Hatena::ブログ(Diary)

is01next@blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-09-01 AQUOS Pad SH-08Eを一週間使ってみて このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

AQUOS PAD SH-08EをMNPを利用して格安購入」より続く。

 

 Nexus7からSH-08Eへ乗り換えて一週間が経過した。良かった点や不満な点、使い心地等を書き残しておく。

 

●良かった点
  • Nexus7より50gほど軽くなった上に一回り小さくなったので、片手で持つのが楽になった。
  • 持ち歩く荷物が減った。今までの「HTC EVO(音声)+F-03D(データ通信)+Nexus7」の3台持ちが、「F-03D(音声)+SH-08E(データ通信)」の2台持ちに。
  • LTE回線が内蔵されているので、外出先でテザリングする手間がなくなった。
  • 背面カメラは偉大。
  • 解像度が上がったので表示領域が広がり、作業効率が上がった(気がする)。
  • ミニテレビとミニネット動画が便利。
  • やはりフルセグは綺麗。
  • どこでもコピーが意外に使える。
  • ポケモンキーボードが問題なく使える。Nexus7で多発していたチャタリングが全く起こらなくなったし、キー配列が完璧。
  • Nexus7以上にバッテリーが持つ。
  • 電卓に「00」キーがある。
  • HDMI対応が地味に嬉しい。MHLなので使い勝手はやや微妙だが。
  • 防水も◎。

 

●不満な点
  • タッチ操作が不安定だったが、設定変更によりほぼ解消。
  • 標準のiWnn IMEの場合、ハードキーボード接続時にソフトキーボードを消すことができないので致命的。よってGoogle日本語IMEを使用中だが、今度は「Fn+7」「Fn+0」などが使えなくなるので少し不満。
  • 電卓でハードキーボードの「+」「*」を使う際に、Shiftキーの同時押しが必要なのが微妙に面倒。(Nexus7ではShiftが不要)
  • 付属の手書きペンが小さすぎて使いづらい。手書きアプリ「書」がうまく使いこなせない。

 

●使い心地

 良いです。まだ完全に使いこなしてはいませんが、スペック的にも機能的にも満足いく端末です。驚異的なことですが、不満はほとんどありません。ただ、Nexus7で味わったドキドキ感は薄いですが(これは仕方ないかな)。

 

 モッサリ感は全くなく、フリーズや突然再起動することは今まで一度もありません。現在、ミニネット動画でYouTubeを視聴しながら、Jota+でブログ記事を書いていますが、快適そのもの。当たり前ですが、同じメーカーが作ったIS01とは比べ物になりません。SH-08Eと同スペックのIS01を出してくれませんかね?

f:id:is01next:20130901082310j:image

 

タッチパネルの補正

【追記】ソフトウェアバージョンアップで現在は解決済(2013-09-03)

 SH-08E最大の不満はタッチパネル操作。あちこちで不満の声を耳にしますが、感度が良すぎるみたいです。タッチでスクロールするつもりが、拡大されたり、リンク先へ飛んだりと、初期状態では頻発しました。

 以下、設定の変更点。

  1. 設定→端末情報→タッチパネル補正
  2. 設定→ユーザー補助→押し続ける時間→短め
  3. 設定→省エネ&バッテリー→エコ技設定→技あり(編集)→省エネ液晶ドライブを「ON」にした上で、エコ技設定「技あり」を有効にする

 3番目の、エコ技設定「技あり」を、省エネ液晶ドライブを「ON」にした上で有効にすることで、タッチパネルの不安定さはほぼ解消しました。ただ、根本的な解決かどうか不明ですので、バージョンアップによって不具合が解消されることを祈っています。

 

【追記】ソフトウェアのバージョンアップでタッチパネルが安定しました!(2013-09-03)

 

●ハードキーボードを使う準備

 愛用のポケモンキーボードを使うための準備をします。自分にとっては、クイック起動へのショートカット登録が必須です。Google日本語IMEもインストールしておいた方がいいかもしれません。

 

1. SH-08EのBluetoothをオン、ポケモンキーボードの「Fn」ボタンを押しながら電源を入れてペアリング。

 

2. 日本語入力に対応させるために、下記apkをインストール後、設定画面からキーボードレイアウトに「日本語」を追加する。

 

kb109jp_is01next_2.apk

https://docs.google.com/open?id=0B_OiJLg-LN4aekJfb01lSkFSM28

 

