想像力はベッドルームと路上から RSSフィード Twitter

2007-02-06

公園から追い出されたのは「彼等」だけじゃない。 公園から追い出されたのは「彼等」だけじゃない。を含むブックマーク

長居から戻って - Arisanのノート

長居公園、行政代執行 - モジモジ君のブログ。みたいな。

ホームレスは怖いですねえ - 猿゛虎゛日記(ざるどらにっき)

「ホームレス支援」という文脈からは少し別の視点で。

行政側に正当性を与える言説は、「公園は公共の場所であるから、占有することは許されない」というものである。正論と言えば正論だ。

そう、公園は「公共の場所」、即ち「僕達の場所」である。つまり、その形式や用途に関して、「僕達」が決定権を持っている場所だということだ。

では、現在、本当に「僕達の好きに」使える公園が一体どれくらいあると言うのだろう。

例えば多くのパフォーマーがいることで有名な井の頭公園だが、今年からこんな制度が実施されている。

http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/seibuk/inokashira/artmrt.pdf

要するに、「公園で何かパフォーマンスをしたければ許可を取れ」ということらしい。ちなみに年間登録料は12,000円。全額前払い制(ケチ!!)

もし登録料を払いたくなければ、東京都が指定するヘブンアーティストに認定されれば良い。これならば登録は無料で井の頭公園他都内44ヵ所でパフォーマンスができる。但し、東京都による審査に合格しないとこのライセンスは受け取れない。

つまりだ。「僕等の場所」であるはずの井の頭公園で何かを表現したければ、12,000円支払うか、東京都にわざわざお伺いを立てて「貴方は素晴らしいパフォーマーです」という認定を頂かなければならないということだ。

本来「僕達の場所」であるはずの公園を使用するのに、わざわざここまでの手続きを踏まなければならないのは一体何故なのだろう。この制度にすることで、一体誰が幸せになるというのだろうか。少なくとも、「僕」はそんなことは望んでいない。

他にも、「ボールを使ってはいけない公園」や「中で飲み食いをしてはいけない公園」なんかがそこら中にある。まるで使われること自体を拒否しているようだ。

こうして「公共の場所」から人々が排除されていった結果残るのは、きれいに整備されているだけの、何も出来ない、誰もいない空間である。それが本当に「公共の場所」と言えるのだろうか。

件のホームレス排除を、単に「公共空間の占有」という額面通りの言説で受け取ると痛い目を見る。行政側の言う「公共」は、僕等が考える「公共」を意味しない。彼等の言う「公共」は、「自らの管理化にある」ということであり、そこには真の意味での「公共性」、つまり「自主性」や「自己決定」、あるいはそこに至るプロセスは含まれてはいないのだ。

行政側が「公共の場所」と言うとき、それは「権力の所有地である」という言葉と同義であって、「僕等の場所」を意味するものではないのだ。その決定的な差異を、僕等はきちんと認識しておかなければならない。


ちなみに。

今回の件で「アヴァン・ガーデニング」(<アヴァンガーデニング>の項参照)という概念の有効性を強く感じた。

もし長居公園のホームレス達が単にそこに「居住」しているのではなく、土地を耕し、公園を整備する「生産者」「管理者」として振舞っていたとしたら(あるいはその言説がもっと流通していたとしたら)、それこそ「公共の場所」としての公園を問い直す大きな問題提起になったかも知れない。

furukatsufurukatsu 2007/02/06 23:26 このまえ宮下公園での集会の許可を取りにいったら600円とられちゃいました。

とおりすがりとおりすがり 2007/02/07 10:19 まぁ、なんだ
住むところじゃないことだけは確かだから。
彼らは追い出されて当然と思うけどな。

通りかかり通りかかり 2007/02/07 10:52 >公園は「公共の場所」、即ち「僕達の場所」である。つまり、その形式や用途に関して、「僕達」が決定権を持っている場所だ

しかし、「本当に好きに」使ってよいわけではありませんね。
自分のものではないわけです、他人も利用することを考えるのが当然でしょう。他人に迷惑をかけない。それが利用する上での大前提。
「場所を借りている」という謙虚さが必要かと思います。
「借りている」という意識があれば、おのずと利用する際のマナーもわかろうというものでしょうが。。。
守れない人がいるからいろんな規制がかかってるんすよね。。。

