ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

子持ちししゃもといっしょ RSSフィード Twitter

2007-07-12

昨日は飲み会だったのですが、予想外に飲み過ぎてしまい帰り道の記憶が全くありません。起きたら手巻き寿司とお茶が何故か置いてありました。あれだけ食べて飲んだのに不満だったみたいです。いつもいつも書いていますがもうしばらくお酒は勘弁です。もうやだ。


で、今日は先日の休日出勤の代休だったので一日ノンビリしました。いい一日。

はてなスターを見て思う

はてなスターの表示・非表示を選択出来るようにすると


    1. 作る側は実装が面倒
    2. 利用する側は他人に褒められたいという意思表示をしている事になる

という事も考えられます。そういう意味では強制的に全員に表示するというのが一番いい落としどころのような気がしてきました。もともとはてなスター自体にネガティブなイメージは持っていなかったのでそういう結論になったのかもしれません。

何ていう妄想。

許容量をオーバー

最近、本・DVD・映画・ゲーム・プログラミング。どれもこれもアウトプットよりもインプットの方が多くなっています。感想もうまく書けないし、書く時間もなかなか取れません。インプットを減らすかアウトプットを増やすしかないのですが、現状インプットを減らすしかないかな...。

アウトプットを増やしたいなあ〜。

舞妓Haaaan!!!

f:id:itotto:20070712134636j:image


男の究極の夢。それは……《舞妓はんとの野球拳!!》

鬼塚公彦(阿部サダヲ)は東京の食品会社で働く平凡なサラリーマン。ただひとつ異なるのは……熱狂的な舞妓ファンということ。

なけなしの給料で京都に通い、舞妓の写真を撮っては、舞妓を応援するホームページまで作成している。しかし舞妓と遊ぶための店“お茶屋”の暖簾をくぐったことは……まだない。

公彦と舞妓との運命的な出会いは、10年以上前にさかのぼる。高校の修学旅行で訪れた京都で、迷子になっているところを

舞妓に助けられたのだ。生まれて初めて見た舞妓は、この世のものとは思えない美しさ。お茶屋の奥座敷から聞こえてくる、野球拳を楽しむ舞妓たちの嬌声に、公彦は決意した。「大人になったら自分のお金で舞妓と野球拳をするんだ!!」

そんな公彦に転機がおとずれる。念願の京都支社への転勤が決まったのだ。あっさりと、同僚OLの彼女・大沢富士子(柴咲コウ)を捨てて、意気揚々と京都入り。死にものぐるいで仕事をして、「一見さんお断り」という最高峰の壁を強引に乗り越え、やっとの思いでお茶屋デビュー!!

宴会も盛り上がり、いざ舞妓との野球拳……というときに泥酔したプロ野球のスター選手・内藤貴一郎(堤真一)が隣の座敷から乱入。内藤はお茶屋遊びの常連で、地位も名誉も金もサラリーマンの公彦とは雲泥の差。しかも、舞妓をはべらせて言い放った。

「お金があれば、何してもかまへんねん!」内藤の登場で、宴会の雰囲気は最悪。夢にまでみた野球拳も台無しになってしまった。

no title

宇都宮第一東宝にて。

鬼塚(阿部サダヲ)から放たれるテンションは、私の今までの人生で消費してきた全てのテンションを注ぎ込んだとしても一分と持たないのではないかというくらいのハイテンション。見ているだけで疲れてきます。好き嫌いはあるでしょうが、このテンションがすごい事には誰も異論がないでしょう。


修学旅行で見かけた舞妓に憧れ続け、それを叶えていくというサクセスストーリーなのですが、そのプロセスがもうハチャメチャ。

新たに開発したカップラーメンを1000万食を売り上げたり、球団買収で野球チームを作りそこで選手として活躍したり、挙句格闘技に転向するなどとにかく成り上がるため、内藤(堤真一)に勝つために何でもこなしていくというのがもうおかしくておかしくてしょうがないのです。そもそも何がしたかったのかが分からなくなるくらいストーリーが遠くへ旅立ってしまいますが、そのさじ加減もまたたまらないです。やり過ぎもやり過ぎればやり過ぎじゃなくなるんですね、って何のことだかさっぱり分からないコメントになってしまいました。


疲れた体で見に行ってはいけない作品に初めて出会いました。今日、朝一で見に行ったのですがこれを見たせいかそれ以降何もする気が起きないくらい疲れ果ててしまいました。せっかくの休みなのに....。

それでも面白かったからいいやと思えるのが唯一の救いです。


あと、出演者が豪華なんですよね、これが。そして作品に馴染むキャスティングなので違和感もほとんどありません。小出さんの舞妓姿はなかなか堂に入ってました。最初見たとき、本当の舞妓さんかと思ったくらいです。柴崎さんは元がキレイだから何しても似合うんですよね。美人は得です。

あとは山田孝之君が最後ちょい役で出てたのは笑えました。最近は主役級の扱いが多かっただけに何だかとても贅沢な使われ方でした。


ただ、全体をとおして高校生時代を本人が演じるのは正直どうかと思います。その無理感も含めて笑えるのでしょうが、でもさすがに阿部さんと堤さんの高校時代は厳しかったように思います。


憑神とか大帝の剣みたいなバカバカしい笑いが大好きな人にはぜひお奨めです。

公式サイトはこちら

いちばんきれいな水

いちばんきれいな水 [DVD]