3. Nova launcherやQuickShortcutMakerなどで「クイック起動(QuickLaunchSetting)」の設定画面を呼び出して、アプリやショートカットを登録。A〜Z、0〜9の英数字に割り当てることが可能。

 

Nova launcher

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.teslacoilsw.launcher&hl=ja

 軽快かつ多機能なランチャー

 また、ステータスバー、アプリドロワー、アプリ履歴などを、クイック起動のショートカットとして登録できるので便利。

 

QuickShortcutMaker

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sika524.android.quickshortcut&hl=ja

 

4. 「HOMEキー」で、登録したクイック起動を呼び出す。

 

2012-11-23 ポケモンキーボードでメニューや検索を呼び出す方法 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 自分用にカスタマイズしたキーボードレイアウト変更アプリを公開します。android4.1以降であれば、ポケモンキーボードでメニューや検索を呼び出すことができるようになります。

 

kb109jp_is01next_2.apk

https://docs.google.com/open?id=0B_OiJLg-LN4aekJfb01lSkFSM28

 

 元のアプリは下記ページのものです(ありがとうございました)。インストール方法なども記載されているので一読をお勧めします。

 

Android 4.1で日本語物理キーボードを使う

http://y-log.net/archives/2012/08/19/1606

 

 実際に使用可能なショートカットキーは以下の通りです。

  • Fn+1」 メニューを呼び出す
  • 「Fn+2」 検索を呼び出す
  • 「Fn+3」 電源スイッチ
  • 「Fn+4」 HOME画面を呼び出す

 

 その他のショートカットキーについては下記ページをご確認ください。

 

Nexus7とポケモンキーボードで楽々ショートカット

http://d.hatena.ne.jp/is01next/20121110

 

2012-11-10 Nexus7とポケモンキーボードで楽々ショートカット このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 Nexus7とポケモンキーボードで快適な日本語入力環境が構築できたのでメモ。

 

●用意するもの

  • Nexus7
  • ポケモンキーボード
  • 各種アプリ

 

●やったこと

1. Nexus7のBluetoothをオン、ポケモンキーボードの「Fn」ボタンを押しながら電源を入れる。

 

2. 日本語入力に対応させるために、下記apkをインストール後、設定画面からキーボードレイアウトに「日本語」を追加する(English(US)と併用)。

 

Android 4.1で日本語物理キーボードを使う

http://y-log.net/archives/2012/08/19/1606

 

3. QuickShortcutMakerなどで「クイック起動」の設定画面を呼び出して、アプリやショートカットを登録。A〜Z、0〜9の英数字に割り当てることが可能。

 

4. 検索キーの代わりに「HOMEキー」で、登録したクイック起動を呼び出す。

 

5. SmartBarをインストールしていると、「お気に入りのアプリケーション」や「クイック設定」等のショートカットを、クイック起動に登録できるので物凄く便利。

  

●共通1

  • 「Shift+矢印」 範囲選択
  • 「Ctrl+a」 全選択
  • 「Ctrl+c」 コピー
  • 「Ctrl+x」 切り取り
  • 「Ctrl+v」 貼り付け
  • 「Ctrl+スペース」 キーボード切替(※キーボートレイアウトが複数選択されている場合)
  • 「Alt+スペース」 絵文字→記号→顔文字(※iWnnの日本語入力時)
  • 「Fn+7」 全角カタカナ変換(※iWnnの日本語入力時)
  • 「Fn+8」 半角カタカナ変換(※iWnnの日本語入力時)
  • 「Fn+9」 全角アルファベット変換。小文字→大文字→先頭大文字+小文字(※iWnnの日本語入力時)
  • 「Fn+0」 半角アルファベット変換。小文字→大文字→先頭大文字+小文字(※iWnnの日本語入力時)
  • 「半角/全角」 IME切替

※「半角/全角」が効かない場合は「Shift+スペース」でIME切替

 

●共通2

  • 「Fn+↑」 ページアップ
  • 「Fn+↓」 ページダウン
  • 「Fn+←」 先頭へジャンプ
  • 「Fn+→」 末尾へジャンプ
  • 「Fn+半角/全角」 Esc(*戻る)
  • 「Fn+Alt」 音量アップ
  • 「Fn+Ctrl」 音量ダウン
  • 「Alt+Tab」 直近に開いたアプリの切替
  • 「HOME+Tab」 直近に開いたアプリの切替
  • 「HOME+英数字」 クイック起動で指定したアプリやショートカットを起動

