Hatena::ブログ(Diary)

練習しているつもり日記

2013-06-06

[] 前照灯の脅威

闇夜の河川敷で前を走るランナーが、対向の強力ライトで光の中に消えてしまい、とても危険を感じています。

---

CATEYEをはじめ、様々なメーカーから大光量の前照灯が登場していますね。夜の荒川自転車道でも爆発的な光と多数すれ違います。

街灯のない河川敷では、進行方向の照らされる領域が多いと安心です。

ところが、ライトを遠くに照らしすぎる自転車が、何台かいらっしゃる。

目測で30m先を照らされると、すれ違いざまに、ライトの中心が、前を走るランナーの頭の当たりになり、その姿が光の渦の中に消えるのです。

間接的に事故要因を作り出しています。

そんな自転車に限って2灯付けてたりするから、たちが悪い。

本当に怖い。


でも、このことは、自分自身では気がつきにくい。誰かに指摘されないと分からないことでしょう。

なので、せめて知り合いの方々には、ライトの設置角度を配慮していただけるよう、書き留めておきます。