いちばんきれいな水 [DVD]

姉と過ごした奇蹟の3日間。

『いちばんきれいな水』のある秘密の場所で少女は、勇気を手に入れた。

小学6年生の夏美には、むずかしい病気で11年間眠ったままの姉・愛がいる。いばら姫のように美しく眠る愛を中心に、父と母の4人で、それでも穏やかに暮らしている。しかし夏休みのある日、母・陽子の妹でカメラマンの真理子が、遠く南米の地で事故に巻き込まれたという連絡が入る。夏美を残し、あわただしく現地へ出発する両親。姉妹が生まれてはじめて2人きりになったその夜に、奇蹟は起こる。愛が突然目を覚ましたのだ。いつの間にか19歳になったことに戸惑う愛。そして心は8歳のままの無邪気な姉に、振り回される夏美。愛は強引に夏美を誘い出し、“いちばんきれいな水”のある場所へ向かう。そこで夏美は、愛から思いがけないプレゼントを受け取る。ようやく心を近づけ、かけがえのないひとときを過ごす2人。しかし、次の朝、愛が目覚めることはなかった。ベッドの横に残された愛の絵日記。夏美は、それを読み、“いちばんきれいな水”の場所に秘められた真実を知る…。

no title

昨年末に見逃してしまいとても悔しい想いをしましたが、これは夏に見たい作品ですね。あの時見なくてよかったです(強がり)。


夏休みも塾に通い詰めの夏美(菅野莉央)に訪れたたった三日間の夏休みはとても面倒で、だけどとても大事な秘密のようで見ていてワクワクします。


何でこんなにワクワクしてくるのか考えてみたら理由は簡単。印象深いシーンは全て夜なんですよね。

夜の住宅街、夜の秘密の場所。夏の夜って言葉に出来ないくらい魅力的です。きっと昔の思い出とリンクしてそういうイメージが作られているのでしょうが、この作品で描かれている夏の夜は特に素敵です。親が居ないっていう設定もなかなかよいですね。


最近見た作品では「サイドカーに犬」が夏休みを描いた作品としてとても面白かったのですが、この作品もそれに劣らず夏休みを謳歌出来る作品です。大好きなお姉ちゃんと過ごすたった三日間。一生忘れない夏休みの思い出です。

加藤ローサみたいなかわいいお姉ちゃんだったら私も欲しいな。

f:id:itotto:20070712225120j:image


公式サイトはこちら

閉園決まった大森山遊園地 寄付申し出も

閉園が決まった秋田市浜田の大森山遊園地には9日、閉園を惜しむ声が電話で寄せられた。新聞で知ったという青森県の男性から寄付の申し出もあった。職員らは「閉園」を告げる看板の設置などに追われた。

 この日、遊園地入り口には青いネットが張られ、「遊園地は閉園いたしました 長らくご愛顧ありがとうございました」と書かれた看板が掲げられた。

no title

閉園はとても残念ですが、そもそも必要な検査をやって無かったって事なんでしょうか? それとも先日の事故以来、検査が厳しくなって余計な出費が増えたって事なんでしょうか? 前者だとすると無くなってもしょうがないと思うのですが、後者だとすると気の毒な気がします。

あんな程度でも秋田で唯一の遊園地なわけですから、あるのと無いのとでは大違いです。このご時世に厳しいかも知れませんが、県や市からの補助や有志による補助、他の企業への売却も検討して存続の可能性を探して欲しいです。

山形大学長選きょう公示

山形大学の学長選挙が10日、公示される。辞職したばかりの前文部科学事務次官ら学内外から4人が立候補する見通しだ。教職員の投票で上位得票者を絞り、学長選考会議が選ぶが、今回から候補者の「得票数」を非公開とした。不透明な選考方法に学内から批判の声が上がっている。

no title

学生時代にお世話になった先生の名前を見つけて一人懐かしくなっていましたが、よく見たら学長選挙のあり方についての問題を論議する記事でした。理由は分かりませんが、下手に隠すよりも出して議論した方が禍根を残さずに済むと思います。今は大事な事を隠し続けても無傷で済むような時代ではないと感じています。公開出来るものは極力公開した方が良いのではないでしょうか。


ただ、この手の「学内から批判の声が...」っていうのがどこまで本当かは当事者ではないので分かりません。もしかしたら、もっとちゃんとした議論を経て出た結論なのかも知れませんし。

まずは結果が出るのを待ちます。

F組のGF組のG 2007/07/13 07:35 おはようございます。ボクは今は福島に来てます。二日酔いです。そうなった時って「もう酒のまね」とか思うけどね。一緒に呑んでた友達から昨夜の話しを聞くと、そんな事話してたのかとびくりつ。もう少し寝ます。

itottoitotto 2007/07/13 12:34 福島っていわき?
そばに来たなら遊びにおいで。

それにしても酒は怖いよね。
酒に飲まれる弱い人間なので極力飲むのは
控えていますが
夏はビール、冬は日本酒が飲みたくなります。
酒なんて飲めなきゃいいのにと思うこともしばしばです。

aki-moriaki-mori 2007/07/13 13:53 学長選、ホント懐かしい名前が・・・
ま、結果はどうであれ、卒業生として、
良い方向に進むといいですねぇ〜。