Hatena::ブログ(Diary)

磯山友幸のブログ RSSフィード Twitter

2014-06-19

国家戦略特区指定で「改革の実験場」となった養父市の試み

| 16:05

国家戦略特区になった兵庫県養父市に週末行ってきました。別の雑誌に写真満載で取り上げますが、その前にサワリを書きました。是非お読みください。


兵庫県養父(やぶ)市。京都から特急で2時間、もう少しで日本海側に抜ける中山間地に広がる。山陰に抜ける古くからの街道筋で、かつては鉱山林業、農業で栄えたが、今は人口減少が止まらない。2004年に旧養父郡の八鹿(ようか)町、養父町大屋町、関宮町が合併して誕生した時は3万人の住民がいたが、10年たった今は2万5700人にまで落ち込んだ。高齢化も激しい。市域の84%が山林で、谷筋に沿って水田が広がる。山の奥まで作られてきた棚田でのコメ作りは重労働で、年を追うごとに休耕田や耕作放棄地が増えていく。日本の農業の1つの典型である中山間地農業が直面する「限界」がみえる象徴的な場所である。 そんな養父市が今年3月末、国家戦略特区に指定された。安倍晋三内閣が「規制改革の突破口」と位置付けたもので、東京圏関西圏新潟市福岡市沖縄県養父市の6カ所が選ばれた。養父市新潟市と共に、農業分野の改革拠点という位置づけで、特に養父の場合、中山間地農業の生き残りを模索する改革拠点とされている。 現代の「楽市楽座」に 全国にいくらでもある中山間地の農業地帯の中で、なぜ養父が選ばれたのか。 何より大きいのは、養父市の広瀬…


以下新潮社フォーサイト」でお読みください(有料)→</span>http://www.fsight.jp/27445