想像力はベッドルームと路上から RSSフィード Twitter

2015-03-24

蝙蝠の眼光は判例に徹せず 蝙蝠の眼光は判例に徹せずを含むブックマーク

「頭おかしい」という一言で1万円!? 気を付けたい表現。 - コウモリの世界の図解

『「頭おかしい」という一言で一万円』という判例の詳細はここで読むことができます。

8月23日の判決 クレーマーに頭がおかしいと言ったら一万円 | 広尾総合法律事務所

まずもって『「頭おかしい」という一言で一万円』ではないですよね。最初の「頭がおかしい」と、その言葉への抗議に対する「頭がおかしいからしょうがねえじゃねえかよ」という追撃の二言です。この時点ですでに前提が崩れています。警鐘を鳴らすためとはいえ事実誤認を招くような表現はやめたほうが良いと思います。

ではこの中から判決の根拠として挙げられている部分を抜き出してみましょう。

裁判所の判断

警察は,個人の生命,身体及び財産の保護に任じ,犯罪の予防,鎮圧及び捜査,被疑者の逮捕,交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当たることをもってその責務とし(警察法2条),警察官は警察法に規定する個人の生命,身体及び財産の保護,犯罪の予防,公安の維持並びに他の法令の執行等の職権職務を忠実に遂行する義務があるから(警察官職務執行法1条),これらに係る110番等による通報ないし申告に対しては,これを適法,適正に対処すべきであり,その職権職務の遂行において通報者等を侮辱し,その名誉を毀損することがあってはならないことは当然である。

前記認定事実によれば,丁原警部補は,控訴人が放置車両やパイロンを用いた不動産広告が交通の安全を害する危険を生じさせていることなどを申告し,これへの対応を求めたことから,川崎臨港署内において他の警察官をして場所の特定をさせるなどしたが,すぐに撤去等することを繰り返し求める控訴人に対し,国民が出入りし得る同署受付カウンター前において,「あなたは頭がおかしい。」との発言をし,その後控訴人から本件発言をしたことの確認を求められると,「頭がおかしいからしょうがねえじゃねえかよ。」と発言したことが認められる。

この事実によれば,本件発言は,ささいなものあるいは言葉の弾みなどとして看過することができないものであり,控訴人の名誉感情を害するものであって,これにより控訴人が精神的苦痛を受けたものと認めることができるから,本件発言により,被控訴人の公権力の行使に当たる公務員がその職務を行うについて故意によって違法に控訴人に損害を加えたことを認めることができる。

これを読めば分かるとおり、この判決の根拠となっているのは『警察法』と『警察官職務執行法』です。『警察法』は警察の基本的な責務・職務・組織・権限等を規定した法律、『警察官職務執行法』は逮捕や立ち入り、武器の使用といった警察官が職務執行時に必要となる具体的な行為について規定した法律になります(何かとトラブルになりやすい職務質問も『警察官職務執行法』に基づく行為です)。

この二つの法律に基づき、警察官が通報者に「頭おかしい」「頭がおかしいからしょうがねえじゃねえかよ」と言ったことについて“公権力の行使に当たる公務員が職務を行うについて故意によって違法に控訴人に損害を加えたこと”を認めたのがこの判例です。

要するに、ここで“違法”と認定されているのは“警察官が通報者に対して複数回に渡り故意に「頭がおかしい」という侮辱的な言葉を投げつけること”であって“「頭がおかしい」という言葉”あるいは“それを他者に言う行為”それ自体が単純に違法だと認定されているわけではないのです。

さらに、判決の根拠とされている警察法2条と警察官職務執行法1条はともに“警察官の責務・義務を定めるもの”で、警察官ではない人間はこの条文の対象とはなりません。判例は“その行為に対して、どの法の、どの条文に基づいて、どのような判断が下されたか”を基準に考えるものです。従って、警察官のみを対象とする法に基づいて下された判例を根拠に世間一般においてもその行為が違法であると主張するのは単なる誤用です。

このような判例を引くまでもなく“目の前にいる人間に対して何度も「お前は頭がおかしい」と言う行為”が法に触れることは世間一般の常識として広く知られているところです。類似の判例もあるでしょう(探してないので確証はありませんが)。

恐らく“一言だけで”という部分を強調したいがためにわざとこの判例を引いてきたのでしょうが、事の経緯をきちんと読めば分かるとおり“「頭がおかしい」と一言言っただけ”ではありませんし、違法と認定されたのも行為者が警察官だった故の特殊なケースです。

判例はその解釈を巡って専門家の中すら意見が分かれることも珍しくなく、扱いには注意が必要です。いくら自身の主張の裏づけが欲しいからといってもこのように粗雑な扱いをするべきではありません。まして、判決の詳細の確認もしないままスポーツ新聞に載った雑な要約を持ち出して「お前の行為は裁判所が違法だって言ってるぞ!」などと主張するのは自身のリテラシーのなさを露呈するだけの愚かな行為でしょう。

このことは事前に忠告したはずですが、どうやら彼の耳には届かなかったようです。おかげで無駄なエントリを書く羽目になりました。上に出てきた警察官の方の気持ちがわかるような気がします。

言及したことを本気で後悔しております。私が愚かでした。覆水盆に返らず。

2015-03-23

“良いフェミニスト”とは“死んだフェミニスト”のこと “良いフェミニスト”とは“死んだフェミニスト”のことを含むブックマーク

ルミネの件はそもそも動画を見ておらず、その是非に関する話題も(ついでに言うと批判されてるブログも)特に追いかけていなかったので何も書けないんですが、それに関連して気になるコメントを見つけたのでピックアップしてみます。

