想像力はベッドルームと路上から RSSフィード Twitter

2015-03-23

“良いフェミニスト”とは“死んだフェミニスト”のこと “良いフェミニスト”とは“死んだフェミニスト”のことを含むブックマーク

ルミネの件はそもそも動画を見ておらず、その是非に関する話題も(ついでに言うと批判されてるブログも)特に追いかけていなかったので何も書けないんですが、それに関連して気になるコメントを見つけたのでピックアップしてみます。

フェミニストを名乗る割に財政苦しい日本女性学会の会員になってるようでもそこに論文書いてるようでもない人たちを「ネトフェミ」と呼んでます http://togetter.com/li/688408

http://b.hatena.ne.jp/entry/245327714/comment/KoshianX

『ネトフェミ』という用語についてはその起源や用例について詳しくないので上の定義が正しいかどうかの判断はできません。フェミニズム批判用語としてよく使われる『フェミナチ』の類型で『ネトウヨ』と似たような蔑称なんだろうな、ということが予想できるくらいです。

なので、ここで書かれていることを読んでも「ああこの人は自分の気に食わない人たちにそういうネガティブレッテルを貼ろうとしてるのね」という程度なんですが、問題はこのあと。

まず、上記のコメントに対してid:saebouさんが疑問(というか皮肉ですねこれは)を挟みます。

id:KoshianXさんの「フェミニスト」の定義が意味不明すぎてすごい。その定義だと女性参政権運動家も女子労働の運動家も芸術家フェミニストにならない。「内村鑑三は教会に行かないからクリスチャンじゃない」みたいな

http://b.hatena.ne.jp/entry/245327714/comment/saebou

それに対する回答がこれ。

まったくその通り。運動家は「左翼活動家」と呼べばいいんですよ。研究をしない人を女性学者を意味する言葉で呼ぶこと自体が誤り。エセ科学と同列です id:saebou/リンクあるんだけどこっちにも http://togetter.com/li/688408

http://b.hatena.ne.jp/entry/245357025/comment/KoshianX

エレノア・ルーズベルトが聞いたら激怒しそうなコメントだなぁ…」という感想はさておき、いったいいつから“フェミニスト=女性学者を意味する言葉”になったんでしょう?念のため辞書を検索してみます。

デジタル大辞泉の解説

フェミニスト(feminist)

1 男女同権論者。女性解放論者。女権拡張論者。

2 女性を大切に扱う男性。

[補説]英語で2の意は、gallant


大辞林 第三版の解説

フェミニスト(feminist)

1 女性に対する差別や不平等の解消を唱える人。女性解放論者。女権拡張論者。

2 女性を大切に扱う男性。

フェミニストとは - コトバンク

どうやら辞書どおりの意味ではないようです。

で、id:KoshianXさんが貼っていたリンク先のまとめを読むとその論拠らしきものが出てきます。

この“フェミニスト=女性学者を意味する言葉”というのはid:aliliputさん(はてなやってるみたいなのでコールしてみた)の受け売りのようですね。

上の発言を見る限りid:aliliputさんは学術的な価値や態度をかなり重視されているようなのですが、まとめの中にはこの定義の根拠となる文献やそれを主張したフェミニズム研究者の名前は出てきません。過去のtweetブログでも同じです。

そもそもこの方は自分のことを“フェミニストでもリベラルでもない”と紹介しており、プロフを見る限り専門は図書館学フェミニズムを研究しているわけでもなさそうです。信じて大丈夫なんでしょうか。

念のため手持ちの文献やネットの論文等をいくつか調べてみましたが「フェミニストと名乗れるのはフェミニズム研究者だけ!」という主張は見当たりませんでした。本当に大丈夫なんでしょうか。

「日本におけるフェミニズムの大きな役割は終わった!必要になったら呼ぶから目立つ行動などせずにおとなしく研究だけをしていてくれたまえ!」という主張をなさっているように見えますが、これが“マトモなフェミニストの方のための弁護”になるんでしょうか。嫌な予感がしてきました。

