこの詳細など書いてますので、よければどうぞこちらもご覧ください。

・白川郷の四季を一枚の写真にしました(フルHDサイズ壁紙配布有)

http://d.hatena.ne.jp/inoue1024/20140421/1398090677

2016-04-28

TVアニメ「クロムクロ」第四話舞台モデル情報

■ 舞台探訪される方へのお願いと注意 ■

・現地探訪(俗称聖地巡礼)の際には、住民や通行人の迷惑にならぬよう、マナーを守り散策してください。舞台モデルとなった所には、公共施設等あります。無遠慮な撮影にならぬよう気をつけてください。

・このブログに掲載の内容は、個人が推測で記載してます。公式情報ではありませんので、制作会社や自治体へのお問い合わせは行わないでください。

・推測により書いてますので、実際のモデルとは違う事もあります。あらかじめご了承ください。

作品で描かれている風景等と現地との比較を目的として画像引用しています。画像の著作権は全てそれぞれの権利者に帰属します。


クロムクロの舞台モデルや関連地の情報をGoogle Mapにまとめました。参考にどうぞ。

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=z9VUkAUc7rFU.kBm9p5aViXd0


第四話では、あまり地域描写が無く。主に富山城周辺が登場したぐらいでした。

f:id:inoue1024:20160428213827j:image

f:id:inoue1024:20160506195213j:image

f:id:inoue1024:20160428213824j:image

市民プラザ方向から見た富山城。セントラムと富山城を一緒に撮せるポイントということで、鉄道ファンにもよく知られてるアングルです。

f:id:inoue1024:20160428213828j:image

f:id:inoue1024:20160428213829j:image

この風景は未確認…、どことなく背景に見覚えある感ありますが。情報わかれば追記します。

f:id:inoue1024:20160428213830j:image

残念ながらTATEYAMA MALL(立山モール)という建物富山県存在しません。数年前、立山町イオンが出店を検討し、北陸最大級のショッピングモールを計画してましたが、リーマンショックの前後で中止に。もし建ってたらこんな建物だったかも。

富山県に無い建物をモデルにした可能性もあり。似た建物の情報あったらそちらも追記します。



話はあまり焦る展開の無い、ゆっくりな感じ。でも作画P.A.Worksならではの定評ある美しさ。先が楽しみな作品です。