公園は、図書館や市民プール、公民館と同じでしょう。
図書館の本を勝手に切り抜いて、注意されると逆切れする輩がいると少し前にニュースになっていましたが、それと大差ないような。

fukafuka 2007/02/07 12:50 ボールを使ってはいけない公園、飲み食いしてはいけない公園、みんなそれぞれにそうなった理由があるでしょう。
日本国籍持って税金払って選挙に行って、その結果選ばれた議員がそのように決めたのであるから、それは間接民主主義のこの日本においては「僕らが決めたこと」と同意になるのでは。
それに異議があるのなら、正当にそれなりの手続きを踏めばよいのであって、それらプロセスを無視して「自分たちにも住む権利があるから追い出すな」と暴力的な反抗をしていい理由にはならないのでは?

nananana 2007/02/07 15:56 ここの動画サイト面白いよ!http://www.ganzis.jp

inumashinumash 2007/02/07 19:03 >furukatsuさん

革命には金がかかるんですよ。だからチョコレートなんぞに1万円も使ってんじゃねぇ!!トラメガはどうしたトラメガはw

inumashinumash 2007/02/07 19:05 >とおりすがりさん

「住むところじゃない」ってのは一体誰が決めたのでしょう?

inumashinumash 2007/02/07 19:21 >通りかかりさん
>しかし、「本当に好きに」使ってよいわけではありませんね。

いいえ?「本当に好きに」使う為に公共の場所は存在するんですよ?その為の場所でしょう。

「他者云々」という話は、まず「自分がどう使いたいか」という欲求があってはじめて成立するはずです。自分がどう使いたいかも分からないのに、「こう使ったら他の人に迷惑がかかる」なんてことを言うのは間抜けもいいところでしょう。

自分の主体もない人間が「他者」のことなんて考えられるわけないでしょうに。「他人」って誰ですか?貴方ですか?

「借りる」なんて意識必要ないですよ。便宜上、行政がそこを管理しているだけであって、「公共の場所」を使用するのに許可も申請も本来はいらないはずです。

そして、「公共の場所」だからこそその用途やルールに関しては「使用者」が決めればいいのです。きちんと協議してね。目的を持った主体同士がその目的を果たす為に協議してその場その場でルールを設定していく。これが本来の「公共性」のはずです。長居のケースでそれはなされていないでしょう。だから行政による「代執行」なんですよ。

主体を持たない人間が、「公共性」を隠れ蓑に自身が抱えている不満の溜飲を下げる。みっともないと思いませんか?

そんなに公園のホームレスが気に食わないなら、直接本人にそう言えばいいじゃないですか。「ここは住むところじゃねぇ!!って。」ルールをつくるのは他の誰かでも行政でもないですよ。「貴方」と「貴方の目の前の他者」です。それを理解せずに「公共性」を語っても格好悪いだけですよ。

inumashinumash 2007/02/07 19:43 >fukaさん

では、行政側の代執行が本当に正当かどうかを判断する必要があります。とすると、

http://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20070206/p1

このように、「正当でないのは行政だ」とも言えるわけですよね?

執行の前にまずはそれを検討するべきだったのに、強制的に執行してしまった行政の落ち度は明確だと僕は思います。プロセスを無視したのはどちらでしょうか。

yellowbellyellowbell 2007/02/08 11:01 ホームレスの居住権・財産権に対する強制執行は「公共の福祉」に拠るわけですから、ここで「公共」の理念をもって特定の誰かの欲望を満たすことの根拠にするのは矛盾だと思いました。

加えて、公共の施設の「公共」とは利用者のみに非ずです。
公共施設には多くの場合、近隣の居住区があるのですから。

yellowbellyellowbell 2007/02/08 11:20 投稿欄を変えて失礼します。こちらは苦言ですので。
>そんなに公園のホームレスが気に食わないなら、直接本人にそう言えばいいじゃないですか。
このお言葉は、ホームレスをヤクザやポン引きやチーマーに換えても成立しなければ、普遍的な規範にはなりえませんよね。
そしてそれをホームレスやその他の「社会のルールとは無縁でいる人々」に対して迷惑だと感じている人々に要求するのは、いささか過大にすぎます。

我々はなんのために不自由な思いをしてまで社会を形成しているのか、そこを考えなくてはいけないと思います。

tasoitasoi 2007/02/08 19:11 横レス失礼します。

>yellowbellさん
基本的な部分は同意です・・・が、
普遍的な規範とまでは行かずとも、その場その場での最適な案というのはあると思います。
ホームレスは、確かに外見上怖くはあるのですが、
社会的な制約から解き放たれた存在としても怖くあるのですが、
それでもチーマーなんかと一緒にしたらだめだと思う・・・です。
だから、自分のバランス感覚では、今回の強制撤去はやりすぎな感じ。