フェミニストを名乗る割に財政苦しい日本女性学会の会員になってるようでもそこに論文書いてるようでもない人たちを「ネトフェミ」と呼んでます http://togetter.com/li/688408

http://b.hatena.ne.jp/entry/245327714/comment/KoshianX

『ネトフェミ』という用語についてはその起源や用例について詳しくないので上の定義が正しいかどうかの判断はできません。フェミニズム批判の用語としてよく使われる『フェミナチ』の類型で『ネトウヨ』と似たような蔑称なんだろうな、ということが予想できるくらいです。

なので、ここで書かれていることを読んでも「ああこの人は自分の気に食わない人たちにそういうネガティブなレッテルを貼ろうとしてるのね」という程度なんですが、問題はこのあと。

まず、上記のコメントに対してid:saebouさんが疑問(というか皮肉ですねこれは)を挟みます。

id:KoshianXさんの「フェミニスト」の定義が意味不明すぎてすごい。その定義だと女性参政権運動家も女子労働の運動家も芸術家フェミニストにならない。「内村鑑三は教会に行かないからクリスチャンじゃない」みたいな

http://b.hatena.ne.jp/entry/245327714/comment/saebou

それに対する回答がこれ。

まったくその通り。運動家は「左翼活動家」と呼べばいいんですよ。研究をしない人を女性学者を意味する言葉で呼ぶこと自体が誤り。エセ科学と同列です id:saebou/リンクあるんだけどこっちにも http://togetter.com/li/688408

http://b.hatena.ne.jp/entry/245357025/comment/KoshianX

エレノアルーズベルトが聞いたら激怒しそうなコメントだなぁ…」という感想はさておき、いったいいつから“フェミニスト=女性学者を意味する言葉”になったんでしょう?念のため辞書を検索してみます。

デジタル大辞泉の解説

フェミニスト(feminist)

1 男女同権論者。女性解放論者。女権拡張論者。

2 女性を大切に扱う男性。

[補説]英語で2の意は、gallant


大辞林 第三版の解説

フェミニスト(feminist)

1 女性に対する差別や不平等の解消を唱える人。女性解放論者。女権拡張論者。

2 女性を大切に扱う男性。

フェミニスト(フェミニスト)とは - コトバンク

どうやら辞書どおりの意味ではないようです。

で、id:KoshianXさんが貼っていたリンク先のまとめを読むとその論拠らしきものが出てきます。

この“フェミニスト=女性学者を意味する言葉”というのはid:aliliputさん(はてなやってるみたいなのでコールしてみた)の受け売りのようですね。

上の発言を見る限りid:aliliputさんは学術的な価値や態度をかなり重視されているようなのですが、まとめの中にはこの定義の根拠となる文献やそれを主張したフェミニズム研究者の名前は出てきません。過去のtweetブログでも同じです。

そもそもこの方は自分のことを“フェミニストでもリベラルでもない”と紹介しており、プロフを見る限り専門は図書館学フェミニズムを研究しているわけでもなさそうです。信じて大丈夫なんでしょうか。

念のため手持ちの文献やネットの論文等をいくつか調べてみましたが「フェミニストと名乗れるのはフェミニズム研究者だけ!」という主張は見当たりませんでした。本当に大丈夫なんでしょうか。

「日本におけるフェミニズムの大きな役割は終わった!必要になったら呼ぶから目立つ行動などせずにおとなしく研究だけをしていてくれたまえ!」という主張をなさっているように見えますが、これが“マトモなフェミニストの方のための弁護”になるんでしょうか。嫌な予感がしてきました。

なるほど、id:aliliputさんが評価しているのは“学問としてのフェミニズム”であって“社会運動としてのフェミニズム”には価値がない(少なくとも今の日本においては)という認識なわけですね。“理論と実践”を強く意識してきたフェミニストたちに真っ向から喧嘩を売る素敵な主張だと思います。でも“マトモなフェミニスト”には支持されるのでしょうね。頑張ってください。

で、これを鵜呑みにした挙句に拡大解釈するとこうなります↓

ゆのっちの顔が浮かびましたがAAを貼るのは控えます)

とりあえずざっと調べてみた限りでは“フェミニスト=女性学者を意味する言葉”というのはただの“俺定義”のようです。id:KoshianXさんはその“俺定義”に基づいてフェミニストを“本物のフェミニスト”と“偽者のフェミニスト”に分類し、偽者の方を『ネトフェミ』という蔑称で呼んでいるわけですね。で、「表に出てきてるのはだいたい偽物=『ネトフェミ』だ」と。

font-daさんは『ネトフェミ』という言葉について“観客席から「俺が認めてあげる良いフェミニズム」と「悪いフェミニズム」に分断していい気分になっているもので、それこそが批判の対象である”と言っているわけですが、そのブコメでわざわざこんな主張をするのは(馬鹿でないのなら)「俺のことを批判しろ!」と言ってるのと同じでしょう。

少し前に、公的・歴史的・学術的な定義を無視した“俺定義”で「アイヌ民族は存在しない」とぶち上げて炎上した(正確には“今もしている”)地方議員がいましたが、その方の姿が思い浮かびます。

声高に権利を主張することなく体制に従順な姿勢を見せるマイノリティ(例:日系アメリカ人)を“模範的マイノリティ(モデル・マイノリティ)”と呼ぶことがありますが、この概念は社会運動に積極的に参加し現体制への不満を述べるほかのマイノリティ(例:アフリカ系アメリカ人)を抑圧する道具としても使われてきました。上で語られている“本物のフェミニスト”と“偽者のフェミニスト”という分類はまさにその類型です。