 

●Chrome(ブラウザ。「iWnn IME」の場合)

  • 「Ctrl+l」 検索窓へ移動(*その後、「Tab」でメニュー、「←」でリロードや戻る、進む)
  • 「Ctrl+f」 ページ内検索
  • 「Ctrl+[」 戻る
  • 「Ctrl+]」 進む
  • 「Ctrl+t」 新しいタブを開く
  • 「Ctrl+n」 新しいタブを開く
  • 「Ctrl+w」 タブを閉じる
  • 「Ctrl+d」 ブックマーク追加
  • 「Ctrl+f」 ページ内検索
  • 「Ctrl+Tab」 タブ切り替え
  • 「Ctrl+数字」 数字で指定されたタブへ切り替え
  • 「Tab」 リンクを下方向へ移動(*押し続けることで高速移動)
  • 「Shift+Tab」 リンクを上方向へ移動
  • リンクは「Enter」でリンク先へジャンプ
  • 「Ctrl+Enter」で新規タブでリンク先へジャンプ
  • 「Alt+Enter」でリンク先をダウンロード

 

●Jota+(エディタ。「iWnn IME」の場合)

  • 「設定」→「ショートカット設定」でカスタマイズ可能。
  • Jota+独自のショートカットを使うときは、日本語IMEを切っておく必要あり。

【追記】「設定」→「入力設定」→「IMEの前にCRTLキーを処理する」で解決

 

●Ghost commander(ファイルマネージャー。「iWnn IME」の場合)

  • 様々な独自ショートカットが使用可能。
  • 「スペース」 ファイルの選択・解除がワンタッチ

 

●注意

WifiとポケモンキーボードのBluetoothが干渉することがある。その時は一度WifiとBluetoothをオフにする。

日本語キーボートでは、ほとんどのキーが対応しているが、若干違っているところがある。

ChromeでJavascriptを多用しているサイトを利用すると、日本語入力がうまくいかない場合がある。

Google日本語IMEは微妙。iWnn IMEが無難。

 

●雑感

IS01を使っていたので、「クイック起動」があるとなしでは、作業効率に大きな差がつくことを理解していました。よって、Nexus7とポケモンキーボードの組み合わせで最重視したのが「クイック起動」。うまく実現できた上に、いつの間にかアプリだけでなくショートカットも登録できるようになっていた。これは凄く便利。

なお、ホーム画面に戻るには、「クイック起動」でホームアプリを指定すればOKです。

 

●追記(2012-11-19)

iWnnだと、 全角カタカナ変換「Fn+7」や半角アルファベット変換「Fn+0」が使えることに気付きました。特に「Fn+0」は超便利。「半角/全角」キーを押すことなく、日本語とアルファベットを入力し続けることができます。PCと同様、「Fn+0」を複数回押すことによりに、小文字→大文字→先頭大文字+小文字と切り替えることができるのも楽です。

kenken 2014/02/10 20:25 すみません、どうやったら ショートカットのサーチボタンをホームボタン に変更できますか?

2011-02-02 is01の潜在能力を引き出すアプリ&設定 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 rootを取ってから日増しにis01の快適度が上がっているのを実感する。

 そこで、is01にインストールしている主なアプリを列挙しつつ、どのような設定をしているのかメモ書きしておく。

1. root奪取アプリ

  • IS01 rooter
  • Superuser

 定番。この2つがないと、手軽かつ効果的にis01の潜在能力を発揮させることは難しい。

2.root作業用アプリ

  • sheditor (エディタ。is01向けなのでとても使いやすい)
  • GScript Lite (コマンド保存実行アプリ。root拡張。ファイルはsdカードにも保存可能)
  • 端末エミュレータ (コマンド実行アプリ。root拡張。定番)
  • ES ファイルエクスプローラー (ファイル操作アプリ。root拡張。定番)
  • Ghost Commander (ファイル操作アプリ。root拡張。定番)

 ランチャーやワンセグ、ケータイアップデート等の組み込み系常駐プロセス(アプリ)のリネームは、sheditor(エディタ)でコマンドを記述し、GScript Lite(コマンド保存実行アプリ)に保存してから実行している。リネームすることでcpuやメモリの無駄使いを抑制する効果があるみたい。数えたらプロセス(アプリ)を20以上リネームしてた。

