今日の雑記

<< 2010/07 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

back to TOP PAGE

 | 

2010-07-25

[] SDL-off Summmer 2010

http://isshiki.la.coocan.jp/wiki/?SDL-off%202010%20Summer

無事開催し、無事終えることができました。参加者の皆様、運営に協力してくださった方々、ありがとうございます!

発表というか成果は↓に置いておきます。なお、成果を見るには「要赤青めがね」です。

http://isshiki.la.coocan.jp/SDL_page/SDL_off/20100725/SDL-offSummer2010.zip

解凍して各アプリ起動後に「3」キーを押すと赤青3D化で見ることができます。

今日はこの辺で...。続きは後日書きますです...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20100725

2010-07-21

[] 「じゃないですか」について

NHK でやってたので、ボクの「じゃないですか」について調べてみた。

http://d.hatena.ne.jp/isshiki/searchdiary?of=10&word=%A4%B8%A4%E3%A4%CA%A4%A4%A4%C7%A4%B9%A4%AB

結構使ってるなあ...。ボクとしては「そんなに使ってない」と思ってたじゃないですかあ?(<おっさんに殴られそうな用法)

ここでそれなりに使ってるということは、話言葉でも使ってるってことだなあ...。ちと気をつけよう...。

[] 書き捨て場が欲しい

twitter」ではないのは既に明白なのだが。

ストレージローカル(つまり自宅のいずれかのマシン)ではなくて、自分管理できるネットワーク上のどこかで。それはあるから良い。

問題は「書き捨てする」ためのシステムだ。なにが良いんだろう?いままで自分HTMLポチポチしてたか外部サービスを使ってたので、それ以外の方法を模索するとなると途端に手が止まってしまう。

理想ぶっちゃけると、「発言回数」と「一回の発言」の制限のない「twitter」なのだが。自作したほうが良いか?<...

h_sakuraih_sakurai 2010/07/24 05:19 このコメント欄をその、発言用にするとかどうですか?
それか、どっかのブログをもう一個用意とか。
というか、最近のissikiさんのブログ楽しいです。もっとやってくださいw

2010-07-20

[] 幸せっていいな

ひつじこさんの「ひつじこ日記」を読んでほんわかしたり涙したり。「たまちゃんかわいいんだろうなあ。

こんな幸せなページが Web にあるのは素晴らしい。Web みてて勝手にヤサグレたりすることもあるけど、こんなページだってあるんだ。Web もまだ捨てたもんじゃないよな。

というわけで癒されてます。ありがとう。

ひつじこゾーン http://www.page.sannet.ne.jp/hirasho/yome_diary/

ひつじこさんの一言

ラジオが好き。番組にもよると思うけど、ラジオは、馬鹿馬鹿しくて面白くて優しい。テレビは、いつも怒っていたり、誰かを責めたりしている印象がある。頭はよくならないと思うけど、イライラしないからいい。

至言だと思う。ボクが感じていたことをうまく言い表しているというか。

もう我慢できないので張る!<なに我慢してんだよ

人を笑顔にするパワー。たまちゃんは、すごいモノを持って生まれてきた。たまちゃん自分自身の力で、笑顔に囲まれて育っていく。

明日もよろしくね。

ぶわっ(;ω;)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20100720

2010-07-16

[] ボクと COBOL

Zinnia にいさんが以前「COBOL について知りたい」的なことを書いていて、ボクの短い(本当に短い)COBOL 歴を思い出したので、その話を書いてみる。

驚くべきことに、ボクが COBOLプログラミング言語としては2番目に覚えた。ちなみに最初に覚えたのは BASIC

学生時代は「BASIC」一辺倒で、アセンブラなんか手元に無かったし(あっても覚える気があったかどうか)マシン語なんてとんでもございませんな感じだった。

その後高校を卒業し、最初に行った会社(ビジネスソフトとかを開発する会社)に入社したのが1991年。その時の社員研修勉強したのが「COBOL」だった。

当時はまだまだ COBOL活躍する場面(というか仕事)が多くて、その会社も受注している仕事の大半が COBOL 系だった。

COBOL に触れた最初の印象は「なんだ帳票出力するしか能が無いのか」と今となっては大変失礼なものだったのだが、言語仕様とか(あくまで勉強した範囲内で)はその分コンパクトでわかりやすいな、とも思った。