フェミニズムは女性が権利を求める運動の中で生まれ、育ち、広まっていきました。学問としてのみ発展していったものではありません。いまなお偏見や抑圧に苦しむ女性が少なくない中でフェミニストに「社会運動を行うな。政治に出てくるな」と言うのは(少なくとも“フェミニストとしては”)「死ね」と言っているのと同じです。

従って、id:KoshianXさんとid:aliliputさんの分類をそのまま受け取るのであれば“良いフェミニスト”とは“死んだフェミニスト”のことになるわけです。

現代においてもこのようなことを臆面もなく言えてしまうのは、お二人の主張に反して“まだまだ啓蒙が必要な証拠”なのではないかと思う次第です。

nisemono_sannisemono_san 2015/03/24 11:07 蛇足ですが、弘文堂から出ている『【縮小版】社会学辞典』平成12年版を参照しますと、以下のような定義になっています(公平に述べておきますと、『【縮小版】社会学辞典』はやや独自定義みたいな特色が強い部分もあるので、そこを引く必要もあるかもしれませんが):

「女性解放思想と訳す。かつては性差別の裏返しである女性尊重思想や女性崇拝と解釈されていたこともあるが, 今日では広く女権拡張主義または女性解放思想と受け取られている。既成のあらゆる思想や学問の「男性中心主義(androcentrism)」の偏向を告発し、文明それ自体の男性支配を指摘するその徹底性で「20世紀最大の思想的事件」とみなされている」

と解説されており、どちらかといえば思想的な側面が重視されているように感じます。

もちろん、「偏向の告発」という部分から運動的な側面もあり、また辞書によれば「婦人参政権の獲得」が、19世紀から20世紀初めのフェミニズム(どうも第1期フェミニズムと呼ぶそうです)の課題であったということが解説されているので、そのように捉えてしまう部分はあるかとは思います。ただ「フェミニズムの研究家」が「フェミニズム」であるという印象は、少なくとも辞書を参考する上においては読み替えすぎではないか、と、両者のやりとりを読んで感じました。

ちなみに、「女性学」の項目も引いてみますと、1960年代の第2期フェミニズム時に発足しており、「過去15年間に多くの女性学研究者が育ち, 歴史の書きかえや文学の読み直し、女性学視点に立った数多くの調査研究などが各分野でつぎつぎに生まれている」と解説されており、フェミニズムの「運動」の成果の一つとして紹介されているような印象を覚えます。こちらはまさに学問的な側面が強調されていますが、フェミニズムが内包する成果の一つと捉えるのが妥当かなというのが、あくまでも辞書からの推測になります。

なので、ファミニズムを学問的側面や運動的側面を強調するのは、確かに「成果・業績」という観点からすると、そうなるのかなとは思いますが、とはいえ、先の辞書の定義を信頼するならば、「学問・運動」を取り出すだけでは、フェミニズムの説明としてはやや不適切というか、矮小化されている感じはしますね。

inumashinumash 2015/03/24 21:26 >nisemono_san

補足、多謝です。

>なので、ファミニズムを学問的側面や運動的側面を強調するのは、確かに「成果・業績」という観点からすると、そうなるのかなとは思いますが、とはいえ、先の辞書の定義を信頼するならば、「学問・運動」を取り出すだけでは、フェミニズムの説明としてはやや不適切というか、矮小化されている感じはしますね。

まあ“全体像”を正確に語ろうとするとそれだけで膨大なボリュームになってしまいますから(それだけ影響力の大きいものだということ)。

少なくとも私自身はフェミニズム全体について正確に語る知識を持っていないことを自覚しており自分はあくまでも概略レベルの理解をしているに過ぎないと思っていますので、言及する場合は慎重になるしもし足りない部分があれば補おうとします。

そういう認識がそもそもなく、あくまでもいち側面に過ぎない“部分”を“全体”であるかのように勘違いしてしまうと今回のような事故が起こるんだろうな、と思いました。

2015-03-20

ドン・キホーテのセクマイ退治 ドン・キホーテのセクマイ退治を含むブックマーク

●「性的マイノリティ団体・個人の圧力」という多分にフィクショナルな理由に基づき、表現行為に対して自粛を迫るという行為がもしもあったとするならば、それは人権を守るためとても大切な、表現の自由を抑圧するものだろうと考えます。

●それはまた、「性的マイノリティ団体・個人」を怪物視・あるいは怪物化し、性に関する差別を助長するものに他なりません。

レインボー・アクション 『境界のないセカイ』発売中止・連載打ち切り問題へのレインボー・アクションの立場表明

さて、この件に関して、堂々と“「性的マイノリティ団体・個人」を怪物視・あるいは怪物化し、性に関する差別を助長する”ことを書いてる人がいます。

少し前なら自主規制厳しすぎるだろって思ったんだろうけど、とある件で性的マイノリティという刃物を振り回すキチガイの存在とそのやり口を体験したのでなんとも言えない。あれが来るなら自主規制したくもなるわな。

少し前なら自主規制厳しすぎるだろって思ったんだろうけど、とある件で性的マイノリティという刃物を振り回すキチガイの存在とそのやり口を体験したのでなんとも言えない。あれが来るなら自主規制したくもなるわな。 - kyoumoe のコメント / はてなブックマーク

要するにホモテロリスト(エコテロリストホモセクシャル版)とかフェミテロリストみたいなのが怖いってことでしょ。

よーくわかりますよ、ええ。

極一部、極々一部、全体の何億分の一とかそのレベルの性的マイノリティとかフェミニストとかって完全にキチガイですからね、死ねばいいと思いますよ、極一部ですけど。

自主規制したくなる気持ちもわかります - 今日も得る物なしZ

id:kyoumoeの言う“とある件”とはこのやり取りに端を発する揉め事のことでしょう。


ノーマルカップリングという呼び方は差別的だとする腐女子の考え方がわからない - 今日も得る物なしZ(※魚拓)

