布工房  一本

2016-07-12

衝撃の事実!!

 79歳の父、O型と思っていたらA型だと判明!!

2016-07-11

子どもTシャツ

 オーダー頂いた子供 Tシャツ。

 クワガタカブトムシの1枚。ライオン1枚。ソフトクリーム1枚、という注文。

 

f:id:ippon2002:20160711104545j:image

 あぁ〜、もうすぐ夏休みだなぁ〜〜。

やったぁ〜〜。

 子供達頑張りました!!球技大会優勝っっ〜〜!!

サポートしてきた親たちも大盛り上がりっっ!

 感動するなぁ〜〜。

2016-07-09

うるうる・・・。

 西表島で一緒に働いていた友人からパンが届いた。

f:id:ippon2002:20160705114202j:image

f:id:ippon2002:20160705114230j:image

 パン作っていて、私の事思い出してくれて、送ろうと思ってくれたんだぁ〜〜。

と思うと、うるうる・・・。

 本当においしくてっっ、いつか、大阪で たかちゃんのパン屋さんができる日を

楽しみに思います。

 たかちゃん、ほんとに ありがとうっっ!!

2016-07-08

七夕

 1〜2年に一回大きな木のお札が回ってくる。

久しぶりに木のお札が回ってきたので、数日前に次女と二人、ここの集落の神社の掃除に行って

来ました。

 

f:id:ippon2002:20160702100814j:image

f:id:ippon2002:20160702101107j:image


 年に6回子供会でも掃除するし、区の掃除も年に4回ぐらいあるっけ??

他にも行事の度に掃除をする。更に、お札が各家に回ってくる。お札が来たらその家が掃除当番。

そうやって、ここの神社は荒れる事はなく、大事にされているなぁ〜っと思う。

 で、帰りにおじいちゃんちに寄って笹を切ってもらいました。

f:id:ippon2002:20160702104020j:image

f:id:ippon2002:20160702104046j:image

 

f:id:ippon2002:20160708125158j:image


 

 

 

2016-07-04

大事に思っている事

 一本の仕事の90パーセントはハギレです。

ハギレで作っていく事には、ちょっとした覚悟がいります。

散らかさずに仕事は出来ないという事。物が増えるという事。

とにかく時間がかかるという事。

 定番の物はどれも、ハギレが小さくなっても、活躍できるもの。

私の中には そこに、どうにも強い執着心があるらしいのです。

 例えば、

f:id:ippon2002:20160614105017j:image かなり小さくなったハギレはビンに入れて取っておきます。


f:id:ippon2002:20160614105037j:image 今回はこの中からウールのハギレをチョイス。

f:id:ippon2002:20160614105047j:image アイロンをかけます。

で、これが」

f:id:ippon2002:20160615092512j:image鼻になり

f:id:ippon2002:20160704104253j:image更に、ハギレでたてがみを作り

ウールのハギレの隅っこについた房もタテガミに入れて凹凸感を出します。

不規則なウールのハギレの形そのものを生かしつつ洋服にしていきます。

勿論、裏になる布も不規則な小さなハギレそのものの形を最大限に生かしたいので

それによって、ライオンの体系が変わります。

で、定番のライオンコースターが出来上がります。

顔の麻も小さくなったハギレ使えるという、私の中では優れたデザインなのです。

流行りの布を購入するのではなく、血の騒ぐ布を使い切る事、大事にしています。