想像力はベッドルームと路上から RSSフィード Twitter

2008-07-14

馬鹿なクレーマーは他の客を不幸にする。 馬鹿なクレーマーは他の客を不幸にする。を含むブックマーク

f:id:inumash:20080714223221j:image

昨日、祖父の一周忌から帰る途中に『Hot Fuzz』を観てきた。渋谷シネマGAGA!の15:25からの回。そこでの出来事。


実はこの回の上映中、完全に音声が消えるトラブルがあった。音声が消えていたのは、主人公と相棒がポリスアクションもののDVDを眺めながら一夜を明かすシーン。時間にして約5分ほど。

唐突に消えたので一瞬「そういう演出なのか」とも思ったけど、字幕が普通に出てていたのでおかしいことに気がついた。観客数人がフロントに連絡して無事音声が復活したんだけど、結局また5分ほどして中断→音声消えたところから再開、という流れになった。

中断してから再開までしばらく時間がかかりそうだったので飲み物でも買おうと思って客席から出たら、下のロビーからからもの凄い怒鳴り声が聞こえてきた。

ロビーに降りてみると、キャスケットみたいな帽子を被ったおっさん(30代くらい、かな)が、フロントの女の子に罵声を浴びせていた。曰く『映画館がまともに映画を上映できないなんてふざけてる!』『客を馬鹿にしているのか!全額払い戻しろ!』とのこと。

怒鳴られていたスタッフの子は『誠に申し訳御座いません。上映終了後にご対応致しますので…。』ととても丁寧に対応していたのに、そのおっさんは全く聞く耳を持たずただひたすら怒鳴るだけ。最後は被っていた帽子を上島竜平ばりに叩きつけて、『絶対払い戻しにしろよ!』と怒鳴って客席に戻っていった…と思ったらまたすぐに現れて、『観客全員に払い戻ししろよ!』と余計な念押しまでしていった。


物凄く不快な光景だった。一瞬、自分が映画館にいて『Hot Fuzz』を観ている途中なのを忘れてしまうくらいのインパクト。

まあ言ってることそのものは真っ当だと思うけど、何故あそこまで激昂しているのか僕にはさっぱり分からなかった。楽しみにしていた映画が途中で中断されたりしたら誰だって残念に思うだろうし、文句のひとつも言いたくなる気持ちは分かるが、あの激昂っぷりは尋常じゃない。

相手の言うことを聞かず、ただただ一方的に自己の主張をまくし立てる。しかも、理屈を重ねるのではなく暴力的な言葉と感情をそのままぶつけ相手を萎縮させる。相手に落ち度があるのだからその効果は一層高まる。チンピラのやり口と同じ。あれじゃあどんなに真っ当な事を言っていても、その言葉を額面通り受け取ることなんてできなくなる。

そして何より、その罵声が向けられている以外の人達にまで多大な不快感を振りまく。無関係とはいえ、人が怒鳴られているのを見て気分が良くなる人なんてほとんどいないだろう。しかもここは映画館だ。そして観に来てるのは『Hot Fuzz』。最高の爽快感を味わうために来ているのであって、誰かが理不尽に怒鳴られるような不快な光景を観に来ているわけじゃない。

そりゃあのおっさんは満足だろうさ。自分が受けるべき最高のサービス(映画)が劇場の不手際により棄損されて、その不快感を相手や他の客の感情を気にすること無くぶちまけたんだから。乳児が排泄を我慢することがないのと一緒。さぞ気持ちが良いことでしょうよ。

でも、罵声を浴びせられたフロントの女の子はもちろん、偶然その光景見てしまった僕を含むほかの客も、そこで無自覚に振りまかれた怒りや悪意の影響をもろに受ける。乳児に排泄物をひっかけられるのならまだ我慢できるが、相手はおっさんだ。いい歳こいた馬鹿が自分の不快感を解消するために取った行動で、何故無関係の僕が逆に不快感を味合わなきゃならないんだろう?この理不尽さは一体何だ?

