今日の雑記

<< 2008/04 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

back to TOP PAGE

 | 

2008-04-30

[] SDL-off まとめとか

まとめてみました。主に開催側の考えとかの視点で。

続きを読む

[] SDL-off ネタとかについて

以下は、当日発表したネタとかについてです。

続きを読む

2008-04-29

[] SDL-off@関東GW2008

おつかれさまでしたー!>参加者の皆様方

なんというか、結局 Zinnia さんに仕切らせてしまったのがなんと言うか...、という感じです。ごめんね役に立てなくて。

お詫びに日に3回、臼井に向かって礼拝しますです。

レポートに関しては後日改めて...。

dan5dan5 2008/04/30 09:38 ごめんなさい。家族急病で欠席を連絡するのも忘れていました。申し訳ないです。

isshikiisshiki 2008/05/01 02:39 あら、大丈夫でしょうか?>ご家族の方

dan5dan5 2008/05/01 12:20 今は元気になりました。
子供なので、症状が変わりやすかったりわかりにくかったりなので、しばらく注意深く見守っています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080429

2008-04-28

[] 明日は SDL-off@関東GW2008

正直どう呼べばわからないけどまあ上記のような趣旨の会が開催されます。

今回は会場の広さ(16人収容)と結果的に応募してきた人数(20人オーバー?)が全く釣り合ってない感じで申し訳ない。「4人くらい増えたところでどうよ?」と思われる方も居るかもしれませんが「古炉奈」の会場の広さを舐めてはいけない(ぇ

一応主催した人間としては、「GW にやりたい」というのと、「でも真っ只中だと帰省してるよねみんな?」という配慮からこの日取りになったのですが、それが幸いしたのか仇となったのか(こら)、予想以上(当初は10名ちょいだった)の応募となりました。これも「SDL 界の精神指導者」であり「IT神」としても呼び声高い Zinnia さんのなせる技かと存じ上げます。

当日、といっても実は時間的に今日ではありますけど、多少の混乱はあるかと思いますが、ご協力していただくなり、生暖かく見守るなり、傍から見てクスクス笑うなり、まあ、自由な時間が過ごせればなあ、と思う次第であります。

というわけで、参加者の皆様、よろしくお願いします。これを見たときはすでに終わった後かもしれませんが<書く意味ないやんけ

[] SDL-off 開発日記

というわけで、追い込みらしくない追い込みを掛けてみたりした。だって仕事仕事が〜<聞いてないよ誰も

まあ、発表できるレベルのものは正直できてません。ネタとしても近年稀に見るくらい進んでないです。ネタは無い事は無いんですが、「それだけで勝負するか?」といわれると微妙な感じ、のネタしかない状態です。

まあ初めての方もいらっしゃるので、そういう意味では見せられるものは有りはしますが、その程度だしなあ...。

無理やり形だけ作って持っていくという手もアリはしたんですが、それやっちゃうと今後ソレ(<どれ?)を作りつづける上で色々問題がでそうと言うか、作った部分が無駄になりそう(つまり作り直し)な感じに思えたので、敢えて「本編のネタ」な部分を控えめにせざるを得ませんでした。「それでも見たい」というなら止めはしませんが...。正直、昨日も書きましたがまだ「ゲームになってない」感じです。

それと、「ゲームになっていない」と同義な部分でもあるんですが、技術的というか、「今回こういう感じで組み込んでみました」という部分も無いのが痛いところです。元々ボクの作るものはそんなに「技術的にどうこう」っていうのは皆無な(<というかまあある程度やってりゃ当たり前の事しかしてない)ので、その辺でも見せられる部分が無いなあ、と。

いつも off の度に思うんですけど、そういう「技術的に云々」という部分が出せればなあ、と。なんか開催前にして開催後の感想みたいな文章になってしまいましたね。みんな世間が悪いんだ。日本なんてfぎゅえぐいぇwgふぇふうぇうf(ry

ともあれ、明日はよろしくお願いします。ボクは会場の隅っこで体育座りしながら世間にたいして怨念呪詛を唱えて時間を過ごそうと思います<出て行け

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080428

2008-04-27

[] SDL-off 開発日記

なんかこう書くと「SDL-off のために開発してる」みたいだけどそんな事は無いです(<ほんとうか?)

