inspfightmanの日記 RSSフィード

2008-08-24

[][][][] 第10弾/静的コンテンツ変換表示コンポーネント

 金魚屋開発支援シリーズ第10弾

for Joomla! 1.0.x

はじめに

  • 以下あらゆる著作物の利用に関して著作者は一切の責任を負いません。
  • 以下あらゆる著作物の著作権は金魚屋ですが、とりたてて利用に制限はありません。
  • 利用にはHTMLPHP について多少の知識が必要です。
  • ツッコミ大歓迎。
  • 細かいところは解説しません。
  • 設定とか間違えるとエラー吐きます。
  • これは CMS Joomla! の component です。

NAME

com_kingyoya_translate - 静的コンテンツ変換表示コンポーネント

Latest Version

com_kingyoya_translate-1.0.0.zip

目的

 Joomla! 本来の静的コンテンツ表示と異なり、据付のHTML ファイルをJoomla! 経由で表示するコンポーネント

 要は /category/index.html とかに書かれた内容を、Joomla!コンポーネントとして表示するためのコンポーネント

 Joomla! 上でコンテンツ作れるとは言え、好きなURL にしたいとか、あのツールでなくて自分のHTML エディタで書きたいって要望は結構多いんだよね。

HISTORY

2008-08-24 Version 1.0.0

公開

動作環境

* Joomla! 1.0.x 以降

* PHP 4.3.0 以降

使い方

  1. HTML ファイルを設置する。
  2. .htaccess などで、該当のURL でJoomla! を呼び出すよう記述する。

HTML コンテンツの書式

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<html>
	<head>
		<title>ページのタイトル</title>
		<meta name="メタ1" value="メタ値" />
		<meta name="メタ2" value="メタ値" />
		<meta name="メタ3" value="メタ値" />
		<link src="style.css" type="text/css" />
		<link src="style2.css" type="text/css" />
		<style type="text/css">
p { font-size: medium; }
		</style>
		<script type="text/javascript" src="script.js"></script>
	</head>
	<body>
		<h1>静的コンテンツ</h1>
		<p>本文</p>
	</body>
</html>
表示されるもの
  • head 要素内
    • title
    • meta
    • link
    • style
    • script
  • body 要素内
    • 内容がそのまま表示される
注意

 HTML が間違っているとエラーが出ます。

Apache/.htaccess の設定

 mos_actions かmod_rewrite を使用できることが前提

 変換表示したいファイルをJoomla 経由で処理するように設定する。

mod_action 例
Action text/html /jos/index.php?option=com_kingyoya_translate&Itemid=2&path=

※元のURL が補完されるため、変換先URL の末尾に &path= が必要。

mod_rewrite
RewriteEngine on
RewriteRule ^$ index.php?option=com_kingyoya_translate&Itemid=55 [L]
RewriteRule ^index.html$ index.php?option=com_kingyoya_translate&Itemid=55 [L]

補足

  • グローバル設定で「デバッグサイト」がON になっていると、解析情報がE_USER_NOTICE に出力される。

FILES

kingyoya_translate.xml

 コンポーネントインストールXML

kingyoya_translate.class.php

 HTML 解析クラスファイル。

kingyoya_translate.php

 Frontend 処理スクリプト

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/inspfightman/20080824/1219584697

Copyright (C) 金魚屋・J・龍角 All right reserved.

当ブログの記事、写真などの二次利用に関する制限はありません。