しかも、僕が何よりも不快に思ったのが、おっさんが最後に『観客全員に払い戻ししろよ!』と他の客まで巻き込んだ要求をしたこと。まるで『自分は決して個人的な感情で怒鳴ったわけではない。他の観客も含めた“正当な要求”をしただけだ』とでも言うみたいに。

そりゃ劇場としては当然の対応だろう。淀みなく上映されることが前提の映画を途中で止めちまったんだから。しかし、あのおっさんがそれを主張するのは納得できない。散々怒鳴り散らして他の客に不快感を振りまいた挙句、その人達を自分の行為を正当化するために利用してるんだぜ?完全な下種のやり口だろう。結局、劇場側は払い戻しをしていたけど、あのおっさんに同調するのは絶対に嫌だったから僕は払い戻しはしなかった。


そのときロビーにいた他の人達がどう思ったかは知らないが、少なくとも僕はその不快感から再開後もなかなか映画に入り込めなかった。おかげで主人公が“覚醒”するまでのストーリーの転換部分を良く覚えていない。

幸い、僕の不快感に映画の魅力が勝ってくれたおかげで、ラストの最高のアクションシーンまでには“戻ってこれた”から良かったけど、もしこれが『Hot Fuzz』みたいな最高の映画じゃなかったら、あるいは“馬鹿アクションもの”じゃなくて恋愛ものとかドキュメンタリーとかだったら、多分陰惨な感情のまま劇場を出る事になっていたと思う。


今回の件で思い知ったのは、馬鹿なクレーマーが不幸にするのはクレームの対象となるサービス提供者だけじゃないってこと。クレームの現場を目撃してしまった無関係の客にまでその不快感は伝播するし、理不尽なクレームに晒されたサービス提供者を媒介に、不快感が再生産されることだって十分考えられる。

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 20:48:17.68 ID:EiSzf5Xg0

>>114が一番真理に近いね。

モンペは条件付で納得。


「いいところ→伸びたところ」を明記して欲しい、という訴えまで

具体化して話し合いは終了。


ただ、後日子どもは教師に「ごめんなさい、お母さんがひどいこと言って」と

泣きながら謝ったり、学校を休みがちになっちゃったり。

学期末の振り返りシート(名称はこんな風になりました)は概ね好評だったが、

他の保護者から学校には「何でこんなものをやりはじめたのか?」問い合わせ。


答えられん。


他の教師から俺には「めんどくせ。テメー仕事増やしてんじゃねぇ」と雷。

そのモンペに対応した教師も同じような嫌味を周りから言われ、結局退職。


他のバカ教師がその子の担任になったんだが、

その子に「お前とお前のカーチャンのせい」と言ったとか言わないとか。

あとは分かるな?


モンスターペアレントの相手してたけど何か質問ある?【働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww】

こういうことが起こるのも不思議じゃない。


『Hot Fuzz』が、それこそ涙を流しながら爆笑するくらい最高の映画だっただけに、今回の体験は本当に残念だ。近いうちにもう一回観にいくつもりだけど、さすがに同じ体験をすることはないと思いたい。

ああいう馬鹿なクレーマーは、空から先の尖った岩が落ちてきて“事故死”しちまえばいいのにね。

f:id:inumash:20080714223220j:image

そうそう。ちょうどこんな感じで。

passengerpassenger 2008/07/15 00:19 全く別の話だけど、恵比寿ガーデンプレイスの映画館で、字幕が右端に出る映画をみたときのこと。私の関が右端で、字幕がカーテンに隠れて全く読めない。
映画が終わった後に文句を言ったんだけど、「字幕は全席で読めるはずです」の一点張り。読めなかったから文句言ったんだけど。連れがいたので、あまりしつこくしなかったけど、あそこの映画館には二度と行かないと思った。
クレームと言っても本人には許せないものだったり、なかなか一口にはくくれないものがあると思う。

tamatama 2008/07/15 00:31 >まあ言ってることそのものは真っ当だと思うけど、
>そりゃ劇場としては当然の対応だろう。
「5分の音声中断に対して全額払い戻し」を「真っ当」とか「当然の対応」と
言うあなたにも不快感を禁じ得ません。

inumashinumash 2008/07/15 00:46 >passengerさん

ガーデンプレイスにはあんまし行かないんですが、そんなことがあったんですね。今もそのままなのかな?

