Iの飲んだくれ日記

カレンダー
<< 2016/06 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2010-12-18 朝まで生LOOPに参加して

今更かもしれないけれど、2ヵ月半前のことについて書いておく


朝まで生LOOP「激論! ど〜する!?ど〜なる!?ど〜したい!? 実験音楽」に参加して

「朝まで生LOOP」ってこんなイベントでした。

http://d.hatena.ne.jp/loopline/20100923/p1

まずは「なぜ参加する気になったか?」というところから

最初パネラーに知合いが多い(10人中5人)から、

途中からでものぞきに行こうと思っていたのだが、

事前に角田さんのブログhttp://d.hatena.ne.jp/anatema/20100926 )で

あげられた文章を見て、これは最初から見ておかないとと思った次第。

その文章のどこでそう思ったかというと、

「しかしそういう人(今回のパネラー)が実験的なシーンを活性化しようと思っているので

 あれば問題ないのだが」という部分で、

僕にとっては角田さんの書いたように、「実験音楽」の定義を聞くのではなく、

Bar Issheeで行われている多くのライブが、

Looplineでのライブに似ているものを感じたので、

活性化ということは、ライブ集客に悩むうちの店にとっても

なにかヒントが見つかるのではないか、というスケベ心からでした。

そして事前に聞いていたLooplineの閉店話(2011年3月末)もあり、

店の実情とかも聞けるかなと思ったのでした。

開始が23時半ということで、23時には店を閉め、

タクシー現場に乗り付け、入口付近に座席を確保。

(それだけ気合が入っていた証左と思ってください)

で、この「討論会のようなもの」が始まるわけだけど、

表面的な形式は「朝まで生テレビ」を模したもの。

多分、ギスギスな雰囲気になるのを防止するための潤滑油的な役割だったんだろうけど、

司会の人が田原総一朗のマネをしていた。

で、まずはパネラー各自の自己紹介的なものから始まり、

議論は進むのだが、一向に活性化するような話が出てこない。

そればかりか、客の少なさ自慢や、

「こういう音楽が1万枚も売れるわけがない」発言など、

現状を打破していこうとかではなくて、

最近J-POP歌詞ではないが「今の君でいいんだよ」と言って欲しいような

感じを受けたのでした。

で、なんか経済的な話を誰かがしようとすると、

その部分は「武士は食わねど高楊枝」的な発言で言いくるめられたり。

最終的には経済的な話も絡まざるを得ないのに、

そこを切り捨てた話に終始してしまったのは残念だった。

で、4時くらいに質疑応答のタイミングで、

僕が「活性化」に関して質問をしても、

のれんに腕押しのような回答しか得られず5時過ぎに会は終了。

思うに、会の冒頭で企画者側から詳細な説明があり、

なおかつ店側からは閉店に至る事情説明があればよかったかなと。

(なにしろLoopline閉店の事実がその場の人に伝えられたのは閉会間際)

そうすれば、こういう場を維持していくためにどんな行動が必要か、

という切り口からでも「活性化」に繋がる話ができたはず。

活性化する必要はない」という人が何人かいらしたが、

ある人の発言は、そうは言いながらも実際の行動は活性化に繋がっていると思うし、

また別の人の発言は、「既得権益を守る政治家」のごとく、

スノビズムがプンプンするものであった。

音楽家(なり表現者でもいいけど)はともかくも、

評論家イベント企画者、ハコの人は、

音楽家の作品の媒介者なのだから、

その発言及び行動により音楽家とまだそれを体験してない人との、

接点を作ったり、垣根を低くすることを忘れてはならないよなぁ、

というまこと自分自身にはね返ってくる思いを強くしたのでありました。

2010-08-14 Summerholic 〜Holiday In The Sun〜

イベントタイトルSummerholic 〜Holiday In The Sun


2010年8月14日(土)16時−23時


タイムテーブル DJ敬称略

16:00-16:40 いっしー  https://twitter.com/isshee

16:40-17:00 okuoku   https://twitter.com/okuokuokuoku

17:00-17:40 西廣智一a/k/a“とみぃ” http://www.tmq-web.com/ https://twitter.com/tomikyu

17:40-18:20 山崎廣和  http://www.newaudiogram.com/blog/yamayamawo/ https://twitter.com/yamayamawo