ちょっとした演出を盛り込んでみたり、仮ステージ水増し作ってみたり。

今回はグラフィックのリソースも作らなきゃならんので(っつーても SS2004 の敵程度のものですが)、ステージ作成は思いの他進みません。進ませません。勝つまでは(何?)。

元々 GP2Xリリースしようと思っているのを、Windows(時々 Linux)で作っているので、画面がとても小さい(320x240)のが難点というか迫力が無いというか何というか。Windowsフルスクリーンで動かせれば良いんだけど、戻ってきたときの画面のごちゃごちゃっぷりがなんともアレなのと、Linux というか EeePC というか xUbuntu で「320x240」がサポートされて無いっぽいので、結局フルスクリーンにしても画面が小さいという悲しい事態に。

もうちょっとバリエーションが欲しいところ。まあそれ以前に「流れ」だけできてて「ゲーム」にもなってないわけだが(えー!?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080427

2008-04-26

[] 散歩日記

「あー晩飯食わないとなあ」と思ったのが午後の7時過ぎ。その後うだうだしてたら8時回ったのでなんとなく雨降ってたけど既出外出。

雨降ってるので近場で済ませようと思ったけど、どうせならちょっと足延ばそうと思って自宅から「東急戸越公園駅(大井町線)」へ。ここには(西大井に比べれば)結構店があるから、と思ったので。

行った時間が悪かったのか思い違いだったのか、そんなに心動かされる店が見当たらなくてそのままテクテクと北上北上?)。

しばらくすると雨も上がってきて、「そういえばここをまっすぐ行ったら戸越銀座だったよな?」と、GoogleMap で仕入れた「はずの」怪しい脳内情報を元に歩を進める。

ほどなく、本当に「戸越銀座」に到着。なんだ。一国(国道一号/第2京浜)歩くよりこっちの方が速いかも?と思いながら戸越銀座をずんずん進む。

んがしかし、ここでも時間帯が悪かったのかたいした店にぶち当たらず(というか店はあったんだけど気分的には入れなかった<なんだそれ)、此処もカレーにスルー

一度戸越銀座商店街を突っ切った後、「東急戸越銀座駅(池上線)」まで戻って「さてどうすべ?」と思いながら南下。

ほどなく「旗の台駅(東急大井町/池上線)」に到着。そこから商店街(名前失念。何度か通ってるんだけど。)を東へ。このまま行くと第2京浜に行くはずなので。

「途中に何かあれば入って飯食おう」と思ってて、良い感じの店はあったんだけど、「この先に進むといつも行ってる店があるからいいや」と思いスルーしてその店に到着して中覗いたら...、今日も(も?)満員御礼。あ〜こんな事ならなら〜!と脳内地団太踏んだところで後悔なんとやらというかもう戻れない太陽の牙(以下略 なのでそのまま直進。後にスーパーで買い物、その後自宅、という2時間コースの散歩&買い物をしただけという落ちで終了。

まあでも、夜とはいえ最近散歩すらしてなかった(<引き篭もりすぎ)ので良い。

[] SDL-off 開発日記

全然「日記」ではないですが。

SDL-off には Linux マシンで参戦しようと思っちょるのですが。

Windows <−> Linux」のファイル転送に、以前は「ファイル共有」ができてたんだけど、EeePC になってなんかできなくなって(<あきらかにおまえのせい)、しゃあないので「SD で受け渡し」なんていう「最近のいけてない技術者(<なんだそれは)」っぷりを発揮してたんだけど、なんかすげ−面倒くさくなったので「ここは一つ FTP でも」ということで、WindowsFTP あげてみた。

基本は http://sakaguch.com/LinkFTP.html <ここを参考にして hogehoge して数分で繋がった。素晴らしい。

問題はというと、何かと色々面倒だったので LinuxEeePC)側では「コンソール」で hogehoge してる点か。「mget [enter]」のち「[enter]連打」という情けない状況に。でもまあ楽だから良い。誰かもうちっとマシなやり方教えてください(TT初心者過ぎ

とりあえず、今作ってるモノに関しては、「なんとなくステージ制御」ができたりできなかったり。「ステージ制御」は簡単なんだが、問題は「その中身」なんだよね。「制御」なんて「繰り返し」でも実行してくれればそれなりに見えるわけだし。いわゆる「でっち上げ」だよな。

もうちっと見えられる形になればなあ...。

[] 「このひとたちは俺よりもよっぽど長く生きてるくせにこの約束された失敗プロジェクトっぷりを感じることができないんだろうか..」

「長く生きている」ことが「プロジェクトの成否」に関わらない、ということは自明というか、「人それぞれにそれぞれの人生がある」というとかっこいい言い方ですが、全然かっこいいことではなくて「人それぞれに生き方があった結果こうなってる」というと解りやすいでしょうか?解ってるんですよねこういう事言わなくても...。

