いぬいぬぶろっぐ

09-01-2003 (Mon)

[][][]Springs/MXTV「XEBEC

すいません。今日は体調不良で寝て過ごしました。
もうそろそろ、来年に向けての決意と言うか、何か目標的なものを述べようと思いましたが、疲れているのでやめます(苦笑)。

で、17:30ごろTVをつけ、ザッピングしていると、MXTVの情報番組「XEBEC」、
http://www.mxtv.co.jp/line/index.html
Springsが出演しておりました。
http://www.mxtv.co.jp/line/schedule/index_sep.html

暫く見ない間に顔が引き締まりましたね、特に吉田有希は大人っぽくなりましたね。徐々にだけど伊藤彩華よりも大人っぽくなっちゃった印象。

で、PVみましたけど、イベント会場の映像とアニメの映像を交互に映した内容。これPVなんですかね。

曲は初めて聴きましたが爽やかな印象で結構いい感じ。本人達も「初めてのオリジナルだから気合いが入っている」云々の発言も飛び出す等、やっと本来の得意分野での活動が出来る喜びを感じている様子でしたね。
特にアニメに出演もしている平野綾はCVも披露していましたけど、嬉しそうだったなあ。

[][][]ハロプロDM

青封筒来ましたよ。
予想どおり、新春恒例の中野サンプラザ公演(2003/01/03〜6)(その他大阪、名古屋あり)およびメロン記念日の12月公演などが中心でしたが、いくつか気になるものもありましたね。

Hello! Project Best3
2003年度のハワイ限定盤CDなんだそうです。
プッチベストとは異なる内容で、この春先にリリースされたシングル・アルバムからのセレクションが中心なんですが、それに加えミュージカルや新作童謡や地中海シリーズなど、もう何でもアリという、編者の独断と偏見で選んだマイベスト的な内容となっています(苦笑)。全16曲入り。

安倍なつみオリジナルDVD
カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)オリジナルDVD
例のイベントで販売されていたものと同内容です。
安倍なつみの方は限定2,000枚とのこと、会場で結構売れたのでしょうね。

[][][]水樹奈々3題

イロメロミックスCM
水樹奈々のイロメロミックスのCMは30秒と15秒バージョンがありますが、15秒バージョンには少なくとも2パターンあるんですね〜、知りませんでした。
目分け方は最初の出だしが着メロではじまるか、本人の歌ではじまるかで見分けられます。シーンも細かい部分で違うようです。
この15秒の2パターンを同時に録画したい方は、テレビ東京のハロー!キッズ(月〜金、17:55〜18:00)あるいはセクシー女塾(火〜土、00:50〜01:00)を粘り強く録画し続けると捕獲できるようです。30秒バージョンの日もあるようです。

年末にカウントダウンライブ
を幕張メッセで開催するそうです。
アイドルは年齢的な問題でこれは不可能ですので、うーむ...考えてみてもいいですね。
ホールは二つあって、
http://www.m-messe.co.jp/facility/conference/conv_hall-j.html
もありますけど規模的には、
http://www.m-messe.co.jp/facility/facility_event_hall_j.html
でしょう。
コンサートスタイルの図面はありませんが、@ぴあによると、約7,000席はありそうです。

2003/11/27に3rdアルバム
なんだそうです。ツアー終了後に直ちにレコーディングに入るんだそうです。

[][][][] 今明らかになる「ケチャ」と客パフォーマンスのルーツ

Idol HEADLINEにも参加している二面楚歌に「わんこ☆そば26歳」さんの話題が。
そこで気がついたのですが、彼が興したイベント「 SKiCCO NiGHT ACT.0 」のレポートの「特集3:今明らかになる「ケチャ」と客パフォーマンスのルーツ」がいつの間にか完成されていますね。

ハロプロファンには中々理解出来ないアーティストが続々に出てくるかと思いますが、参考になると思いますよ。

ライブは生き物ですので、その時代やアーティストによって応援スタイルは変化していきます。
PPPHもそう。あの応援スタイルは既におニャン子時代にはあったんじゃないかなあ。ライブビデオとか見る出てくると思います。
これが、そこからPPPHっていう名称で使いだしたのは1990年に入ってからだったかもしれません。当時BBS(パソコン通信のね)が流行し、アイドル関係のBBSも盛んになってきてから、この手の用語が記号化しだして、一般のファンも使用するようになりましたよね。TPDの「HYU2」って番組もありました。あんまし関係ないか。
でもあれは、時代によっては「(名前)HYU!」だったり、今風で言えば「HYU!」は「Oi!」ですね。「オイ!」または「ハイ!」です。

多分に現在の応援スタイルはJリーグの影響もあるでしょう。俺たちは1X人目のモーニング娘。だ!みたいな(笑)。

振りまね客がクローズアップされだしたのは森高千里あたりですかね。行った事無いので話に聞いただけですが...
そんなこと言い出すとピンク・レディーの頃からやってたよ系の方々からご指摘受けそうなので、これくらいにしておきます(笑)。
これは単体アイドルの方がいいですね。松浦亜弥などです。ユニットでもせいぜい3名くらいかなあ。

それと...ああ、これがケチャですか(笑)。
私は主に片手で、大体斜め(右手の場合は右側を前方)になりつつ、後方(左)にやや重心を持っていき、肘から手にかけてスナップを効かせて行います。古いタイプですかね?...ちなみにこの場合サイリウムを持ちません。
ハロプロや声優系はサイリウムを持っての応援が主になりますが、ハロプロ系は応援団(オーバースロー)、声優系はペンを下からクルッと小刻みに数回転した後に、手を伸ばしゆっくり下から上に持ち上げます。全く違いますね。声優系では誰か曲でそういう(下から上に)という振りがあったんですかね?...ちょこっと謎です。

まあ、最近では後ろ向きとか色々荒技があるようですが、腰や背中をやられないように気をつけてお願いしますね。

思い起こせば、1992〜93年頃までは親衛隊がいましたよね。でもそれが無くなり(ネット中心にそれっぽいのはあるみたいですけど)、個人の判断で出来るようになった今の方が楽しいかなって個人的には思いますけどね。
ロングコールについては詳しくはないんですけど、昔のジャニーズ系など、女の子の方が上手い様な気がします。
野郎はせいぜい「L・O ・ V ・ E ラブリー(名前)ぢ〜ゃん 」で充分の様な気がします。大抵の場合ウザいしね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/inuinu/20030901
Connection: close