18:20-19:00 中尾憲太郎 https://twitter.com/kentaro_nakao

19:00-19:40 サソリベイダー 鍵付き(https://twitter.com/sasorivader

19:40-20:20 niu     http://hibino-hour.blog.so-net.ne.jp/ https://twitter.com/niusun

20:20-21:00 吉田アミ  http://d.hatena.ne.jp/amiyoshida/ https://twitter.com/Amiyoshida

21:00-21:40 あやな(COSMETICShttp://ameblo.jp/sogawaayana/

21:40-22:20 ミト http://www.webdice.jp/user/477/ https://twitter.com/micromicrophone

22:20-23:00 園崎未恵 http://yaplog.jp/mie_kingyo/ https://twitter.com/Sonozaki_mie


一般 3000円 飲み放題+フード1品


詳細リンクはこちらで

http://www.bloc.jp/barisshee/data/1279728528

ナタリーにも紹介されました

http://natalie.mu/music/news/36107


他紹介記事

http://d.hatena.ne.jp/amiyoshida/20100814

http://www.webdice.jp/diary/detail/4621/

http://ameblo.jp/sogawaayana/entry-10618800204.html

http://yaplog.jp/mie_kingyo/archive/1602

2007-05-25 NIN祭終了、東京へ。

8時にはホテルをチェックアウト。

あいにくの雨は涙雨なのか?

その後、いろいろあった後、大阪第三びるちかのうどん屋「はがくれ」で食事。

丸ビルからバスに乗り伊丹空港へ。


昼過ぎの飛行機東京に帰ってきた。


いかん、もう何もやる気が起きない...。

腑抜け状態だぁ!

ここまでのことって、生まれてこの方初めてかもしれないなぁ。


とにかくこの6日間に会ったMixiの仲間達やSpiral会員の人達NINスタッフ人達

そしてもちろんNine Inch Nailsメンバーに心からの感謝をしたいと思います。

ありがとう! 

そしてまた会いましょう!

2007-05-24 NIN6日目

いよいよ、日本ツアー最終日。

昨日ピックをくれたギターテックに挨拶したいのもあって、

Aaron側最前を確保すべく9時半頃に到着するも、最終日で皆気合が入っているのか、既に30人ほど。

まあ見知ったメンツなので和気藹々といろいろな話をして時間を過ごす。


チケットを引き換えた時に「今日、ミーグリは?」と聞いたら「Possibly Maybe」との答え。

期待に胸が膨らみつつも、開場2時間前を過ぎたのでやはり無いかと思っていたら、

急遽並んでくれ、ということで、東京初日に続く2回目のミーグリ。

今回はいつあってもいいように2006年ツアーフォトブックを持ってきていたので、

それにサインしてもらうことに。

リハは

THE FRAIL

THE WRETCHED

DEEP

CAPITAL G

の4曲。DEEPなんて結局、ここでしかやらなかったなぁ。

途中、Alessandroのバースデーということで、バースデーソングにのってケーキ登場。

これがスシケーキで、会場の皆に振舞われたのだが、そうとうわさびが効いたしろもの。

ほんとはAlessandroに食べさせて、目を白黒させたかったんだろうなぁ。


その後はサイン会

今回は移動しながら書いてくれるメンバー(Jeordie,Aaron,Josh)と

こちらから移動して書いてもらうメンバー(Alessandro,Trent)に分かれていて、皆右往左往。

なんかもっと喋ることがあるのに、つい目の前にすると言いたいことの半分も喋って無いんだよなぁ。

それでもJeordieとトレントとは「握手→指を絡め→拳をあわせる」の挨拶(なんて言うんだっけ?)

ステージ上のギターテックにも目線で挨拶


いったん外に出て並びなおしたらすぐに入場。

一番上手側の最前列スピーカー前を確保。

開演前に隣の女子たちには「After Show」のシールが配られる。


Nine Inch Nails@Zepp Osaka

この日もミーグリのときから機嫌のよかったメンバー

セットリストは次のとおり。

SOMEWHAT DAMAGED

YOU KNOW WHAT YOU ARE?