「どこかの同性愛コミュニティから『ノーマルは差別的だ』っていう意見が出てきてるわけじゃなく」? デマを流さないでくださいよid:kyoumoeさん。 - みやきち日記


この件に関して、id:kyoumoeは“ただ訊いただけなのにみやきちから不当な攻撃を受けた”とまるで自身が被害者であるかのような態度をとっていますが、彼の言うことは事実ではありません。そもそもの原因がどこにあるかはid:kyoumoeが書いた最初のエントリ(魚拓)を読めばわかります。問題の箇所を抜き出してみましょう。

どこかの同性愛コミュニティから「ノーマル差別的だ」っていう意見が出てきてるわけじゃなく、いつもの「不快に思う人がいるかもしれない」レベルの話なんでしょ?*1

※1:違ったら教えて下さい

でさー、俺がこの手の話で気になってるのが「お前らのそれは異性愛者からの傲慢さから出てくる感情なんじゃねえの」ってことなんだよ。

言葉の端々から「同性愛者は差別されてかわいそう」っていう強者の意識みたいなのが垣間見れるんだよ。

同性愛が「多数派で普通」ってなんつーの、それは異性愛ノーマルと呼んでる理由と何ら変わりがないと思うんですが。

多数とか普通とかってお前らが問題視してる差別意識の現れなんじゃないの。

この言い分だと異性愛は普通じゃないから異常なんでしょ、はい差別ですね。

俺はこういう「私たちはかわいそうな人に対する差別をしません!」みたいな無意識な差別意識がおかしいっつってんの。

俺はだんだん腐女子が嫌いになってきているけど、その理由は腐女子が書いてる作品の内容ではなく腐女子の異常な立ち振舞いだということをはっきり言っておきたい。

最初に抜き出したセンテンスの段階で止めていたなら“訊いただけ”と言えるでしょう。けれども彼はそこで立ち止まることはせず、「ノーマルカップリングという呼び方は差別的だからやめよう」という腐女子の配慮について“異性愛者からの傲慢さから出てくる感情”“「同性愛者は差別されてかわいそう」っていう強者の意識”“「私たちはかわいそうな人に対する差別をしません!」みたいな無意識な差別意識”などという決め付けをしたうえで、それらを“腐女子の異常な立ち振舞い”と明言し嫌悪の理由にしています。

つまり、セクシャルマイノリティを表現と娯楽的消費の対象としているが故に差別的な用語の使用を控えるよう配慮していることに対して、セクシャルマイノリティではない人間が“「不快に思う人がいるかもしれない」レベルの話”という一方的な予断のもと、それぞれの用語が持つ歴史的な背景や配慮が求められるようになった経緯、その是非を巡って交わされてきた議論等を踏襲することもないまま“異常”だと言っているのです。

まともに文章を読める人であれば、これを「ただ“わからない”と言っただけ」「訊いただけ」などと受け取りはしないでしょう。そう読むにはあまりにも予断や偏見が多すぎます。

そして、その予断や偏見の根拠として持ち出されたのが自身もセクシャルマイノリティであるみやきちさんの書いたテキストです。それも明らかに誤用・曲解される形で使われていました。それに対してみやきちさんが怒ったわけです。なぜなら、彼の主張は腐女子に対する偏見の開陳であるにとどまらず“ノーマル”等の言葉の差別性を訴えてきたセクシャルマイノリティを軽視するものでもあるからです(もちろん彼にその自覚はありません)

読んだ。あきれた。うちのエントリを引用するのはいいんだけど、そこから

これをノーマルに当てはめると「ノーマルを正常だというニュアンスで使い同性愛を否定している人は主観に基づく意見ばかりなので重視しなくていい」ということになりませんかね。 どこかの同性愛コミュニティから「ノーマル差別的だ」っていう意見が出てきてるわけじゃなく、いつもの「不快に思う人がいるかもしれない」レベルの話なんでしょ?*1

今日も得る物なしZ

と言い出すのは牽強附会にもほどがあるし、いち同性愛者として非常に迷惑。

「どこかの同性愛コミュニティから『ノーマルは差別的だ』っていう意見が出てきてるわけじゃなく」? デマを流さないでくださいよid:kyoumoeさん。 - みやきち日記

わたしはわたし自身のために、「自分が過去に書いたものが曲解されて、こともあろうに同性愛者に対する差別的な言辞を正当化するために使用された」ということに対する怒りの告発をしたのです。

「もっと下手に出て、マジョリティの気分を害さないように説明しないと聞いてあげませんよ?」派の皆さまへ - みやきち日記

この怒りと批判は正当なものでしょう。

しかし、こうした批判に対して、id:kyoumoeは自身の言動を省みるどころかみやきちさんに逆ギレし、マイノリティに対する暴言を吐き、挙句の果てに同性愛者に対するヘイト予告まで行います。

こんなこと言われてまでなんで腐女子同性愛の話する必要ねえもんな。

それならもういないものとして処理するよ、それで済むんだったらマジでそうするわ。

存在すら無視すれば誰も傷つかないし住み分けできてよかったですね、そのかわり二度と目の前に姿見せんなよ。

http://kyoumoe.hatenablog.com/entry/20150208/1423403189 - 2015年2月8日 23:50 - ウェブ魚拓

じゃあもう同性愛者もホームレスも社会から抹殺しろよ。排除しろ。消せ。

http://kyoumoe.hatenablog.com/entry/20150209/1423421060 - 2015年2月9日 04:30 - ウェブ魚拓

