Hatena::ブログ(Diary)

インソース公開講座ブログ

2017-04-27

【新作研修】相関係数と回帰分析からデータを業績向上に結び付ける〜「ビジネスデータの分析研修〜統計の基礎を活用する」

いつもお世話になっております。
インソース公開講座部の立川でございます。

今の季節は春キャベツが美味しいので、最近はキャベツを
使った料理やサラダにはまっています!
いつものキャベツと違って葉が薄くてやわらかいので
食べやすく、甘みもあって美味しさ倍増です(^^)

ちなみに、美味しい春キャベツを選ぶには、
葉と葉の間がふんわりと開いており、つやつやしており、
そして”軽い”もの
が良いそうです。
昔買い物に行くと母に「軽いのを選んでね!」と言われていたことを思い出しました。
情報がもっていると、買い物も少し楽しくなる気がします。

情報は、データを加工し意味を持たせたものとも言われます。
本日はそういったデータを加工したり分析するために有効な新作研修、

ビジネスデータの分析研修〜統計の基礎を活用する
http://www.insource.co.jp/bup/bup_business_data_analysis.html

についてご紹介いたします。


組織に内在する様々なビジネスデータ(例えば顧客情報や売上内容、
在庫情報など)を業務効率の改善や、企画採用の根拠に活用し
最終的に組織の売上を増加させることを目的とする研修です。

本研修の中では、主に

「相関係数の計算」

「回帰分析の手順」


の2点を学び、
excelを使ってデータを活用できるようになっていただきます!


組織には多くのデータが眠っている可能性があります。
売上に関するデータや、アンケート調査のデータ、案件データなど
企業にとって財産となる様々なデータを、適切に分析できる人材を
求めている声をよくお聞きします。

そういったデータを分析できる貴重な人材を、
”採用”するのではなく”育成”しませんか?

本研修では、いくつもの演習を通して、実際にデータにふれて
手を動かして分析をしてみてもらいます。
その分析から、問題を解決していく体験をしていただくことを繰り返し
職場でも実際にデータを活用できるようになっていただきます。


実は私も、社内のデータを扱い、簡単ですが分析をしていたり、資料に
落とし込んだりしていますが、分析の中で個人的に心掛けているのは
[1]視点を広くすること、[2]柔軟に考えること、[3]目的を持つこと、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

[3]は誰でも意識したり、日ごろから習慣づけていればできることですが
[1]や[2]は、その組織のことや業務、商品を熟知しているからこそ
精度が高くなり、結果的に効果が見込めるデータの抽出や分析ができる
ものだと思います。

そのため、社内でデータを活用できる人材を育成する、というのは
業務改善や業績向上のためにも有効なアプローチではないでしょうか。

▼研修カリキュラムはこちら▼=================

1.社内の眠ったデータを活用する
2.2つの事象の関連を表す「相関係数」
3.2つの事象の因果関係を表す「回帰分析」
4.まとめ

(ワーク例)
◇エクセルによる相関係数の計算のためのデータの並べ方
◇残業時間とミスの数の相関
◇売り上げに最も貢献している要因の分析

(カリキュラム詳細はこちら)
http://www.insource.co.jp/bup/bup_business_data_analysis.html#h2_program

================================

ちなみに、研修制作者が「ビジネスデータの分析研修について語る」
WEBページもございますので、よろしければぜひご覧くださいませ!
http://www.insource.co.jp/kataru/analysis-of-data-statistics.html

本日も最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

何か気になること、ご不明点、ご要望などございましたら
いつでもインソース公開講座部までお問合せくださいませ!


f:id:insblog:20170228111226p:image:w530

▼▼▼電話・インターネットでのお問い合わせ▼▼▼
 電話:03-5259-0071(担当:公開講座部)
 インターネット:<こちらよりお問合せください>
https://secure.insource.co.jp/contact/

▼▼▼インソースのサービス情報配信中!▼▼▼
 このような情報を、メールマガジンにて頻繁にお届けしております!
 こちらから登録ができますので、興味のある方はぜひご検討ください♪
 <インソース メールマガジン購読>
http://elqsite01.insource.co.jp/LP=31

2017-04-17

【インタビューvol.1】「ラテラルシンキング研修」の魅力をもっと知る!〜自由な発想で、新しいアイデアを生み出す”水平思考”とは

f:id:insblog:20170417105948j:image:w460

いつもお世話になっております。
インソース公開講座部の立川でございます。

先週末は、各地で25℃以上の気温を記録し、
今年初の夏日だとニュースになりましたね。

日差しが暖かく、空も青々としており気持ち良かったので
私は近所の公園をぶらぶら散歩して✨リフレッシュ✨していました!
上着を羽織らずに外出するのは久しぶりだったので、なんだかとても
身体が軽くなったように感じ、自然と足取りも軽やかになりました。

たまには、時間をゆっくり使って休日を過ごして
心身ともにリフレッシュすることも大事だなと、改めて感じます✧˖°
皆さまの、休日のリフレッシュ方法も一度お伺いしてみたいものです!