TERRIBLE LIE

SIN

MARCH OF THE PIGS

PIGGY

THE BEGINNING OF THE END

SURVIVALISM

RUINER

BURN

HELP ME I AM IN HELL

ME, I'M NOT

REPTILE

THE FRAIL

THE GOOD SOLDIER

WISH

ONLY

CAPITAL G

SUCK

THE DOWN IN IT

THE DAY THE WORLD WENT AWAY

HURT

THE HAND THAT FEEDS

HEAD LIKE A HOLE


スモークの放射向きがステージやや後ろではなく、ステージ面にあわせていると思ったら、

やはり1曲目は「SOMEWHAT DAMAGED」。

途中、通訳が出てきてTrentのメッセージを我々に。

ブッシュ政権の批判しているから、アメリカに入国できなくなったら、日本に戻ってくるから

 ソファ貸してくれ!」とか「(8月からのヨーロッパツアー)までちょっと時間があるから新作録音する」とか...。

そして再度Alessandroの誕生日を祝う、ということで女性が出てきてバースデー・ソングを歌い終えた瞬間、

そのケーキをぶつけようとしたけど、彼は察知していたみたいでうまくよけたのだが、

ステージにぶちまけられたケーキをTrentとAaronが手ですくってAlessanndroに投げつけていたのは笑った。


そして「THE DAY THE WORLD WENT AWAY」〜「HURT」の流れ、ここで皆の涙腺を開きっぱなしにして、

最後になだれ込むなんてほんとに素晴しい展開。

どんなにセットリストが変わろうとも、いつもすごい感動を与えてくれるNine Inch Nails

ほんとに素晴しいバンドだね。


終演後、ギターテックに自分のメアドを渡そうと、声をかけたら、ちょっと待っての合図。

セキュリティが退場を促す中、待っていると後ろから肩を叩かれ、

彼がAaronの破壊したギターの残骸を持ってきて渡してくれた。

彼にメアドを渡し、名残惜しくハグをして別れた。


「After Show」は結局無くて11時近くまで会場にいたので、その後は皆三々五々。

「Potato Kid」に寄ったら、昼に場所を教えてあげたYがいてビックリ

その後また2時くらいまで飲んでいたかな。

2007-05-23 NIN5日目

朝っぱら「ダリ展」に行こうかと思い伏見まで散歩

途中TV出演中のウィッキーさん発見。変わって無かったよ。

名古屋市美術館に着くが9時半オープンとのことで断念。

その後、栄まで歩く。


昼過ぎに大阪に着くこだまはまたHと一緒。

新大阪で別れ、なじみの「ホテル関西」へ荷物を置きに行く。

その後、Yと昼食をするために中崎町へ。


「ビバ☆ガーデン」というその店。

ほんとうにゆるゆるな感じで、自分としては非常に和むところ。

Yは仕事中だったので飲まない分、私が飲んでました。

その後チェックインを済ませ会場に移動。


名古屋と同様、東京とほぼ同じメンツ。

リハ中の音が聞こえてきて、おぉ「Get Down Make Love」やっている!!

この日は2階指定席なので最後尾で入場。


開演前にNINギターテックが客席にいたので話をしに行く。

あごひげが長いので「Mastodonのメンバーに似てる」と言ったら

「Trentにも言われたけど俺の方が先だぜ」、「でもZZ Topのまね?」、「まぁ、ははは」なんて会話をした後

Aaronのピックをくれた。


Nine Inch Nails@Zepp Osaka

セットリストは次のとおり。

HYPERPOWER!

