今日の雑記

<< 2006/02 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

back to TOP PAGE

 | 

2006-02-28

[] Cマガ休刊

いまさらなネタですが。

とうとうというかついにというか。むしろ今までよく続けてこれたよなと。

それはそうと、最終号である来月号の記事、もうちょっとなんかなかったんかい?

krackmaniakrackmania 2006/02/28 20:39 記事が纏められたCD-ROMがメチャンコ高いけど、欲しいっす。(汗

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20060228

2006-02-27

[] Mu-cade遊んでみた

Mu-cade http://d.hatena.ne.jp/ABA/20060225#p1

コメント欄が大変なことになっているので、外野から。

とりあえず以下のような事とか。

  • なんか時々自機を見失う。オブジェクトたくさんの時に尻尾開放したあたりとか。
  • 尻尾がフィールド外に垂れ下がるとあーあーあー(どうしようもないんですよねぇ)。
  • 尻尾を切る敵とかいたらどうなんだろう?リブルラブルのアイツみたいなの。駄目か。

全部些末事ですが。っていうかこれくらいしか思いつかないのがなんとも。

ABAABA 2006/02/27 22:46 見失うのはなんとかしないとね。フィールド外にいったときは気合で引き上げろ!力が足りないときは敵弾で!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20060227

2006-02-13

[]まあたまには

製作中の画面を公衆の面前に晒してみよう。

その1

その2

その1は特殊武器射出中。その2はそれを撃ち終わった後って感じ。

まあとりあえずこんなの。

nise_yamaokanise_yamaoka 2006/02/17 20:20 色だけを見ますと、MSXとかアタリの画面を彷彿させます。判定がわかりやすそうです。

isshikiisshiki 2006/02/27 18:08 > 色だけを見ますと、MSXとかアタリの画面を彷彿させます。
そうか MSX だったか。どうりでなんか見たことある色合いだと思った。<こら

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20060213

2006-02-12

[]だめだった

昨日紹介した Jocky ですが。cygwin ではだめですた。

http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20060211/p1

まず普通に ./configure しても、所々で no がでる。

で、終わった後で make しても、当然のように失敗。

いろいろ調べてみたところ、「Valgrind」っつーのが必要みたいで、で、それをダウンロード ./configure したところ・・・。

OS チェックしてみたけど cygwin はだめよ!(大意)

エラーメッセージが出て、終了・・・。

もうちょっと頑張ってみます。っつーか素直に Linux マシン用意しなさい。

(2006/02/13 00:42 追記)

shin.h さんから、「Linux でないと動かないですねえ」という指摘を受けました。あと「valgrind」の有無は関係無いかもしれません。

まあ、どのみち cygwin 上での動作は諦めるしかない、と・・・。

せっかく魅力的なツールだったんですが・・・。

いよいよ下記の計画が現実味を帯びてきました。

[]んで実は

昨日秋葉で、数世代前のノートPCを探してしてうろついてました。目的は「お手ごろな Linux 環境を構築したい」というの。

探していたマシンの理想スペックはと言うと、

  • Celeron300 くらいでいいや。
  • HDD も 1G いらない。あってもいいけど。
  • メモリは 64M くらいでいいかと。
  • できれば IBM か TOSHIBA 製。
  • んでサブノート(B5くらい)。
  • 解像度は 800x600 でいい。 1024x768 あれば言うこと無し。
  • 正直動けば、外観はぼろくても良い。中さえちゃんとしてれば。

こんな感じ。

しかしもう、最初の項目だけでかなり弾かれますね。見つからないこと。

もうちょっと探してみますが。

krackmaniakrackmania 2006/02/13 00:28 そこで、colinuxですよ。<Valgrind

isshikiisshiki 2006/02/13 00:38 ついさっき、友人にも言われたばかりです。<coLinux
やっぱりそうなのかー。

krackmaniakrackmania 2006/02/13 01:22 最近VMwarePlayer出てきたのでその上で動かすのも吉。
http://yamashita.dyndns.org/blog/343

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20060212

2006-02-11

[]役に立ちそう

高林さんのとことで、面白そうなのを見つけた。

Jocky http://0xcc.net/blog/archives/000098.html

Linux のツールだが、cygwin でもいけるなこれは。

実行時のパラメータやらなにやらを記録しておいて、それをそのままそっくり再生できるという代物。高林さんの言うとおり、デバッグで効果を発揮します。というかゲーム開発では必須。

