Hatena::ブログ(Diary)

磯山友幸のブログ RSSフィード Twitter

2014-05-16

「東海道新幹線」の好調が示す景気回復の「真実味」

| 15:24

ヒト・モノ・カネの動きが活発になれば、景気が良いと実感するようになります。アベノミクスには賛否さまざまな意見がありますが、着実に景気は良くなっているように感じます。飲食店などの話を聞く限り、4月の消費税の影響もそれほど深刻にならず乗り越えそうな気配です。フォーサイトに書いた原稿です。

 東海旅客鉄道JR東海)が4月25日に発表した2014年3月期の連結決算は、純利益が2556億円と過去最高だった。東海道新幹線の利用客が大幅に増えていることが主因で、純利益は前の期に比べて28%も増えた。安倍晋三首相経済政策アベノミクスを打ち出した頃から、新幹線利用客は増加に転じていたが、ビジネス客だけでなく観光客の利用も加わり、大幅な旅客の増加につながった。人の移動の増加は景気回復の力強さを示していると言えそうだ。 目立つ「外国人観光客」 運んだ旅客の人数にそれぞれの乗車距離を乗じたものの累積である「輸送人キロ」を見ると、新幹線の好調ぶりが分かる。2014年3月期は488億7300万人キロと、前の期に比べて4.1%増えた。リーマンショックの影響や円高で企業業績が大幅に悪化した2010年3月期には、出張の自粛などによるビジネス客の激減により1年で7.3%も減少し、426億8500万人キロまで落ち込んだ。 その後、11年3月期には2.5%増、12年3月期には1.3%増と推移したが、アベノミクスが始まると13年3月期には5.9%増の469億3000万人キロとなり、ようやくリーマンショック前の水準 … 以下新潮社フォーサイトで(有料)→http://www.fsight.jp/26425