そして、誰とは言いませんが
不法・合法などの正論・法律論を振り回すだけ振り回して、
実際の具体的な落としどころ、現実に濃く関与する施策を1つも練り出せない人達には、ほんとうに辟易します。
ただ単に、「追い出すことが法律上正しい」と信じ込んでいる人へのカウンターだけなら良いのですが
それを錦の御旗にしている人が多すぎる。

ここで出す例えとして、ものすごく悪いのは承知の上で言いますが、
繰り返しますが、例えがヒドイのは自覚の上で言います・・、
保健所の人達に「野良ネコを連れて行かないで!生きる権利があるのよ!」と叫んだり、
「動物愛護条約を知らないのか!」と気色ばんだりするようなものです。

http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20060528/1148817028
ここで言及されていた、

>サヨクの言動が言動として機能しないのはまさに社会の総体を見ればわかることで、
>社会人はそういうのはさりげなく無視する。

という一節を思い出しました。
まさに、“さりげなく無視される”だけの言説とその信奉者たち・・・という構造です。
本当に悲しい。

yellowbellyellowbell 2007/02/08 23:46 コメント欄でtasoiさまにのみ返信する失礼をお許しください。

私はアウトサイダーというくくりで彼らを同列に見ています。
別に危害を加えるとか、怖いとか、そういうことで差が付くものだとも思いません。近隣の人や利用者は、どちらが公園を占拠していても等しく迷惑だと思うのですから。

そのようなアウトサイダーに対し、行政がどう対処するのかということは、場当たり的な方法論でいいとは思いません。
彼らは樹海や原生林で自活しているわけではないのです。
社会の中で、彼らと違ってルールを守り社会を立ち行かせる責任を果たそうとしている人々と同じ空間に存在しているのです。
ヤクザやチーマーならば行政が出てきて当然で、ホームレスならば話し合い共存すべきだという線引きが、私たちのどのような心理的留保から生まれてきているのかを考えれば、今回の争点が見えてくる気がいたします。
(私はそれは、同情であると見ているのですが。)

furukatsufurukatsu 2007/02/09 01:02 トラメガかったよー

inumashinumash 2007/02/09 18:38 >yellowbellさん

tasoiさんのコメントでも指摘されていますが、ホームレスを「社会のルールとは無縁でいる人々」として扱うのは恣意的すぎるのではないでしょうか。

僕は、彼等も「社会のルールの中で生きている」と思っているし、同時に「社会のルールの中で生きているからこそ」ホームレスという状態になっているのだと思います。その視点の違いが彼等の置かれている状況を表してると思うのですが。

また、ホームレスをヤクザやチーマーと同列に語ることが問題なのと同様、そのような「社会のアウトサイダー」に対して「コミュニティの力で何とかしよう」という動きをどう見るんですかね。渋谷のセンター街をパトロールしてる人達とかいますよね?何であれと同じ視線をホームレスに向けられないんですかね。同じでしょ?やってること。

そうやって「ホームレス」を「異物」として排除しようとする視点こそ問題だと思いますけどね。正直、ただの特権意識にしか見えないです。

inumashinumash 2007/02/09 18:40 >tasoiさん

現実的は解決法はたくさん出てますよ。具体的な手当てとともに。それが実行されないのはなんででしょうね?

yellowbellyellowbell 2007/02/10 00:43 事実、社会のルールと無縁でいる人々で、更に言えば、行政の施設への入所を拒んだ人々ですよ。
恣意的とおっしゃりますが、彼らが社会のルールに従おうと考えるのであれば、行政の支援とボランティアと自助によってそれなりの道があると思うのですが、彼らはなぜ公園の野宿にこだわるのでしょう。

おっしゃるとおり、アウトサイダーに対してコミュニティがなんとかしようとしたときに、行政の施設入所には従えず、どこの者ともわからない活動家とともに戦うことは従えるという、その選択にも疑問を呈します。
私は渋谷には行ったことがないので、そのパトロールについては体験的に言及することはできません。不見識で申し訳ありません。
まぜっかえす気はないのですが、いわゆる「自宅警備」とは違う社会的な役割なんですよね。

特権意識とおっしゃいますが、当たり前の人が当たり前に暮らす生活を特権とおっしゃるのでしょうか。
日本国民には世界でも進んだ部類の権利が約束され(その中には生存権も含まれています)、同時に社会に対する義務が課せられています。
権利を享受する以上、そこから自由になるためには、相応の犠牲が必要なのは当然です。生活保護を受けるのもいいです。労働に就けないのも止むを得ない事情があることもあります。
しかし、すべてのしがらみから自由になるには、人のいないところに行くか、甘んじて野良犬のように生きるしかないですし、それが多くの当たり前に生きている人々が彼らと同じように無軌道にならずにすむケジメだと思うのですが。

