Hatena::ブログ(Diary)

伊藤浩一のWindows Phone応援団(旧W-ZERO3応援団) このページをアンテナに追加 RSSフィード


カテゴリー別記事一覧/ Windows Phone/ Android/ iPhone/ イベントレポート/ 写真/ 所有カメラレンズ一覧
はてなブログ「伊藤浩一のモバイルライフ応援団」も更新中

2007-01-31(水)

[]MacBookWindows Vistaインストール

発売されたWindows VistaをMacBookへのインストールをしてみました。

Vistaは、Home Basicを選択。MacBookのハードディスクに余裕がないので、20GBでインストールが可能なHome Basicにしました。ドスパラDSP版を購入したのですが、店員さんの勧めで32bit版にしました。

f:id:itokoichi:20070130231933j:image

MacBookにはBoot CampXPがインストールしてありましたが、Boot Campで一度、パーティションごとXPを丸々削除。もう一度、Boot Campで20GBのパーティションを作成することにしました。が、ファイルがバラバラなので、パーティションが作れませんとのアラート。仕方なく、動画ファイルなど削除して、空き容量を70GB近くにしてから、20GBを作成。パーティションが作成できたところで、Vistaのディスクを入れて、インストールを開始。

f:id:itokoichi:20070130231853j:image

順調にインストールができました。30分程度でした。

f:id:itokoichi:20070130231934j:image

このままでは、無線LANiSightが使えません。そこで、Boot CampのXP用ドライバーディスクをインストールしようとしましたが、エラー発生。

f:id:itokoichi:20070130231956j:image

いろいろページを見ていると、Vistaベータ版でBoot CampインストールのTIPSを発見。XP用ドライバーディスクのインストールでエラーが出たところで、ハードディスクに展開されているドライバーを手動で、デスクトップにコピー。インストーラを終了させると、展開されたドライバーが、クリアされてしまうための力技です。あとは、デバイスマネージャーで、!マークのついている無線LANドライバーとiSightドライバーを手動でインストール。無線LANが無事に使えるようになりました。

これだけ書くと、簡単のようですが、試行錯誤しながらのインストールで、結局4時間近くかかってしまいました。Boot CampがVista対応になってからインストールした方が無難だと思いました。Vistaは、とりあえず快適な速度で動いています。これから、いろいろ設定をしてみたいと思います。

(追記)

トラックパッドの右クリックができずに苦戦しています。Ctrl-Shift-F10の右クリックは使えています。

(再追記)

こちらの記事を参考にして、トラックパッドの右クリック(2本指でクリック)とスクロール(2本指でスクロール)が使えるようになりました。

この記事では、Boot Camp 1.1.2 Beta(以下、Boot Camp)のトラックパッド ドライバをインストールする手順を解説します。

パソコンよろずQ&A Boot Camp 1.1.2でWindows Vista製品版をセットアップするには(4)

(参考ページ)

まずは、ドライバの問題だ。XPの場合、Boot Campのインストール時に作成したドライバCDで、チップセットディスプレイ、サウンド、Bluetooth、無線LAN(正常に認識しないが……)などのドライバをインストールできるが、Vista上ではこのドライバCDが正常に動作しない。インストールは開始できるものの、途中でインストーラが無反応になってしまう。無反応な状態で強制的に電源をオフすることでディスプレイドライバは正常に認識されるが、そのほかのドライバはインストールされない。

清水理史の「イニシャルB」

1. Windows Vistaを起動して、BootCampのドライバのインストーラを起動します。

2. 途中でハングアップするまで待ちます。

3. c:/Program Files/Macintosh Drivers (だったと思う)のディレクトリをデスクトップ等にコピーしておきます。

4. コントロールパネルからデバイスマネージャを開きます。

5. iSightのドライバをインストールします。デバイスマネージャでiSightを選択して先ほどデスクトップにコピーしたディレクトリ内にあるisightディレクトリを選んでインストールします。

6. 不明になっているEthernetコントローラを選択してnet5211ディレクトリを選択してドライバをインストールします

7. サウンドデバイス(名前忘れました)を選択してsigmatelmbp11ディレクトリを選択してドライバをインストールします

dotMb -Web for Macbook Users and future Macbook Users-

install後の設定を行う

eto.com/d - Windows Vista on Mac

Windows Vista 32bit版のAppleK Pro

Macintosh用キーボードWindowsで利用可能にするドライバです。

Macショートカット操作そのままで、Windowsを操作可能です。

(予告)2007年2月5日にベータ版をリリースいたします。

AppleK Pro for Vista 32bit- Mac用キーボードをWindowsで利用するためのドライバ

この記事では、Boot Camp 1.1.2 Beta(以下、Boot Camp)のトラックパッド ドライバをインストールする手順を解説します。

パソコンよろずQ&A Boot Camp 1.1.2でWindows Vista製品版をセットアップするには(4)