Hatena::ブログ(Diary)

Hacking My Way 〜 itogのhack日記 RSSフィード

2010-12-06

ピザパーティーをエコに楽しむためのライフハック

空前の勉強会ブームの昨今、勉強会後の懇親会はデリバリーでピザパーティーをするというのは定番になりつつありますね。年末を迎えピザパーティーをする機会はますます増えるんじゃないでしょうか。

そんな時にぜひ使ってもらいたいライフハックがこちら。

D

デリバリーに使われるピザケースの蓋の部分を切って、お皿にします。これで無駄に紙皿を買う必要もなくなり、ゴミも減るので経済的でエコです!

一年間でこれにより削減されるゴミの量を試算すると、、、入社試験にでも使ってください。

ちなみにこのアイディアを買ってくれる宅配屋さん募集中です^^

2010-08-12

プロテイン飲んで体力をつける!

スポーツの後にプロテインや、アミノ酸を飲むと疲労回復が速く、筋力もつきやすくなるので、昔からスポーツのあとはプロテインやアミノ酸を飲むようにしている。

問題はプロテインは飲みづらく、アミノ酸は値段が高いということ。

詳しい話は割愛するが、プロテインは体内で分解されてアミノ酸になり、体に吸収されるのはアミノ酸。

だからアミノ酸を飲んだほうが吸収が早く、また錠剤タイプなど飲みやすい形で提供されていた。一方プロテインはアミノ酸と比べるとグラム単価は安いが、水に溶けにくく、飲みづらかった。

ある程度きつい運動をした後は、量を取りたいので、プロテインを飲むのだが、牛乳と混ぜてシェイクして、、など手間がかかったし、不味かった。

ここ数年、それほど激しい運動もしなくなり、スポーツ系サプリの売り場を見ることもなかったのだが、最近、水に溶けやすいプロテイン、というのが売り出されていることを発見したよ!

ザバス、ウィダーの両ブランドで同じようなのが発売されている。

今飲んでいるのはザバスのほうだが、これがほんとに水によく溶けるし、しかもおいしい。

これまでプロテインを飲みにくさ、不味さで敬遠してた人にもオススメ!

運動とその後のプロテインでしっかり体力つけて、夏を乗り切ろう!

2010-07-22

プログラマーでもわかるクライミングシューズの選び方

@bluerabbit777jp @jishiha @hisasue たちとプログラマーズジム(#pggym)と名づけて定期的にボルダリングをするようになってから約半年、ついにシューズを購入したのでクライミングシューズの種類と選び方についてまとめておきます。

クライミングシューズの種類

シューズの3タイプ

ボルダリングシューズは大きく分けると紐・ベルクロ・スリッパの3タイプがある。

紐の締め加減で足の形に調整できる。

  • ベルクロ(マジックテープ)

脱ぎ剥ぎしやすい。幅調整がしやすい。

  • スリッパ(スリップオン)

脱剥ぎしやすい。

ソールの硬さ

一般的にはスリッパ→ベルクロ→紐の順で硬くなる。

初心者は柔らかいものが良い。

ソールの形

初心者はまっすぐなものが良い。

  • ダウントゥ

つま先がくちばしのようになっていて、前傾壁のときにトゥがかかりやすい。

  • ターンイン

内側に曲がった靴。小指があたって痛いことも。

素材
  • 天然皮

伸びるので最初は痛いくらいのサイズを選ぶ。

  • 合皮

天然ほどではないが多少伸びるのでややきつめを選ぶ。

シューズの選び方

サイズ

普段履いているスニーカなどのサイズではなく、実寸に近いサイズを選ぶ。

ソールの硬さ

足裏を使う感覚を身につけやすいので、初心者は柔らかいものを選ぶと良い。

自分の場合、普段履きのスニーカーは25.0か25.5で、実寸が24cm。幅広でやや甲も高めなので、幅調整のしやすいベルクロタイプをチョイス。サイズは実寸そのままの24cm。

シューズはこれ。

【送料無料】SPORTIVA(スポ

【送料無料】SPORTIVA(スポ

価格:18,900円(税込、送料別)