下手に修羅場を数多く経験してきたもんだから、自分の老齢だとか、まわりの人間がぜんぜんついてきていないとか、そういうことが見えてないのかなあという気がする。

それは「修羅場」でもなんでもなくて、というか、「修羅場」って言うのは「自ら招いた(という意識/無意識はともかく)」かどうではなくて「他を巻きこんでるかどうか」という意識があって初めて意識できるものだと思うんです。でなければ「死んでください(でなければ/いなくなってください/関わらないでください)」という感じなんですけど。まあ、そういうわけにもいかないんだろうなあ。

ボクは幸か不幸かそういう方にめぐり合った経験は少ないんだけど(短に経験年数が少ないだけと言う話しでもある)、もしそういう方に巡り合ってたら、即刻首か、まあ、それに近い待遇を受けていたんだろうなあと思わずにはいられない。

つくづくゲームでよかった、と思う。いや本当に、掛け値無しに。

正直会社にも寄るんだろうけど。

久しく酔ったせいでなんか書いた気がする。「なんか」ってなんだよ?

いやままでもここんとこ「勢い」で書いてる発言多いなあ。ちょっとは出力(@Zinnia兄さん)おさせないといけんかも...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080426

2008-04-25

[][] wine秀丸を使ってみた

まあ結論から言うと駄目だった。なんかもうエラー吐きまくって挙句止まるはダイアログ出ないはその他諸々沢山ほげほげで。

ちょっときつかったみたいね。ごめんね wine

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080425

2008-04-24

[] 画面と見た目と色に関して

唐突ですが。書き出しも唐突だけど。

ボクは、テキストエディタの(全体的な)画面は「黒地に白」が好きです。 Windows でメインで使ってるテキストエディタ秀丸」も「黒地(背景)に白(文字)」で、もうここ 10 年以上やっていってます。

正確には「編集中の行」は「赤文字」なんですけど、これは別に理由は無いです。「赤」といっても「真っ赤っか」ではない感じで、少し淡い感じの色を好んでます。

理由は、今にしてみれば、というのがあるんですが、やっぱり目に優しい感じがする、という感じでしょうか。実際に優しいかどうかどうかは知りませんが、おかげで Windows でもエクスプローラとか、なんか色が準拠したアプリとかそんなに長時間使いません。それにどんなアプリ起動時も「フルスクリーン」というのも、基本「エディタブラウザしか見ない」という環境依存してるんでしょうね。「ブラウザ」に関しては「白時に黒」とかあるのでアレですが、幸いな事にボク実はそんなに長時間ブラウジングしないのであまり負担になってません(<本当か?<いや本当だよ?)。

というわけで、いわゆる「眼精疲労」にまつわる様々な症状に悩まされている方々で、その主な要因が PC にまつわると思わしき方々は、以下のことを試してみてください。効果なかったらごめん。というか「しんしょう(漢字出ない恐らく《心症》?)ストレス内科」に行く事をお勧めします。

  • 1画面に沢山見えるようなウィンドウを出さない。基本1画面1ウィンドウで済ます(つまりフルスクリーン起動)。
  • 「背景=トーンの低い落ち着いた色」で「文字=ちょっと主張した色」の構成にできるならする。
  • 仕事で必要」でないのであれば「見た目が変更できない」アプリは使わない。無ければ探す。さらに無ければ諦めるか、作れるようなら作る(<凄くプログラマ向け話ですが...)。
  • ブラウジング時間を決める。無制限にやってもいいのは「自分自身にとって目に優しいページだけ」と、自らアクセス制限を。
  • ページ移動中とか、ダウンロード中は下を見たりよそ見したりモニタから離れたり目を瞑ったり都合のいいウィンドウに切り替えたりする(意外に有効だったりする)。終了とかは音で判断(ダウンロードとかだったら Windows だと音で教えてくれるし)。
  • WindowsMacOS をやめてカスタマイズがいろいろ出来そうなその辺の OS に乗り換える(@無責任)。でもまあ最近の他の OS にしても似たようなもんか。