研修は3ヶ月あったんだけど、1ヵ月ほどで予定していた内容を消化してしまい、その後は先輩と一緒に「教える側(とは言ってもボクは相談されたら答える程度)」に回り、空いた時間は先輩の仕事の手伝いをしていた。

結局、ボクは研修終了後 COBOL とはまったく無縁の(SI 課と呼ばれる今口にするとちょっと恥ずかしい名前のw)部署に配属され、以後 COBOL を触ることなく3年ほどその会社に在籍した。

この文を書くにあたり WikipediaCOBOL の記事を読んでみたんだが、そこに書かれている、

記述が冗長なのは自然言語英語)に近いためであり、ソースコードステップ数は多いが可読性は高くプラットフォーム依存性は低いため、特定箇所の修正や影響の確認などの保守作業は比較的容易である。

というのは全く持ってその通りだなあと今では思う。当時も思っていたが、当時と今では全く逆の考えで、「昔:ださい」「今:ちょっと勉強すれば比較的誰でも使えるのでよい」という感じか。実際、当時(1991年)の同期の人間で「プログラム」はおろか「コンピュータ」をまともに触っていたのはボクともう一人くらいしかいなかったのだが(同期は10数人)、3ヶ月の研修が終えた後、みなそれぞれの(主に COBOL 業務の)部署に配属されていったが、「COBOL ができない」という話は聞いたことがない。単に「聞いてない」だけだったかもしれないが、少なくとも同期の中で最初に会社を辞めたのがボクだという事実一点で、「仕事ができないから会社を辞めた」人間がいなかったと言うことになるので、そういうことなんだろうなと今でも思っている。

それと海外ではどうなのかはわからないけど、日本では、ここ数年(10年?) COBOL に対する風当たりは強いなあというのは、たまに見かける「COBOL 叩き」的な文章を読んで感じているが、それはいったい何故なんだろうか?

言語仕様的に古い」のはまあそれそうなんだろう。実際歴史的に見ても古いし。でも「古い」一点だけを持って「ダメだ」というのは言い過ぎなんじゃないの?と思う。

「今ならこの手の奴は EXCEL でできる」という意見に対しても、新しく構築するシステムだったらそうすればいいじゃない的な話で、別に「新しいシステムにも COBOL 使え」とは誰も言ってないと思うし。

↑にもあるような「記述が冗長」の話に関しても、じゃあ「Java とかどないやねん」という話で、今のような贅沢な環境なら「記述の冗長性」なんてとるに足らない問題だと思う。どうせコピペする(できる)んでしょうし。

なんか「COBOL 叩き」の裏には「古臭い言語仕様言語を今更覚えて使わされるのなんてカコワルイ!」的なプライドが見え隠れして、ボクとしては気分が悪いというか吐き気がする。20代くらいの若い人がそういう感覚を持つことは正しいんだけど、ボクと同じくらいのころからコンピュータ仕事してきた人間が言っているのを見ると、さっきのような感覚を覚えてしまう。

今でも COBOL が必要な仕事はあるだろうし、それが(今となっては、という状況も含めて)他に変えられないという事情もあるだろう。そういう状況も含めて COBOL は今後も生き続けていくんだろうなあと思う。だから、DIS るのは勝手だが DIS ったところで何も生まれないよ?そうするくらいなら他の建設的な道を模索したほうが良いんじゃね?と思わずにいられません。

以上、「ボクと COBOL の今昔と今後(え?今後?)」を書いてみました。最後にはタイトル変わってるし。

話は変わって「COBOLプログラムしててもつまらない」というのは、まあ、そうなんだろうなというのは同意できる。だが COBOL はあくまで、

COBOLコボルCOmmon Business Oriented Language 汎商業目的言語の略)は、事務処理用に開発されたプログラミング言語である。

であって、あくまで「お仕事」するための言語であるので、「事務処理楽しぃー!(゜∀゜)」というちょっとお近づきになれない方々(方々?)でない限り楽しめないと思う。

あーそれと。

「元 COBOL プログラマが書いた HOGE 言語ソースほげふが」的な話も聞くけど、それは別に COBOL のせいじゃないよね?あくまでそれを組んだプログラマの問題なので、そこんとこよろしくメカドッ(ry<懐かしい表現

