ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

子持ちししゃもといっしょ RSSフィード Twitter

2007-07-01

今日は予定どおり出張でした。静岡はとても天気が良く、暑くて暑くて倒れてしまいそうでした。さらに、途中道間違えてしまい行きたい所と逆方向に行ってしまうという体たらくでしたが、途中で出会ったおばあちゃんに道を聞いて何とか事なきを得ました。あのおばあちゃん超グッジョブ。ばあちゃん居なかったらあと30分は彷徨ってました。次会ったらご飯くらいおごってあげたいです。


まぁ出張の目的自体は滞りなく済ませ、昼過ぎには完了。さすが俺。

それでその帰り道、焼津サービスエリアの焼津さかな工房と言うところでお昼ご飯を食べました。

# ここです


刺身がおいしいらしいのですが、アナゴ天丼があまりにおいしそうでついそちらを食べてしまいました。すごくおいしいしすごく大きいし大満足でした。あんなにおいしいアナゴの天ぷらは食べた事がないです。


朝も早かったし帰りの新幹線は混んでるし(修学旅行生が同乗していました..)結構大変でしたが、おいしいものを食べられたし何より久しぶりの静岡はとても楽しめました。次来る時はちゃんとした用事で来たいな。

サイドカーに犬

f:id:itotto:20070701214415j:image

夏休みのある日、母親が出て行った薫の家に、“ヨーコさん”は突然やって来た。大口で笑い、タバコを吸い、ケンカも強い。神経質な母とは正反対のヨーコに始めは戸惑う薫だったが、自分のことを子ども扱いすることなく、真剣に向き合ってくれる彼女に次第に心を開いていく。そして、ありのままの自分をのびのびと解放させる喜びを知っていく…。

『サイドカーに犬』作品情報 | cinemacafe.net

MOVIX宇都宮にて。

映像もストーリーもすごくよかったです。すごく面白い!!という感じではないのですが、じわーっと作品の世界観というか魅力を感じられる作品でした。個人的にはかなりツボです。


何が良かったのかなと思い返してみると、とにもかくにも竹内結子さんが良かった。

普段は細かい事は気にせず呆れるくらい大雑把なヨーコですが、些細な一言への返答に窮してしまったり根気強く薫に自転車の乗り方を教えたり、さらには本を読むのが好きなせいかいろんな事を知っていたりと単なる適当人間ではない部分をちらちら見せてくれます。そのチラリと見えたその優しさ・博識ぶりと普段のギャップがもう素敵過ぎます。

そういった一瞬の表情の出し方というか表現がとにかく巧いのです。

やっぱりギャップっていいなあ。普段優しくない人が急に優しくなったら好きになってしまいそうだし、いつも罵声を浴びせてくる人から褒められたらそれだけで有頂天になってしまいます。ギャップ最高。


この作品を見てたら、昨年の夏に読んだ角田光代さんのキッドナップ・ツアーを思い出しました。娘と父親が過ごしたひと夏の思い出がとても甘酸っぱくて、私が大人になった時に娘とこんな事したいなぁなんて思いながら読みました。

# それでいいのか?という部分はありますが...


新潮文庫の夏の100冊に選ばれていた作品ですが隅から隅まで夏らしさが溢れていて、夏が来る度に読みたくなりそうです(ちなみに一昨日読み返しました)。今年も夏らしい作品に出会えますように。


キッドナップ・ツアー (新潮文庫)

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)


公式サイトはこちら

意味深「マギー審司にも裏切られ…」

歌手の和田アキ子(57)は30日、ニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」で、約1カ月前に華原から電話があったことを明かした。「話を聞いてください」との録音メッセージが残され、和田が掛け直した時は、つながらなかったという。その後、再び留守電にメッセージが残され、「寂しいです。マギー審司にも裏切られ…私は誰を信じていいか分からない」との内容だった。華原とマギー審司の間に何があったかは不明で、和田は「何だか訳の分からない内容だった」と話した。

404 - gooニュース

朋ちゃんがいろんな意味で遠い人になってしまったような気がします。事務所側の策略なのか、それとも本当に電波になったのか...。