本当にこの世から同性愛腐女子とホームレスが消え去れば無駄に人が死ぬこともなくなると思いました。

http://kyoumoe.hatenablog.com/entry/20150209/1423421060 - 2015年2月9日 04:30 - ウェブ魚拓

ニコ生同性愛者についてのヘイトを語る可能性があるかもしれないしないかもしれないので罵倒したい人は要チェックですよ

はてなブックマーク - ガムランさんはTwitterを使っています: "ニコ生で同性愛者についてのヘイトを語る可能性があるかもしれないしないかもしれないので罵倒したい人は要チェックですよ"

※当該tweetは削除済

ここまで書けば十分でしょう。要するに、彼は腐女子を批判したいがためにセクシャルマイノリティ差別の問題を持ち出し、無知故にその扱い方を間違えて自爆し、それを批判したみやきちさんのせいにして逆恨みしているだけなのです。彼が多くの人に批判されているのはそのためです。

この件で“性的マイノリティという刃物を振り回すキ●ガイ”なんてものは存在しません。ですが“刃物を振り回すキ●ガイ”と呼ぶに相応しい人物は確かに存在します。

その人物は腐女子を偏見と嫌悪の刃で切りつけ、セクシャルマイノリティを無知と無理解の刃で切りつけ、みやきちさんを逆恨みと暴言の刃で切りつけ、同性愛者やほかのマイノリティをヘイトの刃で切りつけました。おまけに“自分が刃物を振り回している”という自覚もなく、むしろ自分が被害者であると錯覚しています。そして未だに“怪物視・怪物化”という刃でみやきちさんやセクシャルマイノリティの人たちを切りつけ続けているのです。

ドン・キホーテは風車を“巨人”と錯覚して突撃し、無残に敗れます。このエピソードは彼がただの夢想家で突撃した先が風車だったからこそ一種の喜劇としてその滑稽さを笑えるのです。しかし彼が“巨人”と錯覚したのが人形劇をしていたロマの人たちだったらどうでしょうか。そして、それがただの錯覚ではなくロマの人たちに対する偏見や逆恨みによるものだとしたら?それはもう喜劇ではありません。立派なホラーです。

いま見ている光景はまさにそれです。本当に暗澹たる光景です。うんざりします。

2014-08-02

「言葉狩り」とか言ってる人たちはもう少しまじめに考えてみようね 「言葉狩り」とか言ってる人たちはもう少しまじめに考えてみようねを含むブックマーク

はてブで「池沼」と罵るは削除に値する差別的表現でないというのが株式会社はてなの公式見解 - 撫肩い日々

差別用語をどこまで拡大解釈するかという話 - 無要の葉

この件。文章にまとめるのめんどくさいので箇条書き。

まず通報された(であろう)ブコメから。

また見事なパワー系池沼ルックスだな。「おれ、とうちゃん、いうこと、きく」とか言いそう

http://b.hatena.ne.jp/entry/206446073/comment/believemeimaliar

  • 上記ブコメについて、後段の“「おれ、とうちゃん、いうこと、きく」とか言いそう”というコメントから逆算して“池沼”が知的障碍者を意味するネットスラングであることは明らかである。併せて、このコメントが記事中の人物の容姿を揶揄する目的でつけられたものであることも疑う余地はない。
  • 上記の通り、今回は“差別的なネットスラングがその意味/用例通りに使われた”という事例であり、「差別用語をどこまで拡大解釈するか」など考慮する以前の問題である。
  • 通報者は、自身のブログにおいて“池沼”という語句の単純使用を問題視したのではなく“他者の容姿を池沼という差別的な表現を使って揶揄する行為”を問題視し、その対処を依頼したとしている。
  • 当該コメントは、単に“池沼”という差別的な用語を使っただけでなく“他者の容姿を障碍者に例えた上で、障碍ゆえの口調や行動を用いてそれを揶揄する”というものであり、悪質である。
  • 公の場において上記のような行為を行った場合“対象となった人物に対する名誉毀損”および“障碍者に対する差別的意識の発露”と看做され、懲戒解雇等の重い社会的制裁を受ける可能性もある。
  • 上記のような行為を「はてな」において容認するのであれば、それはどのような理由/基準によるものか、また利用規約等との整合性をどうとるのかについて批判も含めて議論されるのは当然である。併せてそれが社会一般の倫理や法規と照らし適正かどうかも議論の余地があろう。
  • 差別的言動について管理者に対処を求める行為”の正当性は、通報者が当事者であるか第三者であるかによって左右されるものではない。無論回数の問題でもない。通報を受けてもなお“当事者同士の問題”にするのはサービスおよびコミュニティの運営者としての責任を放棄するのと同じである。
  • 「言葉狩り」とは“特定の語句について、差別的な意味/用法でない場合も含めて一切の使用を禁止させようとする行為”のことであり、今回問題になっているコメントのような“差別的な意図が明白な事例”について、その対処を求めることは「言葉狩り」に当たらない。
  • 「言葉狩り」に対する批判は“もし差別的な意味でその言葉が使われた場合は許さない”という前提があるからこそ機能するのであって、実際に差別的な意味で使われている事例すらスルーするのであれば、それは単なる差別の容認/追認でしかない。
  • 非表示対応はあくまでも“無用な衝突を回避するためのもの”であり、上記のような問題行動の抑止や改善を求める場合は無意味である。
  • 「まともに対応するのは面倒だから」と問題行動を放置した場合、最終的にその企業/コミュニティがどのような損害を被るかについては浦和レッズの事例等を参照されたし。
  • 「色々と問題があるけどまともに対応するのも面倒くさいから基本放置」という扱いをされているユーザーについても、何かを勘違いしたり調子に乗って一線を越えた場合はしかるべき人間が制止しなければならない。
  • 罵倒芸”が“芸”として成立するのは“超えるべきでない一線”の見極めができている場合のみ。一線を超えたらそれはもう“芸”ではない。
  • 個人的な意見として、上記のような行為は容認し難いし、また「はてな」という会社およびコミュニティにおいても容認されるべきではないと考える。
  • 過去の事例からして「はてな」の対応に大きな期待はしていないが、せめて上記のような問題点を踏まえたうえで今回の判断を下したと思いたい。
  • ここまで噛み砕いてもまだ「言葉狩り」などと言う人間はこの議論に参加すべきではない。