僕もクレーム行為を一様に否定するつもりは無いですし、サービス提供側に問題があるケースもあるので、ひとつひとつ判断するしかない、というのは自明だと思います。

ただ、そのクレームの方法として、『相手の状況も聞かず一方的に怒鳴りつける』というのは、単なる感情の発露にしても、あるいは交渉術としても、よほど特殊な事情が無い限り受け入れられないと思います。

クレームを言う側も、その方法をきちんと検討する必要がありますし、その選択を間違えると伝わるものも伝わらなくなってしまいますから。

inumashinumash 2008/07/15 00:54 >tamaさん

そうですか?劇場側のトラブルで映画が中断されたのは事実だし、それによって映画そのものの価値が棄損されたのは明らかだと思いますけど。

僕はあの程度で払い戻しさせる必要は無いと思いますが、逆にそれを求める人がいるのも理解できます。で、あくまで劇場側の不備が原因なんだから、払い戻しを求める人に対応するのは別におかしい話じゃない。

もちろんそれがなされなくても文句言ったりするつもりはありませんが、逆にそれをやってくれたら劇場側の株は上がると思いますけどねぇ。

ちなみに、渋谷シネマGAGA!は他では公開していないアメリカのコメディ映画なんかをよく公開してくれているので個人的なお気に入りです。今まで特に不快な思いをした経験も特にないんですし、もし例のクレーマーを目撃してなかったら、多分払い戻しに応じてもう一回観たと思いますよ。

KINDKIND 2008/07/15 00:56  いますねえそういう「1の不快感に9のストレス発散を詰め込んで発射する」タイプ。。。

 で、爆発させてしばらくして「これって大人げない」と気づくけど、もう引き返せないので正当化に走るしかない。んで、今回の場合の正当化は「他の人のやつも払い戻せ」と。ある意味で典型的な客ですが、典型的な事故だからといって被害が浅いわけではない。お疲れさまです。。。

typewhitetypewhite 2008/07/15 09:39 >tamaさん
おそらく、映画館ではこの場合クレームがなくても払い戻しをしていたと思います。

上映中に1分間だけ照明が明るくなってしまったり、音声が出ないシーンがあったり、途中で何らかのミスがあった場合には、大抵払い戻しは行われます。
観客側は、別にこんなのいいのになぁと思いながら受け取っていることが多いですが。

なので、別に当然のものとして要求はしないけども、その対応自体は割りと当たり前だというのが実際のところです。

dekoponn33dekoponn33 2008/07/15 09:56 最近はクレームとクレームと言う形を借りた犯罪(威力業務妨害罪や恐喝罪)の見極めが難しいですね。
ゴリ押しが通ると味をしめてエスカレートしたり、自慢のように話す・ネットに書き込む人が居るので連鎖反応のように増えるのかな?
モンスター○○の一種でしょうか?

trshugutrshugu 2008/07/15 11:30 >そして何より、

ここから話がずれた。

その言葉を額面通り受け取ることなんてできなくなるっていうあたりにオッサンの隙がありそうですな。

ますだますだ 2008/07/15 11:57 >ああいう馬鹿なクレーマーは、空から先の尖った岩が落ちてきて“事故死”しちまえばいいのにね。

↑こういうのも不快な人にとっては不快。

結局、自分が気に入るか気にいらないかだけ。
「オッサンの行動が気に入らない」ということを、さも全員の主張のように言ってる時点で、
オッサンのやってることと何ら変わらない。

そのオッサンの行動に、激しく同意する奴もいただろうし。

sagesage 2008/07/15 15:36 以前勤めていた会社では、工場の実質的責任者が、なんどもなんども田舎からわざわざ本社の設計に直接怒鳴り込んできていろいろと改善を求めたものだ。

そのとき、その問題とは直接関係のない他の案件に手をつけている俺や俺の直属の先輩はうるせーオヤジだなとっとと帰れよとか思ってた。先輩はもっとあからさまで、その責任者がいなくなるとウゼェとばかりに壁を殴ってた。

自分らはそういう風に思っていたが、定年マジかの本社の試作のおじさんたちも、同じような気持ちだったらしく、試作を確認しにいくときまって似たようなことをボソボソとつぶやいてた。