価格は1万円〜2万円くらいだが、シューズは足に合うかどうかが一番重要なので価格で選ぶのは難しい。ボルダリングジムまたは専門店でサイズや足型をみてもらって店員さんに選んでもらうのが基本。

まとめ

なんとなく買うタイミングを逃して、半年間レンタルシューズを使っていたが、もっと早く買っておくべきだった。数回行って続けそうなら早いうちに買った方がその後の上達も早くなるので買った方が良いとおもいます。

良いボルダリングライフを。

シューズについてはボルダリングジムの店員さんの話とこの動画を参考にしました。

2009-09-02

詰め替え用インクでインク代を1/4にしよう!

僕はプリンタをそれほど使うわけではないので、インクの交換は年に1回とかそんなものです。でこれまではインクがなくなると、高いなーと思いつつも、特に調べもせずメーカー品を買っちゃってました。

先日、インクがなくなったので近くの家電量販店に行きました。で、お目当てのものを見つけたのですが、ついでなので他のインクもさらっと流して見てみました。そうすると、プリンタインクには以下の3種類があることがわかりました。

インクの種類

プリンタ用インクは大きく分けると、メーカー純正品、他社製互換品、他社製詰め替え用インクの3種類があります。互換品はさらにICチップありとICチップなしのタイプがあります。

  • メーカー純正品
  • 他社製互換品
    • ICチップあり
    • ICチップなし
  • 詰め替え用インク

さて、この3つ、値段はどれくらい違うかというと、Cannonの7e+9で言うと、

  • 純正品 4,240円

  • 互換品
    • ICカードあり 2,299円

    • ICカードなし 1,850円

  • 詰め替えインク 1115円

ということで、ざっくりいうと

純正品:互換品:詰め替えインク = 4:2:1

くらい。

つまり、詰め替えだと、ランニングコストを純正品の1/4に抑えることができるということです!

互換品は

  • 発色が悪い
  • 色の持ちが悪い
  • ICは誤認識が多い

なんて話を総合して、黒をメインに使う僕は詰め替え用を選んで見ました。色を気にする人は一回互換品を使って試してみて、満足いったら次から同じメーカーの詰め替えを買ったりするといいと思います。

インクの詰め替え

では早速詰め替えを。

f:id:itog:20090820202718j:image:w200f:id:itog:20090820202758j:image:w200

僕が買ったのはELECOMのCANNON互換の詰め替えインクで、4回使えて3880円だから、先ほどの値段よりさらに安いですね。今回は黒いインクを詰め替えます。

箱の中には詰め替え用のインクと、インクを詰め替えるときに使う工具などが入っています。

f:id:itog:20090820202909j:image:w200

カートリッジをプリンタから取り出して、

f:id:itog:20090820210234j:image:w200

水色の治具でカートリッジに穴を開けます。結構堅いので、机に下向きにおいて体重をかけるとパチっといきます。

f:id:itog:20090820203541j:image:w200

こんな感じに穴があきます。

f:id:itog:20090820203837j:image:w200

続いて、インクがこぼれないようにキャップをつけます。

ここは確実にやっておかないと、液漏れにつながってしまいます。絶対に、確実につけましょう!

f:id:itog:20090820204028j:image:w200

ではいよいよインクを入れていきます。

f:id:itog:20090820204213j:image:w200

調子よくインクを注入、、、

f:id:itog:20090820204252j:image:w200


していたら!


液漏れしちゃいました^^:

f:id:itog:20090820204645j:image:w200



ツメがしっかり収まってなかったみたいなので、ツメがをちゃんとおさめて、

f:id:itog:20090820205336j:image:w200

再チャレンジ。

今度はうまくいきました。

f:id:itog:20090820205519j:image:w200

最後に蓋をして、プリンタにセットすれば終了!

f:id:itog:20090820210234j:image:w200

一回分くらいこぼしちゃったけど、それでもぜんぜん安上がり!


他のプリンタ用のもあるので、「詰め替え用インク+インクの型名(またはメーカー名)」で検索してみましょう!

楽天で探す
楽天市場

あわせて読みたいブログパーツ テクノラティのお気に入りに追加する