うぱ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ライトノベル感想一覧(1500件以上/2010年1月)

電撃文庫 - 1 電撃文庫 - 2 MF文庫J 富士見ファンタジア文庫
スニーカー文庫 スーパーダッシュ文庫 GA文庫 ファミ通文庫
コバルト文庫 富士見ミステリー文庫 講談社 系 その他
HJ文庫 C☆Novels ルルル・ガガガ文庫  

エロ』 / エロ2』 / エロ3』 / マウスとペイントで絵を描く速読

自作ライトノベル

2016-08-24

[]フィギュアプラモのフレイアちゃん作った!

これ。バンダイの新シリーズ。

良い物だった。ワルキューレ全員、揃える気になったよ。


f:id:iris6462:20160824222121j:image

f:id:iris6462:20160824222116j:image

f:id:iris6462:20160824222109j:image


1.シールの部分を塗装した

2.髪の毛パーツの隙間(あまり目立たない)を接着剤で埋めた

3.手首パーツの隙間(かなり目立つ。同スケールのホットケーキが挟まりそうなほど)を溶かしたランナーで埋めた

4.まつげの上に肌色を重ねて、目立ちにくくした

5.口の内側を塗った。

6.髪の毛にハイライトを入れた


1について

曲面に貼るシールばかりなので、多分、隙間が出来たり、裏側の白い部分が見えたりして、あまりよろしくないと思う。可能なら塗った方が良いと思う。

幸い、ガルパン戦車用に買った塗料ですみました。まさか、ウサギさんチーム用に買ったピンクの塗料を使うことになるとは思いもしなかった。

あと、ボタンも多分シールだと目立って見栄えを損なうと思うから、塗った方が良いと思う。


2について

髪の毛はかなり隙間が出来たり組むのが難しかったり、初めてのフィギュアプラモなので苦戦しました。

説明書見ても、どことどこを組み合わせるのかなかなか分からなくて、ちょっとだけ苦労した。


3について

個体差があるのかもしれないけど、かなり大きな隙間が出来てしまった。

ちょうど手元にフレームアームズ・ガールの肌色ランナーを溶かした粘液があったので流し込んでみた。

せっかく腕輪があるんだし、わっかがパーツの境目にくるように接着しちゃっても良かったかも。


4について

肌色の顔パーツに、予めまつげの黒パーツが練り込んであるのだけど、多分、現時点の技術的な限界で、細いまつげは作れないんだと思う。で、ちょっとまつげが太くなっちゃっているのと、肌色の色がしみこんでいる? せいで、ちょっと妙な色合いになっちゃっている。

たぶん、「あまりに似ていない」って感じる人は、そのたりに違和感を抱いているんだと思う。

濃い肌色をまつげの上に塗ってみたら、割とすっきりした。


5について

プライズフィギュアだとあまりやってないけど、ちょっとお高い数千円のフィギュアだと口の中(舌じゃない部分)が塗ってあるので、塗ってみた。地味なところだけど、割とワンポイントになって見栄えが良くなったと思う。使ったのは、マルーンという色。




良かったところ

・安いから失敗を恐れずに塗装できる

・プラモなのに、もう、ほぼフィギュア。これからにも期待できる


残念な所

・手首の隙間がかなり大きく、正面にあるから目立つ(自力で埋められない人は辛いかも)

・肌の色が濃い(スケールや髪の色も影響しているが、かなり濃い。)

シールが薄くて粘着力の強いやつなので、非常に貼りづらい(土台だけシールを貼ったけど、失敗して破れた。アイマスのデカールを貼った経験が何度かある自分でもこのざまだから、プラモ制作初心者はかなりの確率で失敗するはず)

・パッケージの写真やAmazonのサンプル写真は塗装してある。「このパーツは塗装していません」っていう宣伝がパッケージに書いてあるけど、それは、顔パーツだけを意味していて、腕に付けているもこもこしているやつとかリボンとか服とかは、塗装してある。実際のキットではシールを貼ることになる。

