interlock-web_zettaikagushounenの日記

2018-12-27

ブログのアドレスを変更します

19:10

日頃から インターロックのブログをご覧頂きましてありがとうございます。

この度、2018年12月より新しいアドレスに変更致しました。

ブックマークにご登録頂いている場合には、大変お手数ですが、以下のアドレスに

変更くださいますよう、お願い申し上げます。


http://interlock-web-zettaikagushounen.hatenablog.com/


引き続き宜しくお願い申し上げます。

2018-11-30

小さい秋

18:44

車のフロントガラスに張り付いてました。

小さい秋

そう、季節は秋?晩秋


もうすぐ12月

お世話になっている車屋さんにタイヤのはめ替えの連絡を入れました。

ノーマルからスタッドレスへ。

雪が降ったり、氷が張ったりしてからでは遅いので、毎年この時期に交換をお願いしています。

冬用タイヤが活躍することは年に数回なんで、「もったいない」と思う気持ちもなくはないのですが、

何にもないための「予防」ですね。


先を見越して準備

思う未来

予定

考えてはいるつもり

行動もしているつもり


それでも紅葉狩りで「秋」を感じるのでなく、

フロントガラスに貼り付いている紅葉で「秋だなあ」とおもう。

f:id:interlock-web_zettaikagushounen:20181130184225j:image


もうすぐ「師走


一つの時代の最後の年の瀬

忙殺されることなく、どんなきっかけでもいいので、季節の移り変わりには心を留められる様に。

終わりよければ全て良し。


あと1ヶ月。

思い描く今年の締めくくりを迎えられる様に。


頑張ろう。





山本

2018-11-26

月明かり

18:44

帰り道

渋滞の中

街灯と同じ明るさに光るお月さん


映像に収めると

こんな感じ

f:id:interlock-web_zettaikagushounen:20181126184309j:image


右側が街灯 左側がお月さん

同じぐらいに明るい


ふと思う

街灯は自ら光を放っているので「光源』

お月さんは?

考えてみると、月は光源ではなく、太陽の光を受けて光っているように見えてるだけなんですよね。


昼間に見える太陽の光はどんな光ですか?


夜に見える月に映った太陽の光はどんな光ですか?


同じ光源の光なのに違う印象を受けます。


しかしながら、今よりもずっと暗く、空気も綺麗だったいわゆる「昔」

月明かりは夜道を照らす貴重な「あかり」だったんでしょうね。

f:id:interlock-web_zettaikagushounen:20181126184337j:image


なんてことを考えながら、お月さんになぜだか「合掌」




山本

2018-10-28

大きな組み立て『家具』

18:46

これなんだと思います?

f:id:interlock-web_zettaikagushounen:20181028184512j:image

実は畳敷きのステージのようなものなんです。

長さで約4メートル 奥行きが2.4メートル 高さ45センチあります。

家の中にあれば「小上がり」という部分になります。

真ん中あたりは掘りごたつの様に足が降ろせる部分が付いてます。


家具と言うよりは、建築に近い部分を家具として作るメリットは、


写真の様にアールがついているときは、精度が出る。

原寸大の型を作ることができるので、畳を同時進行で製作できる。

とか色々と考えられますが、

一番の利点は現場での施工日数が短縮できる。

と言う事ではないかと思います。


この家具の納品先はあるビルの3階になるので、エレベーターに入る大きさに分割はしてあるのですが、

1日あれば十分組み上がります。


組み立てが終わり、畳を敷いてしまえば、すぐにでもご使用になれます。

何年かして、この家具を撤去して元に戻すことも比較的簡単にできます。

ただ、これを「家具」と言っていいものかどうか・・・


大きいものを作るときは実は結構不安があるんです。

現場に入る様にするには小さく作るために分割を多くする方が安心ですが、

現場での精度を高めるためには分割を少なくした方がいいのも事実。


現場を想像して見てください。


車で運送  車を止めれるか、降ろすスペースはあるか、天気が悪い時直ぐに雨が掛からない場所に移動できるか。

建物に搬入  玄関の大きさはどうか、玄関がダメな時別の入り口があるか、廊下は通れるか、曲がれるか、

エレベーターに乗せる時  エレベーターの入り口の大きさはどうか、カゴの大きさはどうか。

設置場所  家具を並べたり、横にしたり縦にしたり、作業をするスペースがあるか、天井の高さはどうか。


私はできるだけ大きい塊で作ることを選択するので、いつも搬入し終わるまでは不安があります。


最悪入らないときは、どうすれば解体できるかもわかっているのは、製造から取り付けまでさせていただいている強みといえば強みなんですが、

そうならない方が良いに決まっています。


家具は難しい。




山本

2018-10-27

柿の木

18:43

ものすごーく暑かった夏も何処・・・

秋ですね。


通勤途中に富有柿の果樹園があります。

(写真で見るとミカンと言ってもわからないかもですね)

f:id:interlock-web_zettaikagushounen:20181027184301j:image

子どもの頃、柿ってあまり好んで食べる果物ではなかった気がします。

何故だかは解りません。


母親が剥いてくれたら食べてはいましたねえ。

自分では剥いてまでは食べてなかったですね。


多分、皮が硬くてむきにくいし、よく熟れた柿は包丁が切れないとうまく剥けないし、

子ども心に、なんとなく危ない気がしてたのかもしれません。


大人になってからは、柿の美味しさもわかるし、どんな状態でもうまく剥くこともできるようになってます。


柿が色付いてきた木を見ながら、なんとなく懐かしい気分になっていたのは何故ですかね。


秋は実りの季節。

美味しいものたくさん。

収穫に感謝。




山本