KouMikageKouMikage 2010/07/17 11:46 COBOLのあの変数宣言の仕方は結構好きです。
Cでいうstructとかunionとかの使い方の勉強的にはいいんじゃないかなぁと思うんですが。
入力も出力もテキストですぐ見えるので配列操作の勉強としても良さげですね。

> 事務処理用
せっかく紙出力が楽なのでパラパラ漫画自動生成とか<紙の無駄

isshikiisshiki 2010/07/21 01:33 >> 事務処理用
> せっかく紙出力が楽なのでパラパラ漫画自動生成とか<紙の無駄
Excel アニメの COBOL 版ですね。わかります。<違

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20100716

2010-07-15

[] 昨日のアレ

なんか XP 環境(恐らくそれ未満の Windows でも)だと正常に文字を認識しない(正確には文字コードが変わってしまう)ようです。

我が家Windows7 環境(32bit)では大丈夫(というか大丈夫だから公開した)なので、Windows7 なら大丈夫かもしれません。

とりあえず調査します。

[] 「KanaEffect」バージョンアップ

しました。

KanaEffect http://isshiki.la.coocan.jp/SDL_page/KanaEffect/KanaEffect.zip

どうも、引数を2バイト文字を与えると、特定の文字の2バイト目が欠落する(具体的には「0x00」になる)という現象があったようです。

んで、ググったりして色々探してみたんですが、探し方が悪いのかそもそもこの症状自体に遭遇できなかったので、あきらめて「エフェクト文字を記述したテキストファイル」を与える、という方式に仕様変更しました。

誰か、↑の症状について情報をお持ちの方がいらしたらご教授ください。

一応、昨日のバージョンも残してあるので、リンク張っておきます。

KanaEffect http://isshiki.la.coocan.jp/SDL_page/KanaEffect/KanaEffect20100714.zip

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20100715

2010-07-14

[] とりあえず公開してみる...

きっかけは数日前の ABA さんの twitte でした。

こんな感じのチュチュチュチュチュンドグワーーーっていう爆発にして

ガッときたらバシンとバシンとしてガッ!

要は長嶋監督の擬音みたいのが解釈できるプログラミング言語を誰か作って

というわけでなんとなくなものを作ってみました。

KanaEffect http://isshiki.la.coocan.jp/SDL_page/KanaEffect/KanaEffect.zip

たとえば、以下のようにして使います。

C:\KanaEffect>KanaEffect.exe どっかーん

するとパラメータの文字をなんとなく解釈してなんとなくエフェクトが出ます。

ダウンロードして解凍するといくつかバッチが入ってるので、ダブルクリックしてみてください。

...

えーっと、まあ、そんな感じです。

すみませんごめんなさいもうしません...。

わかる人にはわかると思いますが、「KanaWave」のパクリです。重ね重ねごめんなさい...。

瓦千鳥瓦千鳥 2010/07/15 08:12 帰ったら遊んでみようw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20100714

2010-07-13

[] 色々思う所あって

色々調査中。

7/8月は個人的に時間が取れない模様なので調査というところか。9月から本気出す(<典型的な駄目なパターン)。

それは良いのだが(<良くないよ)「はてな」のログイン時に出る、

次回から自動的にログイン [ ]

って肝心な時(つまり今)にログインできてないんだがコレはいったいどういうことかね?

数ヶ月ほっといてもログインしてるくせに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20100713

2010-07-12

[] 「Sunaba Shoothing」その後。

あらすじ http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20100709

Sunaba de Shooting ! http://isshiki.la.coocan.jp/sunaba/sunaba_shooting20100712.zip

一応「敵が出て」「自機のショットと敵の当たり判定がある」ところまで作ってみました。実行環境バグもいくつか直っているようなので、実行ファイル更新してあります。

そういえば以前アップしたやつだけでは実行できなかった(具体的には DLL が不足しているので実行できない)ので、それも同梱しておきました。

それと「Shooting !」と「!」と付いてるが何も無い。というか「de」ってなんだよという話だ。

詳しくは同梱してある「readme.txt」をご覧あ〜れ〜。

一応少しは「プログラムをいじりやすい」ようにしたつもりなので、プログラミングに興味を持ってて二の足を踏んでる方は是非弄ってみて OS ごと止めてみましょう!(できたらたいしたもんだよな実際...

