想像力はベッドルームと路上から RSSフィード Twitter

2007-05-11

「ファッション」と「おたく趣味」 「ファッション」と「おたく趣味」を含むブックマーク

世界のはて

ファッションの真理 - pal-9999の日記

ふむ。

よくわかんないけど、「今、女の子にもてるアニメ・マンガはこれだ!!」みたいな特集があって、[これはひどい]タグをつける奴がいたらそいつはツンデレって解釈でOK?

で、もしその特集の批判があったら、『オタクは他人の趣味にケチをつけるのは大好きだが、自分の趣味にケチをつけられるのは大嫌い』って答えておけばOK?

ジェンダーとか関係なく、「自分の知らない文化に対する態度」の問題だと思うんだけどな。

これってさ、アニメとかマンガってだけで「オタクっぽ〜い!!キモーイ!!」って言ってるのと同じだと思うんだけどね。

それをやられて嫌だったから、「どれだけアニメ・マンガが素晴らしいか」を語ってきたんじゃないのかね。「これは特別なんだ」って。なぜ同じことをするかね。

ねえMasaoさん。「ゲーセンで必死にスコア競ってる奴なんてダサいよね。どうせモテないのに。」って言われたらどうよ?

僕は「音楽なんてどうせモテる為に聞くんでしょ。」とか言う奴がいたら拉致監禁して一日中ナパーム・デスとかアタリ・ティーンエイジ・ライオットとかをエンドレスで聞かせるぞ。あと地味にオウテカとか。もちろん、外界からの光を完全に遮断してね。

いいのかな?それで。

つまんね〜の。

ohnosakikoohnosakiko 2007/05/12 16:55 Masaoさんとこで記事タイトルを引用された大野です。

>ジェンダーとか関係なく、「自分の知らない文化に対する態度」の問題だと思うんだけどな。

それはちょっと違うでしょう。「ファッションって面白いじゃん。知らないだけでしょ」という問題ではなく、この議論は、palさんのところで最初に取り上げられた時から、一貫してジェンダーの問題です。

「つまんね〜の」と思われるのはジェンダー観点から(のみ)語られることに対してでしょうが、ファッションが文化であり知的ゲームでありアートであり個人的趣味嗜好でありさまざまなジャンルに関わる媒体であり、etc‥‥あと何でもいいです、「どれだけファッションが素晴らしいか」についてをかりに云々しても、今回の議論の核心には触れ得ないです。
核心はあくまで、さまざまなファッションを選んで着ている人に注がれる眼差しに、ジェンダーはどう構造化されているか(またそれが個人にどのようにフィードバックされるのか、意識するにせよしないにせよ)ということです。

Masaoさんの記事は「はてなツンデレgirl」など言い方にやや逆撫で感があるものの、書いてあることは極めて当たり前のことだと思います。その認識の上で、異性愛体制の中のジェンダー視線に、どう抵抗するかとか、どう解放されたいとか、脱構築していくかとかは、先の問題としてあるんでしょうけどね。
とりあえず、「みんなモテるためにファッション選んでるだけ」といった単純なことではないと思いますよ。事態はもっと混み入っています。
一連の議論を読んで私はそう理解してますが。