私も正直に申し上げれば、あなたさまがおっしゃっていることは、ただの同情にすぎず、彼らを救うことにも、世の中をなにがしか良くすることにも繋がらないと思います。
彼らが一日も早く支援施設へ入所し、社会復帰し、私たちの一員に戻ることを望みます。
寄生と共生とは似て非なるものだとケジメなければ、この問題はどこまでも解決せずに残るでしょう。

TGRX2TGRX2 2007/02/10 05:40 はじめまして。いきなりの書き込み、失礼致します。深町氏のところを見てからこっちに来て、彼らを共同体の成員としてみるinumashさんの文章を拝見して共感しました。

yellowbellさんの「行政の言うとおりにしていろ」論は、日本の社会が完璧な社会ならその通りでいいかも知れませんが、先進国とは名ばかりで実態はアジアの後進国でしかない日本では空論なんですよねぇ。

しかも、yellowbellさんのいう「社会のルール」にしても半世紀も前の公共の福祉論そのままで、極めて表面的な理解です。

一応これだけは先進国規格である現憲法の生存権や適正手続の保障などからくる現在のまともなルール理解は、もっと丁寧で人間的です。それに基づいた実際の野宿者追い出しを巡るルール理解は、以下にありますから、読まれておくといいでしょう。

基本は、「自立支援策により他の安定した居住の場所に移転する条件が整わない限り、必要な措置は取れない」ことであって、今回の市の措置は、実態から、「他の安定した住居への移転条件が整った」と言うには難しいものだったと思いますよ。

http://www.janjan.jp/living/0701/0701117897/1.php

 TGRX2 TGRX2 2007/02/10 06:01 追加です。

それと、yellowbell氏が野宿している彼らを「寄生」というのは、あまりにひどすぎます。

彼らは、選挙権など国民や人間であれば当然持つはずの最も基本的な権利の行使すら許されず、あらゆる市民サービスからの枠外にいます。襲撃すら日常的に受け、真冬にテントを奪われれば、即、死に直結しかねない環境です。実態は、彼らは社会により疎外されこそすれ、社会から何も得ていません。

むしろ、寄生という言葉は、多額の補助金税金を食いつぶして豪邸に住んでいる公共事業の受益者などに言う言葉でしょうね。勿論、そのなかにはそのフィクサー業を代々家業にして「政治家」と名乗っている一群も含まれる訳ですが。嘆かわしいことに、特に最近は、この国ではそういう家業をしてないと首相にはなれないようですが。(笑)

かように社会に寄生している人が大きな顔をしているのが、今の社会の実態なんですよ。ケジメにしても、まずはそこからでありましょう。

そもそも、人間は存在する以上、私有地か公用地かのいずれかの土地の上で寝ます。私有地で寝るのを断られたら、公用地に寝る以外ありません。それを寄生とはいいません。寝る場所のない国民に、公用地で寝るなとは言えないでしょう?海で寝ろとでも言うんですか?(笑)

tasoitasoi 2007/02/10 06:10 れ、レスを続けちゃってもいいのかしら?!
もし空気読めてなくてお邪魔ならスルーしてください。・゜・(ノД`)・゜・。

法律・本質・人権的な文脈を重視しているのがinumashさんで、
(汚い意味を含むこともある)現実論・妥協的アプローチを重視しているのがyellowbellさん、という印象を受けました。

yellowbellさんの
>我々はなんのために不自由な思いをしてまで社会を形成しているのか、そこを考えなくてはいけないと思います。
この部分、ぐさりと重たいです。
露悪的だと思うけど、悔しいけど、認めざるを得ない部分が多いにあると思う。

一方で、人権や本質論的・倫理的な思考土台から出てくる、
inumashさんの「安易な排除に恐怖感を覚える」「きれいでからっぽの公園、のような本末転倒化に違和感を覚える」ような感覚も、
ものすごく大事なものだと思う。

前のレスでTasoは、「正論・法律論を振り回すだけ振り回して・・」のくだりで、
“後者の、[inumashさんの重視しているような感覚]だけをさらに極端に肥大させたタイプ”を揶揄しました。

その一方で、いま、
失礼かもしれないけど、yellowbellさんに対して
“前者の[合理的・構造的な感覚]だけを肥大させたタイプ”の気配を・・・すごく感じてしまってます。
>寄生と共生とは似て非なるものだとケジメなければ
という言い回しや
>当たり前の人が当たり前に暮らす生活
と、『当たり前』を多少の留保すら無しに用いるところとか。

