ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

子持ちししゃもといっしょ RSSフィード Twitter

2007-12-23

映画を見終わっての帰宅後、何気なくテレビを付けたら「手紙」がやっていました。他に見るものがなかったのでごはんを食べながら見てたのですが、由美子の「そんなことしたらあかん」というところと、ラストの漫才のところでボロボロ泣いてしまって終わるまでご飯を食べる事が出来ませんでした。

何度見ても手紙はすごくいい映画。今年はここまでグッとくる映画なかったなあ。

カンナさん大成功です

f:id:itotto:20071223212147j:image

身長169cmにして体重95kgのカンナ(キム・アジュン)は、美声を活かして歌手を目指すも、その巨体のせいでスター歌手の舞台裏で声を当てる、ゴーストシンガーとして過ごす毎日。それでも彼女は、想いを寄せるプロデューサー・サンジュン(チュ・ジンモ)をモニター越しに見ているだけで満足していた。ところがある日カンナは、ふとサンジュンの「カンナには才能はあっても美貌はない。憐れんで放っておけばいい」という本音を聞いてしまい、奈落の底に突き落とされる。だが、そこで終わらない彼女は一大決心をする。それは誰もが想像しえない“全身整形”だった! 鈴木由美子原作の同名漫画を韓国で映画化。

『カンナさん大成功です! (2006)』作品情報 | cinemacafe.net

宇都宮テアトルにて。

韓国映画+原作が少女漫画という事で全く見るつもりがなかったのですが、昨日のテアトルでの集まりで面白かったという評判を聞き、さっそく見に行ってきました。

見終わっての感想は正にデートムービーといったストーリー展開と、随所に散りばめられたちょっぴり笑えるお笑い部分。そのどれもが非常に良い出来でしたし、何よりもストーリーがすごく面白くて、特に前半のデブ時代から中盤の整形した直後にかけての駆け上がるような人生の変わりっぷりはとても劇的で衝撃的で目が離せませんでした。


作中ですごく記憶に残ってるシーンがありまして、整形後にカンナが初めて自分の顔を見て泣くシーンなのですが「泣き顔もかわいい」と自分で言って泣いてしまうアジュンがすごくかわいくてメロメロの今井メロでした。その言動や仕草がもうたまりません。思わずファンになってしまいそうになったのは内緒です。


上にも書いたとおり、ストーリーがとにかく面白いし笑える部分も多いし、何より見ていてつまらなくなるようなシーンは皆無。本当に素晴らしい作品でした。明日、明後日のクリスマスに二人で映画でも...と思っている人にはぜひこの作品をお奨めしたいです。

こんなに面白い映画を見ないで2007年を終えるのは本当に損ですよ。


そういえば「男は自分の彼女には整形してないのを望む」みたいな事を言ってるシーンがあったのですが、韓国は美容整形が多い国というイメージがあったので、男性側も容認する人が多いかと思っていました。意外にも日本同様、整形していない方がいいという価値観はあるみたいでとても勉強になりました。

公式サイトはこちら