その後会社は、業績が悪化し、潰れる前に解散して取締役だけ逃げ切った。

怒鳴るっていうサインがどんだけのものか。
オッサンの行動を無視したあげぐ、好みの映画館がひとつ消えたらどうすんのこのばか。

inumashinumash 2008/07/15 21:01 >KINDさん

僕は別に疲れてないですけどねw

クレーム処理する側から言うと、あの手の「激昂型」って嵐と一緒でしばらく頭下げてればどこかに行ってくれるだけまだいいんですけど、そこに「粘着」とか「訴訟」が加わるとそのダメージは計り知れないものになります。

inumashinumash 2008/07/15 21:20 >dekoponn33さん

フォローサンクスです!

>trshuguさん

別にずれてないというか、個人的な不快感のポイントと構造を並べただけなので。おっさんの主張の隙とかは、割とどうでもいいのです。

彼が自分の不快感を解消させるためにとった行動が、他者の不快感を拡大再生産させることにしかなっていないってところが問題なわけで。

inumashinumash 2008/07/15 21:22 >ますださん

アレを「ネタ」だと分からないってことは、観てないんですね『Hot Fuzz』。

いやー勿体無い。こんなクソブログにクソみたいなコメントしてる暇があったら、今すぐ観にいった方がいいと思いますよ!人生損してます!

inumashinumash 2008/07/15 21:30 >sageさん

そりゃ怒鳴っていたオヤジにまともに対応しなかった他の社員が悪いんですかね?

僕は、それだけ重要な事項を「怒鳴る」という他者が咀嚼しづらいフォーマットでしか提示しなかったオヤジの方にも大きな問題があると思いますけど。大事なことだからこそ、他者ができるだけ咀嚼しやすい形で提示する必要があるんじゃないですかね。

その会社が潰れたのは「社内のコミュニケーションが円滑でなかったから」であって、「怒鳴るオヤジを無視したから」じゃないですよ。むしろ、オヤジは社内のコミュニケーションを阻害する原因ですらあると思いますが。

怒鳴るおっさんを放置したあげく、他の客に敬遠されてお気に入りの映画館が潰れたらどうするんですかこのあほ。

何より僕が不快なんですこのぼけ。

えーとえーと 2008/07/19 21:38 怒鳴ったオッサンの心理をあえて弁護するけど、俺自身の経験からしても大きい声を出さないと平気でユーザーに不利益を被らせてフォローを拒否する会社や店は決して少なくない。そういう経験を積み重ねていると、前段の穏やかなやりとりをすっ飛ばして最初から大きな声を出して話を早くしようという心理は決して理解不能ではない。モンスターペアレントの話に仮託するならば、同時にモンスターティーチャーの存在を無視するべきではないということ。日本社会は黙っている人間があまりに損をしがちな社会なのです。

yamazakurayamazakura 2008/07/20 21:49 お邪魔します。
>えーとさま
分かるんですけど、でもその「前段」は絶対に外してはいけないと思います。
というのも「最初から大きな声を出して」しまった相手が、もしかしたら誠実に対応してくれるタイプの人だったというのは往々にあるわけで、そこを見極めるために「前段」は絶対必要かと。
つまりモンスターペアレントは、相手がモンスターティーチャーかどうかを見極めてから怒鳴るべきで、そうでないと結局「損をしがちな」人間が増えてしまうってことです。
もちろんベタにおっさんを擁護してるのではないことは分かるのですが、ではどうすべきなのか、という点はお聞きしたいです。

inumashinumash 2008/07/20 22:18 >えーとさん

もちろん、その辺の背景は認識してますよ。その上で僕は彼のやり方を否定しているんです。

>大きい声を出さないと平気でユーザーに不利益を被らせてフォローを拒否する会社や店は決して少なくない。そういう経験を積み重ねていると、前段の穏やかなやりとりをすっ飛ばして最初から大きな声を出して話を早くしようという心理は決して理解不能ではない。

これを繰り返したらサービス提供側がはどうなります?「怒鳴られなければクレームとは見なさない」か、「クレーム=怒鳴られるのだから、クレームが起こりようがないくらいルールでかんじがらめにしてしまえ!」となると思いますが。