頭のハートもシールだから、多分この曲面にシールを貼ると、隙間やしわができて、かなり見栄えが悪い



文章にすると残念な所が多くなっちゃったけど、これは比較対象が完成品のフィギュアだからこそ出てくる不満といえる。つまり、比較対象になれるだけの存在だということ。

「プラモ」なのに「塗装済み完成品フィギュア」と並ぶことが出来る。

ちょっと塗装すれば、プライズフィギュアにはあっさりと追いつく。


というわけで、いちど手にとって、未経験者も試しに塗装してみたら良いかも。

愛着わくし、脇にちょっと濃い肌色を塗るの、楽しいよw

2016-07-30

[]【ストライクウィッチーズ奇跡の輪舞曲Blitz】目指せ1億ダメージ

ブラウザゲームストライクウィッチーズ奇跡の輪舞曲Blitz」でイベント敵に1億ダメージを出す方法を紹介します。



1億ダメージを狙うために、大前提が3つあります。


1.最初の1ターンで仕留める

2.第二編成も使う

3.連続ヒットボーナスを使う


この3点がとにかく重要。

大抵の味方スキルは「効果が1ターンこっきり&重ねがけ有効」なので、最初のターンで一気呵成に攻める必要があります。

第一編成は「真の主力たる第二編成」のために、下準備をする存在です。第一編成で連続ヒットボースナスと連係攻撃の倍率を上げてから、第二編成に切り替えて仕留めます。

では、具体的に画像を交えて説明します。


1.初期状態


f:id:iris6462:20160730205537p:image


画像は戦闘開始直後。

第一編成のメンバーに求められるのは、次の3点。

1-1.敵の回避を落とす。

1-2.連携ゲージをMAXにする。

1-3.連続HITを100以上にする。


これらの効果を発揮するスキルがあるなら、誰でも良いです。

リーネちゃんの標準スキルが敵の回避ダウンなのでお勧め。さらに各種カードのスキルも回避ダウン系が多いので、装備しておきましょう。


私の場合は、リーネちゃんが敵の回避ダウン役。

シャーリーが手数で連続HITを上げる役。

ミーナ隊長が連携ゲージを上げる役です。

この3人で済んでしまうので宮藤さんは単なる連携度の都合でいるだけです。

スキルカードがそろっていないうちは、4人全員のスキルで、1-1、1-2、1-3の条件を満たすようにしましょう。




2.スキル解放後


f:id:iris6462:20160730205538p:image


1のスキルを全解放すると、こうなります。

左側の「連携発動ゲージが赤色になっている」ことと、ネウロイの右側に「ダメージUP100%」と出ていれば成功です。

連続ヒット数は100を超えればいくつでも良いです。

なお、バルクホルンの全体攻撃は使うと連続ヒットの記録が途切れるので、使わない方が良いです。


とにかく第一編成は、カードのレア度やレベルが低くても良いので、敵の回避をダウンするスキルを優先して組み込みましょう。

次に、連携ゲージアップと、命中アップです。



3.連係攻撃発動


f:id:iris6462:20160730205539p:image


赤い連携発動ゲージをクリックして、連係攻撃をした直後です。

画面左に「ダメージ×3.0」と表示されます

これ、私はずっと「連係攻撃のダメージが3倍だった」という解釈をしていたのですが、実は違う。

「次の攻撃が、ダメージ3倍」という意味です。

勘違いしていたの僕だけ?


