Hatena::ブログ(Diary)

こっそり支援 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-31

越中八尾おわら風の盆を見るに当たってのマナー

| 01:21 | 越中八尾おわら風の盆を見るに当たってのマナーを含むブックマーク 越中八尾おわら風の盆を見るに当たってのマナーのブックマークコメント

D

毎年9月1日〜3日は八尾地域でおわら風の盆が行われます。この民謡行事本番に先立って、8月20日から30日まで練習を兼ねた前夜祭が行われました。

この日は前夜祭最終日、あいにく雷雨があったため町流しは中止となり、特設舞台での披露となりましたが、とても情緒ある演奏と優雅な踊りを楽しむことが出来ました。

f:id:inoue1024:20100830205311j:image

f:id:inoue1024:20100830212837j:image

f:id:inoue1024:20100830215857j:image

しかしながら、見る側のモラルが非常に悪いと感じる出来事もありました。突然の雷雨による会場変更であったため、踊り手の準備も大変だったようで午後8時開始のところが15分ほど遅れての披露となりました。この間、中高年の観光客が「もたもたするな!」「はやく始めろ!」等、罵声を上げてました。

また、大声は上げて無くとも近くにいた観光客達は「せっかく見に来てあげてるのに、なにグズグズしてるのかね?」という、心ない会話をしてました。そのような感覚で見る踊りでは無いと諫めたのですが、お客様気分で来てた彼らには理解できなかったようです。


どうも根本的に勘違いしている観光客が非常に多いように思いましたので、ここで八尾おわら風の盆を見るに当たってのマナーを書いておきます。

なお、自分は本開催9/1〜9/3を体験してません。前夜祭を数回見たのと、地元の方数名から聞いた困り事を自分なりにまとめて書いただけですので、事実と反する事があればコメントやメール等でご指摘ください。また、これ以外にも「こういう事守って欲しい」と言った地元からの意見あれば情報お待ちしております。

(追記)2016年9月に3日間とも参加してきました。その時の体験も含めて記事訂正や追記します。

f:id:inoue1024:20100830210400j:image


・見るに当たっての心構え

八尾おわら風の盆は「祭り」ではありません、台風の時節に収穫前の稲が被害に遭わないよう、豊作祈願を願って行わる「民謡行事」です。地元の方が祈りを込めて踊る行事であって、観光客のための踊りではありません。「見させて頂いてる」という意識で伺うようにしましょう。

旅行代理店に高いお金出して来訪した人にとっては、もてなし方に不満感じるかも知れません。でも、儲かってるのは旅行代理店であって、地元ではありません。来訪客数の急増で開催の度に人件費等で赤字だという話もあるくらいです、贅沢を言わないでください。

f:id:inoue1024:20100830215132j:image


・大声を上げない、要求しない、踊りの邪魔をしない

あくまで地元の方にとっての民謡行事なわけですから、観光で来た人は静かに眺めるだけにしましょう。踊りの輪に割り込んだり、カメラ目線やポーズの要求なんてもってのほかです。


f:id:inoue1024:20100830205729j:image

カメラフラッシュ使用は遠慮すること

上の写真では見ての通り、左下にいる人が強烈なフラッシュ焚いてます。9月1日以降のニュース映像でも遠慮無くフラッシュ光ってる映像が流れると思いますが、現地の観光パンフレットや案内Webサイトではフラッシュ撮影自粛をお願いしてます。

踊り手にとって間近で強烈な光を浴びせられるのは苦痛です。町内によってはフラッシュ禁止にしてるところもありますので、使わないようにしましょう。オートモードの撮影しかしたことないという人は、訪問前に取扱説明書を読んで発光禁止の設定方法を把握することをお勧めします。またはビデオカメラが良いでしょう。

f:id:inoue1024:20100830215008j:image


次に、八尾おわら風の盆に関連した情報や、来訪するに当たって知っておくと良いかもしれないお話を書いておきます。


・期間中、富山県内のホテル宿泊不可能

2ヶ月ほど前から個人団体含めてこの期間はすでに予約が入ります。富山県内全部の宿泊施設受入数をはるかに超えた来訪者数であるため、隣の石川県金沢市や、岐阜県高山市で泊まる人も多いです。