 解像度やcpuクロックの変更(build.prop)は、build.propを書き込み可能にするコマンドをGScript Liteから呼び出して、sheditorで編集して実行している。「ro.sf.lcd_density=192」

 端末エミュレータは、カメラやビデオの無音化で使ったぐらいであまり使わないが一応入れている。

 ES ファイルエクスプローラーとGhost Commanderは両方とも素晴らしいファイル操作アプリであり、かつ、root機能にも対応している(例えばGhost Commanderは/data/data/の閲覧やコピーが可能。busyboxへのパスを通せばchmodが使える)ので重宝している。

3.要rootアプリ

  • AutoKiller Memory Optimizer (メモリ管理アプリ)
  • Cache Cleaner (キャッシュ消去アプリ)
  • MarketEnabler (キャリア偽装アプリ)
  • ShootMe (スクリーンキャプチャーアプリ)
  • Titanium Backup (全アプリ&データのバックアップアプリ)

 AutoKiller Memory OptimizerはpresetをOptimum (40,50,60)で運用中。Android System Infoで確認する限り、常にメモリを40MB程度freeに保とうとしているみたい。しかもandroid本体のタスク管理(Low memory killer)の設定数値を書き換えるだけっぽいので、cpuやメモリを無駄に消費することがない。試しにStrict (60,70,80)に設定したら、いつもは緩慢な動きをするAndroid System Infoがサクサク動いたので笑ってしまった(Android System InfoではLow memory killerの設定値が変わっていることも確認できる)。presetの数値を大きくすれば動きが快適になる可能性はあるが、他方ブラウザで開いていた画面などが強制終了させられそうで加減が微妙っぽい。なお、is01を再起動するとLow memory killerの設定が元に戻るので、まずis01rooterでrootを取った後に、あらためてAutoKiller Memory Optimizerを起動する必要がある。presetのショートカットを作成できるのでこれを利用するのがお勧め。

 まさに神アプリなので、is01でrootとってワンセグやランチャーなどをリネームして殺している人なら、入れて損することはないと思う。その際、他のautokill系のアプリを外す方が競合しないし無難かと。

4.ツール系アプリ

  • ADW for is01 (HOMEアプリ)
  • PreHOME (HOMEアプリ。クイック起動を利用してタスク切替用に使用)
  • Spare Parts (設定アプリ。解像度を変更した際に必要)
  • 履歴消しゴム (履歴一括消去アプリ。root不要の神アプリ)
  • Android System Info (タスクマネージャー他アプリ)
  • ジョルテ (カレンダーアプリ。ウイジェットのカスタマイズが自在)
  • News and Weather (天気&ニュースアプリ。ウィジェットとの連携が素晴らしい)
  • Speed Dial Folder (フォルダ管理アプリ)
  • Folder Organizer lite (フォルダ管理アプリ)
  • MapDroyd (地図アプリ。オフラインでもGPSで現在位置を確認可能)
  • Volumer++ (音量設定アプリ。シンプル。4つまでカスタム設定を登録可能)
  • Lookout (セキュリティアプリ。軽い)
  • OI Safe (パスワード管理アプリ。高機能かつ使いやすい。csv入出力に対応)
  • DayWeekBar (日・曜日の表示アプリ。ステータスバーに常駐。軽くてスマート)
  • Shaddapp (インストールアプリ一覧出力アプリ)

 ADW for is01はis01の画面を最大限使うことができる上に、カスタムショートカットが凄すぎる。アクティビティを指定できるので、各種設定へのショートカットが作れる。私はフォルダにまとめて管理している。

 例えば、以下のような設定画面へのショートカットが可能。

  • 電池情報
  • 電池使用時間
  • 充電池データ
  • 使用統計情報
  • FMトランスミッター
  • クイック起動
  • アプリケーションの管理
  • アプリケーション開発
  • wifi設定
  • wifi詳細設定
  • VPN設定
  • 画面表示
  • 日時設定
  • セキュリティ&位置情報