何はともあれ、今、画像の状態で、

2倍 × 3倍で、次の攻撃はダメージ6倍です。


以上、ここまでが第一編成のお仕事です。

ネウロイには殆どダメージを与えていませんが、何の問題もありません。

ダメージ6倍状態にして、第二編成にチェンジします。




4.第二編成の初期状態


f:id:iris6462:20160730210854p:image


変更直後の第二編成です。画面を見ると分かるように、ダメージ6倍状態が継続しています。

敵の回避ダウン状態も引き継いでいます。

ただし、味方の命中アップは切れています。「同じ編成の〜〜アップ」というスキルは第二編成に切り替えた時点で無効になるのです。


さて、第二編成のメンバーに求められているのは、


4-1.命中アップ

4-2.攻撃力アップ

4-3.一撃必殺の大火力


この3点です。先ずはこの3点をそろえて、ダメージ1億を目指しましょう。

ダメージ1億に達するとイベント敵のVERY HARDで1匹で出てくるLv70ネウロイを、援護要請せずに倒すことが可能になります。



5.第二編成のスキル使用


f:id:iris6462:20160730211523p:image


命中と攻撃力アップ系のスキルを全解放した状態です。

能力上昇を意味する丸い記号がキャラ絵の下にたくさん出ています。

攻撃スキルを使うと、連携ゲージ効果のダメージ3倍が消えてしまうので、ダメージを与えないスキルだけを使うのがポイントです。



6.大火力で攻撃


f:id:iris6462:20160730211524p:image


これは、もう、はっきり言ってガチャ運です。

レア度S+の攻撃カードをLv5にしたものが欲しい。無ければ、とにかく一番強力なカードを使う。



7.1億ダメージ達成


f:id:iris6462:20160730212152p:image


スキル効果載せに載せまくって、ダメージ1〜2億です。

これでLv70のネウロイは倒せます。

VeryHardに苦戦している人は、先ずは以上の手順で1億超えを目指してみましょう。


とにかくポイントは「ありったけのスキルを重ねて、一撃を放つ」ことです。



8.Lv80やLv100のネウロイを倒すために


f:id:iris6462:20160730212637p:image


7で攻撃スキルを使ったので、ダメージ6倍効果は切れています。

Lv80のネウロイの場合、もう一度、ヒット数を上げ、連携ゲージを溜める必要があります。

Lv100ネウロイの場合は連続ヒットは継続していますが、連携ゲージが切れているので、溜める必要があります。


そこで、第二編成にお勧めなのが、ツインアタック。

ログインボーナスで貰えたり、連携度を上げたら貰えたりするカードなので、多分、普通に遊んで居れば、それなりの枚数がそろっているはず。

これは連携ゲージを上げつつ、攻撃が可能なので、2役こなせます。連続ヒットボーナスが乗っていると、パートナーが一緒にいれば、けっこう火力も出ます。



9.再びダメージ6倍状態に



f:id:iris6462:20160730213054p:image


大ダメージ第二弾の準備が完了です。

ただ、これはカードがそろっていないと難しいかも。

うちは、前回のイベントでようやく第二弾を撃てるようになったけど、前々回のイベントでは不可能でした。

イベント報酬の結晶やらなんやらでガチャ回して良いカードがそろったおかげで、2発大ダメージを撃てるようになりました。




10.手持ち最強のカードを用意したい



f:id:iris6462:20160730213514p:image


私の最強カードです。

常日頃からペリーヌさんを愛していたおかげで、ゲーム開始直後のサービス期間でたくさんガチャが回せた時期に、水着ペリーヌさんと一緒に真っ先に来てくれました。




11.ダメージ3億


f:id:iris6462:20160730213708p:image


私の愛が詰まっているので、多分、3億くらい行ってる。どんな敵もひとひねりです。

ペリーヌさん可愛い。





12.累計5億


f:id:iris6462:20160730213952p:image


結果確認画面の参加者一覧で確認できる累計ダメージです。

5億5千万です。偶然だけど5がずらっと並んでいて気持ちいい。

ペリーヌさんのトネールが3億。

ハルトマンのシュトゥルムが2億。

その他で5千万くらい。


こんな感じです。

いかに、大半のスキルが「一撃必殺のため」に存在しているかが分かると思います。


さあ、最大ダメージをぶっ放すために最初の1ターンに、8人分のスキルを解放しましょう!






余談だけどゲーム画面だと「西日の海上で南に向かって飛んでいる」から、これは「ウィッチがブリタニアからガリア方面に向かっている」ということ?

