Hatena::ブログ(Diary)

如実知自心〜三田こころの健康クリニック新宿〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-08-21

起きられぬ朝のために

ということで、三田こころの健康クリニックで行っている
対人関係-社会リズム療法(IPSRT)と関係する
概日リズム障害について書いてみます。

奇しくもこのエントリーと同じ日に、
毎日新聞に連載されている「香山リカのココロの万華鏡」でも
夜更かしで「時差ボケ」に』というタイトルで
概日リズム障害のうち睡眠相遅延症候群について
触れられていました。


概日リズム障害とは、
体内時計によって作り出される睡眠と覚醒の概日リズムが
望ましい社会的スケジュールと一致しないことから、
不眠、過眠、起床困難、自律神経症状などを生じる状態
です。

概日リズム障害は

 /臾価蠍綢犒
 ⊃臾価蠢或雰
 I垉則睡眠-覚醒型
 ぜ由継続型
 セ差障害
 Ω鯊絛侈碍
 Э搬亮栖気砲茲覲菊リズム障害
 ┐修梁召粒菊リズム障害
 薬物又は物質によるもの

に分類されています。

各タイプの簡単な説明は
スイミンネット(Suimin.net)を参照してくださいね。

人はなぜ眠れないのか (幻冬舎新書)

人はなぜ眠れないのか (幻冬舎新書)



なかでも睡眠相後退型は、若年者に多く認められ、
望ましい時間の起床が困難なために
定時での出勤が出来ないなど、社会生活に支障をきたします。

体内リズムが社会リズムよりも遅れていることが原因で、
患者自身の努力や心がけのみでは定刻に起床することは困難です。
(別の問題の関与については、いつか
自分自身をみる能力の回復のために」としてアップする予定です。)

概日リズム障害があるかどうかの診断には、
日本うつ病学会が配布している「睡眠覚醒リズム表」を使って、
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/pdf/suimin_kakusei_rhythm.pdf
クリックするとpdfファイルがダウンロードされます)
就床時刻、起床時刻、入眠時刻などを記録してもらいます。

もともと、睡眠相後退症候群治療法として、
照度光療法、時間療法(断眠療法)、メラトニン投与
などが行われてきました。

照度光療法や、断眠療法については
睡眠覚醒リズムのコントロール」で触れていますよね。

メラトニンの名前くらいは聞いたことがある人もいらっしゃると思いますが、
メラトニン松果体から分泌されるホルモンで、
網膜からの光の刺激による視交叉上核からの情報により
メラトニンの産生は低下し、夜になると増えてきます。

ちょっと専門的になりますがメラトニン受容体には
MT1とMT2の2種類があり、
MT1受容体は、視交叉上核の神経刺激を抑制することで
メラトニン分泌が増え、睡眠を誘発させ、
MT2受容体は、体内時計の概日リズム位相を変位させます。

わが国では、選択的なMT1、MT2アゴニストである
ラメルテオン(商品名:ロゼレム錠8mg)が
2010年4月に承認されました。
この薬は即効性がないため、1〜2ヵ月かけて
ゆっくりと睡眠相を前進させていきます。

また

・毎朝決まった時間に起床すること
 (平日と休日の起床時間差は2時間以内)
・日中適度に身体を動かすこと
・昼寝をする場合は、午後3時までの短時間(30分以内)にすること
・夕方以降はカフェインなどの刺激物はさけること
・寝る前には穏やかに時間を過ごすこと
 (パソコンや携帯メールも避ける)
・寝る前にアルコールを飲まないこと
・ベッドでTVを見たり、本格的に本を読んだりするのをやめて
 「ベッド=寝る場所」という関連を心身につけること

などの生活リズムの修正が大前提で、
薬は、そのサポートという位置づけになります。

イラストも入ったパンフレットをダウンロードできます。
http://www.takedamed.com/hpdr/rootDir/communications/shiryou/pdf/inso_01.pdf


この内容は、8月31日(金曜日)に仙台市の電力ホールで開催される
NHKハートフォーラム「うつ病と躁うつ病を知る」でちょっとだけ触れる予定です。

うつと気分障害 (幻冬舎新書)

うつと気分障害 (幻冬舎新書)



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
摂食障害 治療 対人関係療法 対人関係-社会リズム療法 の 病院 なら 三田こころの健康クリニック
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^