Hatena::ブログ(Diary)

カガクのじかん このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-05

物理の本を出版します

f:id:inyoko:20160505190156p:image:w500

ちょっと先の話ですが、物理の本を出版することになりました。

気になるタイトルは!

 ぼくらは「物理」のおかげで生きている・・・というタイトルの本です。

 これは実務教育出版から出ている「素晴らしきサイエンス」シリーズの1つという位置づけです。すでに以下の3冊が出ています。

  • ぼくらは「化学」のおかげで生きている
  • ぼくらは「数学」のおかげで生きている
  • ぼくらは「生物学」のおかげで生きている


どんな内容か?

 「物理」のおかげで生きているって・・・そりゃ言い過ぎでしょう!と眉をひそめる方もありそうなタイトルですが、誤解しないでくださいね。「ぼくらが生きているのは物理だけのおかげだ」と言っているのではなくて、「ぼくらの暮らしのいくらかは物理の上に立っている」という意味です。現に、上記のように化学・数学・生物学のおかげだ!という本も出ています。

 例えば、身近なところでは「爪切り」ってありますよね。爪みたいに硬いものを切るには大きな力が必要ですが、指先でつまむだけでなぜそんな力が出るのでしょう。これはご存知の方も多いと思いますが「てこの原理」というやつですよね。それでは、優に1トンを越える自動車が時速何十キロという速さで走っているのを、ものの数秒で止めてしまうブレーキは一体どういう仕組みになっているのでしょう。

 また、何十万トンもある船を水に浮かべる力はどこから来ているのでしょうか?その力は、飛行機を宙に浮かせる力やロケットを空に飛ばす力と同じでしょうか?

 話は変わりますが、今は廃れつつある「白熱電球」って、なんであんなに熱くなるんでしょう。あの発熱がエネルギーの無駄だということで製造中止になったわけですが、それなら熱くない白熱電球を作ればいいのでは・・・。ところが、そうはできない原理が背後にあるわけなんです。しかし蛍光灯はそんなに熱くないぞ!と思われた方、その通りです。蛍光灯は違う原理で光っていますから。

 こんな感じで、身近な現象や器具の背後にある物理の法則を解きほぐしていって、丁寧に説明する本です。「相対性理論」や「量子力学」などというSFチックな理論もちょっとだけ出てきますよ。「相対性理論量子力学なんて、大学の偉い先生が研究するような、宇宙とか原子とかの話じゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は意外と身近なアレやソレの中に入っているんです。



発売は5月27日!

 本を書くのは結構大変なことでして、昨年の8月から今年の3月いっぱいまでの8ヶ月は本当にこれにかかりっきりでした。自分にできる限りのことはしましたので、あとは必要な人のところに届いてほしいなあと思います。

 発売は5月27日だそうです。以下のリンクから予約受付中です。






ほかのブログへ

にほんブログ村 科学ブログ サイエンスコミュニケーションへにほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ自然科学 人気ブログランキングへ

↑クリックするといろんな科学ブログを探せます。ついでに「カガクのじかん」のランキングも上昇します(ありがとうございます)。

サナダサナダ 2016/05/05 21:11 おおおおお♪
今度は「身近な物理」ですね。
発売を楽しみに待ってます♪

inyokoinyoko 2016/05/12 01:53 サナダさん、いつも応援ありがとうございます(>_<)
おっしゃるとおり、「身近なところにある物理」に焦点を合わせて書いたつもりです。お楽しみに(>_<)

サナダサナダ 2016/06/18 14:41 買ってきました♪
読んでみたら、思ったより実感するのが大変で
自分は理系じゃないのだなあ、と少々がっかり。。。
でも、がんばる!

inyokoinyoko 2016/06/25 23:23 おおっと!ありがとうございます(>_<)
いや、まだまだ筆力が足らないのかもしれません(^_^;楽しいところを楽しんでください(>_<)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証