さて、本日は公開講座の新作研修インタビュー記事
ご紹介いたします。

f:id:insblog:20170120193013p:image:w250f:id:insblog:20170120193013p:image:w250

ラテラルシンキング研修〜新たな発想を生み出す力を養う

f:id:insblog:20170120193013p:image:w250f:id:insblog:20170120193013p:image:w250

制作担当者である、企画開発本部長の百瀬より、本研修の制作背景や
研修の特徴をお伺いしたので、一部を抜粋してみました♪

<<早速読みたいという方へ、インタビュー記事はこちら!>>


f:id:insblog:20170417110454j:image「ラテラルシンキング研修」を開発しようとしたきっかけとは

―――アイデアを出したり、創造的な活動をする時のアタマの使い方は、
こうした論理展開の手法とはちょっと違う。思考を"収束"ではなく"拡散"
するスキルとして、何か新しい思考系研修が作れないかと考えていた―――



f:id:insblog:20170417110454j:imageそもそも「ラテラル」とはどういう意味

―――直訳すると、「横方向の」というような意味になります。ラテラル
シンキングのことを「水平思考」と呼ぶこともありますが、これは、
「垂直思考」であるロジカルシンキングの対極に位置付けられます。―――



f:id:insblog:20170417110454j:image研修の中で行われる講義や演習はどういったものがあるのか

―――演習では、実際にそれらの発想法を使ってグループでアイデアを
出し合うワークを行います。例えば、「合体法」という手法を使って、
世の中にまだない新しい商品・サービスをグループ対抗で考えてもらう
ワークなんかは、大変盛り上がりますね。―――



f:id:insblog:20170417110454j:imageインソースの「ラテラルシンキング研修」の特徴とは

―――発想したものを具体的に企画案にし、それを通すことができてはじめて
仕事としての成果になります。今回の研修の中で、そのすべてのプロセスを
網羅することはできませんが、アイデアを実現する上での一つのカギとなる、
「コンセンサスマネジメント」についても研修の中では触れています―――



f:id:insblog:20170316120340p:image:w250f:id:insblog:20170316120340p:image:w250

 ⇒⇒⇒インタビュー記事全文はこちらから

f:id:insblog:20170316120340p:image:w250f:id:insblog:20170316120340p:image:w250


今回は記事の一部をピックアップいたしましたが、本研修はこれまで
インソースになかった、新しい思考法を習得する研修です!

・新しいアイデアを数多く出せるようになりたい
・枠にとらわれない、自由な発想ができる力を身に付けたい
・上司に企画を提案しなければならない
・新商品を考えることになった
・新しいアプローチで組織の利益を生み出したい
・柔軟なものの考え方を習得したい


こういった、発想力に関するお悩みや課題をお持ちの方におすすめの研修です。

私自身も、発想してアイデアを生み出そうとする機会は少なくなく、
アイデアをぽんぽん出せる人になりたい…なんて思っていました。
そこでこの研修を知っていくと、発想にはいくつかの方法やパターンが
あること、人は0からアイデアを生み出すのではないので、誰でも
もちろん自分でもアイデアを生み出せるようになることが分かりました!

少しでも多くの、課題意識をお持ちの方におすすめする新作テーマです。
ぜひご検討くださいませ。


本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございます(´▽`*)
明日以降の配信もお楽しみに!

f:id:insblog:20170224143108g:image:w260f:id:insblog:20170224143108g:image:w260

▼▼▼インソースのサービス情報配信中!▼▼▼
このような情報を、メールマガジンにて頻繁にお届けしております!
こちらから登録ができますので、興味のある方はぜひご検討ください♪
インソース メールマガジン購読

▼▼▼電話・インターネットでのお問い合わせ▼▼▼
電話:03-5259-0071(担当:公開講座部)
インターネット:<こちらよりお問合せください

2017-04-12

5月のゴールデンウィークに向けて〜隙間日程を有効活用!

f:id:insblog:20170412112512j:image:w520
詳細はこちら⇒http://www.insource.co.jp/shijin/gw.html