そんじゃーね

kiya2015kiya2015 2014/08/03 10:30 差別語を規制することには賛成ですが、心が傷つくという実際の心理的現象を考えたときに、
「政治的に正しく」「正論で」人を傷つけることは(直接的な差別語を安易に使う以上に)容易であって、
差別語規制に対するリソースの集中はそうした正しい差別、許される差別が隠蔽されることにつながるのではないかという怖さはあります。

kiya2015kiya2015 2014/08/03 17:30 自分は当該レッズサポーターや在特会などカジュアルに差別的発言をする「心が貧しい」人たちもある種の心的障害者だと思っているので、
彼らに必要なのは「まじめに考えてみようね」とか「議論に参加すべきではない」というような政治的に正しい追い込みではなく投薬や治療だと思うんですよね。

kiya2015kiya2015 2014/08/03 17:35 たとえば鬱病のひとに「がんばれ」と励ますことは逆効果にしかならないことがよく知られているのに、
差別発言を繰り返す精神状態のひとに単純に「差別はよくない」と啓蒙をすれば解決に向かうというのはいささか楽天的な考えだと思います。

わわわわわわ 2014/08/03 19:46 こんな単純な話をよくここまで回りくどく書けたもんだ
めんどくさいとかいいつつ余計な煽り文句いちいち挟んでるし
障碍とかどんなアレなのが使う感じなのかと思ってたが、なんか納得だな

miki7435miki7435 2014/08/04 00:24 前述したように無神経で恥知らずで無知蒙昧な人間性の欠如した悪質な差別的な差別主義者レイシストどもには職場や日常茶の単なる過剰なストレスに起因するものだとしても如何なる理由や大義名分があれ、治療や投薬などという安直で差別的な対応をすべきではなくましてや偽善的な建前だけの法的整備或いは法的制裁だけで根本的に解決や解消は決してされないと思う 単なる啓発ではない子供の頃からの人権教育が大切で必要だと思う 彼らには部落解放同盟の糾弾の論理も知らないだろうし、足を踏みつけられて身も心も傷つけられた無辜の人達の痛み、悔しさ、無念が到底分からないし、分かろうともしようとしないからだ 最初から分かってりゃ 勿論差別的言辞はないからね❗ 他には私が子供の頃に見た乞食、いざり、蛇娘や小人プロレス、ダウン症児、オカマ、ゲイの人達のような被差別者はマイノリティかどあたあかは別にして今でも存在していますし、未見ですが、差別を逆手に取った障害者プロレスのような団体やお笑い芸人の方もいます 前記のブロガーの方は彼らを見ただけで心を何ら痛めることもなく思い切り腹の底から大笑いをしたり、公衆の面前で愚弄、侮辱、罵倒出来るのでしょうか?それは一私企業に馘首されるかどうかなどという低レベルな問題ではなくて、極めて基本的な人権上の配慮と人間としての想像力や在り方の問題や意識の問題だと思います 差別と表現との狭間には如何に差別を解体して乗り越えようとしているのかという良心や配慮、気遣い、思い遣りという最低限必要な問題と問題意識が横たわっていると思います 左翼も障害者もスローガンや建前とは無関係にお互いを平気で差別しているという哀しく切ない事実があることも知ってください 私は本来差別を糾弾し、解体する党派から選別排除された経験のある精神障害者として前記のブロガーを糾弾、告発、解体したいと年甲斐もなく、激しい怒りと憤りを覚えました 脈絡のない粗雑な文章ですが岡林信康が歌った手紙とチューリップのアップリケに私の世代の感性と時代の痛みを託して拙文を綴りました❗