なるほど、id:aliliputさんが評価しているのは“学問としてのフェミニズム”であって“社会運動としてのフェミニズム”には価値がない(少なくとも今の日本においては)という認識なわけですね。“理論と実践”を強く意識してきたフェミニストたちに真っ向から喧嘩を売る素敵な主張だと思います。でも“マトモなフェミニスト”には支持されるのでしょうね。頑張ってください。

で、これを鵜呑みにした挙句に拡大解釈するとこうなります↓

ゆのっちの顔が浮かびましたがAAを貼るのは控えます)

とりあえずざっと調べてみた限りでは“フェミニスト=女性学者を意味する言葉”というのはただの“俺定義”のようです。id:KoshianXさんはその“俺定義”に基づいてフェミニストを“本物のフェミニスト”と“偽者のフェミニスト”に分類し、偽者の方を『ネトフェミ』という蔑称で呼んでいるわけですね。で、「表に出てきてるのはだいたい偽物=『ネトフェミ』だ」と。

font-daさんは『ネトフェミ』という言葉について“観客席から「俺が認めてあげる良いフェミニズム」と「悪いフェミニズム」に分断していい気分になっているもので、それこそが批判の対象である”と言っているわけですが、そのブコメでわざわざこんな主張をするのは(馬鹿でないのなら)「俺のことを批判しろ!」と言ってるのと同じでしょう。

少し前に、公的・歴史的・学術的な定義を無視した“俺定義”で「アイヌ民族は存在しない」とぶち上げて炎上した(正確には“今もしている”)地方議員がいましたが、その方の姿が思い浮かびます。

声高に権利を主張することなく体制に従順な姿勢を見せるマイノリティ(例:日系アメリカ人)を“模範的マイノリティ(モデル・マイノリティ)”と呼ぶことがありますが、この概念は社会運動に積極的に参加し現体制への不満を述べるほかのマイノリティ(例:アフリカ系アメリカ人)を抑圧する道具としても使われてきました。上で語られている“本物のフェミニスト”と“偽者のフェミニスト”という分類はまさにその類型です。

フェミニズムは女性が権利を求める運動の中で生まれ、育ち、広まっていきました。学問としてのみ発展していったものではありません。いまなお偏見や抑圧に苦しむ女性が少なくない中でフェミニストに「社会運動を行うな。政治に出てくるな」と言うのは(少なくとも“フェミニストとしては”)「死ね」と言っているのと同じです。

従って、id:KoshianXさんとid:aliliputさんの分類をそのまま受け取るのであれば“良いフェミニスト”とは“死んだフェミニスト”のことになるわけです。

現代においてもこのようなことを臆面もなく言えてしまうのは、お二人の主張に反して“まだまだ啓蒙が必要な証拠”なのではないかと思う次第です。

nisemono_sannisemono_san 2015/03/24 11:07 蛇足ですが、弘文堂から出ている『【縮小版】社会学辞典』平成12年版を参照しますと、以下のような定義になっています(公平に述べておきますと、『【縮小版】社会学辞典』はやや独自定義みたいな特色が強い部分もあるので、そこを引く必要もあるかもしれませんが):

「女性解放思想と訳す。かつては性差別の裏返しである女性尊重思想や女性崇拝と解釈されていたこともあるが, 今日では広く女権拡張主義または女性解放思想と受け取られている。既成のあらゆる思想や学問の「男性中心主義(androcentrism)」の偏向を告発し、文明それ自体の男性支配を指摘するその徹底性で「20世紀最大の思想的事件」とみなされている」

と解説されており、どちらかといえば思想的な側面が重視されているように感じます。

もちろん、「偏向の告発」という部分から運動的な側面もあり、また辞書によれば「婦人参政権の獲得」が、19世紀から20世紀初めのフェミニズム(どうも第1期フェミニズムと呼ぶそうです)の課題であったということが解説されているので、そのように捉えてしまう部分はあるかとは思います。ただ「フェミニズムの研究家」が「フェミニズム」であるという印象は、少なくとも辞書を参考する上においては読み替えすぎではないか、と、両者のやりとりを読んで感じました。

