ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

子持ちししゃもといっしょ RSSフィード Twitter

2007-06-15

最近、どこの映画館で映画を見てもハリーポッターの予告が流れてきます。最初はなかなか面白そう...なんて見てましたがいい加減飽きてきました。公開があと一ヶ月以上も先なので、これからあと何回見せられるのか考えるだけでも億劫です。

宮崎あおい15日電撃入籍

女優の宮崎あおい(21)と俳優の高岡蒼甫(25)が大安吉日の15日に電撃入籍したことが分かった。この日夜、双方の所属事務所が発表した。2人は連名で「新たな気持ちで仕事に取り組み、幸せな家庭を築いて参りますので、よろしくお願い申し上げます」とのコメントを出した。2人の交際は昨年7月に写真誌「フライデー」の報道で発覚したが、約7年の交際を実らせての入籍だ。5月に行われた主演映画「初雪の恋 ヴァージン・スノー」の舞台あいさつでも、宮崎は左手薬指に指輪を輝かせ、ゴールイン秒読みであることをうかがわせていた。

no title

まさか21歳で結婚するとは...。まさに予想GUY。

とはいえ、女優業にまったく影響は無いでしょうし、むしろ子供が出来たらお母さん役とかも出来るかも知れないので役の幅が増えるんじゃないでしょうか。


何はともあれ、おめでとうございます!!

プレステージ

f:id:itotto:20070616015602j:image


今日は場内が異様に寒かった...。半袖なんて着ていくんじゃ無かったよ。

ガス灯が電灯に変わり、空想が現実となり、奇術が科学へと姿を変える19世紀末のロンドン。華麗で洗練されたパフォーマンスを得意とする「グレート・ダントン」ことロバート・アンジャーと、無骨だが天才的な想像力を持つ、トリックメイカー「THE プロフェッサー」ことアルフレッド・ボーデンは互いに尊敬しあい、その情熱のすべてを注いでイリュージョンの腕を競い合っていた。しかしある日、アンジャーの妻が、脱出マジックの失敗で帰らぬ人に。トリック中にほどけるはずだった縄を結んだのはボーデンだった。

アンジャーは妻を死に導いたボーデンに復讐を誓い、ボーデンもまた、執拗に自分を追い詰めるアンジャーに憎しみを募らせていく。

やがてボーデンは、舞台でのアンジャーの壮絶な死を目の当たりにすることに。翌日アンジャー殺しの犯人として逮捕されたのはボーデンだった。

冤罪を主張するが聞き入れられない彼は、そこに恐るべきトリックを感じとる。これは、アンジャーが仕掛けた人生最大のイリュージョンなのではないか―。

no title

TOHOシネマズ宇都宮にて。

始まった時から感じる言いようのない違和感。ストーリーがよく飲み込めない上に何かがおかしいというのは分かるのですがそれがモヤモヤ心の中でくすぶり続けるのです。それがはっきりと目に見えてきたのがサラの発言でした。彼女はボーデンが「愛している」という度に「今日はウソ」とか「今日は本物」という言葉を口にしていたのですがそれがあまりに唐突で全く意味が分かりませんでした。モヤモヤ...。

ところが。ところがですよ。実はこれら全てが前振りというか伏線であって最後には全ての謎が解けるのですが、これがもう予想GUY(本日二度目)。みんな分かってたの?と思い、ブログをいくつか見たのですが結構最初から分かってたよなんて書いていて驚いてしまいました。みんな鋭いね〜。伏線を伏線と気付かずに悶々としている時点で、鈍過ぎてお話になってないのですが、その分ラストシーンでは人一倍すっきりする事が出来たのでこれはこれで良しとしたいです(笑)


それにしても、散々作中で語られていた Pledge --> Turn --> Prestige という流れがマジックの基礎なんだという話がこの作品全体をとおしての表現にも当てはまるんですね。見終わってみて初めて気付く伏線の絶妙な配置には感心してしまいます。私にとっては、見ている最中よりも見終わってからの方が楽しめる作品です。

何度も何度も見たいという作品では無いですが、このストーリー展開の見せ方は素晴らしいとしか評しようがありません。ぜひ一度は騙されてみてください。こんなに気持ちよく騙してくれる作品は滅多にお目にかかれないですから。


公式サイトはこちら