Hatena::ブログ(Diary)

如実知自心〜三田こころの健康クリニック新宿〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-06-27

過食症の自己欺瞞に向き合う

『「過食症とむちゃ食い障害(過食性障害)の最新事情』で
過食症やむちゃ食い障害の人は「自分を客観視できない」ことに触れました。

じつは「自分を客観視できない」ことはシリアスな問題で
回避的・強迫的な「気質」と依存的な「性格」の人が現実に向き合おうとしても、
依存的な「性格」は「気質」の特徴をコントロール(意味づけ)できず、
加えて、気質と性格から形成されるパーソナリティも
価値に基づいた柔軟な行動を選択できない、という
二重のストッパーがかかっているからのです。

つまり、過食症やむちゃ食い障害の人は
過食をやめたい、変わりたいと思っていても
低い自尊心(自己志向性)によるみじめな自分を感じていても
セルフモニタリングになっているわけではなく、
自分に対するダメ出しという批判や評価になってしまうので、
残念なことに、行動変容につながりにくいのです。

さらにみじめな自分を感じなくてすむように
過食や過食嘔吐を使って刹那的な気分解消を図っていますから
価値にもとづく行動を選択したり決定したりするのが難しいのです。

そうなるとますます、もう一人の自分は自分に批判的になり
過食や過食嘔吐する自分はますます気分解消行動にのめり込む
という悪循環が成立してしまいます。
(このような過食や過食嘔吐の進展過程についてはいつか解説しますね)

このような自分自身との葛藤を三田こころの健康クリニックでは
「自分自身との対人関係(折り合い)」と呼んでいます。
「自分自身との対人関係」のテーマである「葛藤」は
役割期待の不一致と同じで期待の整理をしていけばいいのですが、
ここに大きな問題が潜んでいます。

それは『ありのままの自分と向き合う』で
「自分の気持ちに正直になる」とか
「嘘や偽りを言わない、ジャッジメントをしない」で示唆した
「自己欺瞞」という心理です。

「自己欺瞞」は、気分不耐を背景にした抑制のない空想上の憧れ、
あるいは空想上の憧れに対する願望であり、
自分が自分に、何を考え何を感じているのか、を偽っていることを
自分で気づかないようにしている状態のことです。

「自己欺瞞」に陥っているときには
矛盾する信念と欲求を別々に分離させて受け容れます。
過食はやめたいけど、過食がなくなるのも困る、と
感じるのがそれですよね。

過食や過食嘔吐でコントロールを失い、
自己の不利益になる(自分にとってメリットはない)とわかっていながら
その行動を続けてしまうという不合理さが続いてしまうのです。

一方では信じていないものを信じているふりをして
一方では自分の考えや気持ちを隠していることによって
自分を感じること、自分自身であることから遠ざかり、
自分の摂食障害行動をまるで他人ごとのように傍観するだけで、
受身で無力な存在のまま立ち尽くしてしまいます。

摂食障害から回復するための8つの秘訣』にも

自分の思考、気持ち、行動を慎重に探ってみると、他の人たちの評価や拒絶から身を守るために完璧主義を隠れ蓑に使っていたのだとわかりました。
問題は、自分を護るためのこの方法が、心から願って切実に希望していたものを手に入れる妨げになっていた点です。
(中略)
また、辛くて不快な気持ちを「太っている気」に変換するプロセスは、あなたの中でいつの間にか自動化されているかもしれません。
「太っている気がする」と言うほうが、「寂しい」、「一生誰も愛せないのが怖い」などと言うよりも安全に感じられるからです。

摂食障害から回復するための8つの秘訣星和書店

このような「隠れ蓑=自己欺瞞」のもつ、相反する信念と欲求の不整合を、
「自分自身との役割期待の不一致」と呼んでいるのです。

「自己欺瞞」は自己認識のない閉鎖状態に無自覚であることから生まれます。
この状態を抜け出すには「ありのままの自分への気づき」を使って

  1. 価値にもとづく行動を選択し決定できる主体性を回復する
  2. 内在化された要求を行動に変換するプロセス

ことが必要ですよね。

じつは、20回未満の対人関係療法治療中に
過食や過食嘔吐から完全に回復できた人たちは
「なりたい自分」という目的と価値にもとづく行動ができているのです。

それはクロニンジャーの「自己志向性」の

○ 自己受容(他者と比較しない)
○ 人生に目的をもつ
○ 目的に沿った行動をすることができる

と重なる過食や過食嘔吐からの回復には必要不可欠な要素ですから
いつか詳しく解説したいと思っています。

三田こころの健康クリニック公式ブログ『聴心記』では
『「過食症とむちゃ食い障害(過食性障害)の最新事情』というタイトルで、
最近の過食症やむちゃ食い障害の人には
「冒険好き(新奇性追求)」の高い人がほとんどいらっしゃらず
それが対人関係療法による治療にどういう影響を与えるのかを
考察しています。

拒食症・過食症を対人関係療法で治す』には

広い意味で、対人関係に問題のない摂食障害の人はいないというのが私の臨床経験を通しての結論です。
ですから、対人関係療法は、摂食障害の人全般に効く治療法なのです。

と、大上段で書いてありますが、
対人関係療法は万人に効く魔法のような治療法ではなく、
当然のことながら、向き不向きがあるのです。

対人関係療法ワーキングメモリや言語性記憶が低い人(相手が話した内容を違うふうに解釈してしまう)
注意機能が低い人(気分解消行動に走りやすい)、あるいは自己批判が高い人(ダメ出し)
クロニンジャーの七因子モデルのうち「報酬依存」が低い人社会性の低さ)
対人関係療法の反応が不良で効果が出にくいことが報告されています。

また回避傾向や強迫傾向のある患者さんには不向きで、
アスペルガー症候群などの発達障害の人には不向きどころか悪化することもあることを
水島先生が厚生労働科学研究で報告されています。

さらに、コミュニケーションや対人関係の問題は
過食症やむちゃ食い障害の維持因子の一つではあるけれども
メインの維持因子ではないことが多いため、
対人関係療法治療をするときにも工夫が必要になりますので、
どのような治療法が向いているのか?の鑑別治療学とともに、
患者さんの現実を詳細にみていく必要があるのです。

三田こころの健康クリニックの対人関係療法では
上記のような工夫(アレンジ)をしていますので、
過食症やむちゃ食い障害を本気で治したいと考えていらっしゃる方は
三田こころの健康クリニックに相談してみてくださいね。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
摂食障害・過食症対人関係療法 慢性のうつ病(気分変調性障害) の 精神療法 なら 三田こころの健康クリニック
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村