ニュースで流れてたから見に行こう…では遅すぎます。来年の訪問をお勧めします。

f:id:inoue1024:20100830220900j:image


・八尾周辺の道路事情は悪い

駐車場の余裕もほとんどありません。すぐ近くまで無理に行ったら渋滞に捕まって全く動くことができなくなります。公式Webサイトに案内がありますが、富山市八尾ゆめの森テニスコート駐車場と富山市八尾スポーツアリーナ駐車場からシャトルバス運行するので、車で来訪する場合はこれらの駐車場を目的地に設定して行くようにしましょう。


・富山県民の運転基本的にのんびり

他県から来た人にとっては結構、気になることかもしれません。信号の発進時など、富山県民の運転はゆっくりとした動きが多いです。当然、全ての富山ナンバーがそういう運転するわけでは無いのですが、ゆっくりした発進でもイライラせず余裕持って流れに乗るよう心がけてください。

f:id:inoue1024:20100830215336j:image


・場所取りは無意味になることも多い

一眼カメラユーザーによくある行動として、理想の構図を撮りたいがために場所取りしがちですが、シャッターチャンスが確実に来るとは思わない方が良いです。

普段約2万人が住む町に3日間で約25万人が訪れるので邪魔になりますし、通行する観光客に視界阻まれたり割り込みされるのは当たり前ですから、一枚一枚に命賭けるような撮影はしない方が自身のためです。

f:id:inoue1024:20100830213939j:image


以上、八尾おわら風の盆を楽しまれたい方へのお願いや情報でした。訪問予定の方は、軽くでも公式サイトを読むことをお勧めします。

http://www.yatsuo.net/kazenobon/


f:id:inoue1024:20100820225350j:image D

広坂兼六広坂兼六 2010/09/01 22:21 基本的に「鉄」ですので日常的にフラッシュ強制OFFが習慣になっているものですから、余程必要な時以外のフラッシュ撮影には常々疑問を感じています。
今は一般の方ならほぼコンデジでしょうから、夜景モードとかにしないまでもフラッシュ強制OFFでがっちり構えて撮れば、いい具合に踊り手も流れてくれてそれなりに見栄えのする写真が撮れるはずなんですが?

inoue1024inoue1024 2010/09/02 00:23 鉄道にフラッシュは厳禁という話、あるはずですがニュース映像とかだと遠慮無く光ってたりしてますよね。いろいろな面で撮影に関するマナーが行き渡ってない事を実感します。光を受けた側がどれだけ苦痛か、強烈なフラッシュ焚く人は一度、自分の目に向けてシャッターを押し、体感してほしいものです。
コンデジは基本的に夜の使用無理ですね。3脚立てればまだ多少なりともよく映ると思いますが。

広坂兼六広坂兼六 2010/09/02 21:54 状況にもよるんでしょうけども、少なくとも現在大多数のコンデジユーザが数年前まで使っていたであろう銀塩コンパクトやレンズ付きフィルムよりは夜間に対応した機能の多さや手ぶれ補正機能のお陰で格段に有利だと思います。勿論デジ一には敵いませんが・・・。
ただ、使いこなせてないんでしょうねえ・・・。

syakisyaki 2010/09/03 00:36 中高年にとっては、夜間撮影=フラッシュで脳が固定されてるでしょうからねえ。ただ踊り手側でも対抗策として、フラッシュや子供のわめき声が有った時点で踊りをやめてしまう町内もあるそうです。
マナーに関しては、深夜や早朝のおわらを見るまでの間、玄関先で酒盛りやごろ寝をする人もいるらしく、色々と頭の痛い問題は有るようです。

とっしーとっしー 2010/09/03 22:27 9月1日に行ってきました。(暑かった)
あらかじめ、いろんなサイトを見て、フラッシュ禁止のところが多いと認識していたのですが、私が回った箇所ではそのような案内はなかったように思います。
私は感度を上げてフラッシュ無しで通しましたが、あのフラッシュの嵐には閉口です。
多くの観光気分の人に、フラッシュ禁止を徹底するのは難しいこととは思いますが、根気よく周知徹底をしていって欲しいものです。(おっしゃるように、機械音痴の人も多いけれど)

まあ今回行ってみて、写真は行った証にちょっと撮るというくらいしか望めないと感じました。
すばらしい画像を求めるのは、観光ポスターや市販の写真集にすることだと思います。