ざくっとあげてみました。PC 使ってて体調崩してる方は結構いらっしゃると思うので、この辺を参考にして、独自の回避作を模索しつつ、また別の案などを書いていただけるとありがたいです。

ekieki 2008/04/25 04:31 >ページ移動中とか、ダウンロード中は下を見たりよそ見
これは激しく同意。明らかに目のストレスが軽減しますね。レイアウトの読み込みでどんどん文字が移動してしまうサイトが増えているので、読み込み中のページをバックグラウンドになるタブにすると快適になります。
ただ、フルスクリーンの件は一長一短。モニタサイズにもよりますが、一行の文字数が増えると視線移動が大きくなるのでかなり疲れます。適度に狭く設置したブラウザの方が快適だったり、文字サイズを変化させるショートカットの多様がこれを快適にします。極端な場合には20ポイントくらいまで拡大することもあります。

isshikiisshiki 2008/04/26 04:34 >読み込み中のページをバックグラウンドになるタブにすると快適になります。
あーそういえば、それで思い出したんですけど「タブブラウザ」にするという手もありますね。 IE7 とか FireFox にするのも手か。
ただ、 FireFox は、少なくとも Linux 版はなんかお勧めしない感じですねえ...(EeePC@xUbunts ユーザーの意見)
>フルスクリーンの件は一長一短。モニタサイズにもよりますが、一行の文字数が増えると視線移動が大きくなるのでかなり疲れます。
これはまあ、書いてある通り「テキストエディタ<>その他アプリ」
を行き来してるユーザーとしての意見なのですが、それ以前に「ディスプレイから一歩離れてみる」というのも重要なファクターだったりします(<ならそう書けよ)。近づいて見てたらウィンドウだろうがフルスクリーンだろうが余り関係ないというか意味ないので。

root-ameroot-ame 2008/04/26 14:46
>画面は「黒地に白」が好きです。
windowsのシステムカラーからして黒地に白にしている僕が来ましたよ。アプリ毎に設定する必要が無いので快適なのですが、webなんかを見ていると、「白背景にシステムカラーの白文字を表示」して読めないサイトは思った以上に沢山あることに気づかされます。
それぐらいならいいのですが、アプリのインストール時のダイアログで利用条件を表示しているところが潰れて読めない(しかもCtrl+Aが利かない)ことが多々あるのに辟易しますw
それでも、黒地に白文字のほうが読みやすくて良いと思ってますよ〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080424

2008-04-23

[] 無駄ながんばり

某所より。無断引用。わーい(何故喜ぶ?)

都合により詳細は省きますが(<なんだそれは)

ちょっとこれを実装してみようとがんばってみた。

がんばって、みた...が。

なんでがんばろうと思ったんだっけ?その意義すら見出せないくらいアレな処理だったので、途中で心が折れた。

FizzBuzzからやりなおせばいいのに 。

やり直すか。いろんな意味で。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080423

2008-04-22

[][] 今日GP2X

なんかもうコーナー化してしまいそうな勢いだ。というかカテゴリ作っちまったし。

GP2XSDLソースコード発見したので、「高速化(主に描画周り)」についてちょこっと調べてみた。ソースは以下。

LibSDL Hardware Sourcecode http://www.gp2x.de/cgi-bin/cfiles.cgi?0,0,0,0,46,1241

んで、読んでみて解った感じな事。

  • 結構きちんとハード叩いてるっぽい。
  • ビデオドライバが専用で、名前が「GP2X」。
  • VRAM が存在した。しかも残り 5M も。
  • 「SDL_FULLSCREEN」が有効らしい。
  • さらに「SDL_HWSURFACE」も有効らしい。

実際に以上の事を踏まえて、

videoFlags = SDL_SWSURFACE;
primary = SDL_SetVideoMode(width, height, 8, videoFlags);

としていたビデオ周りの初期化を、

videoFlags = SDL_HWSURFACE|SDL_FULLSCREEN|SDL_DOUBLEBUF|SDL_HWPALETTE;
primary = SDL_SetVideoMode(width, height, 8, videoFlags);

こうしてみた。結果、驚くほどの速度向上が。作成初期の段階(背景描画して敵8体ほど出して自機が出てショットが撃てる)なのであまり参考にはならんが(全くだ)、6倍ほど速くなった。具体的に書くと「6ms」が「1ms」になった。

「FULLSCREEN」に関しては完全に盲点だった。GP2X は Window モードだろうが FULLSCREEN だろうが出る絵は一緒で、ぱっと見「FULLSCREEN」で動いてくれる。しかも通常は「ウェイト」を入れてフレームレートを一定にしてるので、速くなってるのに気がつかなかった。最近は FULLSCREEN で作る事も無かったのでよりいっそう気がつかなかったというか、試しても無かった(PC でもそんなに恩恵があるようには思わなかったしね...)。