いつもお世話になっております。
インソース公開講座部の立川でございます。

4月も中盤となり、暖かい日も増えてきましたね。
ぽかぽかとした日々が続き、樹々は新緑に包まれはじめており
まさに「」だなあ、と感じている今日この頃です。

そうすると、そろそろ話題に挙がってくるのが
「ゴールデンウィーク」ですよね。

社会人として経験を積み重ねている上司や先輩の方々にとっては
大型連休は楽しみなもの、有意義なものであることかと存じます。

一方で、この時期になると多くの組織で不安要素に挙げられるのが
「新人・新入社員のモチベーション維持」です。

5月病という言葉もあるように、4月から新しい環境となり
生活環境が大きく変化している新人の方々にとって、
この1ヶ月は環境に適応するのに精一杯だったりします。

日々新しいことを学ぶことで、覚えなきゃいけないと焦ったり
配属が決まり本格的に業務が始まり、不安を感じていたり
仕事の本質や目的をうまく理解できず、想像していた仕事ができない
と思い違いをしてしまい、不満を抱えてしまっていたり・・・

様々な気持ちを抱えて、1ヶ月が過ぎた頃
ちょうど大型連休である「ゴールデンウィーク」にあたります。

そこで、ゴールデンウィークに入る直前に、新人の皆さまのフォロー施策
として、公開講座を利用されるお客様が増えてきています。

ビジネススキルを磨き、自信をつけてもらうだけでなく
他社の新人の方々と悩みを共有したりしてもらうことで、
連休明けに、上司や先輩に成長した姿を見せていただけます!
ぜひご検討くださいませ。

f:id:insblog:20161114151342g:image:w260f:id:insblog:20161114151342g:image:w260

■ 5月1日(月)実施テーマ ■

ビジネスマナー研修<東京開催>

ビジネス文書研修<東京開催>

(半日研修)コンプライアンス研修<東京開催>
 〜個人情報保護、情報セキュリティ、SNSのリスクを知る編

新入社員のためのわかりやすい開発ドキュメントの書き方<東京開催>

パワーポイントプレゼンテーション研修<東京開催>

クレーム対応研修〜苦情対応の正しい手順を学ぶ<札幌開催>

電話応対基礎研修<仙台開催>

接客サービス・接客マナー向上研修<仙台開催>

f:id:insblog:20161114151342g:image:w260f:id:insblog:20161114151342g:image:w260

■ 5月2日(火)実施テーマ ■

プレゼンテーション研修<東京開催>

新入社員のための Excel基礎
 −配属前に覚えておきたいExcelの重点機能−<東京開催>

新入社員のための IT最新技術動向
 −最新キーワードとその活用場面を学ぶ−<東京開催>

(新人向け)Microsoft Office研修
 〜ExcelとPowerPoint<東京開催>

(新人・内定者向け)仕事の進め方研修
 〜チームワークとコミュニケーション<大阪開催>

f:id:insblog:20170220121326g:image:w250f:id:insblog:20170220121326g:image:w250

★★講師派遣でもおすすめ!研修ラインナップはこちら★★

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました(´▽`*)

f:id:insblog:20170220121326g:image:w250f:id:insblog:20170220121326g:image:w250

▼▼▼インソースのサービス情報配信中!▼▼▼
このような情報を、メールマガジンにて頻繁にお届けしております!
こちらから登録ができますので、興味のある方はぜひご検討ください♪
インソース メールマガジン購読

▼▼▼電話・インターネットでのお問い合わせ▼▼▼
電話:03-5259-0071(担当:公開講座部)
インターネット:<こちらよりお問合せください

2017-04-06

ポータブルスキルの向上なら公開講座!〜個人のキャリアを磨く研修テーマをご紹介

いつもお世話になっております。
インソース公開講座部の立川でございます。
http://www.insource.co.jp/bup/bup_top.html

東京で開花宣言が発表され、道端で桜が咲き始めている様子を見かけるようにもなったので、先週末は少し早めのお花見をしてみました。

夜桜を見に行ったところ、一部の桜の木は五分咲きくらいになっており
思っていたよりも沢山の桜を楽しむことができました。
(せっかくなので、皆さまにも今年の桜をおすそ分けいたします♪)

f:id:insblog:20170401191220j:image:w360

桜のように一分咲き、三分咲き、五分咲き、七分咲き、満開、といった具合に規則正しくそして順調に成長していけたらどんなに嬉しいことかと思います。

しかし人は、自ら学んだり、経験を重ねたり、理解や知見を深めたりして
いかなければ、成りたい姿に近づくことができません…。
また、一人で何かを学ぶには限界がありますよね。