ちなみに、「女性学」の項目も引いてみますと、1960年代の第2期フェミニズム時に発足しており、「過去15年間に多くの女性学研究者が育ち, 歴史の書きかえや文学の読み直し、女性学視点に立った数多くの調査研究などが各分野でつぎつぎに生まれている」と解説されており、フェミニズムの「運動」の成果の一つとして紹介されているような印象を覚えます。こちらはまさに学問的な側面が強調されていますが、フェミニズムが内包する成果の一つと捉えるのが妥当かなというのが、あくまでも辞書からの推測になります。

なので、ファミニズムを学問的側面や運動的側面を強調するのは、確かに「成果・業績」という観点からすると、そうなるのかなとは思いますが、とはいえ、先の辞書の定義を信頼するならば、「学問・運動」を取り出すだけでは、フェミニズムの説明としてはやや不適切というか、矮小化されている感じはしますね。

inumashinumash 2015/03/24 21:26 >nisemono_san

補足、多謝です。

>なので、ファミニズムを学問的側面や運動的側面を強調するのは、確かに「成果・業績」という観点からすると、そうなるのかなとは思いますが、とはいえ、先の辞書の定義を信頼するならば、「学問・運動」を取り出すだけでは、フェミニズムの説明としてはやや不適切というか、矮小化されている感じはしますね。

まあ“全体像”を正確に語ろうとするとそれだけで膨大なボリュームになってしまいますから(それだけ影響力の大きいものだということ)。

少なくとも私自身はフェミニズム全体について正確に語る知識を持っていないことを自覚しており自分はあくまでも概略レベルの理解をしているに過ぎないと思っていますので、言及する場合は慎重になるしもし足りない部分があれば補おうとします。

そういう認識がそもそもなく、あくまでもいち側面に過ぎない“部分”を“全体”であるかのように勘違いしてしまうと今回のような事故が起こるんだろうな、と思いました。

sakatresakatre 2015/05/23 22:29 障害者に何の話?ってIDコールされたので、フェミニストのことを書いているこの記事に書きに来ました。あのような増田の男性差別ってのを擁護してるわけではないですよ。歴史事実として、日本のフェミニストが障害者を差別してきたのは事実で、障害者男性という弱者男性を差別してきたフェミのことを言ったんです。この記事で書いているネトフェミについても、多数派に属する女性が少数派を差別してきたのに女性差別で無視してネトウヨと同じことをしているとかいう批判ですよね?最近、ネトフェミでこんな批判とかはてブにありましたけど→ http://www.shisokan.jp/hansei-joseigaku/netfemi/

今までの男女間格差は健常者の男女間の格差のことばかり言ってきて、健常者の女性と障害者の男性の間のあらゆる格差を考えてこなかったという批判とかこんなことがこれからの男女の新しい差別論になっていくでしょうね。日本の先駆的フェミニストが断種を支持したとか考えるとなおさら。

sakatresakatre 2015/05/23 22:56 追加のIDコールで来た件ですが、障害者が健常者前提のデータから排除されているから問題ということです。そのネトフェミnetfemiの記事にも、健常者様のオリンピックに障害者が出ることは考えられてないからって、パラリンピックに閉じ込めているのも批判されてますよね。障害者を差別してきた、してないと言い張るフェミニストがどこかにいるなら見てみたいですね。パラリンピックの障害者スポーツを考えずに、健常者の女性スポーツ選手への蔑視ばかりを言ってきたフェミニストばかりとか、今でもそんなことばかりって批判されてはいますけど。

sakatresakatre 2015/05/23 23:58 決して救われない社会的弱者「キモくて金のないおっさん」について語る
http://togetter.com/li/824984

IDコールしてきたのは、こういうのと同一視して反発があるからですか?フェミニズムに対する批判は多様で、フェミニズムよりさらに「左」側から出る批判は、男性特権など百も承知だから、多数派の男の特権から批判してるんじゃないですよ。多数派の女性がいかに少数派を差別してきたか、今まで女性差別でそれをスルーしてきたかってのを問題だって言われてるわけです。

「弱者男性の問題について真剣に考えてるわけじゃなくて、単にフェミニズムを攻撃する道具として“弱者男性”を使ってるだけなんだよね。だからフェミに文句言うだけで「自分たちで救おう」とはならない」