 Android System Infoは、起動中のアプリごとにcpuとメモリを表示してくれるので便利。android.prosess.mediaなどが暴走しているときもすぐ分かり、直ちに止められる。この手のアプリをいろいろ試したがこれが一番。また、cpuのMHzごとの使用時間を表示してくれるのも嬉しい(is01のcpu管理はプロセスが暴走さえしていなければ優秀)。ただし、このアプリは重いので、ウィジェットは使わず、常駐させていない。

5.エンターテイメント系アプリ

  • 縦書きビューワ (青空文庫ビューア。使いやすく、解像度変更にも対応)
  • Tuboroidon (2chビューア。最高)
  • twicca (twitterビューア。定番)
  • Pulse (RSSビューア。素敵)
  • TuneIn Radio (インターネットラジオ。主に60s)
  • Raziko (インターネットラジオ。国内FM)
  • 3 (音楽再生アプリ。機能も見た目もgood)
  • Skyfire (ブラウザ。限定的だがflashを見ることも可能)
  • Toddler Lock (音と色の感覚的なアプリ)
  • Documents To Go (オフィス互換アプリ)
  • テレビ番組表 (使いやすい)
  • 改fring for IS01 (ビデオチャットアプリ)

 Documents To Goはis01にプリインストールされているアプリ。バージョンアップした上で、主にPDFビューアとして使用中。Jコミの漫画を読むにはandroidではこのアプリぐらいしか見当たらない。ラブひな等をズーム25%で閲覧(もう少し解像度がよかったら嬉しいが)。ちなみにAutoKiller Memory OptimizerのpresetをStrict (60,70,80)に設定してみたところ、pdfの描画速度が劇的に早くなり、またもや大笑いしてしまった。is01はどのようなチューニングをされて出荷されているのであろうか。

 普段はリネームしているのでワンセグは常駐していない。必要なときは、GScript Liteに保存している「start_oneseg」をワンクリックすれば再起動までやってくれるから楽チン。月に数回使うか使わないかだからこれで十分。再びワンセグを殺す場合は、GScript Liteに保存している「stop_oneseg」をワンクリックするだけ。

 is01はos1.6だし、インカメラがあっても独自拡張だし、ビデオチャットは無理だろうと諦めていたところ、つい最近改fring for IS01の存在を知る。試したところ、着信音が鳴らない、通信が不安定、ハウリングが酷いなど、使いにくいところはあるが、そんなことは些末なことなので、我慢するか工夫すればいいだけの話。何しろis01でビデオチャットができるのだ!!!(skype for auって何?) is01のカスタムROMで最も期待しているのが実はこのビデオチャット機能。遠方の親戚と格安(というか既存のwifiを使えば無料)でビデオチャットができる日がついに到来! 凄いぞis01。

6.まとめ

 osが2.2や2.3でないけれども、現状のis01に満足してる。キーボード付きで、画面は大きく(解像度を変更すれば更に快適)、処理速度は早く(要チューニング)、メモリにも余裕があり(要チューニング)、ワンセグやFMトランスミッターが使える上に、カーナビにもなるし、待望のビデオチャットにも対応。Flash10.1が利用できるようになれば更に素敵だが、近いうちに可能になるんじゃないかと楽観視している。

 現在の不満は以下の通り。

  • iWnn IME SHの予測候補リストを横幅一杯に広げ、かつ、縦4段表示を縦1段表示にする。
  • システム文字の大きさ、及び、ダイアログの各項目の間隔を小さくする。
  • 「ro.sf.lcd_density=160」にしてもレイアウトが乱れないようにする。
  • Flashの表示。

 カーネルの入れ替えなどをすれば実現可能かもしれないが、現時点ではそこまでリスキーなことをするつもりはない。

【追記】2011-03-16

 上記不満はほぼ解消されたのでメモ。

  • iWnn IME SHの予測候補リスト → なくても日本語入力のスピードはあまり変わらないので表示しなくなった。
  • 「ro.sf.lcd_density」 → 162 に設定。文字サイズが固定される「縦書きビューア」から、文字サイズが可変の「A・文庫」に乗り換えた。162に設定したおかげで、ダイアログの各項目の間隔も適度になった。
  • Flashだけはどうにもならないが、iPhone向けにFlash代替ページを用意しているサイトならば、Rock Player でストリーミング再生できるので便利。標準ブラウザでもrootを取ればユーザーエージェントを偽装できるので問題なし。なお、カーネルの入れ替えをした上に、オクでis01を買い増したので、音が出るようになったら一台を2.2か2.3にアップする予定。