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20100712

2010-07-09

[] 簡易プログラミング言語「Sunaba」

ゲームプログラマになる前に覚えて起きたい技術」で有名な「ひらしょー」さんが、九州大学プログラミング講義(ですよね?)をするために作った簡易言語「Sunaba」というものを公開しました

ひらしょー http://www.page.sannet.ne.jp/hirasho/

ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798021180?ie=UTF8&tag=hirasho-22&link_code=as3&camp=767&creative=3999&creativeASIN=4798021180

九州大学講義ソースコード http://www.page.sannet.ne.jp/hirasho/SunabaSource100708.zip (※実行環境作成は別途 MicroSoftVisualStudio が必要です。後述する zip ファイルに実行環境が入っているのでそちらをご利用ください。)

講義の詳細は、上記ファイルダウンロードして解凍した上で、「docフォルダ」以下のドキュメントを参照してください。感想を書き始めると長くなるので割愛しますが、短い中にも大変充実した、面白い内容となっております。できればこの講義を受けてみたいと思うくらい、そして「絶対面白いんだろうなあ」と容易に想像できるほどの内容でした。<あくまでボクにとって

プログラム」を勉強してもらうための講義で、新たに「言語設計」することは、確かに一見無駄なことのように思えます。ですが、↑の講義にも書いてあるように「覚えることは極力最低限」に絞ることにより「コンピュータの核心」に触れつつ「プログラムの最低限の知識」を体感というか、習得できるというのは、大変貴重な体験だと思います。この講義を受けている九州大学学生の方々は、是非この機会をモノにして、プログラマになろうがなるまいが、今後のコンピュータライフ仕事でもプライベートでも)が他の方より少しでも充実したものになれれば良いなあと思わずにはいられません。

[] というわけで Sunaba を使ってみた

以下、一応お仕事プログラマ暦20年近くに及ぶおっさんの雑感とか。主に C ゲンガーとしての。

  1. 「i++」とかやって怒られることしばしば。
  2. ループ抜けるのに「break」ないので色々ほげほげ
  3. あと「途中 return」もないのでふがふが
  4. 中身無い関数が作れないみたいでしばらく嵌った。
  5. あと「引数が無い」関数も作れないみたいでほげ同。
  6. 最初「全画面消去」したらものすごく重くて(= Core i5 マシン)「うげー」とかなって「自分の以前の場所を消去する」なんてロストテクノロジを発動。
  7. 結論としては「Release ビルド」で解決<えー<っていうかデバッグだったのかよ

とまあ色々あって...。

[] んで、その Sunaba でシューティングの元などを作ってみた

実行&ソースは以下から。

Sunaba Shoothing http://isshiki.la.coocan.jp/sunaba/sunaba_shooting.zip

シューティング」って書いてますが「背景」と「自機」と「自機弾」しか出ません。解凍した先の「SunabaPlayer.exe」を実行して「srcフォルダの「main.c」をドラッグすれば実行できます。

カーソル」で自機移動、「スペース」でショットが出ます。それだけです。<えー

この先コレをゲームにするのは、モニターの前の君達だ!<他人任せ

こんなもん出したらっていうか、「ひらしょー」さんに怒られるかも。どきどき...。

ひらしょーひらしょー 2010/07/10 05:14 平山と申します。はじめまして。

クローズドベータテスト中的なものを触っていただきありがとうございます。バグの報告は本当にうれしいです。

その他ちょっと。
・引数なし関数は作れるはずです。()は必要ですが。
 →通らないコードがあればいただけると助かります。
・中身なし関数はテストしていませんでした。すぐします。
・全画面消去は「矩形描画ハードウェア」を使うと速いです。→fillRectサンプル
そのうち「矩形転送ハードウェア」がつきます。