スタジアムなんかでフラッシュがよく光っています(花火撮るにも)、なんの為にフラッシュ光らせてるのか理解できませんが、夜景には必ずフラッシュが必要と思っているのでしょうかね。

広坂兼六広坂兼六 2010/09/04 21:30 2つ上のはあくまでこういう場なのに平気でフラッシュ焚いてしまうようなコンデジユーザに対しての論であって、当然ですがinoueさんの事言ってるんではありません。

時々観光イベントの整理に従事することがあるんですが、コンデジ・銀塩コンパクト・携帯・レンズ付きフィルムの人たちが混みあって撮りにくいながらも仕切りロープの外から頑張って撮影しているのに、一眼ユーザ(それも年齢重ねた人が圧倒的に多い)が平気でロープ越えてきたり周囲に気を配らない撮影をしてたりするんですよね。
機種名を名指しで注意してみたり「それだけ長玉ならもっと下がっても充分ですよー」とか「貴方の腕ならもっと下がっても充分いいのが撮れる!頑張って!」とか声掛けてなんとか場を収めてますが、誰にでも通じる手だとは限らないのが辛い所です。

inoue1024inoue1024 2010/09/06 23:46 ・広坂兼六さん
自分がむぎや祭に行ったときも、他のカメラマンや観客が自重して近寄らなかった踊り手達の側に、ずかずかと踏み込んで勝手な撮影している老年がいました。当然、周りから罵声飛びましたが、当人は全然気にしてない辺り、意識の持ち方が根本的に違うなと思う出来事でした。
これからは更に自分勝手な高齢者が増える気配もあり、イベント整理は難しくなりそうです。

・syakiさん
八尾は明らかにキャパオーバーしてるところに加えて、「これは観光客のためでない、我々のための踊りだ!」という意識、自我が強く出てきてる所も。異常な観光客が集中する前に、各ツアー会社への事前通達や徹底の告知不足が現状に現れてきてる部分も反省し、富山県の観光科などが率先して円滑運営になるよう努めて欲しいところです。

・とっしーさん
フラッシュ禁止については、現地で渡されるパンフレットに小さく載ってる程度なので、ほとんど守られてないも同然ですね。
デジカメのオートでしか使えない人が多いため、フラッシュはどの場面でも目にしますね。最低限、ボタンの配置は覚えたうえで機器を使って欲しいと思います。

石井 洌石井 洌 2013/08/30 09:57 町民が心を籠めてご披露します。ストロボ撮影は厳かな雰囲気を壊します。カメラ説明書をよく読んでノンストロボで撮影しましょう。ノンストロボ実行を八尾市で条例(お願事項)で定めたらどうでしょうか。皆さんが美しく優雅な踊りを目に焼き付け思い出になれば良いと思います。

石井 洌石井 洌 2013/08/30 10:04 文字の訂正で心を籠めては心を込めてで、ストロボ実行は厳禁です(大変失礼しました)

ノリさんノリさん 2013/08/31 18:25 「八尾おわら風の盆は「祭り」ではありません、台風の時節に収穫前の稲が被害に遭わないよう、豊作祈願を願って行わる「民謡行事」です。地元の方が祈りを込めて踊る行事であって」と、説明されていますが、八尾町に稲作はないと思われます。いかがでしょうか?

ななしななし 2013/09/02 18:32 稲作あるよ。大阪府八尾市と勘違いしてる?

yaokazu08yaokazu08 2013/09/23 01:03 16年前から通っています、夢の森テニスコート駐車場で毎年3日間テント泊してます、ストロボ発光は無粋です、混雑の一番の原因は高橋治氏の85”刊行の小説【風の盆恋歌】ですが来年おわら予定の方は是非読んで下さい、
小説と祭りは直接関係はありませんが、本当に八尾の町がそして風の盆”が好きになり来年も・・と思うようになります、時間に追われるバスツアーでなくお友達と個人で私の様にテント泊でも或いは車中泊でもよいです、スポーツアリーナの駐車場はテント泊は無理ですが、近くに20年も続く食鮮館TEL 076-455-1141 と言うスーパーが有りお弁当でも飲み物でも安く入手できます。来年、ぜひいらしてくださいませ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/inoue1024/20100831/1283185304