miki7435miki7435 2014/08/04 02:27 前記の手紙やチューリップのアップリケなどを含んだ所謂昭和歌謡は表現と差別との狭間で選別排除、封印された歴史でもあります 例えば昭和ブルース 、網走番外地 、イムジン河などに代表、象徴される元受刑者、 民族差別に絡んだ歌で前者は暗過ぎるし、後者は時の政権の所謂政治的配慮に依るものとされています 当時邦画で大ヒットしたパッチギを私は試写会で見ましたが、李灰成の伽椰子 のためにと対比すると極めて認識の甘い表現不足の否めない作品だと思いました 何故なら若い男女が無惨に引き裂かれていく描写に徹底性の違いを感じたからです しかし、以前なら企画はイムジン河を選択し採用した時点で間違いなく通らなかっただろうと思います やはりこれも時代の趨勢かと思いました かつて部落解放同盟が主催した反差別映画祭で劇作家でもある管孝行氏が特別上映されたD・リンチ監督の代表作であり、当時大ヒットした作品でもあるエレファントマンを基調講演で差別的な作品だと断罪したのです ご覧になった方はお分かりでしょうが、主人公はマスクを決して脱いではいけなかったのです 監督の意図的
な 演出や良心とは異なり、マスクを脱いだことによって彼はより見せ物、晒し者になって結果的には不幸おにも涙頂戴的なドラマになってしまったのです 私が若い頃に通いつめた今は廃業、閉館した千葉県浦安のストリップ劇場では女性と縁遠いと思われる車椅子の青年がストリップ劇場で当時全盛だった本番生板ショーには勇気を振り絞って参加した時に 露骨に嫌悪感を顔に表した生板嬢を尻目に 車椅子からステージに押し上げ、無事成功した時に周囲の同じ観客が一切に拍手をしたのを今でも鮮明に覚えています 講演に前後して上映された山田太一氏の車輪の一歩でも障害者の息子に行って来なよと言いながら息子に当時でいうトルコ風呂の料金を手渡すシーンが出て来ました 障害者の性処理に関しては別にセックスボランティアというルポルタージュが出ているので、それを読んでみてください 私がよく乗るバスでも蛇のように醜怪な風貌の中年女性を時々見掛けます 彼女は周囲の奇異なものを見るような視線をどう受け止めているのでしょうか? 私は同情や憐憫ではなく、彼ら周囲の乗客の視線に心が痛みます 彼女が未婚か既婚ならば子供の頃に周囲からどのような処遇を受けて 現在は子供が幾つぐらいなのかと 前記の青年は恐らく障害がある故に女友達もなく年相応の高揚する激しいリビドーの解消をする機会も場所もなかった筈です 私の言いたかったのは容貌或いは風貌、民族、出自、身体及び精神の障害の有無による差別或いは差別的感情の発露、表現の在り方です 何らかの参考になるかと思いながら思い付く儘に列挙しました 差別を考える上で議論を深めてください 宜しくお願いします❗

miki7435miki7435 2014/08/04 05:17 再度差別的言辞を弄する差別排外主義者に真摯な反省と真の謝罪を求めたい 差別は良くないという啓蒙とか精神構造とか治療やら投薬やら真面目に考えようね❗とか議論に参加すべきではないとか正しい差別と許される差別とか議論を回避し
て全面逃亡を図ろうとするのはいかにももっともらしい顔をした最低最悪な差別主義者どもの卑劣極まりない証拠であり、常套手段でしかない 単なる言い訳と言い逃れと強弁と開き直りは醜悪なだけでなく、今更ながら不快極まりない 何ら生産的、発展的、想像的な論理的な展開も出来ず、稚拙なレトリックすら駆使出来ないあなた方差別主義者はとても愚かで憐れで、哀しく切ない もし親、兄弟、係累、友達に被差別対象者がいたら果たして心を痛めることなく、堂々と胸を張って同様の暴言が吐けるのだろうか?まさに人間失格であり、顕著な人間性の欠如と同時に鬼畜の所業であろう 何故殊更さかしらげにレイシストの浦和レッズや明らかな差別排外主義者の在特会を持ち出す必要があるのだろうか?ここにも彼らの激しい悪意を私は感じます 議論はより深めて発展させる為により具体的な論拠を提示しつつ よりフェアーにやりたいと思います 単なる八つ当たりのヘイトスピーチで差別を意図的に拡大しようとしているにしか過ぎない全ての差別排外主義者たちの皆さんへ 今から戦闘開始です ready go!決してビビっりチビらないでくださいね❗あらためて宜しくお願いします

ななしななし 2014/08/04 06:31 http://anond.hatelabo.jp/20140803125318
の件です。

個人的には「きちがい」という言葉そのものには差別的意味は無いよ派で、
inumashさんと同じく用法により適切/不適切があると思っています。
ただ気になった点が2つ。

1つ目は、
>>公開の場で相手の実名や所属先が記載されたアカウントを明示したうえで
>>「キチガイ」と呼んだり書き込んだりするのは明らかな名誉毀損ですよ。

とご自身で仰りながら、顔写真/実名公開していると思しきアカウントに対して
「マジキチですな」と仰った点(不適切として消されたようですがそこについてではありません)。

※当時のスクリーンショット
http://blog-imgs-37-origin.fc2.com/o/m/a/omasoku/eFL8H.jpg
(http://omasoku.blog90.fc2.com/blog-entry-547.html から)

2つ目はこのはてブコメント、

http://b.hatena.ne.jp/entry/213426557/comment/inumash

これ連携外してご自身のツイッターに載らないようにしましたよね。
これはどのような意図があって載せなかったのでしょうか。

ポリティカル・コレクトネスめいたものを持ち出して他人を厳しく批判する割には
ご自身に対してずいぶん寛容ではないでしょうか。

inumashinumash 2014/08/08 23:03 >ななしさん
コメント見逃してましたが答えた方がよさそうなので一応。

1つ目にについては自分のコメントの通り用語の使用として不適切である考えたので削除した次第。ついでに言うと自分はまとめられていた人の言動を評したのであって、人物を“マジキチ”と明示したわけではありません。

2つ目についてはtwitterでの連携を外したのではなく、コメントを書いてる途中で間違ってブックマークしてしまったので、コメントを書き直し、twitterに投稿された中途半端はコメントつきのリンクは削除した、という流れです。

過去いくつかのブクマとtweetを比べれば分かりますが、今回に限らずブクマがtweetされていないことがたまにありますが、ネット上で痕跡が辿れればそれで問題ないと考えてます。

ポリティカル・コレクトネスについては、人間は感情の動物であり、また不完全な生き物であることから、どれだけ注意したとしても100%それに抵触せずに生きて行くことは不可能だと考えています。故に「それを指摘された時、またその後にどうするか」ということを重視しています。

なお、自分は“PCに反したことのないものだけが他者のそれを指摘できる”という価値観には一切賛同しません。

2014-07-18

ドイツ代表の「ガウチョ・ダンス」について ドイツ代表の「ガウチョ・ダンス」についてを含むブックマーク

f:id:inumash:20140718125223j:image

クローゼらドイツ代表選手が優勝祝賀行事でアルゼンチンを侮辱する人種差別パフォを何度も繰り返す…ドイツ紙「呆れ果てた」(画像あり) : footballnet【サッカーまとめ】