既知のバグは、
・const定数で配列アクセスできない
・関数外の変数にアクセスしようとするとコンパイルエラーにならず中で落ちる
・ローカル関数を使うとコンパイラで無限ループ

というわけで、本当ありがとうございます。

isshikiisshiki 2010/07/10 13:18 うわー。
こちらこそ始めまして。一色と申します。

早速ですが...、

>・引数なし関数は作れるはずです。()は必要ですが。
> →通らないコードがあればいただけると助かります。
あらそうですか...。もう一度再現させてみます。
>・全画面消去は「矩形描画ハードウェア」を使うと速いです。→fillRectサンプル
あー「MEM_FILL_RECT_START」なんてものがあったのですね...。失礼しました。

細かい感想とか↑の実装などは後日また書かせていただきます...。では!

2010-07-08

[] 「仕事」に対して「何」を望んでいるんだろうなあ?という話

よくまあ「睡眠はあなたの人生の1/3を占めています!」的な話が某ショッピングチャンネルで声高にされていますが(人によってはまちまちなのはともかく)。

仕事もまあ同じような話で。

学生時代はともかく、社会に出れば、人生の何分の一かが仕事に占有されたりするわけで、時にはそれも洒落にならない比率になることもあるわけで、人によってはその比率がさらに洒落にならない(たとえば一年で起きてる間の90%くらいが仕事とか)こともあるわけで。

それをまあ「良し」とするか「悪し」とするかも、その人のその仕事の、その状況次第とかもあるんでしょうけど。

「満足」してるのなら何も言うことはない。

「不満」で、かつ「自分はこの先こうありたい」というのがあって、「それを何とかしようとして行動してる」なら何も言うことは無い。

「不満」で、かつ「自分はこの先こうありたい」というのがあって、「何もしていない」のは、まあ、知らん。好きにせい。なるようにしかならんし。

困った感じなのが、「不満」で、かつ「自分はこの先どうしましょ?」という人だ。これもまあ「知らん。好きにせい。」の括りなのだが。下手に「どうしましょ?」という「相談型」感じで「俺に頼るなよ知らんがな」という感じだ。「感じ」な文章ばっかりで申し訳ない。

という相談を知人から今日やんわり受けたので↑のような言葉をやんわりとした文面で返したのだが、そもそもここに書いてる時点でその知人も見てる可能性大なので「やんわり」の意味があんまり無いかも。ぎゃふん>< <って書けば済む問題なのかね君

んでまあ、タイトルの話になる訳だが。

前置きが長くなって本文が一行で済むのは申し訳ないんだけど、結局は「あなたはどんな職場でどんな仕事がしたいんですか?」ということに尽きるなあ、と。

それが満たされるまでは、自分で何とかするしかないですよねえ。転社(か転職)するなりなんなり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20100708

2010-07-05

[] SDL-off 2010 Summer 開催決定

http://isshiki.la.coocan.jp/wiki/?SDL-off%202010%20Summer

しました。昨日告知したとおり「2010/07/25」です。

SDL 使ってる方も使ってない方も、プログラマが集まる会なのでその方面に興味のある方は是非。ネタの発表を観ているだけでも楽しめますよ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20100705

2010-07-04

[][] 後ろから弾を撃たれる話

http://risky-safety.org/zinnia/d/2010/06/#20100630-t2-h1-p0

読んで色々思うところはあったが、冷静に書ける自信が無かったので(<このアーティクルに対してどうこうという話ではなくて)、紹介に留めておく。

[] SDL-off 2010 Summer

を開こうと思います。2010/07/25 です。

現状では予定ですが、関係各位はよろしくお願いします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20100704

2010-07-02

[] 現状の報告として

とりあえず「後ろから弾が飛んでくる」ことはまず無い。これは今考えたらすばらしいことだと思う。そう思うことが「情けない」ことであるかもしれないけど、今はそんなことを言っていられる状況でもないので。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20100702
 | 
20040203040506070809101112
20050102030405060809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070811
201301020708101112
20140203040509101112
2015010203040506070809101112
201601020304101112
20170405091012
201801020410
プロフィール

isshiki

isshiki

上級NEETの実態