THE BEGINNING OF THE END

LAST

SURVIVALISM

MARCH OF THE PIGS

SOMETHING I CAN NEVER HAVE

CAPITAL G

BURN

GAVE UP

HELP ME I AM IN HELL

ME, I'M NOT

ERASER

LA MER

INTO THE VOID

THE GOOD SOLDIER

WISH

NO, YOU DON'T

MR SELF DESTRACT

ONLY

GET DOWN MAKE LOVE

DEAD SOULS

HURT

THE HAND THAT FEEDS

HEAD LIKE A HOLE


途中ベースが音が出なくなり、Jeordieがボーカルのみ担当して、合間にAaronの方に裏側で動いていったり、

Trentが場をつなぐために喋りが長くなったり、Aaronが日本語で「カンパイ!」と言ったりと、

トラブルゆえの(客として)嬉しいハプニングも。

QueenJoy Divisionと珍しいカバー連発で、「Hurt」抜きかと思えばしっかりやったし。


大阪駅梅田駅周辺で宿泊の4人で「和民」にて飲み食い。

その後一人で久々の「Potato Kid」へ。

YouTubeNINの古い映像とか見て、2時過ぎにホテルへ。

2007-05-22 NIN4日目

午前のこだま名古屋に移動。

ホームに降り立つと肩を叩かれる。

誰かと思いきや、「東京でもいましたよねぇ?」というNIN遠征組のH。

じゃあ、また会場で、と別れホテルに荷物を預ける。


そして栄の愛知県立美術館へ。

ここでは東京で見逃した「若冲と江戸絵画」展を見る。

ラフなようでいて、近づいてみればきめ細かな点と線による描写がすごく、

美術館所蔵品の洋画などと比べるとよりいっそうそこが際立つ。


今度は地下鉄を乗り継ぎ、名古屋港水族館へ。

シャチのクーちゃんが人気者のようだが、

ここではやはりなんといってもペンギン水槽が壮観で、しかも癒されるのである。

駆け足で回ったあと、ホテルチェックインしに戻り、

やはり東京から来たMとロビーで待ち合わせて、会場に向かう。


名古屋で並んでいる連中もほとんど東京と同じメンツ。

4時頃に着いてもまだ30人ほど。

今日もミーグリは無しで、先行入場しやや上手側を確保。


Nine Inch Nails@Zepp Nagoya

東京の3日間から選りすぐったセットリストか、あるいは驚愕の新セットリストか、と思ったが次のとおり。

HYPERPOWER!

THE BEGINNING OF THE END

SURVIVALISM

MARCH OF THE PIGS

PIGGY

HERESY

CLOSER

THE BECOMING

BURN

GAVE UP

HELP ME I AM IN HELL

ME, I'M NOT

ERASER

LA MER

THE GOOD SOLDIER

WISH

NO, YOU DON'T

ONLY

DOWN IN IT

HURT

THE HAND THAT FEEDS

HEAD LIKE A HOLE


The Becomingだけがこの日唯一の曲。

最初前座の時にセキュリティが一人しかいなくて大丈夫かと思ったが、

ダイブする奴は同じ数人が何回もやる、というくらいで、押しもゆるく、

こんな狭いところ(NINライブ会場としては)で、こんなに楽に見れていいのか、と思ったね。

ダイブしてきたAaronがステージに戻る時、足を引っ張ってあげた。


終演後はH,MにR,T,Mhを加えた6人で「世界の山ちゃん」へ。

閉店まで相当な勢いで飲み食いしたけどお勘定は安かったな。

2007-05-21 渋谷→新宿→麻布十番

渋谷にてクラムボンApple Store渋谷を見ようと13時開始のところ、12時に到着も

既に百人ほど並んでいてげんなり。


久々に「Gold Rush」に行きダブルチーズハンバーグ200gを食す。

その後、いろいろウロウロしていてMと落ち合う。

Mの提案によりラーメン屋「はやし」へ。

ラーメン以外のメニューは既に売り切れ(14時半現在)。

テーブル上に一切調味料が無いことからも伺われる味のこだわり。

美味い!

その後、Mと別れ新宿へ。


西口近辺で用事があったのだが、せっかくなのでAIRSへ行ってみると、

見かけたことのある長身金髪女性が......。

NINの前座で来日中のSerena Maneeshのメンバー3人でした。

そうこうしているうちにFより電話

麻布十番で飯を食うことに。


Fと落ち合い行ったのは焼とんの「あべちゃん」、ここも久しぶり。

一通り食べたあと、今度はバー「On The Rocks」へ。

ウィスキー飲んでいい気分で23時には解散。

家に帰って明日からのNIN遠征荷造り。