僕は別に「黙ってろ!」と言っているわけではありません。

『相手に要求をするのなら、それ相応のやり方があるだろう。そしてそれは、直情的に怒鳴る、という方法なんですか?違うでしょ?』

と言ってるわけですよ。

「黙る」の対義語は「怒鳴る」ではないですよね?何故その間のプロセスをすっ飛ばして良い事になるのですか?少しのミスや落ち度でいきなり怒鳴られるような社会をお望みですか?という話なんです。

inumashinumash 2008/07/20 22:33 >yamazakuraさん
いらっさいませー。

僕も、「モンスター同士の食い合い」なら勝手にやってればいいと思いますよ。もちろん、周囲に被害が及ばないことが前提ですけど。

ただ、そんな状況滅多に無いわけですし、そもそも「誰がモンスターか」なんて分からないわけです。

僕は「不信感をベースにする社会」より「信頼をベースにする社会」に住みたいと思ってます。だからこそ、「モンスター」という潜在的脅威を牽制するためにあえて感情のタガを外す、というえーとさんの意見は肯定できない、と思っています。

えーとえーと 2008/07/21 06:36 レスどうもです。「あえて弁護する」と申し上げたとおり、エントリーの趣旨には基本的に賛成なんです。そのうえで現実において個々のシチュエーションに突き当たったとき、自らを律し感情を制御できない(しない)人は決して少数派ではなくて、じつは多くのばあいそうした人々が得をしがちな日本社会のありかたについて言及しておきたかったのです。お前ならどう対処するのかという点に関して申し上げると、おそらく私なら理詰めで説明を求めて、もし相手がモンスターだったならば粘着力で勝負です。では果たしてオッサンにそうした交渉力を期待できるのか。彼には怒鳴る以外の方法が無かったのではないか。と、「あえて」弁護した次第です。

inumashinumash 2008/07/21 23:29 >えーとさん

了解です。仰るとおり、黙することを美徳とする性質が逆用される傾向は社会全体に見られる傾向ではあると思います。

ただ、現在はまだ過渡期にあって、今後、そのバランスは是正されていくんじゃないのかな、と思います。

貴方のここでの発言の方が問題。貴方のここでの発言の方が問題。 2012/07/13 18:07 そうですか?
私なら不快に思いませんけど。
映画が途切れるなんて、あり得ないもの。
また、個人の感情や表現は自由ですよ。
貴方が何を思うか自由なように、貴方が束縛したり、
裁いたり出来ることじゃない。
それも、たくさんの人が見るネットでわざわざ言わなくてもいいと
思う。

お友達や家族に話すだけで満足できないの?
何故、本気で怒る人を世の中から消すことを、
マナー向上のための社会貢献の行動だと思ってやるわけ?
最近、そういう人多い気がするけど、独裁的ではない?

映画をこよなく愛する人で、映画を冒涜するな!
と怒った愛情かもしれないし。
何が激怒の原因かは、傍から見て判断は出来ないんじゃない?
本人と深く付き合わないとわからないよね。
それで、勝手にマナーが悪いとかストレス解消だとか
思うのって、人間関係的に浅い考えじゃないですか?

それよりも、私が気にしているのは、貴方のような、
客の立場から他の客を批判することによって、
企業がサービスや客(人)に対する責任や思いやりを
忘れてしまうこと。

誠実に仕事する人は変わらないかもしれないけど、
接客が嫌で、貴方のような意見を利用する人が出て来るんです。
そうすると、冷静に企業の問題点を指摘しても
聞いてもらえなくなるし、逆に客を馬鹿にしたような
失礼な態度でも何にも感じない。
客(相手)が、何を今考えているか、関心もなくなる。

すでに今、その傾向が出て来ています。
これが加速すると、日本の治安や経済が悪くなり、
住みにくい国になりますよ。

ネットでは、いろんな影響をいろんな方面から考えてみて、
慎重に責任を持って発言してください。
それが苦手なら、ネット上で発言しない方がいいです。

こういうのってこういうのって 2015/10/30 11:01 ある程度年齢がいくとホルモンバランスおかしくなって、ちょっとの事でワーワー騒ぐんですよ。
ここにも変なの湧いてるし。