Hatena::ブログ(Diary)

磯山友幸のブログ RSSフィード Twitter

2018-10-04

団塊の世代「後期高齢者」入りで解散危機迫る健保組合「2022年問題」

| 22:02

10月4日にフォーサイトにアップされた原稿です。

 日本の社会福祉制度の中でも誇ってよい「国民皆保険」をこのまま維持することはできるのだろうか。ここへきて、日本の健康保険制度の一翼を担ってきた大企業などの健康保険組合の解散が相次いでいる。

580組合が赤字決算

 報道によると2017年4月以降2018年4月まで、少なくとも12の健康保険組合が解散。来年4月1日付けで解散を決めたり、検討しているところも6組合にのぼる。話題を呼んだのは来年4月での解散を7月に決めた「日生協健康保健組合」と、同じく9月に決めた「人材派遣健康保健組合」。加入者がそれぞれ16万4000人、51万人と日本を代表する巨大な組合組織だった。人材派遣健保は国内2位の規模だ。

・・・以下、新潮社フォーサイトでお読みください(有料)→https://www.fsight.jp/articles/-/44300

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isoyant/20181004/1539090124