inspfightmanの日記 RSSフィード

2009-03-08

[][] Google Summer of Code 2009 - www.joomla.org

 Joomla!Google Summer of Code 2009に参加する。

 Google グループに「Joomla! summer of code 2009」というサイトが立ち上がっている。参加に制限はないが、開設したばかりらしく、現時点での参加者は21名で、日本人はいない。

 ニュースで意気込みが語られていたので翻訳してみる。例によって意訳・解釈。

 金魚屋は誤訳と誤解への指摘を歓迎します。

Google Summer of Code 2009

 学生の開発者のための、グローバルなプログラム。

 教師と学生と合わせて募集している。

翻訳

 Google Summer of Code 2009 がアナウンスされた。Googleフリーソフトウェアへの継続的なサポートと、数多くのオープンソースプロジェクトへの援助を高く評価し、今年は確実に参加します。このオープンソースイベントは5回目を迎える。私たちも同じ刻を歩んできた。斬新なアイデアで貢献する他のグループを歓迎するのが、本当に楽しみだ。

 Joomla! はこの二年間に世界中で 800万ダウンロードを超えた国際的な受賞を得たオープンソースCMS だ。もし Joomla! の活動に参加すれば、世界中の人々にポジティブなインパクトを与えることだろう。アプリケーション開発を楽しみ、かつ先端技術を駆使する洗練された開発者と共に活動することを望むなら、Google Summer Of Code for Joomla! への参加を考えてみてはどうだろうか。

昨年リリースされた Joomla! 1.5 は、ベストプラクティスに支えられたオブジェクト指向パターンベースAPI で開発者を支援し、well-structured で論理的なフレームワークパッケージを構成する。コンポーネントには MVC デザインパターンを採用しており、高速なアプリケーションの開発とプロトタイピングのための素晴らしいプラットフォームを提供する。オブザーバーデザインパターンの導入で一新されたイベントシステムを使うことで、開発者はあらゆるアプリケーションスタックを呼び出すことが可能だ。Joomla! 1.5 のリリースからのコミュニティ参加を鑑みると、開発者はこの新しい技術基盤に満足しているようだ。「Joomla! Extensions Directory (JED)」に 4500 を超える拡張機能が登録されていることからもそれが伺える。

 Joomla! 1.6 の活動は順調で、2009年移行も進んでいくことが期待できる。このメジャーアップグレードは、たくさんの強力な新機能を含んでいる。SoC 参加者は、この強力な Joomla! バージョンの恩恵を受ける機会があるだろう。Joomla! 1.6 の活動は一つのゴールでしかないが、その活動を通じて私たちは新境地を得るに違いない。

 教師や学生として、Joomla! への参画に興味があるなら、これを読んでもらいたい。

 さあ、はじめようか。

 学生の申し込みの期間は、2009年3月23日月曜日から4月3日金曜日の正午12時(太平洋夏時間)まで。申し込みと提出方法は、もうすぐ Google SoC 2009 のページで公開される予定だ。その他の重要な日とイベントは、FAQ - Project Timeline にて。

インスパイアされたけど、アイデアがないぜ!

 Joomla! プロジェクトへの参加にインスパイアされた、またはただ興味を持った、けれどまだアイデアが浮かばない。それなら、Summer of Code 2009 Project Ideas でインスピレーションを受けてみてはどうだろう。前年の提案を見てみることで、過去にどんなプロジェクトのアイデアが採用されたかを得ることができる。Summer of Code 2005 project summarySummer of Code 2006 project summarySummer of Code 2007 project summarySummer of Code 2008 project blog にある。

 アイデアはあるが、本当にいいものか迷っているなら、遠慮なく「Google Summer of Code 2009 メーリングリスト」に投稿しよう。リストは公開されていて、参加を望む人なら誰でも閲覧できる。

 アイデアはあるが、それを投稿することで誰かに使われてしまうのが不安なら、今年の Google Summer of Code の管理者 Mark Dexter か Akarawuth Tamrareang にコンタクトを取ることもできる。

教師になりたい!?

 もう一つの素晴らしい参加方法は、教師になることだ。学ぶ準備をし、新しくて興味深い友人と出会い、楽しむ。Google Summer of Code プロジェクトで指導をすることは、貴重な経験となることが分かった。知識と経験を共有するだけでなく、Joomla! プロジェクトと深く関わり、Joomla! 開発者と知り合う絶好の機会だ。

 詳細は「Want to be a Menter?」にある。Joomla! フォーラムのガイドラインGoogleAdvice for mentors から読み始めよう。参加について、Google グループで質問することに遠慮は要らない。

Google Summer of Code 2009 - www.joomla.org
an international award-winning open source content management system

 「2008 Open Source CMS Award」のことを指していると考えられる。

positive impact

 直訳は「前向きな衝撃」だが、これでは意味が分からない。

 「うおー、すげー!」みたいな。

 叫びたくなる inspire みたいな。

Google Summer Of Code for Joomla!