これに倣うと、ネトフェミは女性の問題について真剣に考えているわけじゃなくて、単に男を攻撃する道具として"女性差別"を使ってるだけ。だから、男に文句言うだけで「自分たちで救おう」とはならない、ですね。スポーツで障害者スポーツの女子選手をどれだけ無視してきたかってのとか、見るとそうです。

inumashinumash 2015/05/24 06:28 sakatreさん

「それってフェミニストの一般的傾向何ですか?」と聞いて返ってきたのがNATSU2007の人だけって時点でなんとも。

単に個人レベルの話でいいならこういう問題意識を持ってるフェミニストだっていますよ?

http://macska.org/article/132

それに、そういう話でフェミニストを批判するなら、逆に障碍者差別を扱う側も「性差別についてきちんと考えてない」と女性の障碍者から批判されたりしてるわけで、相互に批判や議論を交わしながら理解を深めていく以外に問題解消の方法はないと思いますけど。

ちなみに俺が言いたいのは「いまその話(障碍者云々の話)はしてませんよね」ってことだけです。

“障碍者差別とフェミニズム”はなかなか面白いテーマだと思うので、それは個別にエントリ書くなり増田で書くなりすれば良いと思いますよ。

inumashinumash 2015/05/24 06:41 ちなみに統計はいろいろな目的を持ってやるもので、目的別に調査項目や反映される情報に差異が出るのは当たり前です。

そこに“障碍者の情報が反映されていないから差別”というのは酷い暴論でしょう。そもそもこの統計は国がやっているものでフェミニズムと何の関係もないです。

障碍者の雇用状況や所得等に関しては個別にきちんと統計がとられています。もし健常者の情報をそれに混ぜたら“障碍者が直面している問題”が抽出できなくて困りますよね?それでどうやって障碍者の労働政策や福祉政策を考えるんです?

なんでもかんでも一緒にすればいいってもんじゃないですよ。

sakatresakatre 2015/05/24 11:35 男女格差の統計を出して「だから、女性は男性より差別されている」というのは健常者間には当てはまっても、健常者の女性と障害者の男性には当てはまらないと言ってるだけなのに、何が難しいんですか?障害者とフェミニズムは今まで結構言われてきて、まさか、平塚らいてうが断種を支持したとか、フェミニズムと障害者の問題で有名なことも知らないで、フェミニズムと障害者について言ってきてるんじゃないですよね?

そのnetfemiの記事のところに書いてあるのは、教育の機会均等で健常者の女性よりも障害者のほうが制限されてきたのに、何で健常者の女性の教育ばかり重視されてきたのかとか、複数のことを書いてますよね。記事の内容を読んでないでしょ?別にその記事だけでなくて、マジョリティ女性の差別は、言われてきてますが。マイノリティ差別より、何でマジョリティの女性の差別ばかりを優先するのか、それはバックラッシュのやることでしょ?

一緒にしなくていいってのを女性に当てはめれば女性差別必至ですね。そうやって、オリンピックに女は出すが障害者は出さないのが当然とかになってきてるんですね。

inumashinumash 2015/05/25 02:21 >>sakatre
当然その歴史については知ってますよ。同時にそういう過去に関するフェミニストの内部批判があることも知ってる。だから「それってフェミニストの一般傾向なんですか?」と聞いたんです。そうした主張は“今も”フェミニストのマジョリティを占めているんですか?色々な人の主張や文献を読む限りとてもそうは思いませんけれど。

統計に関してはブコメで「増田の言う“弱者男性”に障碍者は含まれていない」と説明したとおり、その定義に沿った反証を提示したまでのこと。「“弱者男性”に障碍者は含まれていないこと」に文句を言いたいのならそれは元の増田に言ってください。

でもって貴方の論法は件の増田と同じ“女性よりも虐げられている人(障碍者)がいるから女性が自身の権利を主張するのはおかしい”というものでしかありません。“障碍者が虐げられていること”は“女性が自身が不当に扱われていること”を受忍しなければならない理由にはなりませんから。