ここ1年で、インソースの公開講座では
「個人で研修を受講しに来られる方」
「自己啓発で受講される方」
「挙手制のシステムで自ら希望して受講しに来る方」
が増加傾向にあり、その中でも複数のテーマをタイミングをずらして
受講される方が多くなってきました。

個人の生産性を高めるため、そして自身のキャリアアップを図るために
公開講座を活用してくださる背景には

・ビジネススキル系の研修テーマが豊富
・1日間という適度な時間でじっくり学べる
・ワークや他の受講者との交流から気づきを得られる
・土日でも参加できる
・少人数制の研修なので、講師に丁寧に指導してもらえる


といったインソース公開講座の特徴も関係しております。

そこで、ポータブルスキルを向上させるために特におすすめの研修を、
★★★こちらのページ★★★でご紹介いたします!

誰かと気づきを分かち合ったり、成功者や経験者から直接アドバイスを得ることでより個人の能力が上がるテーマを中心に、テーマを厳選いたしました。

ぜひ一度ご覧くださいませ!


f:id:insblog:20170224142954p:image:w500
 
   ▼新作研修のご案内▼

f:id:insblog:20170224142954p:image:w500

2月、3月と新しい研修テーマが続々と増えております!
その中でもお申込みが増加中の、人気研修をご紹介いたします。
気になる研修がございましたら、ぜひチェックしてみてください(´▽`*)

<テーマ:AI(人工知能)>

AI・機械学習研修〜回帰・分類・レコメンド編(2日間)

機械学習の中でもよく用いられる、回帰、クラス分類、レコメンド(推薦)の3種類のアルゴリズムを実際に動かしながら研修を進めます。自社データをAIで分析したいが、どう始めたら良いか分からない方におすすめです。

【日程】6/8(木)〜9(金)

Pythonで学ぶ機械学習〜回帰分析とディープラーニング(2日間)

機械学習の手法の基礎的な理解と簡単なモデルでの実践を目指す研修です。この分野で使われる頻度の高いPython言語の基本文法を身につけた上で、実際にモデルを動かします。機械学習の中でも、回帰分析とディープラーニングという2種類のアプローチで分析を行い、結果を比較対象することで、それぞれの持つメリット・デメリットや適した利用シーンについてもご理解いただけます。

【日程】9/5(火)〜6(水)、11/21(火)〜22(水)

<テーマ:指導・育成>

(OJT指導者向け)新人・若手のホウ・レン・ソウ強化研修

現場において、どのように新人・若手のホウ・レン・ソウを強化するかを学んでいただく内容です。ホウ・レン・ソウのさせ方、受け止め方、フィードバックの仕方(ホウ・レン・ソウを通じた育成の仕方)について学んでいただくとともにコミュニケーションをとりやすい職場づくりについても考えていただきます。

【日程】4/20(木)、5/12(金)、6/23(金)

<テーマ:発想力>

ラテラルシンキング研修〜新たな発想を生み出す力を養う

ラテラルシンキングの考え方を学ぶとともに、実際にラテラルシンキングを用いて、新しい発想やアイディアを生み出すワーク・演習に取り組んでいただきます。ロジカルシンキングやクリティカルシンキングとは異なる、柔軟なものの考え方を鍛える研修です。

【日程】4/25(火)、5/16(火)、29(月)、6/7(水)、15(木)など

ぜひご検討くださいませ!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

f:id:insblog:20170224143108g:image:w260f:id:insblog:20170224143108g:image:w260

▼▼▼インソースのサービス情報配信中!▼▼▼
このような情報を、メールマガジンにて頻繁にお届けしております!
こちらから登録ができますので、興味のある方はぜひご検討ください♪
<インソース メールマガジン購読>

▼▼▼電話・インターネットでのお問い合わせ▼▼▼
電話:03-5259-0071(担当:公開講座部)
インターネット:<こちらよりお問合せください>

2017-03-31

【3月の受講者数ランキング☆1位〜5位】お悩みや不安が解消したとの声を多くいただいております!