 「for Joomla!」で「Joomla! のために」とも読めるが、Joomla! 自体が SoC に参加してるので、一つの言葉として読んだ。

best practices

 ベストプラクティス。流行り言葉。

 机上の論理ではなく、実践による経験で裏打ちされた、優れた事例や手段のこと。

pattern based

 デザインパターンを採用した、といった意味合い。

well-structured

 直訳は「十分に構造化された」といったところ。

 システム開発の概念の一つで、論理的で再利用性が高くて理解しやすい最適な構造・仕組みを設計して、かつそれを実現すること。

 青で停止、赤で爆発、みたいな。

prototyping

 プロトタイプ・雛形を作ること。

 システム開発での手法の一つで、これがしっかりしてると開発がかなり省力化される。

application stack

 多数の機能(アプリケーション)を積み上げることでシステムを実現するというイメージから、その積み上げられた機能のことを指す。

原文

The 2009 edition of the Google Summer of Code projects has been announced. We appreciate Google's continued support of free software and for funding numerous open source projects, and will apply certainly for this years edition. It will be the fifth edition of this open source event, and when accepted we will have been part equal times...we are really looking forward to welcome another group of contributors with fresh ideas.

Joomla! is an international award-winning open source content management system (CMS) deployed worldwide with more than 8 million downloads in the last 2 years. If you participate with Joomla!, your work will have a positive impact on people all around the world. If you enjoy developing applications and you want to work with experienced developers using emerging technologies, consider to join in to the Google Summer Of Code for Joomla!

Joomla! version 1.5, released last year, provides developers with an object-oriented, pattern based API that follows best practices and is organized into well-structured and logical framework packages. It uses an MVC design pattern for components, which gives developers a great platform for rapid application development and prototyping. Developers can hook into nearly any part of the application stack using Joomla!'s newly reworked events system, implemented according to the observer design pattern. Judging from the community participation since the 1.5 release, developers have been pleased with this new technology foundation for Joomla! They have written over 4,500 extensions for Joomla!, which are available on the Joomla! Extensions Directory (JED).

Work on Joomla! version 1.6 is well underway and expected to be available later in 2009. This major upgrade contains many important new features. SoC participants will have the opportunity to help with this important Joomla! version. Work on Joomla! 1.6 could be just one of the goals, we really would like to see other areas of innovation getting worked on also.

Read this if you are interested in participating Joomla!as mentor or student.

Want to get started? Here's how:

The student application period begins Monday, March 23, 2009 and ends Friday, April 3 at 12:00 noon PDT. The application and submittal instructions will be provided on the Google SoC 2009 page soon. Other important dates and events are detailed in FAQ - Project Timeline.

Inspired, but no idea for a project?

If you are inspired (or just interested) to join in with the Joomla! project and you don't have an idea yet, you can consider the Summer of Code 2009 Project Ideas page to get some inspiration. Also, looking at prior year's proposals will give you an idea of the types of projects that have been approved in the past. These include the Summer of Code 2005 project summary, the Summer of Code 2006 project summary, the Summer of Code 2007 project summary, and the Summer of Code 2008 project blog.

If you have an idea, but are not certain if it is good enough, feel free to post it into the Google Summer of Code 2009 mail list. This list is public and open to everyone who wants to participate.  If you have a good idea, but are worried that it will be used by someone else when you post it, you can also contact this year's Google Summer of Code administrators Mark Dexter or Akarawuth Tamrareang (Krit).

<h>Do you want to be a mentor?

Another great way to participate is to become a mentor. Get ready to learn, meet a new and interesting friend, and have fun. Mentoring for the Google Summer of Code project has proven to be a rewarding experience. It's not only a good way to share your knowledge and experience, but it is also an excellent way to get more involved with the Joomla! Project and to get to know other Joomla! developers.

For more information, read Want to be a Mentor? Start reading here! in the Joomla! forums and Google's Advice for mentors. Feel free to ask questions in the Google Group about participation.

Google Summer of Code 2009 - www.joomla.org

真・用語転生 - well-structured

 近年話題になったアメリカのドラマのタイトルで、邦題は「俺たちはスパゲッティじゃない」

 主人公のエドガー・デストラは絡まったりソースが散ったり、フォークが皿と擦れ合ったり、くちゃくちゃ言わせたりする世界的な問題がいつまでも解決されないことに強い苛立ちを覚えていた。

 これを解決するため、幾数回の挫折を経て、彼は麺を一本一本、しかもソースをあらかじめかけずに箸で都度つけながら食べるという「ソバ」を提唱する。

 箸を立てて使うことで絡まることがなくなり、またソースが別になったため散りにくく、一本一本食べるため音も立たず、更には皿もフライパンも汚れにくい上、スパゲッティにはなかった麺を茹でた湯をスープにするという衝撃的な手法。

 その素晴らしさに、はじめは世に受け入れられたかに見えたが。。。

 時間がないワーカホリックたちとの壮絶な戦いやどうしても音が立ってしまうという苦悩を鮮やかに描き出す、世紀のヒューマンサスペンス。

Copyright (C) 金魚屋・J・龍角 All right reserved.

当ブログの記事、写真などの二次利用に関する制限はありません。