私はその論法そのものを否定しますよ。障碍者を差別するフェミニストがいるならその人を個別に批判すれば良いでしょう。フェミニズムは障碍者差別を是とする思想ではないのだから。

sakatresakatre 2015/05/25 18:18 "貴方の論法は件の増田と同じ“女性よりも虐げられている人(障碍者)がいるから女性が自身の権利を主張するのはおかしい”というものでしかありません"
全く意味不明だが、よくある見当違いな批判ですね。これは正反対ですね。
多数派女性と障害者の差別の主張は両立するのに、多数派女性の権利ばかり言ってきて、障害者差別を考えてこなかったから批判されてるんですよ。具体的に、健常者の女性より障害者のほうが差別されているという複数の例の提示を、徹底的に無視しているところが興味深いですね。オリンピックとパラリンピックで分けて障害者はオリンピックに出られないのに、今でもずっとオリンピックの健常者の女子選手への女性差別ばかりで、障害者選手への差別報道が、メディアでとことん無視されていることとか見ても、多数派女性からのトリクルダウンと言われても仕方ないですね。

フェミニズムは障害者差別だけでなく、もっと世界的には、フェミニズムは恵まれた白人女性に最も有利になるもので、黒人女性から「今でも」批判されてますね。日本でも障害者の女子選手のことを健常者の女子選手より考えてこなかった結果、パラリンピックになってるわけで、オリンピックに健常者の女子選手が出てから、どのくらい経ってるんでしょうね?

ところで、フェミニズムが少数派と共に闘ってきたというのが一般的なんですか?そんなの見たことも読んだこともないですけど、そんな偉そうな文献があったら、少数派から嘲笑されて笑われますよ。そもそも、コメント欄にフェミニズム全体のことは知らないって書いてあるのに、何で、フェミニズムが少数派に寄り添ってきたから批判するなとか言ってるのか?

sakatresakatre 2015/05/25 18:28 障害者の男性が健常者の女性に差別されてきた歴史を言って、フェミニズムを批判するのも許されないんだ。これって、義務教育で障害者差別教育が不十分で、女性差別ばかり教育されてきた弊害ですね?

何というか、言ってることが、同和差別が今でもあるのに、「同和利権!」と言って、同和教育さえ否定しているのと似てないですか?少数派への差別を多数派が封じ込めてるんだから、似てますよね?

inumashさん、あなたが言ってる女性って、「多数派の女性」が大前提になってしまっていることに気づいてますか?多数派女性は今でも少数派女性を差別してますからね。ちなみに、inumashさんに別にそんなに腹は立ってなく、多数派から少数派への差別は、特に女性で認めにくいのは結構一般的ですから、よく見る光景ですね。

sakatresakatre 2015/05/25 19:01 読んで探してきた。これに似てませんか?↓

http://www.shisokan.jp/hansei-joseigaku/netfemi/
「ネトフェミがネトウヨと類似していることがよく分かる。ネトウヨは「大東亜戦争でアジアは団結して侵略者の白人に戦いを挑んだ」と言っている。しかし、実際には当時の日本人はアジア人を蔑視した態度を取っていた。それを言われると、ネトウヨは白人社会の植民地主義のためには仕方なかったなどと言う。ネトフェミは、男社会から女性を解放するための女性の人権の確保のためには、少数派への抑圧は仕方ないという態度である。大東亜戦争史観とネトフェミ史観は、大きな戦いに挑む者たちは、「小さな問題」には見て見ぬフリをしても構わないという意味で、よき仲間である」

ネトウヨがアジアとの団結で白人と戦ったって笑うでしょ?それと似たことをネトフェミがやってしまってるわけですよ。それにしても、こういうネトウヨを批判する層とか、フェミニストよりもっと左派(見方によっては、極左とか言われることも)からもフェミニストたちの差別が糾弾されるようになる時代に入っていってますね。そういう層には、「このネトウヨが!」「男性差別ばかり言うな!」とかで批判できなくなりますね。そんなこと言ってるわけでないから。

inumashinumash 2015/05/25 19:50 sakatreさん

>>多数派女性と障害者の差別の主張は両立するのに、多数派女性の権利ばかり言ってきて、障害者差別を考えてこなかったから批判されてる”

だからフェミニズム内部でもその批判や反省はありますよって書いたばかりですけれど…。

でもって女性を“多数派”と“少数派”に分断しようとするのはアンチフェミの典型的なレトリックなので私はそれには乗りません。


>>障害者の男性が健常者の女性に差別されてきた歴史を言って、フェミニズムを批判するのも許されないんだ。
“障碍者を差別するフェミニストがいるならその人を個別に批判すれば良いでしょう。フェミニズムは障碍者差別を是とする思想ではないのだから。”と書いてあるのが読めませんか?それを何故“フェミニスト全て”がそうであるかのように語るのですか?と言っているのです。

>>読んで探してきた。これに似てませんか?