ガリアは未だ解放されていない? このゲームは第一期? 深い意味は無い? 赤パン隊追加の大型アップデートが来ると思って良い?

2016-07-24

[]フルメタル・ジャケット


フルメタル・ジャケット [DVD]

フルメタル・ジャケット [DVD]

タイトルだけは知っているが見たことのない作品を、ついに見た。

ネットでもよくネタになっているハートマン軍曹の言動が実に面白い。字幕を見ているだけでもニヤニヤが止まらないくらい、お下品な発言のオンパレードだった。

たまに「これも、フルメタル・ジャケットが元ネタだったのか」と知る台詞もあった。

「戦争は地獄だぜ!」とか「家に来て妹をファックして良いぞ」とかも、フルメタだったのね。妹はけっこうな年齢じゃないのかと、関係無いところで笑えた。

名言だけでなく、カット(シーン)も、ちらほらと他の戦争映画で見たような場面がある。いろいろと後の作品に影響を与えたのがよく分かる作品でした。


ハートマン軍曹以外にもほほえみデブという実に個性的なキャラがいた。予備知識なしで見ると新鮮だなあ。

というか、このほほえみデブの人の演技が凄い。今まで見た映画で、一番かもしれないほど鬼気迫る表情だった。表情だけで「この後、絶対ヤバいことが起きる」と直感させられて、見ているのが怖くなるほどだった。


で、クライマックスで、ハートマン軍曹とほほえみデブが、まさかの……。

ほほえみデブの表情が実に上手い。演技とは思えないくらい、役に入り込んでいる。

ああ、こういう物語だったんだ。


……あれ。

エンディングが始まらない。後日談的なものが……。

というか、ネタバレ、ネタバレ。



続きを読む

2016-07-16

[]ベルリン陥落


ベルリン陥落 [DVD]

ベルリン陥落 [DVD]


赤い。

ひとことで纏めると赤い映画でした。主張が赤いし、クライマックスは主張と共に煙火やソ連の国旗で画面も赤いし、嘘くさいほどのスターリン万歳すぎて、赤い。

映画制作当時のソ連なら受け入れられた内容なんだろうけど、米中の新冷戦に突入しているような現代の感覚からすると、どうにも政治色が強い部分があって、少し戸惑った。


同志スターリンが一般市民にも気さくに接したり、戦争終結後、各国の人々から称えられたりするのは、ちょっと過剰演出のような気が。

なんかよいしょしすぎな気がするが、制作当時のソ連人からしたら、すんなり受け入れられたのだろうなあ。今のロシア人が見たら、どう思うのだろうか。


対比としてヒトラーは気が短くて叫んでばかりで、部下への指示は否定されがちで、スターリンよりも劣る存在のように描写されているのが、ソ連映画らしい。

ただ、これ、政治的な視点をなしで単純に創作物の登場人物として見ると、完璧超人で面白みのないスターリンよりも、表情豊かで動きの大きいヒトラーの方が見ていて楽しい。

さらに、「ユダヤ人を虐殺している悪い人」という描写がなく、戦争で徐々に追い込まれていく描写が中心なので、ついヒトラーを応援したくなってしまう。

敗戦寸前で愛人が「愛人のまま死ぬのは嫌。結婚式を挙げたい」などと提案して、ごく少数の側近と共に地下で結婚式を挙げるのはロマンチックとも言える。

最初の方にあった、各国からの要人を招いて盛大にパーティー?していたときとの、栄華と没落の対比として効いている。

普通に映画キャラとしてヒトラーが魅力的に描いてあった。


映画制作当時のソ連としてはドイツを悪者として描くよりも、アメリカを悪者として描きたかったのかな。

「ドイツに協力する秘密協定を結んでいたアメリカが、ドイツを裏切った」から、「アメリカは一応味方だったが、悪いやつ」と主張しているような描写もあったし、冷戦時の映画なんだなあ。