[]ソースブレークポイントを埋め込む

同じく高林さんのところから。

http://0xcc.net/blog/archives/000100.html

マクロ中にブレークポイントを埋め込める」というのが嬉しい。

[]ファーミングフィッシング

この際だからきちんと把握しておこう。

ファーミング -> ユーザが正しいURLを入力しても、自動的に偽のサイトに誘導して個人情報を詐取する行為。

フィッシング -> そもそもURL自体が偽もので、サイトの見た目もホンモノに似せた偽サイト個人情報を詐取しようとする意味目的は同じ。

2006-02-10

[]アホがおるアホが

http://shmups.system11.org/viewtopic.php?t=4307

拙作 VAX11 のスコアスレ。もう2スレ目というのがなんとも。

VAX11 http://homepage2.nifty.com/isshiki/VAX11.zip

しかし本当にアホな点はスコアで、5000 点越えが平気でいる。リプレイ見せてくれ。

[]なんだこれ?

リビアの国歌 http://blog.livedoor.jp/insidears2/archives/50352039.html

ちょっと強引な部分もあるが、面白い。フラッシュ希望

[]今日の a24z

さらしてみる。とある敵のスクリプト

#include "common.a24zh"

def start() -> void :
let: 
    i = 0
    tx = 0.0
    ty = 0.0
    vx = 0.0
    vy = 0.0
    ax = 0.0
    ay = 0.0
in:
    px = possetx(0, POS_NONE)
    py = get_rand()
    py = -64.0 * py
    py = -240.0 + py
    py = possety(2, py)
    if px < 0.0:
        tx = get_rand()
        tx = tx * 64.0
        tx = px + tx + 32.0
    else:
        tx = get_rand()
        tx = tx * 64.0
        tx = px - tx - 32.0
    ty = py + 208.0
    yield

    while i < 10:
        vx = px
        vy = py
        px = px + ((tx - px) / 5.0)
        py = py + ((ty - py) / 5.0)
        vx = px - vx
        vy = py - vy
        i = i + 1
        yield

    i = 0
    tx = px
    ty = py
    ax = vx / 16.0
    ay = vy / 8.0
    if ax < 0.0:
        ax = -ax
    if ay < 0.0:
        ax = -ay

    while i < 300:
        if px < tx:
            vx = vx + ax
        else:
            vx = vx - ax
        if py < ty:
            vy = vy + ay
        else:
            vy = vy - ay
        px = px + vx
        py = py + vy
        i = i + 1
        yield

    while 1:
        px = px + vx
        py = py + vy
        yield

こういう、多段階の制御に向いてますね。これをベタで組むかと思うと、もう、そりゃ・・・。

[]懐かしいというかなんというか

エグゼリカBGM(STGAE-01) http://www.warashi.co.jp/exelica/download.htm

嫌いじゃないです。というか好き?と言われるとどうかしら?

何がどう?といわれても困るけど。

ロケテ時の画面を反芻しながら聞いてるけど、あーうん、なんつーか、アレ、うん。まあ。

[]まあお祭りなので

冬季五輪セレモニー見たら寝ることにします。おやすみなさい。

[] SMASH PONG!! for SDL New Version

と思ったけど、

http://homepage2.nifty.com/isshiki/tmp/pong.zip

SE が遅れて鳴る原因がわかったので更新しました。あと、SDL_mixer が何気に OggMP3 に対応しちゃったりしてますが、DLL のみでライブラリ付属してないので意味がない。

結局原因は、 SDL.dllDirectX リンクに対応してなかったのが問題みたいです(ってこの言い方は正しいのか?)。恐らく、Linuxとかで独自にコンパイルリンクしていた方は(居るとしたら)問題なかったかと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20060210

2006-02-05

[]まあベタで組んでたくらいのことは

できるようになった感じ。a24z で。以下のように。

#include "common.a24zh"

def start() -> void :
let:
    ret = 0
    i = 0
in:
    di_print(16)
    df_print(5.3)

    clrtsk_group(GROUP_04)
    clrtsk_group(GROUP_06)
    set_enemax(8);
    set_bgvel(0,-12.0);
    _wait(60)
    init_data();

    while 1 :
        i = 16
        di_print(1);
        while i :
            _set_enemy(ENEMY_01)
            _set_enemy(ENEMY_01)
            _set_enemy(ENEMY_01)
            _set_enemy(ENEMY_01)
            _wait(15)
            i = i - 1
            yield

    return

#include "util.a24zh"

コマンド作るのもこなれてきたし、今んところは良い感じ。

h_sakuraih_sakurai 2006/02/06 10:25 なんか、とても素晴らしい気がするんですけど。

isshikiisshiki 2006/02/11 04:09 この手の奴は慣れが必要なんで、いきなり勧めると言うのはアレなんですが、物好きならば試してみても良いカモしれません。
特にドッグフードを食べたがる人間は。わうわう!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20060205

