今日の雑記

<< 2011/11 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

back to TOP PAGE

 | 

2011-11-06

[dev]「TinyMusicPlayer」を作ってみたことについて 〜 PART-3

今日こそ「技術的な話をしよう」と思っていたのですが、もう一つ前提として話しておきたいネタがあったので、その話から

その話とは「具体的にどういう経緯で機能を実装したのか?」という話です。

列挙すると、以下のような感じです。

  1. まず、「特定のサウンドファイル」を Android再生する部分を作成。「特定の」とは「あらかじめ置いておいた音楽ファイル」という感じ。
  2. ↑で「サウンド再生」手順を確認。
  3. ファイル」というか「フォルダ」を含めた「リスト」を表示するプログラム作成
  4. フォルダ」をクリックして階層を辿っていく&戻るプログラム作成
  5. MP3]「OGG」のみをリストに表示するプログラム作成
  6. ファイルを選択したら再生するプログラム作成
  7. 音楽再生」を開始したら「何も無い」けど「仮想プレイヤー」画面(ようは ACTIVITY)に遷移するようにした。ついでに「1曲ループ」するように。
  8. 以上で、なんとなく「俺プレイヤー」の最初バージョンができた感じ。

ここまでで三日くらいですか。順調でしたね。

次辺りから現実逃避し始めてますね。<作業記録を眺めつつ

  1. アプリ情報を表示する「ABOUT ダイアログ」の表示組み込み
  2. 現状までの状態を保持するための「セーブロード処理」作成
  3. なにもできないけど「設定」画面の作成

実は↑をやっていたというか現実逃避していたのには理由がありまして。いや大した理由ではないんですけど。

モノが「サウンドプレイヤー」なので、もちろん「音楽を聴く」のは当たり前なんですが、Android は「スマートフォン」としての一面があるというか、別の面を捉えると「汎用 OS」なので「音楽聴きながら別の作業」ができなければならないんですね。

ですが、現状での作りだと「俺プレイヤー」を抜けると(というか終了させると)曲が止まってしまう、という作りだったのです。

もちろんそんなことは最初から解っていたわけなのですが、「曲をバックグラウンド再生させつつ他の作業もできて、且つ、またプレイヤーに戻ってこれて必要があればプレイヤーを終了させる。」という方法がよくわかってなかったのです。

いろいろぐぐって調べてみたのですが、これがまた「JavaAndroid アプリ初心者もいいとこのボクにはチンプンカンプンでして。情けない限りです。

別の言い方をすると、「よくわからないせんもんようご」が畳み掛けるようにボクに襲い掛かってくる、という感じでしょうか。

そんな感じなので、7月末から9月中旬にかけて、ボクは通勤途中に「Android技術情報をひたすら読みまくる」という勉強期間に突入しました。

今思えば、この期間があったおかげで割と有用なページに巡り会えて、ボクの Android に関する知識も随分豊かになったんじゃないかなあ、と思ってます

今回はここまでです。

もうちょっと、「技術的な話」以外の話が続くような気がしなくも無いですね...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20111106

2011-11-03

[dev]「TinyMusicPlayer」を作ってみたことについて 〜 PART-2

昨日、「C言語云々〜」という話を書きましたが、今日もまだ壮大な前提の話を書きます。

まず「お前が望むサウンドプレイヤー機能って何なの?」という話を始めます。

正直、そこまで多機能は望んでないです。以下つらつらと挙げてみます。

  1. 「豪華な」というか「COOL(笑)」なプレイヤー画面とか要らないし。曲聴いてるとき画面見ないよね?
  2. 「多機能」なプレイヤーはいらない。よく「再生リスト」とかあるけど必要?
  3. バッテリーの持ちが良い。できれば8時間くらい持てばありがたい。
  4. ボクが思う「最低限」の再生機能
  5. ↑に関して、具体的には「一曲リピート」「アルバムリピート」「アルバムシャッフル
  6. アルバム」の概念=「フォルダ
  7. アルバムというか曲を簡単に登録できる。フォルダごとコピーとかそんな勢いで。