いつも大変お世話になっております。
インソース公開講座部の小村でございます。

今年もお花見の季節がやってきましたね!毎朝、お花見情報を
チェックしていつがいいかな〜と考えながら通勤しています。
さて、インソース公開講座では、新人研修の準備真っ只中です。
新人の方々が社会人生活の第一歩を気持ちよく迎えられるよう、
公開講座部一同お手伝いさせていただければと思います。

本日は、前回のブログに引き続き、受講者数ランキングの1位〜5位
をご紹介します☆
ぜひ、ご受講者様の声もご覧になっていただければ幸いです。


f:id:insblog:20170331094842j:image

2017年3月☆受講者数ランキング 
         ※3月28日時点※

f:id:insblog:20170331094842j:image

◆第1位◆
OJT指導者研修〜新人・後輩指導の基本スキル習得編
【詳細はこちら】

「”新人のころを振り返る”というのは大事だと思いました。今では
当たり前のことも新人にとっては当たり前でないことが多いと改めて
気づきました。新人の目線や考え方も意識しながら一緒に成長して
いきたいと思います。」

「後輩との関わりの中で、これで良かったのかな?と不安に思い
ながら対応している部分もありましたが、この研修をもとにメンバー
との日頃のコミュニケーションの取り方などがとても参考になり
ました。同じく後輩育成で悩んでいる社員にもアドバイスしたいと
思います。」

「実際にOJT経験のあった講師の方に教えていただいたため、
体験談等参考になりました。また、OJTの計画や、自分が新人
だった頃の不安や気づきなど、新入社員の育成に活かしていきたい
と思います。」


◆第2位◆
研修講師養成研修
【詳細はこちら】

「間の使い方や表情、具体例を出すことの大切さを強く感じました。
今後の研修では、本日学んだことを復習し、自分の言葉で話せるよう
頑張っていきたいと思います。」

「事前に上司ともコミュニケーションを取り、軸がぶれない研修を
実施したいと思います。」

「今まで自身が行っていた良かった点や改善点を改めて考えること
ができました。皆さまからいただいたアドバイスや悪いクセを直し、
より良い研修ができるようにします。」


◆第3位◆
ロジカルシンキング研修
【詳細はこちら】

「改善提案の取り組みなど、ツリーを意識して根拠を考えていきたい
と思います。ロジカルシンキングに合わせて、様々な物事の捉え方が
あることが勉強になりました。」

「同じ課題であっても、どのように伝えるかで結論が変わってくると
理解したので、きちんと整理して考え、伝えるクセをつけていきたい
です。限られた時間を無駄にすることのないようにします。」

「ロジカルシンキングと聞くと身構えていましたが、身近なものだと
分かり、内容がすんなり入ってきました。自分の不得意なところも
明確に把握できたので、小さな報告を行う際にも積極的に活用しよう
と思います。」


◆第4位◆
タイムマネジメント研修〜仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ
【詳細はこちら】

「今まで1日のToDoリストは作成していましたが、1週間の
ものは作成していなかったので、まずは全体の仕事を把握すること
を意識したいです。」

「多忙期こそ、全体像を把握し優先順位をつけた上で着手したいと
思いました。また、優先順位の第一領域〜第四領域の中でも第二領域
に力を入れ、質を上げてリスクを減らしていきたいと思います。」

「日々の仕事の再認識、所要時間など、改めて気づくことや工夫
すべきことがたくさんありました。目的を意識していくことで、
ただやるだけの仕事になることのないようにします。」


◆第5位◆
アサーティブコミュニケーション研修
【詳細はこちら】

「伝えることに気を取られ、相手への配慮を忘れたり、逆に気を
使ってばかりで断れずにつらい思いをしていましたが、これからは
相手への思いやりを持って対応していくようにしたいと思います。」

「どちらかと言えば我慢してしまう方ですが、伝えなければならない
シーンでは思っていることを伝えられるようにしたいと悩んでい
ました。本日の研修で、自分の意思を伝えることの大切さを改めて
感じましたので、相手も自分も尊重しながらうまく伝えられるように
したいと思います。」

「人は、伝えなければ相手の気持ちを組み取れないということがよく
分かりました。言いにくいこともアサーティブの方法を活用すれば
お互いに嫌な気分にならずに話せると思ったので、少しずつアサー
ティブを取入れていきたいと思います。」


ぜひ、今後の研修計画にお役立てくださいませ!


▼▼▼インソースのサービス情報配信中!▼▼▼
このような情報を、メールマガジンにて頻繁にお届けしております!
こちらから登録ができますので、興味のある方はぜひご検討ください♪
<インソース メールマガジン購読>

▼▼▼電話・インターネットでのお問い合わせ▼▼▼
電話:03-5259-0071(担当:公開講座部)
インターネット:<こちらよりお問合せください>

Copyright © 2005-2015 INSOURCE Co.Ltd. All rights reserved.