「VRAM が 5M 存在した」というのは、ヘッダファイルの下記の記述を見たからだ。実際は 8M あるらしい。

// Allocate 8MB for the frame buffer (seems to be how gph have it)
#define GP2X_VIDEO_MEM_SIZE 5*1024*1024

この情報どこかにあったっけ...?見たことない気がするけど、単に気がつかなかっただけかなあ...?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080422

2008-04-19

[] ○×△□の迷宮移植版その後

とりあえず、元ソースデータ(<ややこしい)がどうも「PAL版」だったみたいなので、ボクにできる範囲で「NTSC版」にしてみた。

PAL」とか「NTSC」とかどういうことかというと、まあざくっというと「動く速度の違い」です。

PAL」っていうのは EU 圏のテレビの規格で、解らないかもしれないけどまあ言うと「秒間50フレーム」で、「NTSC」ってのは我が国日本&北米とかで採用されている規格で「秒間60フレーム」です。同じものをそのまま動かしたとき、PAL だと NTSC の「0.83333333333333333333333333333333(@Windows電卓結果)」倍の速度で動くんですね。つまり遅い。

今回顕著だったのが「サウンド」で、その速度で再生されている音源Wav とか Ogg とかで鳴ってたんで、その一部を「NTSC」で撮りなおしました、と。動作自体はまあ、フレームレート(というかウェイト値)をいじれば済む話なんで問題ないんだけど。

まあでも、良くここまで移植したよな。感服するよ。裏技パスワードまで再現してるし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080419

2008-04-16

[] Linux も始めてみました

実験的に。

DashBorder for Linux http://isshiki.la.coocan.jp/linux/DashBorderLinux.zip

せっかく LinuxSDL環境を作ったので、以前作ったゲーム移植してみました。

移植といっても、Makefile をちょこっといじっただけで、他は全てそのまんまなんですが。この辺が SDL+C の強みですなあ。

まあこのページ見てる人間のどれくらいの需要があるかわかりませんが。

動かすには、SDLメジャーどころのライブラリは一通り必要です。

具体的には、

まあこの辺は Linux やってる方なら問題ないかと。

あとどうでも良いライブラリとして(sayさんごめん)

  • SDL_pcb

も必要みたいです(<みたいなんかい)。

sa-ysa-y 2008/04/17 22:58 必要なライブラリに大事なものが抜けています… SDL_pcb

isshikiisshiki 2008/04/20 05:45 追加しときました。必要だけどどうでも良いのが心苦しいですが...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080416

2008-04-15

[] SDL-off 関東 GW2008

http://gonypage.jp/wiki/hiki.cgi?Sdl2008GwOff

近々開催するそうなので参加希望者は参加表明ヨロ。

あと今回は会場狭いのでひょっとしたら...(なんだ?

[] ○×△□の迷宮某移植版

というかあまり伏字になってませんね(<想像できる人にとっては)。

まあ、そういうのがあったので、試しにダウンロードしてビルドしてみた。のが今から3ヶ月前くらいかしら。

んでそん時はうまくいかなかったのでちょっと放置。今日改めてやってみたところ、何とかうまく動いた。

動いた、が、移植度がまあいまいちな感じ。目移植っぽい(しかも外人だ)からしゃーない部分はある。

そういえば、今回初めて「SDL_sound」をビルドしてみた。音関係は今まで「SDL_mixer」一辺倒だったし。んで、結局これでかなり手間取った。全てと言っても良い。

続きを読む

ちなみに、さすがにこれ(↑のバイナリ)は公開できません。事情は察していただきたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080415

2008-04-13

[] ショートショートシューティング

というジャンルを思いついた。思いついただけだが。

具体的感はまだないんだけど、ちょうど今、自作してるシューティングに行き詰まりを感じていたので、その先を考えてみてもいいかもしれない。

ほんのちょっとワクワクしてきた。久々な感覚だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080413

2008-04-10

[] 昨日のイベント(KarousWii カウントダウン

ご来場いただいた方、ありがとうございます。おかげさまで、小規模ながら盛り上がるイベントとなりました。大変楽しかったです。

今回のイベント企画してくださった「新宿ゲーセンミカド」様にも感謝です。また何かやりましょう。是非。

ボクも、何人かのユーザーに直接商品を手渡しする事ができました。やはりユーザー様に直に手渡しできるのって良いですね。他のメーカーも、もっとこういうことをやればいいのに、と素直に思いました。

あと、わざわざこのために駆けつけてくださった関係者の方々にも感謝!おかげでその後の飲み会も非常に盛り上がりました!