2006-02-03

[]昨日の続き

a24z が ver0.81 から ver0.91 に上がったので対応。

http://d.hatena.ne.jp/w_o/20060202#p1

Cygwin では問題なくコンパイルできる。でも D で使う都合上(と言うわけではないのだが)ライブラリだけは DMCコンパイルするわけなのだが、ここでいつも何らかのアレな状況に遭遇する。

まあ大した問題じゃないし、コンパイルスイッチでどうにでもなる問題だと思うのだけど、何かこう気持ちが悪いので対処してしまう。

具体的には、

dmc -c  vm.c
	(vm->regs.sp)->c = retptr;
	                         ^
vm.c(43) : Error: need explicit cast to convert
from: char const *
to  : unsigned char const *
	(vm->regs.sp)->c = exit_prog;
	                            ^
vm.c(45) : Error: need explicit cast to convert
from: char const *
to  : unsigned char const *
	push_exit( vm, exit_code, NULL, init_framesize );
	                                               ^
vm.c(67) : Error: need explicit cast for function parameter 2 to get
from: unsigned char const *
to  : char const *
	push_exit( vm, retsub_code, pc, fi->frame_use );
	                                              ^
vm.c(79) : Error: need explicit cast for function parameter 2 to get
from: unsigned char const *
to  : char const *
	push_exit( vm, retsub_code, pc, fi->frame_use );
	                                              ^
vm.c(94) : Error: need explicit cast for function parameter 2 to get
Fatal error: too many errors

とまあこんなの。const 絡みです。結局 cast で逃げ。ってそれは対処なのか?

あと、「a24zからCの関数を呼んだときの引数」問題は、昨日のご指摘で無事解決できました。ありがとうございました。>w_oさん

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20060203

2006-02-02

[] a24z でいろいろと

a24z http://d.hatena.ne.jp/w_o/searchdiary?word=%2a%5ba24z%5d

そろそろヘビーな使い方が始まりました。さてどうなる。

今までやったことメモ

  1. D言語対応しなきゃ -> した
  2. 宣言とかその辺とか全ソースに書くのはメンドイし修正はあれだよね -> プリプロセッサで逃げる
  3. 引数が二つ以上あるコマンドはどう定義すれば良いのかしら? -> コンパイラやら VM やらのソースみたけど挫折
  4. とりあえず共通する関数は一つにまとめたい -> これもプリプロセッサで逃げる
  5. その関数引数つきで呼び出した場合その引数ってどうやって取るのやら? -> 解決(?)

いやまあ、解らないところは本人に聞けばいんですが。その前に苦労しないとね、何かとね、アレでね。

まあ、今日はできたから良いや。

で、以下が最後の項目のソース。「extern」は D 側で実装している関数

extern di_print( val: int ) -> void
extern df_print( val: float ) -> void

def start() -> void :
let:
    i = 0
in:
    di_print(16)
    df_print(5.3)

    while 1 :
        i = 60
        wait(i)
        di_print(1);
        yield

    return

def wait( val : int ) -> void :
let:
    i = 0
in:
    i = val
    while i :
        i = i - 1
        yield

    return

こんな感じ。ていうかこれ合ってるのか?動いてる(みたいだ)けど。

ついでに、上記のソースの実体をば。

#include "common.a24zh"

def start() -> void :
let:
    i = 0
in:
    di_print(16)
    df_print(5.3)

    while 1 :
        i = 60
        wait(i)
        di_print(1);
        yield

    return

#include "util.a24zh"

まあ、その、なんだ、「#include」が物語ってますな。しかもソースの上下になんて。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20060202

2006-02-01

[] SMASH PONG!!

http://homepage2.nifty.com/isshiki/tmp/pong.zip

いろいろまずかったバグ修正したのと、簡単な SE を追加しました。

というかこのバグはありえないだろ、というのが色々と。随分やっつけで作ったのがバレバレ。ろくにデバッグしてないのもバレバレ。

ライブラリ側の方は全く変化ありません。

[] そうそう

SDL_mixer なんですが。

上記の奴、何か発音(SE)のタイミングが遅いんですよね。なんでだろう?

ワンテンポ、って言うのには済まされないぐらい。「っっっお、今鳴ったか!」というくらい。ライブラリmake で何かヘマったかしら?

まあ、心あたりは色々あるんですが・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20060201
 | 
20040203040506070809101112
20050102030405060809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070811
201301020708101112
20140203040509101112
2015010203040506070809101112
201601020304101112
20170405091012
201801020410
プロフィール

isshiki

isshiki

上級NEETの実態