お探しのページは見つかりませんでした | サッカーコラム速報でろブロ

W杯制覇のドイツ代表、祝勝の「ガウチョダンス」に頭悩ませる 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

“ドイツ代表が優勝セレモニーで人種差別をやらかした”と話題になっている件について、いろいろと誤解が多いようなので関連動画を中心にまとめてみます(うるさい動画が多いので再生するときはボリュームに注意してください)。

D

中には「モンキー・チャントと同じ」と言ってる人もいますが、そもそもこれを「ガウチョ・ダンス」と呼ぶこと自体ミスリードというか“メディアの罠”だと思うんですよね。なぜならあの“中腰になって歩く”というアクションは“ガウチョ(南米人)を模したもの”ではないから。その証拠にドイツ国内のクラブ同士でも全く同じパフォーマンスが行われています。

D

D

サッカー以外でも・・・

D

(0:50くらいから)

これを見ればはっきりわかると思うんですが、問題となったあのアクションは“ガウチョの真似”ではなく“試合に負けて落ち込んでいる人の真似”です。要するに『試合に負けた(負ける)お前らはしょぼくれて歩くけど、試合に勝った(勝つ)俺たちは大喜びしながら歩くぜ!』っていう意味のパフォーマンスなんです。

なので、あそこでドイツの選手たちが歌っている

So gehn die Gauchos, die Gauchos gehen so,

So gehn die Deutschen , die Deutschen gehen so.

の“Gauchos”と“Deutschen”に別の国や人種を入れてもパフォーマンスとして成立します。もちろん上の動画のようにクラブや都市の名前を入れることもできます(多分そっちの方が元祖だと思います)。

実際にイングランドやスペインをネタに、ドイツサポーターが同じパフォーマンスをしている動画もあります。

D

D

(しかしベロベロだなこの二人…。)

なお、この件を報じているドイツのWelt紙は“2008年のEURO準々決勝でドイツ代表がポルトガル代表に3-2で勝利した際に、スタンドのサポーターとともに歌ったのが始まり”としているそうですが、それ以前からドイツのサポーターはこのパフォーマンスをしています(下の動画は全て2007年のもの)。

D

D

D

さっき貼ったイングランド相手のパフォーマンスも2007年8月に行われた親善試合(2-1でドイツの勝利)後の光景なので、2008年のEURO以前には既にこのパフォーマンスが定着していたと考えて間違いないです。はっきりしたことは言えませんが、恐らくどこかのクラブのファンがやっていたことをほかのクラブのファンが真似をし、さらに代表まで波及してきたタイミングで選手が乗った、というのが実際の経緯ではないかと思います。

実は今回のドイツ代表と同じようなパフォーマンスを、2006年のドイツW杯で優勝したイタリア代表がやっています。

D

ここでガットゥーゾは「跳ばない奴はフランス人だ!」と歌っているのですが、「跳ばない奴は●●(対戦相手やライバルチームのファン)だ!」というのはイタリアのサッカーファンの間で定番となっているチャントなんですね。

『跳ばない奴はユベンティーノユベントスファン)だ!』

D

メロディ(元ネタはイタリア・パルチザンが歌っていた革命歌)なしのバージョンもあります。

D

長友もやってます。

『跳ばない奴は“赤黒(ACミランのファン)”だ!』

D

で、この時は決勝の相手がフランス(ジダンが頭突きした試合)だったから「跳ばない奴はフランス人」なんです。もちろん人種差別的な意味はありません。今回のドイツ代表のパフォーマンスはこれと全く同じ種類のものだと思います。

あとは「ガウチョ」についてですが、アルゼンチンではアメリカにおける「カウボーイ」と同じように“男らしい”“英雄”という肯定的なイメージが付加されている言葉だそうです。日本でいうと「武士(もののふ)」が近いのかなと思います。

言葉のチョイスについての是非はもちろんあると思いますが、ブラジルのコリンチャンスパルメイラスのサポーターが「行け!行け!ガウチョ!」というチャント歌ってる動画を見たこともありますし、少なくとも「ニガー」や「チンク」のような“使ったら一発でアウト”な言葉ではないのでしょう(もしそうならもっと叩かれているはずです)。

そうした部分も含めて、今回のパフォーマンスに人種差別的な意図を見出すのは難しいと思います。

もちろん人種差別でなかったとしても敗者を馬鹿にするパフォーマンスであることは間違いないので、その点の批判はあって良いと思います。ただこういう“煽り・煽られ”もサッカー文化の一部ですし、それは今回馬鹿にされたアルゼンチンのサポーターも良く分っているのではないでしょうか。ライバルであるブラジルの大敗こんな風に煽ってるくらいなので。

ちなみにイングランドではこの手の煽りチャントとして「●●が嫌いなら●●しろ!」というものが定番になっています。

なのでイングランドのサポーターが突然立ち上がったり、

D

座ったり、

D

手を叩いたり、

D

靴を脱いだりしてても、

D

それは“そのチームが嫌いだから”で人種差別的な意図はないので誤解しないであげてくださいね。

D

kiya2015kiya2015 2014/08/04 02:27 その表現が差別的かどうかよりも、その表現でどのくらい他者が傷ついたかどうかのほうが重要だと自分は思うのですが。

pietapieta 2015/01/14 03:11 そ、イジメと一緒で加害者がよく言う
「そう言う意味で言ったんじゃない、やったんじゃない、誤解です」
相手側、または第三者が差別だと判断したんだから仕方ない。