で、ヒトラーは映画キャラとして魅力的に描写して終わるのかと思いきや、結婚式のシーンと平行して、ヒトラーが「ドイツ人市民を虐殺する命令」を出したり、ドイツ人がヒトラーへの恨み言を口にしながら死んでいくシーンを入れたりするあたり、やっぱ普通にヒトラーは悪者として描いてあった。

ただ、これ、本当に政治的な視点を排除してみると、ヒトラーが一番魅力的なキャラクターとして描かれている。

良い感じに表情豊かで叫んで敗北していく過程が、悪役として実に美味しい。

良いのかな、これ。



序盤はセットがミニチュアっぽかったり(画質が悪いせいでミニチュアっぽく見える?)、兵士が人数水増し用らしき人形なのか全く動かずに棒立ちしているところがあったりしたけど、後半はよく動いて爆発していて、戦争映画らしかった。

ドイツ戦車もソ連戦車もいろいろ出てきたし輸送用の車両なんかもいろいろ出てきて楽しかった。

ちらっと登場するだけの戦車もちゃんと動いているのが良いね。履帯のたわむところも見れて良かった。砂埃がどういう風に舞うのか、どこら辺に砂埃が積もるのかも、やっぱ実車を走らせるとわかりやすいですね。

2016-07-07

[]鬼戦車T-34


鬼戦車T-34 ニューマスター [DVD]

鬼戦車T-34 ニューマスター [DVD]


以前、近所の書店がつぶれるとき、本以外5〜9割引きみたいなセールをやったんです。

そんときにいろいろと買ったまま放置してました。

数百円で映画のDVDブルーレイが売っていると、つい買っちゃうんだけど、みないまま放置しているのが何十本かあって、

そもそも自分は映画を見る趣味がないし2時間も座っていることが無理だろうと思っていた。

けど、ガルパンの映画を何回も見ているうちに、2時間くらいならじっとしていられると分かり、まあ、せっかくだし、というわけで、溜めてあるDVDを見ることにした。



鬼戦車T-34か。

いかにもなタイトルだし、ソ連戦車のT-34が大活躍するに違いない。

ガルパンカチューシャ隊長が乗っている戦車の活躍なので、ぜひ、見たい。



ドイツが鹵獲したT-34の性能試験をする。

試験用なので弾は積んでいない。それをソ連人の捕虜が操縦している。ドイツ人の隙を突いて脱走する。

そんな感じのお話。


というわけで、初期の第一印象とは違い、意外なことに発砲シーンがなかった。

鬼戦車っていうくらいだから、T-34の大軍が出てきて街や敵戦車を破壊しまくる馬鹿展開を想像したけど、ぜんぜん違った。

タイトルは「T-34大脱走」とかの方が、イメージにあう。


ドイツ語の箇所で「棒読みの翻訳音声がロシア語で」入るのが、映画としていかんともしがたい欠点。

あと、花畑を走るT-34にロシア人捕虜が群がって併走するシーンが何を表現したいのかまるで分からないし、やたらと長くてシュールすぎる。

で、ネットで検索してヒットする感想が、まったく同じで笑える。ああ、やっぱ、みんなそう思うんだ。



ラストシーンは秀逸だった。

ただ、これ、ソ連映画なのに「ドイツ人の大半が人道的で良いやつ」であることを前提としているんだけど、当時の世相に受け入れられたのか。

冷戦期ならアメリカが悪者なんだろうし、別に良いのかな。


ただ、まあ、古い映画だし、ハリウッドな文法じゃないこともあってか、ちょっと中だるみするというか無駄が多いようにも思える。

ラストシーンを活かすためには、逃走者達の「逃走後の明るい未来への望み」みたいなのをもう少し事前に描写しても良かったように思える。

あと、最終シーン以外は微妙なので、最終シーンを残して30〜60分くらいの短編にしたほうがすっきりするんじゃないかなとさえ思えた。


お花畑を走るシーンとか、森の中で捕虜が前後不覚に陥るところとか、何の意味があるシーンだったんだろうか。

ハリウッド映画の文法しか知らないので、ソ連人の感性はよく分かりませんでした。