2008-04-08

[] Karous Wii 発売記念カウントダウンイベント@新宿ミカド

を明日、というか本日23:59に開催します。

新宿ゲーセンミカド」店員ブログ http://blog.mi-ka-do.net/?day=20080406

名前は出てませんが、ボクも当日参加して、 Karous Wiiユーザーの皆様に手渡しする予定です。

もしよろしければ、当日参加してください。カウントダウンイベントの後、始発まで大人の会(<なんだそれは)も開催される模様です。

無理言うな。平日の夜中だぞ。

[] おかげさまで

地道な営業活動が実ったのか、各店舗協力の下でのイベント活動が実を結んだのか、ユーザー様の予約数も順調で、Karous Wii初回生産分ははけてしまったようです。「発売日が延びた」にも関わらず。

どういう状態かというと、(元の)開発に携わったスタッフソフトが「一本も」行き渡らないくらい。わーい。

シューティングゲーム」という、非常に売りづらいジャンルゲームでこういう結果になったのも、先にも書いた協力していただいた店舗様、わざわざ予約していただいたユーザー様のおかげです。

本当にありがとうございます。正直涙が出るほど嬉しいです。みんな大好き。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080408

2008-04-05

[] C 言語プログラマに質問すべき問題

という話が今日出た。

続きを読む

ちょっと試してみた。Cygwin で。

isshiki1@isshiki ~/test/local

$ gcc test.c

test.c: In function `hoge':

test.c:12: warning: function returns address of local variable

isshiki1@isshiki ~/test/local

$ ls

a.exe test.c

isshiki1@isshiki ~/test/local

$ ./a

hoge 0x0022ccb4

hoge 5

ソースはこんな感じ。

#include <stdio.h>
static int *hoge(void);
int main(int argc, char *argv[])
{
	printf("hoge 0x%08x\n", hoge());
	printf("hoge %d\n", *hoge());
	return 0;
}
int *hoge(void)
{
	int c  =5;
	return &c;
}

こうもとこうもと 2008/04/09 00:49 printf(”hoge %d¥n”, *hoge());の状態だとスタックの中身はまだ有効なのでは?

isshikiisshiki 2008/04/11 03:31 うっ...、この例はあまり深く考えずに「実際やってみたらどうだろう?」という程度で書いた次第です...。
「まあ何らかのアドレスは帰ってくるだろうなあ?」位は想像してましたけど...。

2008-04-02

いろいろあったけどなんか落ち着いた感じ。

いや、落ち着いたのか〜?

[] ガンダムOO

2クールでいったん終わった(<だよね?)新ガンダムだが、当然本放送なんて観てられないので、今日からの深夜再放送枠で観てみた(<ボクはいわゆる録画機器は持ってないしそもそもそんなにガンダムに興味ないので)。

いわゆる「1話」というのは、シューティングゲームで言う「1面」であり、RPG で言う「スライムと戦って銅の剣を買うまで」の部分で、言い方を変えると今後の展開に「ワクワクしなきゃならん」部分だと思うんだけど、どうにもそれが感じられなかった。

というか、歴代ガンダムでそれを感じられたのってあったっけ?初代なんてもう小学校低学年時代だから覚えてないし(覚えてないという事はつまりその程度だったという話でもあるが)。

まあボクのガンダム観なんてどうでも良いかもしれないけど、そのボクが観てかなり「あーもう2話目以降はいいかなあ」とか思った。

ガンダムファンの方にとってはどうなんですかね?「SEED」と違ってそれなりに男の子方面っポク感じられたんだけど、そういうことで良いのかしら?(@微妙な表現)

taguchyataguchya 2008/04/04 00:27 今回のガンダムは、出てくるロボットがガンダムなだけで、別にガンダムじゃなくても良かったかもしれないので、そういうものだと思って見るとハマったりスカされたりしていいかもしれないス。
あと、ラスボス(第二形態あり)を倒した後に、ライバルキャラともう一戦あるとか、シューティングゲームっぽい気がしたり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20080402
 | 
20040203040506070809101112
20050102030405060809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070811
201301020708101112
20140203040509101112
2015010203040506070809101112
201601020304101112
20170405091012
201801020410
プロフィール

isshiki

isshiki

上級NEETの実態