Hatena::ブログ(Diary)

伊藤浩一のWindows Phone応援団(旧W-ZERO3応援団) このページをアンテナに追加 RSSフィード


カテゴリー別記事一覧/ Windows Phone/ Android/ iPhone/ イベントレポート/ 写真/ 所有カメラレンズ一覧
はてなブログ「伊藤浩一のモバイルライフ応援団」も更新中

2005-07-11(月)

itokoichi2005-07-11

3枚目のEasy Protector

Easy Protector(モバイル仕様FOMA M1000対応)

Easy Protectorは「簡単・きれいに貼れる」「自然な書き味と耐久性」「透明度の高い反射防止型」の三拍子揃ったモバイル仕様シートです。液晶保護シート1枚入。

pocketgames :: PDA秘宝館

言い方は悪いですが、ザラザラした感触が大好きな液晶保護シートEasy Protectorがリリースされました。P50用を早速、注文。これでEasy Protectorは、TungstenCリナザウSL-C700とP50と3機種で使うことになります。私のように、ケースにも入れず、スタイラスも使わず指タップのみ、なんて荒っぽいユーザーにはぴったりのシートだと思います。

けんべん16回

BenQ P50中国語版を使っています。もう常用マシンとして、日本語をバリバリ使っています。TungstenCシグマリオン3も持ち歩かなくなってしまいました。P50だけで、全てが足りている理想的な状況です。その分、P50がこけると最悪な事態になるので、仕事で使っている間は慎重に使っています。使用レポートです。

●鞄に放り込むとSDカードが飛び出すことがが多い。テープ固定など考える必要がありそう。

●予定表データだけバックアップできるのだろうか。ActiveSyncをしていなうので、いざというときが心配だ。ファイラーでappointmentのデータベースは見えるのだが、どうもコピーができない。

id:nurikabe-majinさんおすすめの0号テキストエディターを使い始めた。非常に軽快で使いやすい。

MP3をpPodで再生して寝落ち。アルバム一枚分再生したはずだが、朝バッテリはほとんど減っていなかった。

メモリダイエットをしている。アプリケーションはなるべくStorageへ移動。いまのところトラブルはない。My Musicフォルダのサウンドファイルは削除。さらにWindowsフォルダのsunglobeフォントも削除。何に使うフォントなのかわからないが削除してしまった。3.6メガもあったので助かる。現在、内蔵メモリを14メガまでダイエットできた。

●たまにキーボードが効かなくなると思ったら、iPAQのマイクロキーボードと同じ、キーロックが効くことがわかった。2回クリックでロックで、長押しでリリースになる。数字入力では便利。

f:id:itokoichi:20050711142624:image


f:id:itokoichi:20050711025738:image


f:id:itokoichi:20050711025201:image

私がBenQ P50を買った理由‥片手入力

PDAの入力方法は意外にバリエーションがありません。HP200LXより始まった両手親指入力、PalmPocketPCスタイラスペン入力の二つが主流で10年近く過ぎています。

この二つの入力方法は、結局は両手が必要となります。モバイルでPDAを使うシーンはいろいろありますが、立って入力することも多く、その場合は片手で使いたいことが多いです。多分そういった片手入力のニーズは多いものの、両手を使った入力がずっと主流でした。

その入力方法に革命を起こしたのは、携帯電話です。片手オペレーションが常識の携帯の中で、メールで文字入力の必要に迫られた携帯電話はポケットボードのようなキーボード端末への流れもありましたが、結局は携帯本体で片手入力が快適になるように進化しつづけました。PDAで進化した予測変換機能も取り入れて、片手入力をスタンダードなものにしてしまいました。

携帯電話が年々進化していく中、PDAの入力方法は基本は変わらずに進んでしまいました。入力オペレーションの開発に重きを置かないようにも感じられ、ユーザーとしては、もどかしく感じました。ハードが変わらないなら、ソフトで何とかしよう、ということで、液晶面のソフトキーボードでユーザーサイドから様々なアプローチがされたりもしています。

そんな中、Treo600シリーズの出現は驚きでした。片手で入力できるフルキーボードが出現したからです。キーボード内蔵PDAは多くなってきましたが、片手で入力できるマシンはありませんでした。片手オペレーションがPDAの世界に入ってくるだけで、使うシーンが広がってきます。

その片手で操作が可能なフルキーボード搭載のPocketPCもリリースされました。それがBenQ P50です。

私がP50に惹かれた大きな理由はそこにあります。片手操作可能なフルキーボード搭載マシンであることです。携帯電話の入力方法で妥協できない私には、理想のマシンが登場したと思っています。

今日もこんな文章を満員電車の吊革につかまりながらも、片手で快適に入力できるP50に喜びを感じています。

PDAの世界も、両手オペレーションのマシンばかりではなく、こういった片手オペレーションが可能なマシンをどんどんリリースして欲しいなあ、と感じます。もしかしたら、新しいジャンルとして、確立できるほどの魅力を感じています。

超満員電車の通勤電車サラリーマンの強い味方、それは片手オペレーションのモバイル端末なんです。

けんべん15回

BenQ P50を使ったレポートです。

●todayにはいつも何も入れないで運用しているが、中国語版であることを堪能するために、いろいろ表示をさせるようにした。これだと人に見せて、すぐ中国語版だということがわかる。新しい携帯だと思われて、すぐ見せて、と言われて説明するのが面倒なので、todayに中国語が表示されていた方が話が早い。日本語化をどんどん進めているのに、中国語を表示させる必要があるというのも変な話だが。

●モバチキさんにリクエスト。Bluetooth携帯電話とヘッドセットの設定方法を紹介してください。

●ほとんど使わないで6時間経過。バッテリは100%のまま。バッテリの不安はなくなった。