似てません。上にも書いたとおりフェミニズム内部で「女性の地位拡大がほかの人達を抑圧することになってはいないか。なっているとすればその解消にはどのような方策があるのか」ということが語られているからです。障碍者差別も例外ではありません。

貴方はフェミニズムの弊害の一側面だけを切り出し、それを全体化しているだけです。そしてフェミニズム内部でそうした弊害を解消しようという動きがあること、そういう人たちがいることを、私が何度指摘しても無視している。

“障害者の男性が健常者の女性に差別されてきた歴史”は事実でしょう。けれども貴方はそこに固執し、フェミニズム内部での批判も無視し、フェミニズムそのものを否定しようとしている。

それには賛同しません。

sakatresakatre 2015/05/25 20:12 「似てません。上にも書いたとおりフェミニズム内部で「女性の地位拡大がほかの人達を抑圧することになってはいないか。なっているとすればその解消にはどのような方策があるのか」ということが語られているからです。障碍者差別も例外ではありません」

これについてですが、これもよく言われて、よく聞いてきたんですよ。戦前で女性の選挙権が制限されている時でも、男性の中で女性に選挙権を与えようと語られて動いてきたのだけど、実際には実現しなかった。だから、これは、「戦前では女性に選挙権が制限された女性差別」ですよね。しかし、語られて解消する道を探していた男性たちもいたわけですよ。

つまり、重要なのは結果です。inumashさんの言ってることは、「結果を伴わなくても内部で批判があって解消する道を探る過程があれば、差別解消に動いてきたから批判するな」でしょ?結果を重要視していることと、inumashさんは過程重視ですね。だから、かみ合わない。

しかし、女性差別で考えると、選挙権の付与という結果が伴わなければ、過程がどうあれ女性差別でしょ?それを、何で、障害者には当てはめないんですか?結果的に、障害者はスポーツでも、教育でも、外出でも収入でも、圧倒的に健常者の女性よりも差別されてきた結果がある。これはもちろんフェミニズムだけのせいではないですが、フェミニズムが批判されるのも当たり前でしょ?だって、フェミニストたちは障害者を考えず、健常者の女性の権利ばかり言ってきた結果があるから。

何で、ここまでフェミニズムが行ってきた少数派差別を擁護するんだろ。ネトウヨが言うアジアを分断するな!と言って、戦争時のアジア差別をスルーするのと似てないですか?確かに、白人社会の植民地主義はひどかったが、何でネトウヨはアジア間の差別を正当化するのか?

inumashinumash 2015/05/25 20:29 そりゃフェミニズムはあらゆる差別を解消する万能の利器ではないもの。あなたの論法なら、「特定の属性に基づく差別の解消」を求める運動に関して「ほかの属性を含む万人の平等」という歴史上達成されたことのない“結果”が達成されていないことを理由に全否定できる。それこそフェミニズムに限らず障碍者の権利運動ですら全否定できる。そんな論に何の意味もないですよ。

それを主張するのは貴方の自由だけど俺はそんな意味のないものに付き合いませんよってだけです。

俺は“フェミニズムが行ってきた少数派差別を擁護”なんてしていませんが、何度言っても貴方は理解しませんね。もういいです。

平行線なのでもうこのへんで。

inumashinumash 2015/05/26 00:29 あ、最後に指摘しておきますが、あなたが「障害者の男性が健常者の女性に差別されてきた」というとき、そこからは“障碍を持った男性から受けた性暴力被害に苦しむ健常者の女性”や“障害を持った家族のケアを一方的に押し付けられた健常者の母親”という存在がすっぽり抜け落ちてますよね。

自分がフェミニストを批判しているのとまったく同じ誤謬をあなた自身がおかしている。無意識だったら考えが足らないし意図的だったら悪質です。

いずれにせよ馬鹿馬鹿しい論法ですよ。貴方が使ってるのは。