機能とか要望というか不満に関してはこれくらいです。

最も重要だと思ったのは「プレイヤーに曲を転送する」事に関する簡易さ、です。

単純に言うと、「PCプレイヤー」に「フォルダコピーする」くらいで「プレイヤーで聴ける」くらいの簡易さは欲しかったのです。

以上が、ボクが「サウンドプレイヤー」に欲しかった機能というか仕様の全貌です。探せばあるとは思うんですけど、まあ、昨日も書いたけど探すのが面倒だったし、もう疲れたんです。

あとなんか知らないけど、世に出回ってる「サウンドプレイヤー」って、なーんか画面がゴージャスなんですよね。↑にも書きましたが、曲聴いてる時って「画面」見てないでしょ?なんであんなに豪華にするんですかね...?

まあ、そういうウップンというか不満があったので、自分で作ることにしました。という事を昨日書き忘れたので書いてみました。

ということで、明日こそ技術的なことを書こうかな...?と思いつつ筆を置きます。筆持ってないけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20111103

2011-11-02

[dev]「TinyMusicPlayer」を作ってみたことについて 〜 PART-1

極々一部の人意外にはかなりどうでも良い話だとは思いますが、今年の7月辺りから訳あって「Android」で「サウンドプレイヤー」を作っておりました。

いきさつとかきっかけはこの辺に書いてあるみたいです。

オレオレ Android サウンドプレイヤー http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20110708/p1

まあそもそもは↑(のリンク先)にもあるように、

というのがあって、「はてさて?じゃあお前(=ボク)にとっての「最適」なサウンドプレイヤーとはなんぞね?」という話からまります

話は前後しますが。

それ以前(←「サウンドプレイヤー」を作る以前)のボクは、アキバに行くたびに「あ〜ボクに最適なサウンドプレイヤーがないかしら〜?」という事を考えつつ、色々物色&実際に購入して使ってみたりしてみたりしてました。

さらに話はそれ以前になります

GP2X」というハードがありました。「過去形」にしましたが、まあ、してもいいでしょう。

一応「携帯ゲーム機」なのですが、それ以前に「SDLプログラムできる」というのもあったので、「あーこれは『ボク好み』の『サウンドプレイヤー』が作れるのでは?」と思い、今から5年前くらいですかね?買いました。そして作りましたよ。

結果ですが、「NG」でした。

理由は単純です。「GP2X」は「電池」で動く端末だったんですが、「充電池を充電するのが面倒くさい」のです。

一応「満充電で6時間くらい再生できる」ものにはなってたんですが、それでもまあ作った当時は色々あって日中出張ってた感じで、ようはまあ「一日持たない」感じだったので、「これはなあ...」ということで。

んで、世は数年経ち、「スマートフォン」が闊歩する 2010〜2011 くらいになります

そして時代も変わるもので、電池というかバッテリーの持ちも換わるものでして、だんだんそういうことも気にしなくても良くなってきました。

そしてボクの立場というか環境も変わって、「スマートフォンがね〜」とか「それ関連のアプリがね〜」とかそういう話が周囲で囁かれ始めた 2010 くらいから「あ〜ボクもそろそろその辺のことやらなきゃな〜」と思い始めてはいました。

ただ、ボクに限った話かそうじゃないかはわからんですが、「きっかけ」がないとなかなか始められないんですよね。

そういうことをモヤモヤ考えてたときに、↑の話を思い出して、「あ〜それなら」と思って作り始めたのが、今回作った「TinyMusicPlayer」だったのです。壮大な「前置き」ですが。

という訳で、次回は「C言語プログラムしか出来ない」人間が「Android アプリ」を開発するにあたり「ぶち当たった」問題とか書ければなあ、と思いつつ筆(?)を置きます

というか、

「はてさて?じゃあお前(=ボク)にとっての「最適」なサウンドプレイヤーとはなんぞね?」という話

は、どうした?

今度話します...。すっかり忘れてました...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/isshiki/20111102
 | 
20040203040506070809101112
20050102030405060809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070811
201301020708101112
20140203040509101112
2015010203040506070809101112
201601020304101112
20170405091012
201801020410
プロフィール

isshiki

isshiki

上級NEETの実態