あと、これもなんか怖いです↓
>彼らが一日も早く支援施設へ入所し、社会復帰し、私たちの一員に戻ることを望みます。
就職率が100%にはなれない以上、どうにか努力して『私たちの一員(!)に戻』ったところで、必ずどこかで職からこぼれる人が出ます。
(次のホームレスはyellowbellさんかもしれないデス・・・。)
全部が全部そういう要因でのホームレスとは限らないし、事情は様々だけど・・。

とまあ、なんだか長く書いてて凄く混乱してきました。

変なレスでエントリー汚しすみません(汗汗汗

tasoitasoi 2007/02/10 06:22 「強くなくては生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない」
という言葉があるのを思い出しました。

あやふやでほんとゴメンナサイ、
今ちょうど、その言葉のような感覚です。

強い=合理的・妥協的・実質的な感覚
=yellowbellさんが重視しているような考え方。

優しい=人権的・倫理的な感覚
=inumashさんが重視しているような考え方。

どっちも兼ね備えたうえで、
あちらを立てればこちらが立たずって感じの現実に苦慮しながら、
それでも泥臭い歩みをやめません・・的なのが理想像です。・゜・(ノД`)・゜・。

ずいぶん、てきとーおおざっぱで、スマセーン
見当違いだったら華麗にスルーしてください

樹海|| c(^ω^;)つ≡ ブーン

yellowbellyellowbell 2007/02/10 11:08 多少論点が錯綜してきた感もありますし、なにより私の不寛容な部分が露見してきたこともありますね。
いくつか反論をしながら、自説を謹んで自省してみます。

>「行政の言うとおりにしていろ」論
極論にまとめていただいてるようです。
「行政」が「公共」の機関である以上、それにある程度の信頼を置くのは当然です。
私の「公共の福祉」論解釈が古いと言われても「今度公園を改修するから他所へ移ってくれ。場所はここだ」と言われて「イヤだ!闘争する!」という理由にはなりません。
ただ、奈何せん彼らにはそのままの現状では発言権もないのですね。そこを思うと、さすがの私も考えてしまいますが。

>寄生
社会に属することなく社会の作り出す果実に取り付いている人々を寄生と言うのは間違いではないと思います。
別に無職でもなんでもいいのですが、社会的な関わりを否定しながら、肝心なところだけ寛容を求めるのは虫がいいという話です。
野宿するしかないのならば、公園が邪魔だと言われたら、他所に移るしかないでしょう。だからこそ、私たちは定住の地を確保したいと願うのであって。

公共事業云々については、私の言う社会への寄生とは違う主旨なので、深追いはいたしません。彼らは社会悪ですが、最低限社会的な参加はしているわけですから。

しかしながら、「ホームレスは社会に寄生している以上、野良犬のように扱われて当然だ」とする私の主張は確かに不寛容で多分に全体主義的トーンを含んでいると自省しています。
TGRX2さまには反省を促すためにありがたいコメントを頂戴しました。
「優しさと厳しさのバランス」という主旨のtasoiさまの結論に私も寄り添いつつ、お目汚しをいたしましたことをinumashさまにお詫びします。

>tasoiさま
>次のホームレスはyellowbellさんかもしれないデス・・・
万一夢破れて野宿者になった場合は、行政の支援策にしたがって社会復帰を目指しますので、今回の彼らのようにはならないつもりです。ありがとうございました。

inumashinumash 2007/02/13 18:53 皆様ごめんなさい。3連休ずっとオフラインだったもので、コメント欄放置状態でした。

最後に個人的な結論を言わせて頂くなら、「ホームレス」に対して何かを要求するのであれば、まずは彼等を我々のコミュニティの成員として認める必要があると考えます。

彼等は言うまでも無く「社会の一部」です。我々のコミュニティの一部であると同時に、彼等も「消費」をし、「消費税」という形で(わずかですが)社会への資本の還元もしている。

また、廃棄物を再収集し消費しているのも彼等わけで、彼等は「社会の環」の一部なわけです。それを無視して「寄生」と称するのは想像力不足ではないでしょうか。

これは社会機能や規範の問題ではありません。認識の問題です。その認識こそがこの問題がこじれる要因なのだと思います。

munomunomunomuno 2007/11/18 16:16 yellowbellさん:

>しかしながら、「ホームレスは社会に寄生している以上、野良犬のように扱われて当然だ」とする私の主張は確かに不寛容で多分に全体主義的トーンを含んでいると自省しています。

ナチスはホームレス(失業者)を手厚く保護しましたよ。
ということで別に「全体主義的トーン」は感じられません。
むしろ全体主義以下と言ったほうがふさわしいですねw