佗助日記

2017-10-02

日本酒ゴーアラウンド

f:id:iriya-wabisuke:20171006011728j:image

日本酒宿 七色」さんでの「日本酒ゴーアラウンド」のお手伝い。

奈良県・花巴さんとの刺激的な一日です(続く)。

f:id:iriya-wabisuke:20171001144538j:image

家族優先の毎日のため、なかなか、こうしたイベントや蔵見学(または、それを口実にした飲み会)などには、基本、参加できず仕舞い。

2017-10-01

日本酒ゴーアラウンド

f:id:iriya-wabisuke:20171006011728j:image

北千住日本酒宿 七色」さんにて、「日本酒ゴーアラウンド」のお手伝い。花巴(奈良)さんとの刺激的な一日です(笑)。


f:id:iriya-wabisuke:20171001144538j:image

ほんの数年前までは、「日本酒を世界に広める…」というお題目のもと、数あるイベントにもなるべく参加していましたが、ここ数年は、

10月1日は「日本酒の日」

f:id:iriya-wabisuke:20171001140931j:image

新酒の造りがぼちぼち始まる…、10月は発酵を表す「酉」の月…など、諸説ありますが、何はともあれ、10月1日は「日本酒の日」です(ちなみに1001でメガネの日でもあります、笑)。少しずつ定着してきたような気もしますが、果たして、どれほどの人が知っているのでしょうかね〜


ここ数年は「日本酒ゴーアラウンド」というイベントに参加していましたが、今年は一旦お休みです。それでもせっかくなんで、本日は、同イベントに参加の北千住日本酒宿七色」さんのお手伝いをさせていただきました。「この日本酒の世界の片隅で」な今日この頃です(笑)。

2017-09-30

10月1日は「日本酒の日」

f:id:iriya-wabisuke:20171001140931j:image

新酒の造りがぼちぼち始まる…、10月は発酵を表す「酉」の月…など、諸説ありますが、何はともあれ、明日10月1日は「日本酒の日」です(ちなみに1001でメガネの日でもあります、笑)。少しずつ定着してきたような気もしますが、果たして、どれほどの人が知っているのでしょうかね〜


ここ数年は「日本酒ゴーアラウンド」というイベントに参加していましたが、今年は一旦お休みです。それでもせっかくなんで、本日は、同イベントに参加の北千住日本酒宿七色」さんのお手伝いをさせていただきます。「この日本酒の世界の片隅で」な今日この頃です(笑)。

2017-09-19

本日のラインナップ

f:id:iriya-wabisuke:20170908232636j:image

FBやインスタグラム全盛のこの時代(笑)。

のんびりとブログを更新してきましたが、先日、気が付くと、めでたく10万ビューを突破いたしました(笑)。1日のFB更新で「いいね」が100人を超える方も多いので、この10万ビューというのが多いのか少ないのかも分かりませんが、個人的には、やっぱりこのブログ…という形式が合っているのかなとも思っております。

秋田 天の戸 美稲 純米(500)

宮城 日高見 超辛口 純米酒(500)

山形 上喜元 純米吟醸 超辛口(550)

福島 寫楽 純米酒(550)

石川 遊穂 純米 無ろ過生原酒 直汲み(500)

富山 満寿泉 吟醸(450)

栃木 仙禽 クラシック純米(450)

岐阜 百十郎 純米吟醸(450)

愛知 義侠 純米 無ろ過生原酒(550)

和歌山 紀土(KID)特別純米(450)

三重 作 純米吟醸 雅の智(600)

広島 神雷 山廃純米 秋あがり(500)

島根 王禄 丈径 純米無ろ過生原酒(650)

島根 十旭日 純米吟醸 おりがらみ(550)

山口 獺祭 純米大吟醸(500)

山口 東洋美人 純米吟醸(550)

佐賀 鍋島 純米吟醸(600)


(お燗、常温向け)

宮城 萩の鶴 日輪田 山廃純米(450)

山形 山形正宗 お燗純米(550)

福島 大七 生酛純米(500)

富山 よしのとも 純米酒(400)

石川 遊穂 山おろし(生酛)純米(450)

石川 宋玄 純米原酒 ひやおろし(600)

千葉 東魁盛 山廃純米吟醸(500)

群馬 群馬泉 舞風 山廃純米(550)

埼玉 神亀 手造り純米酒(500)

愛知 義侠 縁 特別純米(550)

奈良 睡龍 生酛のどぶ 純米(550)

大阪 秋鹿 純米吟醸 ひやおろし(600)

兵庫 香住鶴 生酛純米(450)

兵庫 龍力 特別純米 熟成11BY(550)

広島 小笹屋 竹鶴 純米原酒(650)

島根 扶桑鶴 純米吟醸(550)

鳥取 千代むすび こなき純米(450)

秋酒増えていますね。

楽しみです(笑)。

2017-09-16

恒例、今年の1本

f:id:iriya-wabisuke:20170811143029j:image

毎年、年の後半になりますと、このブログにて、今年印象に残った一本を書いております。

単純な好みとしては、「磐城壽 純米アカガネ」が素晴らしかったですが、ウンチクやラベルの可愛さなどを考慮に入れまして(味と関係ないものを入れるのも変ですが、笑)、今年は「山形政宗 お燗純米」を推してみようかと思います。


この「お燗純米」ですが、「ブレンド」です。

考えてみると、今までいろいろ書いてきましたが、あまり触れていなかった「ブレンド」。

ブレンドは、味わいの均一化(または一歩進んで相乗効果)を目指し、ワインウィスキーをはじめほとんどのお酒で用いられる手法ですし、まさに蔵の力量を示す、大事な技術の一つでもあります。


「落ち着き」「柔らかさ」「丸さ」のバランスを追い続けた、山形正宗が導いた答えも、蔵初のブレンド酒でした。26BYの熟成純米酒と、「マロラクティック発酵山形県が開発した新技術で、乳酸の力でリンゴ酸を乳酸化させる発酵法)」にて醸した純米酒をブレンドすることで、じっくりと熟成したお米の美味しさと落ち着いた吟醸香の両立を実現しています。


結構、冷たくても美味しいし(笑)。


そして、やっぱり「ラベル」が可愛い(笑)。

ブレンドの方向性ともぴったり合っていますし、単純に奇を狙っただけではないデザインは、本当に秀逸です。