いぬいぬぶろっぐ

07-14-2005 (Thu)

モーニング娘。キーワードについて

突然ですが、モーニング娘。キーワードの最初の説明文を変えさせていただきました。

元はこうです。

女性アイドルグループのひとつ。

つんく♂プロデュースにより歌手としての活動を行う。1998年のメジャーデビュー以降、常にメンバーの増減を繰り返し現在に至る。同じ事務所に所属する女性アイドルによって構成される「ハロー!プロジェクトハロプロ)」のメインアクトでもある。CDやDVDのリリース、コンサートなどの歌手活動のほか、最近はフットサル環境保護イベントへの参加など多方面に活躍の場を広げている。一時期ほどの勢いはないとは言え消費サイクルの早い女性アイドル業界において8年にも渡って第一線であり続け、その間紅白歌合戦連続出場を果たしている異例の実績は「国民的アイドル」と呼ばれるに足るものだろう。

初期の最悪な説明文に比べると、もう100点満点を差し上げたいところなんですが、更なるブラッシュアップを図るために下記のとおり変更しました。

日本の女性ダンスボーカルグループのひとつ。

1997年、当時の人気オーディション番組「ASAYAN」の落選組から選抜された5名がつんく♂プロデュースにより歌手としての活動を開始1998年のメジャーデビュー以降、常にメンバーの増減を繰り返し現在に至る。同じ事務所に所属する女性アーティストたちによって構成される「ハロー!プロジェクトハロプロ)」のメインアクトでもある。CDやDVDのリリース、コンサートなどの歌手活動のほか、最近はフットサル環境保護イベントへの参加など多方面に活躍の場を広げている。LOVEマシーン」以降のブームは一段落したとはいえ、消費サイクルの早いエンタテインメント市場において現在でも第一線であり続け、その間紅白歌合戦連続出場を果たしている異例の実績は「国民的アイドル」と呼ばれるに相応しいものだろう。

太線が加筆修正箇所。
具体的変更内容は一目瞭然だと思いますが、「アイドル」という表記を極力減らしたことです。「アイドル」は広範囲で抽象的な表現のため、彼女達の本来の業務内容に照らし合わせた形に変更しました。

また、キーワードが一部「現代用語の基礎知識」の引用として活用され始めたこと、Yahoo!が用語解説的な役割として積極的にリンクしていることから、今後例えば海外のマスメディア等おいて活用されることも充分予想されることです。ですから、より簡潔かつ具体的な表現に変えていくことが重要でしょう。
ちなみに海外での「アイドル」の活用のされ方は、このようなニュアンスが多いでしょう。なぜなら「アイドル」は自分で名乗るものではなく、与えられる称号ですから。だから最後の「国民的アイドル」って言葉に重みが出てくるんですね。

(同様に”萌え”も与えられる称号の一つ。”アイドル産業”だとか、”萌え産業”なんてカテゴライズされると、その業界に明るい未来は見えてこないような気もする。)

あと、「足りる」を「相応しい」に変更しました。これは意見の分かれるところでしょうが、後者でも問題ないと思います。というか、もっと自信を持った方がいいかな。

それと開始時期についても明確にしました。ただあまりにも具体的過ぎると冗長化しますので、○○年といった表記に留めています。また終了時期については継続中ですので、上記の様な表現に変更しています。

以上です。

-----

ついでに。

キーワードの削除について。
キーワードの使い道は、残念ながらそのキーワードの説明文よりも、それにぶら下がっている日記の閲覧のしやすさに価値を見出しているのが現状だと思います。

例えば「ハロコン」という言葉。これは現在行われているHello! Projectの合同ライブの俗称(ファンが広く使う言葉)なんですが、ライブの名称や「Hello! Project」「ハロー!プロジェクト」「ハロプロ」で検索するより的確に情報を得ることが出来ます。

なので、キーワードの要不要は、それが充分活用されているかに重きを置いた方が良いですね。

また、内容が相応しいものではない場合は適宜修正していけばよろしいかと思います。

一般人に理解できるものが、一番理想的です。

知っている人はキーワードなんて読まないでしょうから。