Hatena::ブログ(Diary)

itokeiの日記 〜野生動物救護的生活@奄美

2009-08-16 後躯麻痺

ito_kei2009-08-16

[]

後躯麻痺状態の鳥は比較的多くきます。

立ち上がれない、とまり木にもとまれない、翼を動かすだけ。

いわゆる脊椎ヘルニアとおなじ状態でやってきます。

ごくごくまれに投薬で回復するものはいますが、本当にまれ

立ち上がれないくらいの麻痺であるとほとんど見込みなしです。

いわゆる脳しんとう状態で意識もないくらいだと、数時間で意識回復とともに回復することもあり(脳内出血でそのあと…というのは考えうることですが、早めにリリースしてしまうのでわかりません)

意識がはっきりしていて、暴れるものの立ち上がれない、となるとかなり厳しいです。

レントゲンでもほとんど分かるようなことは少ない(造影でもできると違うかもですが… しかし手術となるとさらに程遠い…)

コンパニオンアニマルであれば、介助すれば生活はできます。

でも、相手は野生動物、その環境を享受してくれることはありません。


オオタカハヤブサはなぜかよくこういう状態でやってくる。

そして予後も良くない。

興奮し暴れて羽は一日ですれ、糞で体中汚れる。暴れることでの傷を作る。

強制給餌しないと餌は食べれない(食べれるものもいるけど、暴れてさらに汚れる可能性の方がずっと高い)

撫でさすって落ち着くことは絶対にないし、声をかければストレスになる一方。

もはや死をもって逃げられるかのような。


野外の猛禽はとても美しい。

それがたった一日二日で汚れ、みじめに死ぬしかない

オオタカやハヤブサは法律で守られているため、予後不良と判断出来ても「薬で死期を早める」行為は出来ない。

いわば死んでいくのを待つしかない。


同じような症状で来るものはたくさんいるのに、技術が及ばない

技術向上の余地は絶対にある。

たとえ回復不能と判断出来ても、よりよい飼養管理はもっと絶対にある。


すれて汚れ、ストレスの影響と思われるものでみじめに死んでいく

あの美しさは何十分の一くらいになってしまう。

なんとかもう少し、逃げる命、なくなる威厳、追いかけられたらと思ってしまいます。





お盆は無事終わり、岐阜に戻りました。お盆中のことはまた書きます。

ごまきちごまきち 2009/08/16 23:16 こんにちは、お盆休み終了お疲れ様です・・・><
大学のほうにメールしようかどうか悩んだのですが、先生の大学でリハビリテイターとしてお手伝いするためには、まずどこでどんな手続きが必要でしょうか。
私では力不足だと思いますが、少しでも・・・と思います。
御教授下さい。

ito_keiito_kei 2009/08/17 22:44 ごまきちさま
メッセージさせていただきました!
いやむしろ、とても必要な技術と知識経験をお持ちと思います。今すぐに来てほしいです!
こういうとき、きっともっとストレス少なくできたような気がしています。
この個体の右目(写真写っている方)見えていませんでした。それすらもなかなか気が付けない。。
もどかしい気持ちでいっぱいです。

biker-vetbiker-vet 2009/08/18 20:28 後躯麻痺のタカ、多いのですね。
強制給餌などもストレスとなってしまうのですね…
野生猛禽のリハビリにおける問題を、すごく考えさせられました。
鷹匠の知識を取り入れることで、すこしでも飼養管理がよくなると良いですね。
また色々と教えてくださいm(_ _)m
もしよろしければ JRFのブログへのリンクと、
この記事の紹介をさせていただきたいのですが、、、大丈夫でしょうか?

ito_keiito_kei 2009/08/18 21:01 biker-vetさま
誤認救護以外の救護原因の上位は衝突です(骨折も含む)ばたばたとほふく前進のように飛べない鳥という情報が来ると暗い気持ちになってしまいます。
猛禽は目立つので余計に多いのでしょうね。
どうしたらいいのか、何とかならないのか大きな課題です。私の方が教わりたいことがたくさんです。
こんな日記がリンクされてしまうとなんだかめっそうもありませんが、よろしければどうぞよろしくおねがいします。

biker-vetbiker-vet 2009/08/19 08:25 ありがとうございます。
オオタカの命の記録を、多くの方に知っていただければと思い、
早速ですがJRFのブログで紹介させていただきました。
不都合な部分がありましたら、ご連絡ください。
こうした情報は、とても勉強になります。
今後とも、よろしくお願いいたします。

ito_keiito_kei 2009/08/19 22:49 biker-vetさま
「命の記録」まさにそうですね。簡単なカルテだけではすぐに忘れてしまう自分がいて、下手をすると写真がほとんどまともに残っていないものすらあります(全部ブレブレとか…)
カルテももっときちんと書かないと、あとで見ても参考にならない。。
記録・記憶・技術、出来る限り残せるものは残したいととても思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ito_kei/20090816