Hatena::ブログ(Diary)

アイアナ:データ分析や人工知能(AI)などの技術雑記

2009 | 11 |
2010 | 02 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 04 |
2014 | 03 | 12 |
2016 | 03 |
2017 | 10 |

2010-12-10

小技メモ

  • グラフウィンドウを指定した大きさで新しく出す
windows(600, 400)

  • ヒートマップ(標準化あり、Colorで指定したラベルの色をつける)
heatmap.2(data, col = redgreen(64), scale = "row", ColSideColors = Color, 
	density.info = "none", trace = "none", margins = c(2, 7), 
	hclustfun = function(d) hclust(d, method = "ward"))

  • グラフの便利オプション(右上のラインが引かれない、軸が0から始まる、y軸の数字が縦になる)
plot(data, bty = "l", las = 1, xaxs = "i", yaxs = "i")

2010-12-09

データの可視化関連

データをただ解析するだけではなく、綺麗に表示できるだけで「おお!」と思われることも多い。

海外のサイトでこのような記事がありました。

http://www.smashingmagazine.com/2007/08/02/data-visualization-modern-approaches/

内容はよく分かりませんが(汗)、とにかく綺麗!


また、BIツールの一種でタブロー(tableau)というソフトもあります。

http://www.tableausoftware.com/products/tour

http://www.tableausoftware.jp/

1ユーザーで24万するので高額ですが、使いこなせればそれに見合った価値がある!?

だけど、結局やってるのは集計・散布図レベルの解析。

回帰モデルなどの高度な解析をして、なおかつビジュアル的にもインパクトのある見せ方はできないものか。

解析をRでやって、結果を綺麗に出力という方法がとっつきやすそうだな。

いろいろ作ってみよ〜